スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【国内御花畑w】 歴史的事実として“似非同盟”や“国際機関”頼みの“国家泰平”なんて絶対ありえない 【海外リアルw】

2012年11月20日 23:59

似非国家日本では永田町劇場と言う名の愚民騙し真っ盛り、為政者揃ってヤラセ劇場を演じ、マスゴミが番宣をしまくり、国家悪性寄生虫末期癌細胞たるこの外道共揃って『愚民如きはこの程度の三文劇を観せ右も左もコロっと騙し選挙当選後は利権貪り放題ワロタw』と米帝から与えられた豚の餌の如くの“平和”で守られる御花畑の真っ只中で高笑いな一方でリアル世界の国外では為政者も必死涙目でも精一杯見栄は切ると言う893なシノギに励んでいるんですが‥w。

中国監視船4隻 接続水域に

沖縄県の尖閣諸島の沖合では、中国の海洋監視船4隻が19日も日本の領海のすぐ外側にある接続水域で航行を続けていて、海上保安本部は、領海に近づかないよう警告するとともに監視を続けています。

第11管区海上保安本部によりますと、19日午後3時の時点で、中国の海洋監視船4隻が、尖閣諸島の大正島の南西、およそ27キロの日本の接続水域を航行しているということです。

中国の海洋監視船などが尖閣諸島沖の日本の接続水域に入るのは、19日で31日連続です。

尖閣諸島の周辺海域では、ことし9月以降、中国側による海洋監視船などの派遣が常態化していて、船を途中で交代させるなど長期化に対応する動きも見せています。

海上保安本部は、4隻に対し、領海に近づかないよう警告するとともに、監視を続けています。


まずタイトルからして間違ってるNihonHorobosuKyoukaiの報道であるってのはよ‥

×監視船
○侵略船


‥だから31日連続どころか日本側が御花畑第一従属の平和堅持の国家不作為を継続する限り支那共産党独裁政権崩壊か日本降伏の日まで永遠に継続するwのだが‥何たって既に支那は『尖閣は支那の核心的国家利益を堅持する』と宣戦布告済の気分は戦争wと言うのが現実であって、ソコに日本側のガラパゴス的御花畑理論なんかつけ入る隙なんてミジンコのケツ毛程度の幅すら無いから『キチャダメーw』なんて能書き垂れてもシカトされるだけってのは当たり前で、それどころか居直り竹島侵略戦争敵国蛆虫南朝鮮大統領と結託して能書き垂れるなんてのも当たり前だが、ここで支那独裁者が一つイイ事を述べているので晒しておく。

右傾化・軍国主義…中韓、首脳会談で日本批判

中国の温家宝(ウェンジアバオ)首相は19日、韓国の李明博(イミョンバク)大統領とプノンペンで約30分間、会談した。

 中国代表団スポークスマンによると、両首脳は、日中間の尖閣諸島、日韓間の竹島をめぐる対立を念頭に、それぞれ日本の対応に不満を表明した。

 韓国大統領府によると、温首相は、今の日中の対立は「日本が軍国主義を清算出来なかったためだ」と語った。李大統領も「日本の右傾化は周辺国の不安要因になり得る」と述べたという。


米帝が軍を2016年に撤退するのを受けて次の御主人様筆頭候補たる支那に精一杯擦り寄り『ウリも大中華w』と竹島侵略犯罪国家らしく尖閣侵略犯罪国の威を借りて『周辺国の不安要素』と日本指弾たぁ流石は“恩を仇で返すのが国是”の蛆虫らしい発言だが斯様な戯言はど~でもイイのである、問題は“2016年以降は南北無関係で蛆虫朝鮮の御主人様”となる支那の発言の方で、実は的を得た発言と思ったのである。

