スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

紳士論を残し寛仁親王殿下が御逝去されました

2012年06月06日 23:59

寛仁さまご逝去=66歳、都内の病院で―福祉やスポーツ、現場で活躍

 昭和天皇の末弟の三笠宮さま(96)の長男で、「ひげの殿下」の愛称で親しまれた三笠宮家の寛仁(ともひと)さまが6日午後3時35分、入院先の佐々木研究所付属杏雲堂病院(東京都千代田区)で亡くなられた。66歳だった。葬儀は文京区の豊島岡墓地で営まれる予定で、宮内庁は日取りや形式について検討を始めた。寛仁さまは、天皇陛下のいとこに当たり、皇位継承順位は6位だった。

 寛仁さまは昨年12月、顎の右下部にがんが見つかり、同病院に入院。今年1月10日、切除手術を受けた。その後、食べ物が通りにくくなる通過障害が生じ、3月2日に喉頭の軟骨を切除した。今月1日、口や鼻から出血。宮内庁は5日深夜、腎臓や肺、肝臓の機能、意識状態が低下し、輸血や投薬などの治療を受けていると発表した。

 1991年に食道がんの手術を受けて以降、がん関連の手術は16回に上っていた。

 公務では、福祉やスポーツ、青少年育成、国際親善に活躍し、特にスキー指導などを通した身体障害者の福祉に力を注いだ。皇族としては型破りで、ラジオのディスクジョッキーや雑誌などで皇族論をはじめユニークな考えを披露。82年には「障害者問題などに専念したい」として、突然「皇籍離脱」を宣言したこともあった。08年に喉頭をふさぐ手術の結果、自力で声を出せなくなり、人工喉頭を使って公務を行っていた。 



日々罵倒三昧の駄Blog作家とは言え日本国民の一人でもあるヲレとしてはこの訃報に対し謹んで心から哀悼の意を表するのは当たり前だが、それ以上に今日は昨今皇室関連報道で対象者たる皇族の方々に対する敬称一つまともに扱っていないと言う事について一言言いたいのである、この場合御逝去されたのは寛仁親王殿下であって、寛仁親王さまでは無いし、寛仁さまでも無ければ、間違っても三笠宮寛仁さまでは絶対無いのである、その辺についてはWikipediaに御本人の遺したお言葉があるので今後正確かつ厳格な敬称運用を強く望みたい、特にGoogleニュースでちょっとだけ検索をしだだけで露見した癇に障る表現をしでかしたNHKは日本の公共放送機関にして日本国税の拠出を受けてる文字通りの公共機関であり、人様の敬称、それも皇族の方々の敬称運用については一番厳格であって然るべき筈がこの体たらく、ましてやこの報道は皇族の御逝去報道なのだからもはや怒りを通り越え情け無い限りである、尤もヲレ如きが情け無いと思うのはヲレ個人の勝手かもしれん、しかし報道機関と言う言論を扱う事を生業とする立場がこの体たらくと言うのは日頃から無責任その場凌ぎ報道を批判される根源がこう言う所にあると謂わざるを得ないと共に、こう言う部分にも日本崩壊が着実に進行してると実感せざるを得ないのが悲しいのである。


まぁソレはさておき一般には“ヒゲの殿下”と呼ばれ親しまれた寛仁親王殿下であるが、その風貌に相応しく常日頃から“紳士”たる事に心を砕いた事もまた有名である、今日のこのページは寛仁親王殿下の遺した“紳士論”をヲレが大嫌いなチャンネル桜がアーカイブしてるので紹介するのが主目的である、日本と海外の関わりから様々な御言葉を残されている、勿論上で書いた事もである、不敬な表現かも知れぬがこれを機会として是非鑑賞して欲しい、そして日本と言う国家が歴史ある国家である事、その継承は皇族の方々のみの責では無く、日本全国民の責であると言う事を今一度認識して欲しい。


関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://dencyugumi.blog94.fc2.com/tb.php/573-3d63ca7e
    この記事へのトラックバック


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。