スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【御花畑でFA?】 日本の糞馬鹿愚民共よ、此れが戦争だ ~国家戦争を演じる覚悟もインテリジェンシーと言う手段も無き似非国家に明日はあるか?~

2012年11月09日 11:16

“そのうち詐欺”と呼ばれようと民主党為政者が政権の椅子にしがみつく理由が此処にw。

きょう人権救済法案提出を閣議決定

 政府は8日、新たな人権侵害救済機関「人権委員会」を法務省の外局として設置する「人権委員会設置法案」(人権救済法案)について、9日に今国会への提出を閣議決定する方針を固めた。「人権侵害」の拡大解釈で憲法21条(表現の自由)が侵される恐れがあるため、民主党の一部や自民党に反対論が根強いが、公明党は法整備に前向きで、今国会で成立する可能性もある。

 人権委員会は政府から独立した権限を持つ「三条委員会」として設置される。調査で人権侵害が認められれば、勧告や告発などの措置を講じる。調停や仲裁の手続きに入ることもでき、委員長や委員は国会の同意を得て首相が任命する。

 ただ、人権侵害そのものの定義が「特定の者に対し、不当な差別、虐待その他の人権を違法に侵害する行為」などと曖昧で、人権委員会の恣(し)意(い)的な運用が可能になるとの懸念が強い。

 法案は、民主党の支持組織の一つである部落解放同盟などの人権団体が強く成立を求めており、同党は先の通常国会でも成立を目指した。しかし、松原仁国家公安委員長(当時)が法案提出に難色を示していたため、野田佳彦首相は松原氏が海外出張中の9月19日に法案内容のみを閣議決定するという異例の対応を取った。

 法案内容と提出の閣議決定を切り離したのは、9月21日の民主党代表選を前に「首相が支持固めを図るためだった」(同党関係者)とされる。



この駄Blogでも時折晒し続けてきた民主党が政権を握り“最優先課題”として、否、此れこそ民主党が政権どころか政党として存在する“存在定義”とも言える“被差別と言う名の被害者面”を盾に捏造し続ける在日差別を逆手に日本国民二級市民化を講じる国家侵略戦術がコレであり、絶対に成立させてはならない‥ってか自民党が自滅等で無ければこんなの参院廃案で終わりだが先の“そのうち詐欺”と言うアリバイ一発で手前の目先利権第一なのは自民党だって民主党とどっこいどっこいのくそ虫の集合体でしか無いので決して油断はならない、この一件は既に日本と蛆虫南朝鮮が‥

戦争状態と言う現実

‥を如実に示しているのだが、斯様な巧妙たるインテリジェンスで侵略を受けようと日本の糞馬鹿御花畑脳味噌は“実弾が飛び交い人肉バラバラw”にでもならんと戦争と認識すらしない目出度い判断しかしないので、本来は社会の木鐸たる報道が率先して注意喚起せねばならんのに何故かスルー、そして日頃斯様な報道を“マスゴミ”とコキ下ろし『ネットメディアマンセー』しか言わぬヤプー頼みの綱たるネットニュースを纏めるぐぐるニュースと言えば、コレまた散々指摘してる通り何故か“韓流フィルターw”で弾かれているみたいで‥w。

※以下、全画像クリックで拡大


コレは誰でも読める“ノーマル”な表示画面だが、偉大にして聡明賢者沙汰たるヲレ様仕様表示も同様と言う事を予め書いておく、ぐぐるニュースですらこの体たらくなので“元在日現蛆虫朝鮮尖兵”の禿が仕切るココだって‥w。





補足だが上が“只の”主要ニュースで下が“速報”であるが何れにしろ斯様なネタが表ざたになるのは極力避けたいと言う事だし、ソレは何も禿阿呆やぐぐるに限らず日本の全メジャーメディアにとってもはや‥

タブーと言う共通事項

‥となっている事が良くわかる、言うまでも無く今やネットメディアだって“リテラシー”の対象でしか無い、情報氾濫の海の中で自分の立ち位置と進むべき道を自己判断出来ぬ者の行く末は古今東西区別無く“力ある者による搾取対象”と言う極当たり前の末路しか無いw。


『日本人よ、これが戦争だ』とは映画・亡国のイージスの一場面で自衛官成りすましの蛆虫朝鮮を演じる中井貴一の台詞だったが、まさにこの台詞が相応しい状況となりつつあるって辺りで緊急的にデッチ上げた駄Blog、今日はダブルヘッダーあるカモと言う事で一旦終わりw。
関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://dencyugumi.blog94.fc2.com/tb.php/766-de2d2afc
    この記事へのトラックバック


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。