曰く“日帝”の軍国主義の是非はさておき、大東亜後日本が大東亜の統括をしっかり行わなかった汚濁によるツケが今日の“東及び南支那海の混乱”の要因の一つである事は明確な歴史的事実と言う事だ、日本が極東自由民主主義国家同盟の核として米帝と対等なパートナーシップを構築出来ていれば支那如き土人しかいねぇ糞や亜人類でしか無い蛆虫なんかにここまで偉そうな事を言われなかったのは明確だ、まぁ蛆虫については日本もそうだったが米帝も38度線のエゴ第一と甘やかし続けた方が大きい要因だがソレはさておき、そんな外道や蛆虫の為政者と日本の“次ぎ無き為政者”が『お見合いしてナニ語っちゃうのワロタw』とばかりにお互いスルーと言う体たらくでけどね、もう“次無い野豚”でも、否、折角日本国税垂れ流しでASEANくんだりまで出向いたのだし、コレが最後だからこそ‥

日本は憲法の精神を堅持し“周辺諸国の良心”に期待してこれまで正規軍を有せず自衛組織のみとし、その組織を以って国際貢献まで行ったが、蛆虫南朝鮮による日本国島根県竹島侵略及び現地ならびに周辺漁民虐殺“事件”と支那社会主義共和国による日本国沖縄県尖閣諸島に対する侵略行為の前に憲法の謳う“良心”の崩壊を認識せざるを得なくなった、よって今後我が日本はイラク貢献始め日本国外に於ける国際貢献同様、憲法改定を用いぬ特別措置法により、“一ミリたりとも譲らぬ”日本国土堅持を実行に移す事を宣言する、それによる全ての責任は国際諸法をことぐごとく破り極東亜細亜地域の平和と繁栄と秩序を破壊する侵略国家支那と朝鮮に帰する事を宣言する!!


‥とでも言っちゃってればネットで散々野豚と謂われコキ下ろされ続け為政の最後の最後で逆転真性憂国さんへのクラスチェンジwが出来たのにコイツ馬鹿だよねぇ、ど~せソレ謂っちゃった後にケツ持つのは安陪のボンなんだからw‥と言う与太を垂れ流す“覚悟”が日本にあればここまで話は拗れぬどころかハナから無かったという意味で支那独裁者の発言は正しいw‥ってネタの続きはコレw。

カリブの島、実効支配国の主権確認 国際司法裁
「コロンビア領」と判決


 国際司法裁判所(ICJ、オランダ・ハーグ)は19日、カリブ海南西部にあるサンアンドレス諸島と周辺海域約5万平方キロについて、実効支配しているコロンビアの主権を確認し、諸島に近接する中米ニカラグアが主張した領有権をほぼ否定する判決を言い渡した。

 判決は、コロンビアが数十年にわたり一貫して諸島と周辺海域を実効支配しており、ニカラグアは1969年に紛争が表面化するまで、コロンビアによる支配に抗議した証拠はないことなどを根拠に、コロンビアの領有権を支持した。

 ただ、海域の一部をニカラグア領海と認定。コロンビアのサントス大統領は判決を不服とする声明を発表した。

 判決はこれで確定。拘束力を持ち、当該国は従う義務を負う。(ブリュッセル、リオデジャネイロ=共同)


ほぉ、ヲレは“国際ナントカ”の類なんて国家エゴの落とし所程度しか認識していなかったのでこのハーグ法廷の仕事ぶりに感心したのである、この記事を読む限りはw‥ってのはですよ、コロンビア側がこの“判決”に随分御不満なのだがソレにはちゃんと理由があってね‥。

島と海域の領有権を2分=コロンビアとニカラグアで
-国際司法裁


 オランダ・ハーグの国際司法裁判所(ICJ)は19日、コロンビア、ニカラグア両国が主張するカリブ海西部の一部の島々や周辺海域の領有権について、島々の領有権をコロンビアに、周辺海域の領有権をニカラグアに認める判決を下した。AFP通信が伝えた。これで判決は確定。両国間の境界線は東に移動し、実質的にはニカラグアがより多くの領海を獲得したことになる。


