スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【ネズミ商法】全世界馬鹿だらけw【行列商法】

2008年12月27日 19:14

流石地球の癌・メリケン国、詐欺一つでもスケール巨大杉w。

【衝撃事件の核心】スピルバーグも騙された
ナスダック元会長“不可解”4兆円詐欺


 サブプライムローン問題で世界を同時不況に陥れた米国が、再び悪夢を発信した。世界最大のベンチャー向け株式市場「ナスダック」(現ナスダックOMXグループ)の元会長が、自身の証券会社を通じ、実に約500億ドル(約4兆5000億円)もの巨額詐欺を行っていたとしてFBI(連邦捜査局)に逮捕されたのだ。元会長の華麗な経歴や高配当に釣られ、名だたる金融機関や芸能関係者が被害を受けた。監視当局には不正を見逃してきた疑惑も浮上しており、米証券界は大混乱に陥っている。
 
 ■告白の理由
 
 逮捕されたのはナスダック元会長で、「マドフ投資証券」社長のバーナード・マドフ容疑者(70)である。

 発端は、マドフ容疑者による突然の“告白”だった。

 「ここ数年のすべての投資は架空だった」

 「顧客からの投資金は別の顧客への配当の原資に充てた」

 「投資家への被害は500億ドル(約4兆5000億円)を上回る可能性がある」

 12月上旬、ニューヨーク。マドフ容疑者自らが経営する「マドフ投資証券」が入居するビルの一室で、同社幹部を務める2人の息子に、長年隠してきた“最重要機密”を緊張した面持ちで告げたというのだ。

 自転車操業の詐欺的投資話-。証券業界で生きてきた人間にとって、マドフ容疑者の言葉の意味は明々白々だった。

 事の重大性を察知した息子らは、投資家の資産保護を急ぐ意味もあって捜査当局に通報した。そして、数日後の11日、マドフ容疑者は、ニューヨーク・マンハッタンの高級住宅街にある自宅で、FBI捜査官に詐欺容疑で逮捕されたのだった。

 「自分が犯した投資詐欺について、すべてを認めます」

 マドフ容疑者は容疑を素直に認め、捜査官にうなだれた。

 市場の不正を監視する全米証券取引委員会(SEC)などによると、マドフ容疑者が不正を告白したきっかけは、世界的な金融不況で資金繰りに窮した複数の顧客から、総額約70億ドル(約6300億円)もの資金の払い戻しを請求され、資金繰りが立ちゆかなくなったためだという。
 
 ■手口は古典的な「ねずみ講」だった

 全米史上最悪とされる今回の詐欺事件の手口は、古典的なものだった。

 「ポンジ・スキーム」である。

 マドフ容疑者が捜査当局に認めた手口は、日本では「ねずみ講」として知られるが、その名称は19世紀末に渡米したイタリア移民のチャールズ・ポンジという人物に由来している。

 チャールズは架空話で最初に投資家から金を集め、後から話に乗ってきた新規投資家からの金の一部を、既存投資家の配当金に充てて信用を獲得。そのサイクルを繰り返すことで大金をだまし取ったという。

 FBIはマドフ容疑者の逮捕容疑に絡む情報や疑惑などをほとんど明らかにしていないもようだが、マドフ容疑者はこうした詐欺手法を世界的に展開したとみられている。

 深刻なのはその被害だ。

 欧米メディアによると、詐欺事件の発覚後、世界の名だたる金融機関などがマドフ投資証券への巨額の投資残高を抱えていたことが判明している。

 ハイリターンを狙う大手ヘッジファンドのフェアフィールド・グリニッチ・グループの約75億ドル(6600億円)を筆頭に、スペイン最大手銀行サンタンデールの約31億ドル(約3000億円)、英銀行HSBCの約10億ドル(約900億円)…。

 損失額は確定していないが、巨額資金の運用をマドフ容疑者に任せていた実態が浮かび上がっている。

 こうした金融機関では今後、損失の穴埋めに伴う厳しい資金繰りが懸念されているが、ついに経営が立ちゆかなくなった投資家の中には命を絶つケースも出始めた。

 約14億ドル(1260億円)の損失を抱えていたとされる米投資ファンドの創業者(65)が23日、ニューヨーク市内のオフィスで倒れているのが発見されたのだ。自殺とみられている。

 被害は芸能界やスポーツ界にも飛び火している。

 マドフ容疑者が属するユダヤ系アメリカ人社会で、慈善事業活動などを通じてパイプを築いたとされる映画監督のスティーブン・スピルバーグ氏の慈善団体のほか、米大リーグのニューヨーク・メッツ球団オーナー、フレッド・ウィルポン氏の投資ファンド、国際オリンピック委員会(IOC)の金融資産も被害者リストに並んでいる。

