スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【無理難題w】 歴史上最低最悪同盟で極東緊張緩和を試みるw 

2012年07月17日 22:06

紀元前からカチ込みの名所となってる中東と並び、今や『21世紀は極東に火の季節到来ワロタw』と注目を浴びてる東&南支那海では越南及び比律賓は真剣に国土(国益)を守るのに必死だが、常時御花畑満開糞馬鹿愚民似非国家日本では敵国民兵を乗せた偽装漁船が堂々と侵略行為をしても『漏れは当然の権利を行使してるに過ぎない朕!』とイワれれば“お見合い”で済ましちゃうと言う体たらくだが、そんなの似非国家日本が相手だから成り立つシノギであって、“まともな国家”相手にそんな事をしたらサァ大変即戦争バルスw!覚悟の話と言うのは当然であり、まして相手がマッチョでジャイアニズム脳しか頭蓋に入ってない米帝の場合、リアル命がけだったりするんですがw‥


米補給艦:警告無視の小型船を銃撃 ペルシャ湾

 米海軍第5艦隊司令部(本部バーレーン)は16日、第5艦隊所属の補給艦「ラッパハノック」が同日、アラブ首長国連邦(UAE)沖のペルシャ湾で、停船警告を無視して急接近してきた小型船に銃撃を加えたと発表した。ロイター通信がUAE国営通信の報道として伝えたところでは、小型船に乗っていたインド国籍の1人が死亡、3人が重傷を負った。

 ペルシャ湾では、米欧主導の経済制裁に反発するイランが原油輸送の大動脈であるホルムズ海峡の封鎖をちらつかせ、空母2隻や機雷掃海艦8隻を展開する米海軍との間で緊張が高まっている。

 小型船の所属は不明。ロイター通信は、小型船が銃撃を受けた後、現場から逃げ去ったとの消息筋の話を伝えており、情報が錯綜(さくそう)している。

 第5艦隊司令部によると、ラッパハノックは米海軍の規則に従い、小型船に対して接近しないよう再三警告したが、小型船が警告に従わずに急接近したため、銃撃したという。



まともな国家の場合、国益に反する奴への対処なんて軍と言う究極の暴力装置を使い片っ端からブッ殺しちゃうと言うのが古今東西共通のグローバル・スタンダードである、仮に“ラッパハノック”なんて冗談としか思えぬ艦名だろうがソレが軍艦だったら当然ROEに従って鉛弾バラ撒きブチ殺しなんて当たり前である、生かして捕縛するなんて後々扱いが面倒なだけだからなw、つまり‥

之が国益を守る現実だw!

‥って事よw、『コイツ等漁民か?偽装テロリストか?』な~んてイチイチ考えてる間にRPGの弾頭が飛んで来たらただちに手前が肉片になっちゃうのが紛争地帯に居る者の宿命だから取り敢えずブッ放し後は屁理屈考えれば万事OK!って事よw、キリングフィールドの中にあっては決して綺麗事では済まされぬって事だが何処かの似非国家の似非軍隊とは覚悟もヤル事も桁違いワロタw。


「尖閣購入」に中国が激怒しないのは
南シナ海ではフィリピンともっと熱い領有権争いの真っ最中


 領土の保全を自国の「核心的利益」と位置付ける中国。これまで日本と領有権を争う尖閣諸島(中国名・釣魚島)が問題になると、感情的反応を繰り返してきた。10年の漁船衝突事故後も、日本側が島に独自の名前を付けるとすぐさま中国名を付け返した。

 ところが東京都の石原慎太郎知事が16日、ワシントンで「東京都が尖閣諸島を購入する」と突然ぶち上げたにもかかわらず、中国政府の対応は外務省が「日中関係を損なう」といった控えめなコメントを出しただけ。いつもは大騒ぎする中国版ネット右翼「噴青(フェンチン)」も比較的静かだ。

 重慶市で起きた政治スキャンダルが共産党最高指導部を揺るがしていることも、「沈黙」の理由の1つだろう。ただそれだけではない。実は中国は今、もう1つの領土紛争で忙しいのだ。