日本の尖閣と似た歴史を持つ島の問題なので無関心でいる訳にはイカンザキw、これでは単なる痛み分けでしか無くコロンビア側の不満は尤もの話となる、仮に尖閣で言うなら島そのものは日本に帰属するが周辺海域の大半は支那に帰属するという噴飯物の提灯判決と言う事で、その意味する所は支那がこの海域を“領海”とする事による東シナ海から太平洋への“軍事侵攻回廊”を国際法のお墨付きで与えると言う事に他ならない、ヲレはこれまで“自国の事は全て自国でケリを着けねば将来に禍根しか残さない”と主張していたがソレが現実となった形だが、斯様な日本主権に関する重要且つ甚大な事なんか御花畑の真っ只中で『ミンスガーw‥ジミンガーw』等と呆け切りシカトしちゃうその根源の一つに『イザとなったらハーグ様や米帝様が何とかしてくれる』と言うブラ下がりオンリー根性が染み付いたヤプー気質にあると断言するけど、そんなに“国際”社会って日本にとって都合宜しいのかと呆れる話を読んでw。

露、国連安保理に停戦決議案…米拒否権行使へ

国連安全保障理事会で19日、ロシアが、イスラエルとパレスチナ武装組織の即時停戦を求める決議案を提出した。

 20日にも採決される見通しだが、外交筋によると、親イスラエルの米国が拒否権を行使し、否決される可能性が高い。

 安保理では当初、モロッコが停戦を求めるプレス声明案を示したが、米国が反対。英仏が、パレスチナ側のロケット弾攻撃を批判する内容を加えた妥協案を模索したが難航。その間にロシアが決議案を提出した。

 法的拘束力のないプレス声明に対し、決議は拘束力がある。このため米国の反対は一層強いとみられる。外交筋は「ロシアはあえて米国の拒否権行使を誘い、国際社会の対米批判を引き出そうとしている」とみる。


かつてナチスドイツに袋叩きに遭い、後に自国建国を果たしそのまま平穏に過ごしてればイイのに余程ホロコーストトラウマで不眠症になってしまったのだろう、止せばイイのに今度は手前等が八つ当たり的にパレスチナの民を袋叩きにしちゃったからサァ大変w!

入植と言う名の侵略に伴い女子供だってミサイル鉛弾バラ撒きブッ殺されれば誰だって怒っちゃうのに、事もあろうか相手は常に何かあれば『ジハードw!』と張り切っちゃう連中なので女子中学生腹マイト爆弾まで飛び交うキリング・フィールドと化したガザのアレで露助が米帝相手の嫌がらせ爆弾を投下すれば、ユダヤさんに逆らうと大統領だってダラス辺りでポアされちゃう米帝だって面倒回避伝統芸・拒否権wの行使で応酬と言う国際連合なんて実は大国エゴが罷り通る現実しか無い役立たず機関なばかりか昨今第三社会のタカリ場でしか無い無能機関の証明が今日もねw‥と言う現実があっちゃったりするんですが、日本の糞馬鹿愚民はそんな現実すら“無かった事w”にしちゃって今日まで適当怠惰御花畑満開なんですが、なれば尖閣を守ってくださるらしいw“同盟国家米帝様”は日本の事をどう見ているかと言うと‥w。

米大統領「経済対策で連携」
首相はTPPに意欲
首脳会談


 野田佳彦首相は20日午前(日本時間同日午後)、訪問先のカンボジアでオバマ米大統領と会談した。大統領は冒頭「日米同盟は(アジア太平洋)地域にとって繁栄と安全保障の基礎となる」と指摘。経済問題に関して「重要な課題がたくさんある。大国としてコミュニケーションを図り雇用対策や経済対策について話したい」と強調した。

 首相は「米国のアジア太平洋を重視する政策を歓迎する。互いの政策が相乗効果を出せるようにしたい」と応じた。さらに「東アジアを巡る安全保障環境は厳しさを増し、日米同盟の重要性も増している。具体的な協力関係を含め意見交換したい」と語った。

 両首脳の会談は首相の4月の公式訪米以来で、大統領の再選後初めて。両首脳は4月に発表したアジア太平洋地域の安定などを目指した共同声明「未来に向けた共通のビジョン」の着実な実行を申し合わせる方向だ。

