スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【まさに豚www】 コレが米帝すら震え上がらせたKAMIKAZEの子孫の体たらくワロタw

2012年06月11日 21:28

‥ってぇのはよ、ついに野田の糞馬鹿野郎が“解散”の言質を述べたと言う報が入ったからだが、喜ぶのは間違いであるってのはよ、似非国家日本は殺人社員様宴会費用確保の為“だけ”のエレキみかじめ料値上げから、電力利権893や痴呆利権893始めあらゆる利権893義兄弟の懐を暖める為“だけ”の原発有耶無耶再稼動に至るまで全てヤラセのシノギが罷り通ってるのでそんな事はありえない、勿論このネタだってヤラセ一発突破狙いと考えるのがまともな思考回路の持ち主って事なんですよ、話は逸れるけどヲレに言わせればあんな提灯にノコノコ面出す時点でおまいら馬鹿w、日本全国民あんなの超強硬的無慈悲なシカトしちまったらエレキ値上げなんて法的に成立しねぇってのに手前から敵の仕掛けた罠に嵌った挙句に馬鹿騒ぎをして利権893に値上げのアリバイを進呈しただけってもうね、おまいら本当に救えねぇワロタw、そんな馬鹿虫に選挙権なんて無駄どころか民主主義への冒涜・背信としか言い様が無ェって話は思いっ切り話が逸れちゃってるので元に戻してよ、この言質が出たと言う事はナンタラ一体改革と言う名の利権893による利権893の為の利権補完計画実現宣言と言う事に気づかぬのが君達糞馬鹿愚民だからね、日本は似非国家だから民主主義だってお江戸な時代から何ら変化無しの御上御意向を受け入れるだけの似非民主主義でしか無いってのはよ、こ~んな記事読んぢゃったから余計確信せざるを得ないんだよ。




電気を止められる恐怖──東電値上げ、企業の抵抗に限界

 「値上げは権利」との社長発言で批判を浴びた東京電力の企業向け電気料金。契約期間が残るうちは値上げを拒否できることを説明しないなど東電の不手際ばかりが目立ったが、4月1日の実施から2カ月余り経過し、合意した企業は7割近くにまで達した。一方的な値上げ宣言に不満がありながらも、企業側はなぜ値上げを受け入れたのか。

「電気は血液と同じ」

 古くから鋳物の町として知られる埼玉県川口市。その一角に工場を構える「田中鋳物工場」に、東電の担当者が訪れたのは1月中旬のことだった。

 「皆さんにお願いしているんです。4月1日からの値上げをお願いします」。担当者は深々と頭を下げた。緊張で顔は真っ赤。その後も「申し訳ありません」と何度も謝罪を繰り返した。

 同業者から「冗談じゃねえ!」と怒鳴りつけられたこともあったらしく、応対した田中大裕専務(38)が「よそでは相当怒られてるでしょう?」と聞くと、「そうなんです……」とうつむいた。

 田中専務が「同業者と相談しなくてはいけないから」と帰るよう促すと「そうですよね……。即答してくれるところは1件もありません」と肩を落とした。

 田中鋳物の場合、東電との契約期限は6月末だった。担当者は3月初旬に再び訪れ、開口一番「4月1日に値上げしなくてはいけないと言ったのは間違いでした」と頭を下げた。

 それでも「契約を更新する7月1日からは、値上げをお願いしますから」と念を押すのを忘れなかった。すでに川口商工会議所は東電に対する料金不払い運動を始めており、田中専務は「商工会議所と足並みをそろえなければいけないから」と、この日も値上げ受け入れを拒否した。

 だが、田中鋳物は7月から値上げを受け入れる方向だ。「溶鉱炉もクレーンも電気がないと動かない。鋳物業にとって電気は血液と同じ。電気を止められるのが一番怖い」。その恐怖が田中専務の背中を押した。

 田中鋳物に対する値上げ幅は約16%で、電気料金は月額70万円も増える。従業員10人程度の町工場に重い負担がのしかかる。安価な輸入品に押され、厳しい値下げ競争を強いられるなか、値上げ分を製品単価に上乗せするのは困難だ。コスト増をどう吸収するか、田中専務はまだその方策を見いだせていない。

