スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【資料w】 蛆虫朝鮮の本質此処に極まれりw ~似非維新列伝~

2012年11月23日 20:53

コイツの述べる“維新”の内容を大まかな部分を採り上げるだけでも‥

消費税の地方税目的税化と言う美麗賛辞による恒久的増税による国民搾取宣言であり

性急なTPP参加による日本自主独自行政の破壊であり

自ら朝日と三文劇を演じてまでデッチ上げた人権ネタによる日本に於ける“同胞”蛆虫朝鮮国民の一級市民化並びに日本国民二級市民化


‥による見事なまでの日本国解体破壊計画以外の何物でも無いが当然である、コイツは蛆虫朝鮮尖兵だからなw。

そして蛆虫朝鮮と言えば儒教の悪い部分だけを自己都合的に継承し、今や全世界から『関わりたく無い民族No,1』となってるのは日本のマスゴミによる隠蔽工作虚しく表沙汰となっているのだが、この記事はソレを象徴してると思う。

維新、みんな連携アピールもガチの潰し合い?
17選挙区で競合のトホホ


 次期衆院選で、選挙区調整を進めている、渡辺喜美代表率いる「みんなの党」と、石原慎太郎代表の「日本維新の会(維新)」の候補者が、何と17選挙区で競合していることが明らかになった。みんなは計60人、維新は計116人の公認候補を発表し、東京の6選挙区と神奈川の5選挙区を含む、8都道府県17選挙区で競合している。

 両党の調整が難航するなか、みんなの渡辺代表と、維新代表代行である大阪市の橋下徹市長は21日、大阪府寝屋川市で街頭演説を行い、連携をアピールした。

 寝屋川市を含む大阪12区は、両党の選挙区調整が成功した最初のケース。渡辺氏は「われわれは、まさに志を同じくする者だ」と熱弁を振るい、橋下氏も「維新推薦の候補を出させてもらいます」と応じた。

 2人は互いに耳元でささやきながら会話するなど、良好な関係を印象づけようとしていたが、両党は政策が近く、ブレーンが重なるだけに、同選挙区で激突すれば潰し合うだけ。しがらみを乗り越えられるのか注目だ。


既存政党による既存為政の打破‥と言う綺麗事は悪い意味で実現されている。

“塾”に参加する為に銭徴収に始まり公認されても銭徴収と言うフランチャイズ893的政党と言うこれまで何れの既存政党も行わなかった政党なので、選挙提携はするが競合もすると言う日本語が良く判っていない蛆虫朝鮮ならではの似非維新でポチ経系列マスゴミ思わず苦笑気味というのは良く判るw。

曰く『“太陽”も陥落したし、おめぇも漏れの下僕になれ』と言う事だ、蛆虫朝鮮の本能として常に“相手が自分より上か下か”と言う判断条件があり、“上”なら徹底的に媚びへつらい、“下”なら徹底的且つ無慈悲なまでに叩きまくる、河村の一件が良い例である。

違うと言うなら何故『看板名を変えてもイイ』とまで涙目で合流を懇願した奴にトドメまで刺すのか?この種の行動原理は“和を尊ぶ日本国民”には到底受け入れられない話であるが、上記に書いた蛆虫朝鮮の本能を理解していれば“ごく当たり前”の事でしか無い。

似非憂国石原は伝統芸・思い付き飽きっぽい為政が見事勃発した上に元々口先憂国でしかない実態米帝ポチの上に為政の数の論理の現実につけ込まれアッサリ“陥落”したが、恐らく、と言うか確実に渡辺のボンも蛆虫朝鮮尖兵ハシシタによって“陥落”されるであろう。

尤も此れは考え様によっては良い事である、“為政者と言う名の国家悪性寄生虫”の中でも左右の綺麗所しか詭弁しない最悪レベルの廃棄物たる連中が纏まって駆け込み寺的に集まる威信と言う名の“似非為政者最終処理場”となりつつあるからだが問題なのはマスゴミ喧伝報道によってこんな連中に‥

投票する馬鹿が居る事

‥である、確実に居るその種の“馬鹿”の思考回路はこんなモンだろう。

自滅党為政ムカツクw
 ↓
『お試し』で民主w
 ↓
日本バルス、駄目ぢゃんw
 ↓
維新www


何も考えずマスゴミ喧伝だけ“チラ見”しかしない糞馬鹿は確実に居る、よって来年夏の参院選で“多分崩壊しつつある維新w”から落ち武者となった“為政廃棄物”による泡沫政党に投票する辺りまで予想されてしまうのが悲しい‥と言う与太はさておき、こんな“恫喝連携”なんて外道極まる事しかしねぇ政党に投票する奴に一言言いたい。


そういう投票は、じきに行われる“祖国大統領選”でヤッてくれないかw?





オマケ:此処にも一人“最終処理場”行きの為政者か?



国政の為政を握った後にハシシタ打倒を目論むなら話は別だが、御都合主義第一で“為政の信念”なんか一晩でちゃぶ台返しする“太陽”の親分石原と、その前身たる“たち腐れ日本”の親分平沼と言う、揃って米帝ポチでしか無かった似非憂国という名の“重石”が邪魔になって文字通り“たち腐れ”てしまわないか心配である、数少ないと言うか実質上“唯一の奪還者”と言える彼のこの姿だけは見たくはなかった。

関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://dencyugumi.blog94.fc2.com/tb.php/795-26d7b2e6
    この記事へのトラックバック


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。