スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【嘘八百w】 おめぇら今更何を言ってるんだwww? 【御花畑w】

2012年12月17日 07:34

クソワロタW、舐めてんのかコイツ等W?

東電が福島原発事故を再検証
「安全より経済性を優先」と反省
「津波は対処可能だった」と修正


 東京電力は14日、昨年3月の福島第1原発事故の原因を再検証し、再発防止に向けた安全策をまとめた。事故を防げなかった原因を「安全はすでに確立されたものと思い込み、(原発の)稼働率などを重要な経営課題と認識した結果」とし、安全より経済性を優先してきた姿勢を反省した。

 経営トップを含めた意識改革を進め、安全対策を先送りする「負の連鎖」を断ち切る施策案を掲げた。

 東電が9月に社内に設けた特別チームが、社員からの聞き取り調査などを元に、事故の総括と原子力安全改革プランを策定した。

 事故原因では、「設計段階の技術力不足」と合わせ「継続的な安全性向上の努力不足」を認めた。その背景に、事故対策の必要性を認めれば、立地地域に「原発が安全であることを説明することが困難になると考えた」とも打ち明けた。

 東電内では、トラブル隠しなどの不祥事をきっかけに、安全対策を向上させる機会もあったが、原因を中間管理職や現場に求めたため「経営層の具体的な改革案がなかった」と、組織の構造問題も振り返った。

 その上で、原子力の安全性向上を最優先の経営課題と位置付けるため、外部人材をトップにした安全監視組織の設置など、6項目の改革案を示した。

 すでに東電は6月、事故原因を「想定外の津波」などとする社内事故調査をまとめている。しかし、広瀬直己社長は9月、柏崎刈羽原発(新潟県)の再稼働に向けた信頼回復へ、事故原因の見直しと安全対策の年内とりまとめを表明。特別チームは10月、津波は「対処可能だった」と認めて謝罪姿勢を打ち出した。

 改革案は今後、内外の有識者らによる「原子力改革監視委員会」(デール・クライン委員長)の審査を受け、来年2月にも最終決定される。


再検証www
反省www
修正www


‥っておめぇクッソワロタW、こんな国税搾取乞食東京電力“以外”の誰もが“既に”判り切ってる事を今更テラワロスW、コイツ等本当に腐り切ってるよなぁ。

あの“フクイチ事件”当時も何故か深夜帯と言う“朝刊締切時間後”に実施された嘘八百会見の数々を演じたその腐り切った性根は健在な“衆院選剣ヶ峰”と言う時期のドサクサでこんな三文劇場をコソっと公演し、次期政権となる自滅党の皆様(特に縁故娘を持つ幹事長石破向けw)に今後の国税搾取へのアリバイ作りを講じるたぁテラバルスw、そんで“社会の木鐸”とかヌカし記者クラブその他諸々の利権を握る国賊同志のマスゴミ屋に何ら批判無き提灯させるんだから、コリャぁ悪魔だって思いつかねぇと後世の歴史家大感激なお話があったんですが、如何に東電叩きに汲々とするヲレだってリソースは有限なのでこれまで“保留”してたんだケドよ、流石権力利権ポチ産経なだけあってタイトルからナイス提灯ですけど、どう考えてもこのタイトルから誤植だよなぁイカンザキw‥って事でタイトルを偉大にして聡明賢者様なヲレが修正しておくから直しとけw。

福島原発事件の嘘八百隠蔽が限界の東電
「経済性優先津波対処放置」と自白
「今後も国税搾取宜しくお願いします」と集り


ザケンナ糞東電!なればサッサと清水と勝俣の首を撥ねて本社前にディスプレイしとけ、勿論おめぇらの手でな、調査だので既に無駄国税垂れ流ししてるんだから今後捕縛だの裁判だので更に国税無駄垂れ流しなんてする銭は国庫に一銭も無ェんだからよ、ところで‥

ボーナス満額出たぁw?

‥と言う与太はさておき、冗談抜きで斯様な腐れに電力事業なんてお笑いどころのネタでは済まされない話を同じ権力利権ポチ産経が報じてるんだが‥w。



福島第1原発「冷温停止」から1年
…炉内把握なお困難、汚染水との闘い続く


 東京電力福島第1原発事故で、野田佳彦首相が原子炉の「冷温停止状態」を達成したとして“事故収束”を宣言してから、16日で丸1年になる。30~40年かかる廃炉作業には1日約3千人の作業員が従事している。ただ、高い放射線量の影響で炉内の正確な把握はいまだ困難な状況で、冷温停止を維持するために増える汚染水との闘いも続いている。(原子力取材班)

タンクびっしり

 事故直後に温度計上限の400度を超えた原子炉の温度は現在、約25~40度にまで下がった。その冷温停止状態を支えているのが「循環注水冷却システム」だ。炉内に水を注入し、使用した水は放射性物質を取り除いた後、再び冷却水として利用する。

 毎時17トンの水を注入するが、原子炉が損傷しているため、1日約400トンの水が原子炉建屋地下に流出、これに地下水も流入し汚染水はたまる一方だ。こうした水は敷地内のタンクに保管するが、設置済みのタンクは計約800基で、総容量約27万トン分のうち残りは約4万トンだけ。タンク敷設のため森林を伐採し用地を確保、今後2年間で約70万トン分を増設する予定だ。

 汚染水を減らすための新装置の導入も急ぐ。セシウム1種だけしか除去できなかった装置に加え、放射性物質62種類の濃度を下げる能力がある多核種除去装置(アルプス)も年明けには本格稼働する見込み。