 4月初め、フィリピンが実効支配する南シナ海のスカボロー礁(中国名・黄岩島)付近で操業していた中国漁船をフィリピン海軍の艦船が捜索し、違法に採取したサンゴやサメを発見。中国人船員を逮捕してフィリピンに戻ろうとしたが、中国政府が派遣した2隻の漁業監視船に妨害され、海上でのにらみ合いが1週間以上続いた。さらにこの間、南シナ海では両国間の緊張を高めるフィリピン軍と米軍の合同演習まで始まった。

 中国は南シナ海で南沙諸島(スプラトリー諸島)、西沙諸島(パラセル諸島)の領有権も争っている。中国が周辺国と領土をめぐる紛争を起こすのは、海洋資源の独占をもくろんでいるためとされる。だが現実にトラブルを起こすのは、水産資源を狙う漁民が多い。中国の領土問題には、豊かになった国民を近海の資源だけでは満足させられなくなったという経済的側面も強い。

 逆風も吹き始めている。国連の国際海洋法裁判所は3月、ビルマ(ミャンマー)とバングラデシュが争っていたベンガル湾の境界線について判決を出した。認められたのはバングラデシュが主張する大陸棚ではなく、ビルマの求める中間線。日本と中国が海底資源を争う東シナ海ガス田問題では日本が両国の中間線を、中国は大陸棚を境界線と主張している。この問題が国際海洋法裁判所に付託されれば、同じ判決が出る可能性もある。

 中国は今までのこわもてな姿勢を改めるべき時なのかもしれない。



所謂マスゴミ報はともかく、ネットメディア配信ではチャイナネチズンのお祭り騒ぎが連日報じられてたが、紐育週刊朝日としてはその辺の都合が悪い事は“無かった事”にするなんて当たり前の話であるw‥って事で日本と比律賓の違いは何か?と言えば、日本は大東亜終戦後延々累々と米帝オンリー国家として豚の如く偽りの平和と繁栄を貪り続けた一方で比律賓は勘違いした赤軍かぶれが功を奏しちゃって栗夫が『あっそ、ぢゃ基地引き上げワロタw』と言う“軍事的空白”も相まっちゃってこんな体たらくだったりスルが、幸いな事に極東には先に書いた米帝のオンリー日本が居てくれたので迅速な“軍備再配備”も可能って事で我が誇るべき米帝オンリーの日本様に比律賓の馬鹿猿共は感謝すべきだw。

嘘八百の上に実態ってか本音は内向きでしか無い『強面の姿勢』しか成せる事無しの支那が、比律賓だろうが日本だろうがガチでカチ込みを入れるとは到底思えぬし、越南相手にしても本気でヤラかす糞度胸なんてからっきし無ェが、日比越三国はコレも良い機会なので米帝様の庇護の元で三国同盟を結び、ナンチャッテ同盟軍でも展開した上で宣戦布告しちまえよ、今なら勝てる、多分w。


尤も問題は肝心の米帝が反対するって事だ、選挙あるしw‥って辺りで今日の駄Blog終わりw。





オマケ:すぐバレる嘘八百を堂々と言うのが殺人電力伝統芸とは知ってるが‥
コレはwwww
‥嘘八百ぐれぇ真面目にヤレや屑!杉並区が購入するってのは記事にもある通り“税金投入”って事だ、これまで兆単位の国税を搾取した程度では気が済まないからって杉並区税からも搾取するたぁまともな思考回路なら絶対思いつかんし思いついても絶対口にすらしねぇだろうが屑なのでそんな事お構い無しと言う訳か死ね屑!‥更に私大が高値で買うってのにシカトって、コイツ等算数も出来無ェ無能と言う事が今更判ったがソレはさておき、こんな無能屑に原発なんか触らせ続けるから反核馬鹿が調子コイてお祭り騒ぎするんぢゃ無ェか、もうね、米帝軍におねだりして軍犯収監兵に殺人電力本社社屋にスティンガージャベリンをブッ放させちまえよ、当然大騒ぎになるが『シャブPラリwで座間からガメ撃っちゃっテラワロスw、一発なら誤射だよな、なw?とでも言いつつ内閣機密費でも握らせればマスゴミが適当提灯するよ、大体『一発誤射』は日本御花畑伝統芸の定番だし、コレまでもそんな糞馬鹿為政が罷り通ってダラダラ似非国家してるんだからヤッって屑黙らせろよ面倒臭ェ!
関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://dencyugumi.blog94.fc2.com/tb.php/625-42f00b48
    この記事へのトラックバック


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。