夜間料金は36%値上げ

 大企業も東電の一方的な値上げを拒否し続けることは難しい。

 スクラップを電気で溶かして鋼材を製造する電炉業界は、電気代が製造コストの25%を占める。料金の安い夜間しか操業していない工場がほとんどだが、今回の値上げは昼も夜も関係なく同額を値上げするため、夜間電力で比較すると値上げ幅は実に36%にもなる。

 「業界の淘汰(とうた)に直結する」。危機感を抱いた電炉業界は一致団結して値上げに強く反対した。だが、4月下旬に「(最大手の)東京製鉄が契約を更新したらしい」との噂が広がると、雪崩を打ったように各社は契約を更新した。値上げに抵抗し電力供給が止められれば、事業が成り立たないだけに抵抗には限界があった。結局、東電管内に工場を持つ15社は5月下旬までにすべて契約を更新し、1キロワット時あたり一律2円58銭の値上げを受け入れた。

 大手電炉の幹部は「電気代が決まらないと、収益計画も、工場の操業計画も、鋼材製品の値段も決められない」と実態を語る。東電以外に電力を安定供給してくれる業者はなく、あきらめの表情を浮かべた。

2つの恐怖と闘う企業

 東電はいま、値上げに合意せず契約が切れた場合にも電力供給を続けている。本来は契約が切れた後、約50日後に電力供給を止められるが、枝野幸男経済産業相から「機械的な対応は許されない」と批判を受けたためだ。しかし、いつまで電力供給を続けるのか東電は明確にしておらず、供給停止の恐怖は消えない。

 それでも合意拒否を貫くある経営者は「国の認可が必要な家庭向け料金は後回しで、手っ取り早く企業向けを値上げして収入を確保しようとしている。大企業なら価格交渉をしたり自家発電設備を増やすなどの選択肢もあるが、中小零細企業にはそんな体力はない。やり口が汚い」と憤る。

 東電は事実上の地域独占で電力供給を続けてきた。このため、多くの顧客は東電以外に選択肢がなく、値上げを受け入れざるを得ない。だが、値上げ分を価格転嫁できなければ経営悪化は避けらない。

 電気が止められる恐怖と、コスト上昇を転嫁できない恐怖。東電は生き残りのために値上げを決断したが、多くの企業が生き残りのために2つの恐怖と闘っている。


腐り切ってやがる!‥利権893義兄弟報道利権893と言うか権力利権の犬・産経ならでわの提灯記事が述べるにこんなヘタレな体たらくを指して“闘い”たぁ如何なる屁理屈で言うのかヲレには全く理解不能である、こんなのハナから戦闘放棄の無条件降伏でしか無ェぢゃんか?大東亜敗戦から日本は常にこの体たらくだったのである。

曰く面倒は絶対回避
曰く責任も絶対回避
曰くその為に決断なんて絶対ありえない
曰く長い物に巻かれるのが‥
一番楽

‥と言う体たらくで手前の国をまともに守ろうとすべく洗脳経典たる似非日本国憲法改定(=真・日本国憲法制定)一つ回避し続け怠惰に“与えられた繁栄と平和”を貪りつくし続けた結果、戦後日本人から自分の欲する物(事)は自分で得ると言うガキでも理解可能な事一つまともにしなくなった文字通りの飼い豚と化したのである、ソレがもたらした物(事)は蛆虫朝鮮や支那からはナメられ切った挙句に竹島簒奪文民拉致排他区域に勝手にガス田デッチ上げられると言う主権国家としては絶対ありえないと言うかあってはならぬ事態となってる上にそれら全部纏めて放置のまま今に至ると言う見事な似非国家ぶり大発揮の成れの果てがこの利権893義兄弟大勝利と勝ち誇る“ドラマ”記事と言う事に気づいてるまともな日本国民なんてホンの一握りで殆どの利権893の飼い豚・糞馬鹿愚民が読むと『殺人電力に抑圧される企業カワイソー』ってなるんだろうがヲレに言わせればこんなの単に覚悟一つ無いヘタレの愚痴にしか見えねぇよw。


エレキ止められる怖い馬鹿の頭には常にその場凌ぎのシノギしか無いのだろう、ヲレの青春時代を育ててくれた元軍属のじっちゃんの口癖の一つに『人間、学歴やら色々区別されるが、仏様は人一人に対して等しくたった一つだけの尊い物を与えた、ソレがである、そしてその命こそ仏様が人に与えた最後の糧・武器である』と言う言葉をこんな糞みてぇなヘタレのネタに触れる度に思い浮かぶのである、たかがエレキ止められてその結果ナニが生じるってぇ?たかが会社一つ潰れるだけの話では無いか?と言う発想が何故起きないのだろうこの腐れ豚共のドタマには?社員の生活だぁ?嘘言えクソタレ!本音は手前の怠惰で安穏とした生活第一だろが?仮に殺人電力の“お願い”拒否で本当にエレキを止められたとしてだ、ヲレだったら絶対訴訟に訴えるね、又はテロでも実行するかw?


