スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【与太w】 似非民主主義の成果此処に在り‥だなw ~国賊列伝~

2012年11月12日 21:23

ハシシタ×朝日の人権委員会捏造による蛆虫朝鮮国民第一日本国民二級市民化プロジェクトは朝日新聞出版社長がエンコ落としをしたって事で見事種蒔き成功w、後は“同志にして同胞”のマスゴミ喧伝工作に何も考えない糞馬鹿愚民がスルーする間にデッチ上げでFA?と言う笑えない話があった今日の日本ですが、とうとう隠蔽誤魔化しも通じぬと開き直ったのかGDPマイナス成長バルスwと白状したのはイイが例によっての尖閣貢いで支那様へ従属の平和をしねぇからと、何故既に嘘八百バレバレの“支那市場”に拘るのかヲレには理解不能、本来この種のネタで敢えて支那を採り上げるなら『極東アジアで市場たるに相応しい国家は支那のみに非ず、この状況下に至っては経済界は早急に現在の支那に偏った経営戦略を改め日本国益第一の原則に則った“新天地”を目指すべき』ぐれぇのオベンチャラを書くべきなのに目先の利権第一なマスゴミは決してヤラんのである、要するに『日本よ、コレがマスゴミだw』と言う衆愚政治の成果として官僚の思うがままな“嘘八百の政治主導”で斯様な状況を生み出した無能馬鹿が『消費税増税で市場の信任ワロタw』と狂った事を言い出す奴が内閣官房長官閣下と言う日本の為政を握る民主党にはマジキチしかいねぇのかw?‥だってこの内閣って親分たる内閣総理大臣閣下自らこんな体たらくなんだからもうね、先の衆院選で民主党に投票した奴全員腹切るか民主党の“ルーツ”蛆虫朝鮮半島へ行って奴隷階級を演じろよ、冗談抜きでw。

野田首相「議員辞職していた」
=消費増税法不成立なら-衆院予算委


 野田佳彦首相は12日の衆院予算委員会で、先の通常国会での消費増税法成立に「政治生命を懸ける」とした自らの発言について「(成立しなければ)議員辞職するつもりだった」と述べた。自民党の石破茂幹事長の質問に対する答弁。

 石破氏は首相の発言について「成立しなければ、衆院解散か内閣総辞職を選ぶという意味だったのか」とただした。これに対し、首相は「わが(民主)党で(消費増税に反対して)離党する人も出た。そこまで多くの人に迷惑を掛けてきた以上、一番の責任の取り方は単に総辞職だけではなく、自分がバッジを外すことだ」と表明した。

 一方、首相は8月に自民党の谷垣禎一前総裁に「近いうちに信を問う」と早期解散を確約したことに関し、「(消費増税法成立のため)どうしても局面打開に必要なら、暗示的な言葉は使わざるを得ないと思った。それが『近いうち』だ」と説明。「それ以上でもそれ以下でもない」とし、解散時期については明言を避けた。


実はこのネタで現時点で一番“得”をした連中を事の発端にしてGHQのパシリな官僚を抜きに日本国内で選定するなら自滅党である事は間違いは無い、このネタ無くしても順当に行けば現政権の次は自滅党(正確には自公+泡沫会派の連立政権)政権となるのは確実だが、民主党政権の出鱈目為政のツケ払いとして消費税に限らない増税は不可避と言うのも確実である、民主・自滅共に似非民主主義為政者しか演じられぬ三文役者の烏合の衆でしか無いので結局官僚の言うがままの増税となる自滅党としては露払いをしてくれた野豚には感謝し切れんだろう、ましてや自滅党なんて偉そうな能書きばかり垂れてる裏でシッカリ国対政治利権内閣機密費拠出国対費を握ってるんだろうから野豚だってこの位の能書きは言っても良いとヲレは思うのである、しかし続いて『いやぁ“そのうち”ってその場のノリでつい言っちゃっただけだし“そのうち”だから期限は未定ワロタw』と嘘八百詐欺為政まで自白しちゃうってのがこの馬鹿の痛い部分であるw、まぁ要するにこんな事例一つでもまさに『日本よ、コレが民主主義だw』と笑いが止まらぬ似非国家モード全開の通常運転ですが、ヲレは此処まで思いつめ日々飲酒三昧で顔は浮腫むわ恐らく肝臓も大分お疲れな野豚に労いの一言を言ってやりたい‥

すぐ辞めてもイイんだw

‥誰も困らんから大丈夫wってかもう十分日本亡国為政を堪能したダロw?‥とまともな日本人だったら誰でも思ってるだろうが、日本に寄生し骨髄最後の一滴まで貪る気マンマンな蛆虫朝鮮はそれでは困るみたいで‥

民主党政権は、衆院任期の来年8月まで脱原発に向けて全力で取り組む

 昨日は新宿歌舞伎町のロフトプラスワンでトーク・サイン会に出た。若い人が多く、熱心に私の話に耳を傾けてくれた。マスコミを通して伝わっている多くの誤解を解くには、やはり直接話すことが必要と改めて感じた。

 脱原発へ「あらゆる政策資源を投入する」という民主党政権の方針に沿って、例えば北海道の風力発電を進めるための送電網の整備、農地利用や地熱発電に関する規制緩和など多くの政策が進んでいる。

