スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【資料】 永田町劇場『リクルート必死涙目w』 ~為政乞食列伝~

2012年11月15日 08:35

ココんトコ永田町劇場ネタばかりで、しかも特殊アーカイブ級ばかりなので資料カテゴリのアーカイブが捗りまくってるんですけどねw、ヲレもノリと勢いだけでこんな駄Blogをデッチ上げてるからおめえら糞馬鹿愚民揃って勘違いしてるかも知れねぇから念の為に書いておくがコレってあくまで2015年度まで赤字国債垂れ流し特措法と零増伍減衆院定数是正を自滅党安陪が呑む事が最低条件で、且つその上で『解散しちゃってもイイと思っている』ってぇネタだから、コレも野田詐欺為政の続編‥

“しちゃってもイイカナー”詐欺

‥では無いと誰が断言出来るのだろう?尤もマスゴミが断言しちゃってる上に小浜が電話で野田に『TPP参加“決断”、感動したっw!‥後の日本は任せろ、コレ以上に上手く日本の糞馬鹿ヤプーを飼い慣らしてヤルHAHAHA!!』と大層御満悦wと言う一報があった事と併せ考えれば流石に此度ばかりはワロタwと言う事にはならんらしいので一安心‥なのはまともな日本国民の話であって、このネタで一気に奈落の底人生崖っぷちに立たされた糞の腐臭漂う為政乞食ぶりはコレから始まる‥w。


突然の解散表明、民主混乱 小沢元環境相は維新へ

 首相の突然の衆院解散表明で、民主党に衝撃が広がった。支持率が低迷する中の衆院選は苦戦が必至で、13日の常任幹事会では「党の総意」として年内解散に反対する方針で一致したばかり。山田正彦元農相が新党結成へ調整に入ったほか、小沢鋭仁元環境相が日本維新の会に合流する意向を固めるなど、離党の動きが広がりそうだ。

 「新党を作りたい」。14日夜、山田氏は約10人の民主党議員を国会内に集めて新党構想を切りだした。山田氏は民主党の「環太平洋経済連携協定(TPP)を慎重に考える会」の会長。反TPPや脱原発を旗印にする。民主党を離党した女性議員らでつくる参院会派「みどりの風」などとの連携も視野に入れている。

 「国民不在解散だ。党や国民はおかまいなしだ」。鳩山由紀夫元首相は14日、記者団に首相批判を展開した。離党については「いろいろ考えている」と含みを残した。

 鹿野道彦前農相の議員グループの申し入れにより、15日夕に両院議員総会を開くことになった。総会は首相批判で紛糾する可能性があり、民主党は結束力を欠いたまま衆院選に突入する。

 「解散なんて信じられない。国会に戻ってくるのは難しいだろう」。民主党議員には悲壮感が漂う。

 離党を探っていた反野田勢力は一気に動き出した。小沢鋭仁氏は14日、大阪市内で維新代表の橋下徹大阪市長と会い、合流を決めた。閣僚経験者の維新合流は初めて。維新は小沢氏を山梨1区の公認候補にする。維新など第三極への合流の動きは広がる可能性がある。

 連立を組む国民新党は首相への不快感を隠さない。下地幹郎防災相は記者団に「首相が1人で突っ走っている。言っていることの意味が分からない」と語った。衆院解散の閣議決定の署名を拒否する案も浮かんでいる。


日頃綺麗事のエゴだけで“結束”してる屑共に限って所属する社会体(この場合は政党及び連立体制)のシノギがヤバくなる段階が目前に迫ってくれば本性剥き出しの腐臭漂う内ゲバに突っ走ると言う事だが、コレは本当に日本の糞馬鹿愚民は単なる“ネタ”としてでは無く真剣にコイツ等の醜さをシッカリ認識して欲しいんだよねw。

コレが“尖閣ネタで支那がハリボテ艦隊が目の前に、頼みの米帝は遠巻きに第七艦隊を並べはするも『日支両国による最後の外交努力を求む』と屁理屈一発で元連合軍支那と現似非同盟日本との狭間で面倒嫌を言い出す始末”‥”と言う過程で、民主党為政者だったら如何なる対処をするのだろう?‥と言う事を真剣に考えるべきだ。

そして衆院選で如何なる“決断”をするか、一度時計の針を少しだけ戻し対米帝従属の似非国家日本を求めるか、このまま流れに任す対支那蛆虫朝鮮隷属の忠犬日本を求めるか、それとも“We can chenge,We can forword,YES WE CAN!!”と似非国家からの脱却が為の自主独立への前進を求め第三極にテコ入れをするか、しかし“太陽”を選択すると米帝従属、“似非維新”を選択すると蛆虫朝鮮隷属(当然蛆虫朝鮮の御主人様は支那となる予定w)と、実はこれまでの流れと左右どっちを向くかの違いだけで何ら大勢に変化無きと言う現実に気づく‥まともな思考の持ち主ばかりなら現在ここまで酷い状況になってねぇんですけどねw‥って辺りで今日も駄Blogダブルヘッダーの予感ですので暇潰しに時々覗いてねw。