テロは冗談として仮に企業団を組んで殺人電力に真剣に対峙すればエレキ止められた結果ナニが生じると言うと地域経済破綻と言う国家最悪の事態である、何事においても面倒は人事であれば超強硬的無慈悲なシカト一本槍の日本の糞馬鹿愚民だって流石に他人事とスルー不可能になるのである、そうなると糞馬鹿愚民から搾取するシノギで喰ってる為政者や役人もサァ大変w!と言う事になる‥要するに総玉砕覚悟で臨めば怖い物なんて何も無いのである、ソレにしたって命までは取られぬのである、破産しても命さえあればやり直しなんて幾らでも可能だし、日本が世界に誇る生活保護制度が最後のライフセーフとしてあるのだから、ど~んと行けばイイのであるw。


火中の栗を拾うと言う格言がある、コレは辛い決断と覚悟を要するのは言うまでも無いし、その先頭で実行するのは困難を極めるのも言うまでも無い、しかし誰かがソレを実行せねば何も始まらない、特に自分自身に今直結してる事ならヲレだったら迷わず実行するが、大東亜後延々と“与えられた繁栄と平和”に甘い汁を吸い続けた豚にソレは実行不可能の様だ、要するにヲレがナニを言いたいかと言うとだな、誰かが妥協しましたってんでイモヅル的に横並びで自分も妥協したのだからシノゴノ言ってねぇで今後永久に利権893の‥

豚人生を過ごせw

‥って事でしか無ェんデスけどね、そんで偉そうに語ってるヲレはど~なの?って思う糞馬鹿愚民に言っておくが、殺人電力のエレキみかじめ料値上げなんてマスゴミが“前宣”する以前にその対処法を駄Blogで書いてるから読めよ‥って事でそんな腐れ豚跋扈の似非国家日本だから原発フッ飛ばした国家破壊犯罪者が未だ娑婆にいて、その腐れぶりを指弾されて枝野と共謀して記録を一切残さないと言う証拠隠蔽済だから安心して『記録を全て国会事故調の責任で公開しろ』な~んて逆ギレってか卑劣外道極まるBlogをデッチ上げたってヲレは全く驚かない‥と言うかそんなの“ガチな想定範囲内”でしかありえねぇんだが、黙ってやり過ごすと言う事が出来ないエゴイストぶりが福島第一原発をフッとばした原因の一つであると豚馬鹿愚民では無いまともな思考回路を持つ日本国民はお見通しだから、側近連中はコイツ黙らせた方がよかねぇか?‥って辺りで今日の駄Blog終わりw。





オマケ:遅きに失したかも知れぬが、今ヤラねば‥
後世に禍根を残す
‥のは間違い無い、当然背後団体の有無やその思想なんて事もあるだろうが人様に迷惑をかけた奴には責任を取らせると言う日本社会規範堅持と言う観点一つだけでもヲレは支持する理由に足ると考える、本来こんなの刑事事件なのだから市井の者が訴える前にサツが動いて然るべきだが連中だってパチだの交通関連だのの利権893だから市井の者が手前の銭時間を費やしこんな事までせねばならん、放射性物質除染だって本来殺人電力が実施すべきを何故か税金や市井の者の自腹で行われてると言う日本の法治主義は似非どころかもはや放置主義でしか無い、法治の放置がもたらす事は只一つ、珍妙な“市民団体”が常日頃捏造に励む日本社会規範の破壊である‥そう言えば福島第一原発をフッ飛ばした韓チョクトとか言う奴も元々は“市民団体”のシンパだった気がw。
関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://dencyugumi.blog94.fc2.com/tb.php/577-fce62eb2
    この記事へのトラックバック


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。