スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【利権から‥】 日本は提灯とYARASEで成り立つ似非国家であるw 【売国までw】

2012年07月07日 23:58

色々あって晒し遅れてたが利権893一座提灯劇場・永田町公演のパンフレットがデッチ上がったんだがコレね、普通に読もうとするとFacebookに飛ばされちゃうとか何故かメモリ馬鹿食い状態になって狐寝ちゃうわでサァ大変(怒)!‥って事で提灯パンフ最終版w(提灯資料とか色々ZIPで固めてある)提灯井戸端会議(PDF)への直リン貼っとくから読めや糞馬鹿愚民、税金ってぇのは斯様にして利権貴族様の為“だけ”に無駄に垂れ流されると言う良き見本だからよw‥って話はさておき、そんな提灯劇場ホムペでヲレは大変な誤植wを発見してしまったのである、食通ぶろぐみてぇな日々酔っ払って適当にデッチ上げる駄Blogならいざ知らず、仮にも国家税金投入をしてまで提灯する国会事故調査会のホムペで、その会の趣旨についての誤植とは呆れて開いた口が塞がらぬのであるw。


コレが事実に基づく公金投入する情報発信の正しい姿では無いのかw?‥斯様な嘘八百をホームページの一番目立つ様に掲載とは実にけしからんw!上の画像はクレてヤルから早速貼り直せw‥と言う下らん提灯一発で『禊フラグ立ったっ…この有耶無耶の感動ワロタっw!』と日本を売る日経が提灯社説を出しましたが、その内容は如何にも日本を堕し続ける妄言亡国扇動機関宜しく、政府・東電・地元自治体の責任はダラダラ垂れるが、国策たる原発事業については手前の利権シノギ第一と言う事で問題定義をまともにせず今日の惨禍を招いた手前等の利権893義兄弟の契りについては決して統括する事等ありえぬとばかりに文末で『今回の報告書を改革の出発点ととらえ、不断の努力を関係者に求めたい。』と見事な責任逃れと言う日本マスゴミ社説の見本ワロタw、書いた奴は国賊認定だから即死ねよマジでw‥って話のオチとしては、こんなん如何でしょうか糞馬鹿愚民諸君?


東電、福島で「やらせ」 03年説明会に社員ら動員

 経済産業省原子力安全・保安院が2003年に福島県内で開いた原発の安全性についての住民説明会で、東京電力が自社や下請け企業の社員らに出席するよう要請した上、質問票への記入方法を指示するなど「やらせ」行為をしていたことが、福島第1原発事故で国会が設置した事故調査委員会の調査で分かった。

 国会事故調は「明らかに行き過ぎた行為」と批判している。玄海原発(佐賀県)の運転再開をめぐる九州電力のやらせメール問題が発覚した後も、東電はそうした行為はないと説明していた。

 東電の内部資料などを基にした国会事故調の報告書によると、説明会は03年3月に福島県大熊町で開催。



『いっくら提灯しても追っつかんワロタw』‥と利権893義兄弟御一行様の嘆きが聞こえてきそうなネタがザックザク湧き出る殺人電力ネタの泉が枯れる事は決して無くて、今日のコレだって愚民のガス抜きの為に気分次第的に晒しただけwと言う話だが、利権追求が為のYARASEは殺人電力の独占事業wでは無くてよ、おめえら糞馬鹿愚民は既に忘れちゃってるだろうが“市街地だろうが手榴弾からランチャーまで転がってる修羅の地・九州w”のYARASEを出せば良いだろうし、殺人電力謹製のYARASEだってコレに限った話ぢゃ無ェだろうが、本家wでは日本の出鱈目無責任有耶無耶体質剥き出しで一年経過しようが社長自ら開き直るその体質はミジンコの一歩程度の進歩無き状況w



そんな利権893の下で働く奴も皆893wと言う事でリアル893御一行様が福島でアンタッチャブル的に大暴れしたと“絆の美しい日本w”にとっては御都合宜しく無いネタを晒すのは日刊ヒュンダイ様である、まぁこう言うのって大東亜敗戦直後の日本だったらそこら中であった話だよね‥人間の本質的醜さが良く判るw‥って辺りで今日の駄Blog終わりw。





オマケ1:やはりそう来たかw‥コレも一種のYARASEである事に気づいてる日本国民が如何程実在するか?

対中関係、深刻化を懸念
=尖閣国有化、政権浮揚の思惑も-政府


 野田佳彦首相が、中国の反発覚悟で尖閣諸島(沖縄県石垣市)の国有化に動く背景には、対中強硬派の石原慎太郎東京都知事が購入すれば、日中関係がより深刻化するとの判断があるとみられる。領土保全に毅然(きぜん)と対処する姿勢を見せることで、次期衆院選に向けて政権浮揚を図る思惑もありそうだ。

 「自分たちで買いたい」。6日に都庁を訪ねた長浜博行官房副長官と長島昭久首相補佐官は、石原知事に国有化の方針を伝え、協力を求めた。石原知事は、所有者からまず都が買い取った上で譲渡に応じるとした。

