スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【テロには屈しないw】こんな馬鹿ネタで騒ぐ似非国家w【エゴには屈するカモw】

2008年11月26日 06:28

似非国家だろうと日本はテロに屈しないのであるw。

犬の殺処分「引き続き行う」
元次官ら殺傷で環境相


 元厚生次官ら連続殺傷事件で、銃刀法違反容疑で逮捕された無職、小泉毅容疑者(46)がペットの犬を保健所に殺された恨みを動機にあげたことについて、ペットの殺処分の根拠となる動物愛護管理法を所管する環境省の斉藤鉄夫大臣は25日の記者会見で、「政治は、いかなる暴力も許さないという強い決意を表明すべきだ。今回の事件で躊躇(ちゅうちょ)することなく、動物愛護管理法の精神にのっとって引き続き執り行いたい」と述べた。また、関連する部署に安全に対しての注意喚起を促したという。

 同法では、飼い主の事情でペットを飼えなくなったり、負傷した犬や猫を見つけた場合、都道府県や政令市の保健所、動物愛護センターなどが引き取らなければならない。

 一方、鑑札や予防接種済票を装着していない犬は野良犬と見なされ、厚生労働省が所管する狂犬病予防法に基づいた扱いとなる。いずれも飼い主に返却されたり、新たな飼い主が現れない限り殺処分される。保健所は、2つの法律に対応している。

 環境省によると、動物愛護管理法が施行された昭和49年度は、約53万3000匹の犬が殺処分された。殺処分された犬の数は平成10年度には25万匹を割り、17年度は8万5000匹まで減り、この30年間で激減している。都市部に野良犬がいなくなったことなどが原因と考えられる。


日本はテロに屈しないとはポチ小泉の言であるw。

尤もメリケン国には徹底して屈し続けてたがwそれはさておき精神障碍者気取りで刑減刑狙いの無職タカリ屋風情の戯言に釣られ、早速マスゴミが“コイツキチィ?”と必死コイて免罪符を与えようとして騒ぐがキチだろうが何だろうがコイツ単なる殺人犯だからwって事でしか無いのだが、ここまでまともに釣られる馬鹿国家もそうそうないだろう日本国って事でこんな馬鹿はさっさと薬殺処分すべきとヲレは真剣に思うのである。

しかし考えてみれば人間のエゴで勝手に飼われ捨てられた挙句に薬殺処分と言うのは余りに悲惨な話でもあるのでここはこんな犯罪をしでかした馬鹿に悲惨な命運を背負わされた“家族”の敵討ちをやらせて見るのも手ではある、言うまでも無く小役人殺害なんて的外れもイイトコの犯罪を再犯させる事では無い。

エゴで勝手に飼った挙句に手に負えないってんで捨てるクソバカの始末をさせるのであるがそりゃ相当な数のエゴをブッ殺す羽目になるであろう、勿論この馬鹿がPSTDになるのは目に見えてるがそんなのは国家にとっては知った事では無いw散々ブッ殺させた上で本来の殺人罪でサクッと死刑執行にしてやるのは言うまでも無いw。

諺にもあるダロ?毒を以って毒を制すってよ、この犯罪者の言う事が本心であればこんな奴も真性のエゴイストなんだからエゴ撲滅にはエゴって事よって事でサッサと法制定でも何でもしてこんな馬鹿をこの世から始末シロや、そんでこんな馬鹿騒ぎに終止符を打ち、本腰据えて日本国を似非国家から本当の国家たらしめん事を真剣に考えろって辺りで今日の駄Blog終わりw。

関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://dencyugumi.blog94.fc2.com/tb.php/67-322900c5
    この記事へのトラックバック


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。