損傷状況分からず

 1~3号機から出る放射性物質の量は事故直後から、約8千万分の1に激減した。ただ、原子炉建屋の中は高線量の場所が多数あり、損傷状況も明確に分かっていない。

 今年10月に内視鏡で撮影した1号機格納容器内の映像では、配管などがさびていたが汚染水が漏れだしている損傷箇所は見つからなかった。しかし、内部の放射線量は毎時約11シーベルト。1時間で死に至るレベルで、人が入って作業できる状態ではない。

 2号機も今年3月の調査では毎時約73シーベルトで、内視鏡も十数時間で使い物にならなくなったほどだ。

 原子炉内で調査や修理などができるロボットの開発も進むが、高い放射線量にさらされればロボットも壊れてしまう。

燃料取り出し課題

 冷温停止宣言後に、国と東電は廃炉に向けた工程表を公表。工程表は3期に分かれており、(1)燃料貯蔵プールからの燃料取り出し開始(2年以内)(2)原子炉からの燃料取り出し開始(10年以内)(3)廃炉終了(30~40年)-という計画だ。

 細かな変更はあるものの、計画は現在のところ順調。特に、危険性が指摘されている4号機の燃料貯蔵プールでは、今年7月に2体の未使用燃料の試験的な取り出しに成功した。残りの燃料についても、当初よりも1年前倒しして平成26年末には取り出しが完了できる見通しとなっている。

 ただ、1~4号機のプールには新燃料も含め約3100体の燃料がある。線量の高い使用済み燃料の取り出しには特に注意が必要だ。1、3号機のプールにはいまなお多くのがれきが積もっており、クレーンでの遠隔操作による作業は困難が予想される。

 国会事故調委員長だった政策研究大学院大学の黒川清教授は「事故は今も継続しているという認識を持ち、独立した第三者によって厳しく監視されるべきである」と指摘している。

【用語解説】冷温停止

 通常の原発では、原子炉内の温度が100度未満になり燃料が安定冷却できていることを指す。事故を起こした福島第1原発は原子炉が壊れ、溶融した燃料の状態も分からなかった。このため政府は、(1)原子炉圧力容器下部の温度が100度以下(2)原発敷地境界の被曝線量が年1ミリシーベルト以下-の条件を満たすことを「冷温停止状態」と定義した。


民潭野豚のお笑い芸“状態詐欺w”から一年、御本人様は総理も党代表も放り投げ民潭野豚の名の誉れとして日本を売りまくり、亡国直前状態にし、今後もTPPで日本を売る安部ボンに貸しまで作り、そのツケは全額国民回しにした挙句、見事逃げ切りに成功したのだがソレはさておきw、コレまた“衆院選真っ最中”と言うドサクサ紛れの“自白”だがもうねw、こんな腐れ国賊電力に電力事業なんてさせてる日本ってマジ法治国家なんかでは無く、マジキチ放置国家でしか無ェとコレまた後世の歴史家大爆笑w。

もうこんな連中からは一刻も早く原発運営のシノギ取り上げとけ、そんで国家政府が責任を持って原発事業だけでも国有化しちまえ、早急に。

斯様な戯言ばかりヤラかしてるから、その場凌ぎで目先の綺麗事しか喧伝しねぇ反核屋だの糞馬鹿衆愚だのにイイ様にイワれるんぢゃねぇか‥って辺りで今日はダブルヘッダーあるかもですから時々見に来てねw。





オマケ:あれぇw?『らヴ&ぴーす』の尊い精神で許さないのかなぁ‥小野さんw。

ジョン・レノンの殺害犯
7度目の仮釈放を申請


 英国の伝説的グループ「ビートルズ」のジョン・レノンさんを殺害したマーク・チャップマン服役囚(57歳)が、7回目の仮釈放を申請した。チャップマン服役囚は現在、米国で終身刑に服している。ニューヨーク州矯正局が18日、伝えた。

 チャップマン服役囚は、法医学的鑑定で責任能力がないことが認められ、30年以上収監されている。服役囚は2000年から2年毎に仮釈放を申請しているが、毎回却下されている。審査委員会は申請が却下された理由について、チャップマン服役囚は、社会規範と人命を軽視する立場を示したと説明している。  

 今回の申請が受理される可能性はほぼない。ジョン・レノンさんの妻であるオノ・ヨーコさんは、自身とジョン・レノン氏の2人の息子、ならびに社会に危険を及ぼすとして、チャップマン服役囚の釈放に断固として反対している。


毛唐発のエゴイズム“責任能力w”で縛り首を免れてるだけでは気が済まぬどころか二年に一回定期的に保釈申請たぁ流石エゴの本場ワロタw、まさに筋金入りの屑で本編の東電すら脱糞して逃げ出しそうな勢いだがソレはさておき、『自分と息子に危険が』と断固保釈に反対とは“らヴ&ぴぃす”の崇高な精神何処へやらの現実的脊髄反射に後世の歴史家大爆笑w、そりゃぁ自分の愛する夫を殺害した奴がワケのワカラン屁理屈一発で娑婆の生活を謳歌するなんて『無いわぁw』だろうし、まして人殺す様な“責任能力欠如者”を世に放つなんて『無いわぁw』って要するに“対話で何とかなる”なんて妄言もイイトコの御花畑と言う事ですよね良く判りますw、つまり‥

御花畑では我が身を守れない

‥と言う事ですよねぇ、全く同感ですw。


今更ですけど、アンタの変態思想を受け継いじゃった日本の、特に昨今琉球で馬鹿騒ぎをしてるマジキチ連中に、その貴重な経験談を“現実的観点から”説諭していただけないでしょうか、勿論無料でw。


関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://dencyugumi.blog94.fc2.com/tb.php/821-1d93cbc3
    この記事へのトラックバック


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。