 尖閣国有化方針について、閣僚の一人は「何をするか分からない石原知事が買い取るより、国有化の方が日中関係が緊迫する度合いは小さい」と指摘。別の閣僚経験者は「都の所有になれば、外交のコントロールを失う」と、首相の判断に理解を示した。

 都による尖閣購入には「筋違い」との批判もあるが、石原知事は「政府が何もしてこなかったからだ」と反論。石原知事の主張は少なからず世論の支持を集め、購入資金として都が募った寄付金は13億円を超えた。政府内では「何もしなければ、世論の批判が政権に向かいかねない」との懸念が強まっていた。

 野田政権は、世論に不人気の消費増税、原発再稼働を推進。小沢一郎元代表らの離反による民主党分裂も重なり、政権基盤は大きく揺れている。自民党が次期衆院選公約で「尖閣国有化」を打ち出す中、尖閣問題の争点化を避ける思惑も見え隠れする。

 「人気稼ぎだろう。今までほったらかしで、とにかく拙速、粗雑だ」。国有化方針について、石原知事は7日、記者団に不快感を示した。


‥“拙速・粗雑”ならまだイイのでは無いか?まぁ野田の糞馬鹿野郎や奴を操る役人連中はその程度のレベルだろうが、問題は戦争敵国側の“戦術”である、大東亜後の日本の歴史に於いて、日本に自主独立の世論形成がされようとする時には一旦“自主独立方向へ舵を取り”、適当なガス抜きを行った上で必ず“逆方向へ舵取り”を取るのである、この繰り返しで日本は国家としての去勢を行われたと言う認識を持つべきである、こんな話があれば尚更だ。

「石原抜き交渉」に思惑も
=中国、表向きは強く反発-尖閣国有化方針


 【北京時事】日本政府が沖縄県・尖閣諸島(中国名・釣魚島)の国有化方針を固めたことについて、中国外務省報道官は7日、「日本側の一方的な措置は違法かつ無効」と強く反発した上で、「中国政府は必要な措置を取り続ける」として対抗措置も示唆した。ただ、中国政府内には「中国に挑発的な態度を取る石原慎太郎都知事を抜きに、日本側と交渉した方が両国関係の決定的悪化は回避できる」(共産党筋)という思惑もあり、今後の日本側の出方を見極める方針だ。

 尖閣に関する日本の「国有化方針」が伝えられた7日はくしくも、日中全面戦争の発端となった盧溝橋事件(七七事変)から75年の記念日。中国政府は抑制した対応を見せているが、ミニブログ「微博」には「七七事変75周年。釣魚島は中国のものだ」との書き込みも見られたほか、日本の「国有化方針」が中国でも報道されると、「抗議、抗議だ」「動かない政府は売国奴だ」などと意見が殺到した。

 秋に共産党大会を控える指導部は、対外関係で波風を立てたくない一方、反日感情が根強い国民や、対日強硬論が幅を利かせる軍の意向も無視できない。このため日本政府に対して尖閣は譲歩できない問題として抗議し、批判のトーンを強めるのは必至だ。

 日中関係に詳しい清華大学の劉江永教授は取材に「石原知事の思うつぼだ。日本政府が真正面に出て中国政府と対抗すればさらにまずい。両国関係が壊される」と警告した。

 ただ中国政府内では石原知事が前面に出れば、中国の反日感情を刺激するほか、日本政府を相手にした方が水面下で情勢のさらなる悪化を回避できるとの見方もある。共産党筋は「国有化の際には中国側と連絡を取り合いながら今後の対応を議論するのがいいやり方だ」と解説する。

 日本政府は「領土問題は存在しない」とする立場。これに対して中国側は、日中関係の危機的状況が表面化することで、国際社会の中で尖閣諸島を「領土問題」として既成事実化できるほか、日本側との議論に持ち込み、共同開発など自国の目標を達成に近づける思惑も持っている。

 日本側が勝手に騒ぐ状況を表向きは怒りながらも、内心では冷ややかに見つめているのが現実だ。


‥ヲレは常に書いてる事に外交問題に於いてマスゴミが騒ぐネタについては、ソレに安易に乗じる愚と言う話が散々この駄Blogに記されてるのだが、本事案についてもこの方程式が適用されそうだ、なんたってGoogleニュースさんですら“一推しw”してるぐらいだから要注意wであると言う話については成る程と謂わざるを得ないなぁ。

国有化して石原封印wと言う中々良い視点の記事だが、ソレを指摘する記事ばかりでは無くて多くは表面的な事ばかりを弾幕的に報道して本質隠しをするのが日本マスゴミ伝統芸である事に注意すべきだが、本件の本質をしっかり認識していれば石原が外され様がどうなろうが問題にはならぬと言う事にすぐ気づく筈である、都有化だろうが国有化だろうが都有化→国有化だろうが、書類上の尖閣所有権より今日本が本当の国家なら実効支配と言う“書き換え不可能な所有権”の維持を第一に思考し実行すべきだが、その辺日本ってぇ似非国家と来たらワロタw。


オマケ2:そんな石原君とマスゴミさんとの“ふれあい”動画w

関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://dencyugumi.blog94.fc2.com/tb.php/616-4d9e52c7
    この記事へのトラックバック


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。