 日本にとっても対岸の火事ではない。

 証券最大手の野村ホールディングスが国内トップの約275億円、あおぞら銀行が約124億円の投資残高を抱えるなど、“マドフ・ショック”の火の粉をかぶっているのだ。

 ■立志伝中の人物

 それにしても、生き馬の目を抜く金融業界の戦士たちは、なぜ不正を見抜くことができなかったのか。

 米証券業界に詳しい国内の関係者は、その内幕をこう話す。

 「半端じゃないマドフ容疑者の華麗な経歴、社交的な性格、逆境の中でも必ず出す高配当。さらに、投資家リストに著名な投資家を多数並べれば、投資のプロといえども幻惑される」

 米メディアによると、数字に強かったマドフ容疑者は1960年、アルバイトで貯めた5000ドルで現在の投資証券会社を設立。持ち前の勤勉さで業務を拡大し、90年代にはナスダック会長に就任、米証券界の「顔」となった。

 貧困撲滅などの慈善活動にも取り組み、アメリカンドリームの体現者として名声を高めていった。

 社交的な性格については、米金融情報メディアのブルームバーグが「人脈作りの巧みさでは米国で彼の右に出る者は恐らくいない」と絶賛する知人の言葉を紹介している。ゴルフのハンディキャップが10を切るマドフ容疑者は、別荘のあるフロリダ州の高級ゴルフ場を舞台に人脈を広げていったという。

 配当については、どんな市場環境であろうと毎年平均10%のリターンを確保してきた。

 「長年にわたり、安定的に10%の配当をたたき出す手法は“神業”としかいいようがない。ただ、ナスダック会長までやった人だから、何らかの特別な情報を持っていたと多くの投資家は思い、長年の高配当に納得していた」

 米証券会社での勤務経験のある日本人投資家はこう話した。
 
 ■当局との癒着疑惑
 
 「毎年、運用成績が好調すぎて不自然だ」

 一部の投資家からは投資手法を疑う声もあったが、マドフ容疑者の“秘密主義”の壁にはばまれていた。

 マドフ投資証券は完全なファミリー企業である。中核となる顧客の資産運用業務はマゾフ容疑者の専権事項で、専門の部屋には家族の社員といえども入室を禁止するほどの徹底ぶりだった。投資家にも、粉飾した帳簿書類をみせて正当な投資活動を装っていた。

 一方、関係者から疑惑の眼差しを向けられているのが、これまでのSECの不可解な対応だ。

 「少なくとも1999年ごろから、マドフ容疑者の投資活動について不審な動きが外部から報告されてきたが、一度も調査しなかった

 SECのクリストファー・コックス委員長は16日、そう発表し、SECとマドフ容疑者の間に何らかの癒着の可能性があることを示唆したのである。

 米証券業界内では、SECの諮問委員を歴任したこともあるマドフ容疑者の不正に対し、SEC職員が何らかの形で不正に加担し、事件発覚を避けようとした-との見方が広がっているのだ。

 今のところ、顧客からの投資金の大半は別の顧客への配当や払い戻しに充てられたとみられ、遊興費など私的着服は確認されていない。ただ、謎に包まれた“犯行動機”については、関係者の間でこんな推測が飛び交っている。

 「巨万の富を得たマドフ容疑者が今さら着服することはないだろう。それより、『どんな不況下でも抜群の運用成績を出した伝説の男』として、歴史に名を刻みたかったのではないか」

 いずれにせよ、SECとFBIは年明けから、巨額詐欺事件の全容解明に本腰を入れる。米下院の金融サービス委員会も来年早々、招集される議会でSECが不正を見逃した経緯の調査に乗り出す。

 マドフ容疑者は逮捕後、保釈金1000万ドル(約9億円)を裁判所に納め、現在は自宅で暮らしている。だが、裁判所から外出禁止命令を受けているため、足には現在地を常時把握するための電子監視装置が装着されているという。


約500億ドル‥現在の日本円レートで約4.5兆円、ちょっと前の100円レートなら5兆円、更に前の125円レートなら‥面倒だ手前で計算シロ愚民共!ってなカンジの超巨大ねずみ講の胴元が立ち行かなくなって自白し捕縛されたんだが確かに日本も対岸の火事ではいられん、ただでさえリーマンのアレの影響がこれから本格的に出ると言うこの時期にコレよ、しかしこの金額の巨大さはど~よ?もうこのレベルになると現実感なんて全く無いなって事で世界の金融機関の被害に比べたら日本の被害なんて判明してる現在で筆頭がたったの275億円なんだぜwそんで騙されたのがあの野村系って事でよ悪い事は出来ないよなぁ、手前だって散々個人投資家から搾り取り個人投資家を何人自殺に追い込んだのかヲレは知らんがコレでシノギがヤバくなったら国に泣きつくのかなこの腐れ金融屋はぁ?まぁたったの275億円なんてまた個人投資家から搾り取ればいいんだからその辺はスルーしてよ、当局だってここまで太りまくったネズミは捕縛したくても中々出来なかったと言うのが実情でわw?こんなの捕縛したら影響が何処まで及ぶか考えただけでも鬱になるどころの話では無い、しかしアレコレ決断を先送りした果てに当のネズミ野郎本人が持たなくなって自白と言う所までは読めなかったらしいw。

あったくメリケン国ってのは国家もそうだが国民だって目先の事ばかりしか考えぬ文字通りの愚民の上にエゴだきゃぁイッパシで当然名誉欲なんてのもあったりするから困った連中である、今回メデタク地球上を大迷惑にし“歴史に名を残す”事に見事成功したネズミ野郎は現在発信機付きの足輪をつけさせられてるとは言え自宅で自由気ままな暮らしをエンジョイしてるんだが、こんな腐れ馬鹿の“自由の金額”がたったの9億円って安過ぎないか?せめて自宅中にライブカメラを配置しネットで公開晒し首にするってぇのはど~よ?