 来年8月の衆院任期いっぱいまでこうした脱原発政策を具体化することは、脱原発を逆戻りさせない歯止めになる。再生可能エネルギーへの民間投資が拡大しており、そうした民間企業が原発から再生可能エネルギーへ転換することに賛成してくれるからである。

 自民党の一部は解散を急いで、民主党が進める脱原発の流れを、電力業界と一緒になって変えようとしている。

 イギリスなど議院内閣制をとる国でも議会の解散は不信任案が成立した時に限り認められている。日本の自治体も、知事や市長は議会で不信任案が成立したときのみ議会を解散できることになっている。衆議院の解散も憲法を素直に読めば同じように解釈できる。

 しかし、自民党単独政権時代から党内の権力争いに「解散権」を乱用してきたことが、間違いの始まり。日本の総理の在任期間が外国に比べて極めて短い原因となっている。これからは衆議院も不信任案が成立した時に限り解散ができるという慣例をしっかり確立すべきである。立法化も視野に入れるべきだ。

 4年間の任期中に何ができ、何ができなかったか、全体を見て次の総選挙で国民が判断するのが望ましい姿だ。

 私は衆院任期の来年8月まで、「2030年代に原発稼働ゼロを実現するため、あらゆる政策資源を投入する」という民主党政権の決定に、全力を挙げて取り組めば、民主党は脱原発を望む国民から理解してもらえると思う。


任期満了まで為政の椅子にしがみ付き、脱原発の美麗賛辞詐欺で手前の福島第一原発“事件”の更なる有耶無耶化とエネルギーコストを上げまくり日本経済破壊をもたらしトドメに太陽光利権の恩恵を損禿経由で蛆虫朝鮮に流せと下命するのは蛆虫朝鮮からの銭疑惑で首がスッ飛ぶ直前に昨年の震災で有耶無耶的に延命され調子コイてフクイチを東電と共謀して水爆実験に成功させ現在の日本困窮の大半を捏造したチョクト・カン君wである、曰く『4年間で日本亡国の進捗が如何程捗ったか日本の糞馬鹿愚民に再確認させ、もはや日本はウリの奴隷国であると認識させろ』って事か外道死ねw‥ってか何故この国賊が未だ偉そうにブログなんてデッチ上げ出切る立場なのかヲレには全く理解不能である、斯様な国家破壊犯罪者を裁判抜きで縛り首の上で死体市中引き回しのムッソリーニ刑wにしねぇから偉そうな能書きを垂れ流すんだよ、まぁコイツ等とドッチが外道にして糞なのかはもはや後世の歴史家ですら議論する気が無くなる始末ワロタw。


東電火力発電所で液化天然ガス漏れ 川崎

 12日午前11時15分ごろ、川崎市川崎区東扇島の東京電力火力発電所から、「気化したガスが高圧ポンプ付近で漏れています」などと119番通報があった。

 東電によると、LNG(液化天然ガス)を気化するための機械に送るポンプからガス漏れしたという。川崎臨港消防署によると、けが人はおらず、東電の作業員がガス漏れを止める作業に当たっている。

 東電によると、LNGには毒性がない。引火性はあるが、同施設には火元となるものがないため、火災や爆発の危険は低いという。


お漏らしはセシウムだけにしとけ糞東電w!‥あったくロクでもねぇよこの糞企業だきゃぁw、フクイチの運用一つロクに出来ねェ糞の分際でもチョクト・カン君が自分の不始末もろとも有耶無耶隠蔽工作のついでに国民から税搾取に増税までしてお助けしてやれば『底辺奴隷が足りません』だの、その原因として謂われる『漏れはちゃんと払ってるが中抜きワロタw』と原発そのものに始まりその収束作業も締まり無きダダ漏れ状態の中、更に『もあまねーぷりーず』とヌカしやがってたよなぁこの糞虫、とうとう自前の“社員”をフクイチ片道切符とか“福島本社”に面倒丸投げとかよ、この東電ネタに限らず駄Blogで晒し叩くネタ全部の根底にあるのは‥

常に目先しか見ず面倒回避が為の
不作為が日常の糞馬鹿愚民自らの
手で自滅に至った似非民主主義の

成果w

‥でしか無いからw、ホント民主主義って諸刃の剣とヲレ大関心って辺りで今日の駄Blog終わりw。





オマケ:張り切るのはモナ子の腹の上で腰振る時限定にしとけよ糞野郎w!

民主・細野氏
「国背負う準備、始める」


 民主党の細野豪志政調会長は12日朝、都内で行った講演で、「国を背負っていく人間が持つべき内政外交のビジョン、それを遂行する人間関係のネットワークをつくらないといけない。その準備を始めたい」と述べ、将来の代表選出馬に改めて意欲を示した。 
 細野氏は「どうしても首相にならないといけないと思っているわけではない」とする一方、「私のような人間が何人かいないと、この国は本当に駄目になる。今の永田町を見て、国政を担う態勢を整えている政治家が少ない」と語った。


マジキチw
アップするのは勝手だが、“その時”まで民主党があるかは悪魔のみぞ知るw。
関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://dencyugumi.blog94.fc2.com/tb.php/771-2eaf8280
    この記事へのトラックバック


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。