 沖縄県・尖閣諸島の国有化を巡る日中対立も念頭に、日米同盟の一層の深化を確認。首相は環太平洋経済連携協定(TPP)交渉参加への強い意欲を伝える。

 首相は日中関係を巡りいかなる懸案にも冷静かつ平和的に取り組み、大局的観点から戦略的互恵関係を進めていく日本の基本的立場を伝え、米国の支持を求める考えだ。

 安全保障では、両首脳は在日米軍の再編見直し計画の着実な実施を申し合わせる。首相は沖縄に配備された米軍の垂直離着陸輸送機オスプレイの安全性確保を要請するとみられる。海洋や宇宙、サイバー空間など新たな分野での幅広い連携も確認する見通しだ。

 20日午後は米中が首脳会談を開く。18カ国による東アジア首脳会議(EAS)が開幕し、日米は南シナ海の領有権問題など中国の海洋進出を念頭に、国際法や海洋ルールの重視を訴えていく。首相は衆院選準備を本格化するため、EASを中座して帰路に就く予定だ。


尖閣守って欲しければTPP参加で日本を売れwと大統領閣下自らの下命が出る始末、こう言うのを“同盟”とは普通イワンスキーw、こう言うのは‥

米帝ポチw

‥でしか無いのだが、ソレもコレも支那独裁者の言質通り“大東亜統括一つしない怠惰にして何ら覚悟無き似非国家”日本が受ける当然の結果に過ぎない、ヲレだって米帝大統領だったら手前の国の女子中学生が拉致され子蛆虫まで孕まされてもヘラヘラと在日戦争敵国子蛆虫民兵養成機関に銭垂れ流しをしたり漁民虐殺戦争敵国の顔面改造腰振り人形相手に“韓流”だのとヘラヘラ日本の公共電波経由で垂れ流す糞馬鹿似非国家の為に自分の為政フッ飛び覚悟で“同盟の義理果たしが為の軍介入命令”なんか出すかってんだよw。

甘ったれるのもいい加減にしろよ糞馬鹿日本“国民”の皆様クッソワロタw、そんな糞が結果的だろうが“選良”しちゃった糞馬鹿総理閣下はここまでコケにされてもヘラヘラして何もせずに“自分の議員の椅子第一”と中座して帰国テラワロスwってもうね、だったらハナから国税使ってカンボジアくんだりまで“外遊”するなって事よ、まぁ帰るのは良いケドその前に先に書いた“宣言”ぐれぇはしろよ、手前の“外遊”費用から給料たる歳費は日本国税からの拠出だから最後ぐらいは‥

仕事しろw!

‥って事だこの税金泥棒バルス死ねw!‥って辺りでこんなバルス野郎wを“選良”した千葉4区の糞馬鹿愚民はすぐ腹切るか衆院選では絶対この馬鹿の名前を投票用紙に書くんぢゃ無ェw!って辺りで今日はトリプルヘッダーだった駄Blog終わりw。





オマケ:日本の“似非同盟”米帝に比べ、コチラは頼もしい‥w

パトリオットのトルコ配備検討=対シリアでNATO

 北大西洋条約機構(NATO)のラスムセン事務総長は19日、シリアとの緊張の高まりを理由にNATO加盟国のトルコから要請があった場合、NATOは地対空誘導弾パトリオットのトルコ配備を検討すると表明した。

 トルコは、政府軍と反体制派の衝突で内戦状態の隣国シリアから砲弾が着弾する事態が続いており、対シリア国境付近の防衛強化を求める声が高まっている。


まぁ日本の周りは海だがアチラは陸続きと言う事もあって所謂“飛び火”の面倒回避の威嚇とか“同盟の面子第一”と言う所謂建前論的なシノギと言うのが本当の所だが、本来同盟とは自分の国は自分でケリを付ける事が原則で参加資格でもあるからトルコは“同盟メンバー”として明確に認められていると言う事でもある、一方日本が“メンバー”である筈の日米安保体制と言う名の“同盟”は‥。

面倒嫌な米帝による口先三寸の“陣地取りゴッコ”に興じるだけと言うのが現実w

‥ソレは日本の自業自得がもたらした事だがw。

関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://dencyugumi.blog94.fc2.com/tb.php/789-0dae37f1
    この記事へのトラックバック


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。