メリケン国民なんて上っ面では奇麗事を語るが元々経済難民や奴隷の集まりで矮小な連中なんだからこのネズミ野郎が食事にキャビアなんか喰おうモンなら『贅沢しやがって』と怒り狂い百均のカップ麺なんか喰おうモンなら『落ちぶれやがって』と笑い狂うのは目に見えてるのであるがその辺でガス抜きしないとコイツ等すぐ戦争に走るからよ、ネタなら現在進行中のアフガン戦線があるがイラン辺りまで飛び火するかも知れん、尤も大東亜時代日本人を大量虐殺したメリケン国民が何人クタバろうがヲレの知った事では無いがこの国の困った所はドンパチすっ時必ず周辺国を巻き込む点よ、当然下僕程度しか考えてない似非国家日本も巻き込まれるのは目に見えてるのである、ポチ小泉以前は銭をタカるだけだったのがあの馬鹿以降、自衛隊と言う名の似非軍隊の派遣までタカる癖が常用化してるんだからよ、あったく困った国だよメリケン国ってリアルなネタあれば、そんなメリケン国を代表するジャンクフードが笑い話を提供よ。

マック、東京でもバイト雇い行列演出「サクラではない」

 日本マクドナルド(本社・東京)が新商品「クォーターパウンダー」の発売に合わせ、東京・渋谷の臨時店舗2店で、イベント会社を通じて集めたアルバイトを並ばせ、盛況を演出していたことが27日までに分かった。

 同社は「あくまで店を盛り上げるイベント手法の一種で、サクラとの認識はない」としている。

 店舗は渋谷東口店と表参道店の臨時店舗2店。

 同社コミュニケーション部によると、同社が「店に並ぶイベントスタッフを集めてほしい」とマーケティング会社2社を通じて、イベント2社に依頼。11月1日のクォーターパウンダーの発売と臨時店の開店に合わせ、募集したアルバイトが開店前から店の前に並んだという。

 2店の開店前には、計約550人の行列ができたが、このうち何人がバイトだったか、同社は「公表できない」としている。

 大阪市中央区の御堂筋周防町店でもバイトが行列に並んだ問題が指摘されていたが、これについて同社は「抜き打ちで新商品を試食してもらう調査の一環だった」と説明している。


こういうのをサクラと言わずして何と言うw?

まぁウィキ(↑)にも書いてあるがサクラを呼びソレを記事にするマスゴミすら利用するのが商売なんだから堂々と『ソウでつ、アレは全員サクラだったんでつ、アンタも一個毒味ど~よ』ぐらいの戯言一つ言えん根性無しは困ったモンである、コレだからジャンクフードなんて喰う気にすらならんのだが、マクドナルドと言えばヲレがガキの頃は猫の肉が入ってたと言う都市伝説があったが昨今ではネズミの肉だのミミズだのの混入伝説があるらしいがヲレ思うんだが今時そんな面倒な事をするより何処の部位か何処の産地かワカランまでにかき集めた100%ビーフの屑肉の方が安いと思うのねwアレって挽肉の塊ぢゃん、仮にマクドナルド自身は『肉は濠太剌利国産と新西蘭国産でつ』な~んて言っても今や仲買業者が何してるか判ったモンぢゃ無ぇって事で産地偽装なんて当たり前の時代だからな、ソレに比べて実は支那産程に産地偽装が困難なモンは無いのかも知れん、何たってあの粗悪ぶりは真似しようにも出来んからよwって辺りで今日の駄blog終わりw。

オマケ
皇室マニアのクミちゃんの話だと派遣会社の仕事の中に証券取引の勧誘のサクラの仕事があるらしい、内容はマニュァル通りwに尤もらしい質問をし、回答を受けてマニュァル通りwに『それで儲かるんだ』的な事を言うらしいが口止め料込みの時給は3000円と結構高かったりするらしいw、こんな戯言に騙される奴の方が馬鹿なんだが本日最初のネタなんて全世界馬鹿揃いって事を知らしめたって事よ、メリケン国なんて物造りを忘れ金融でバブルに踊った時点で終わっちゃったのだがその辺まだ気づかないのが馬鹿愚民国家メリケン国の痛い所だよなw、それに比べ日本なんてまだマシな方だと思うよ、サクラに騙されてジャンクフードを喰う程度なんだからww。

オマケ2:マクドナルド関係のど~でもイイ系のウィキ集
マクドナルド - アンサイクロペディア
マクドナルド - Chakuwiki


関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://dencyugumi.blog94.fc2.com/tb.php/90-9b363bb9
    この記事へのトラックバック


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。