オマケ:似非維新の正体みたり、その答えは“プチ葬家党w”

来月16日衆院選:急展開
第三極から悲鳴


 野田佳彦首相が16日の衆院解散に踏み切ったことに、日本維新の会など第三極からは「首相にやられた。準備が間に合わず、新人は戦いにもならない」(大阪府議)と悲鳴が上がった。太陽の党の石原慎太郎代表は「大同団結」を唱えるが、協議は難航。「バラバラで戦わざるを得ない」との危機感も高まっている。

 ◇候補者擁立進まず

 「いよいよだ。『人生1回こっきりの大勝負』と何度も言ってきたが、本当の意味での大戦(おおいくさ)。自分の力をすべて出し尽くす」。維新代表の橋下徹大阪市長は14日、大阪市役所で記者団を前に強気の発言を繰り返した。首相が党首討論で衆院の定数削減を訴えたことについても「有権者はあてにしないほうがいい。解散の言い訳、口実だ」と切り捨て、準備が整う前の解散にくやしさがにじんだ。

 維新は候補者擁立を急いでいる。14日には東国原英夫前宮崎県知事(55)を衆院選の公認候補として擁立する方針も固めた。比例東京ブロック1位で処遇することを軸に検討している。

 しかし、全体の態勢作りは遅れている。第1次公認の発表は解散翌日の17日。維新は14日、約60人を予定していた発表人数を80人超に増やすことを決めたが、「これ以上の前倒しは難しい」(大阪府議)状況だ。

 首相の攻勢が生んだ第三極の焦りが、結集を後押しする可能性もある。

 みんなの党の渡辺喜美代表は維新との政策協議について「前倒しする必要がある。第三極でつぶし合えば民自公の談合体制が勝ってしまう」と語った。橋下氏も14日、「最後まで太陽との協議はあきらめずやっていきたい」と発言。石原氏以外のメンバーを「カラーが違う」と遠ざけてきた姿勢を修正した。

 減税日本を率いる河村たかし名古屋市長は14日、都内で記者団に「自民、民主を乗り越える新しい政治勢力を作ろうと思ってやってきた。連携を急速にやりたい」と語った。

 ただ、政策などをめぐる各党の食い違いは残ったままだ。維新幹事長の松井一郎大阪府知事は14日、「減税が掲げた政策を降ろすなら別だが、そうでなければ(連携は)厳しい」と指摘。石原氏が河村氏と確認した太陽と減税の連携にも難色を示した。


‥まぁハシシタ自体が葬家党同様“ルーツが蛆虫朝鮮”だからヤル事似たり寄ったりと言うのは判らぬでも無いが世の中二番煎じがまともな結果を残した事例は余り無ェんだよw‥って与太はさておき、自滅党にコバンザメする葬家党宜しく“来年夏目処”でシノギをしてたハシシタの下僕揃って涙目ザマミロワロタw、野豚亡国売国糞為政唯一の“功績”此処に在りって事だが、昨今ハシシタが勝手に蛆虫朝鮮尖兵自白を連発しまくってたので実は似非維新的にはコレで結果オーライかも知れん、勿論泡沫政党として永田町に寄生すると言う意味でだがw。

しかしコレは昨今シツコク書き続けている事だが、“太陽”はこの衆院選でハッキリ自党のカラーを打ち出さねば行きつく先は公明党の如くのコバンザメ政党に堕する、その意味する所は為政者による市民騙しの続編と言う噴飯物の結果である。

尤もコレも昨今書き続けてる事だが、その“カラー”を鮮明にする為にも似非維新の扱いは“議会決議表田限定の提携”にすべきだし可能なら完全スルーとすべきだ、かつて自滅党が目先の票田目当てに葬家党に政党の命綱たる支持者情報を“提携”の美麗賛辞で売り飛ばしたのだが、その結果如何なる事になったか?

ソレは麻薬の類みたいな物で結果として廃人となる運命なのである、故にかつて自民党と呼ばれた政党は見事自滅し現在文字通りの“自滅党”となったのだが‥w、まぁ似非維新には葬家さんみたいな確固たる似非宗教団体は無いのでソコまで心配する必要は無いのだろうが油断大敵である、河村との連携はスムーズに行きそうな上に“勢力上積みが為の連携先”は幾らでもある、そして今回の衆院選では如何に奮闘しても政権を握る事は無い、せいぜい勢力拡大で自滅党に対して葬家党より物を言える立場にでもなっちゃえば最高だがソコまですら求むのは無謀だろう、勝負は来年夏の参院選睨みで構わないと思うので此処は焦らぬ事だ‥と珍しくまじめなオマケだったりしてw。
関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://dencyugumi.blog94.fc2.com/tb.php/779-2c079e43
    この記事へのトラックバック


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。