スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【痴呆だよ】 アリバイさえヤラセ捏造をする現実をなんとかせねば日本に未来は無い 【地方ぢゃ無いよw】

2012年06月04日 23:59

谷垣を助演に迎えた提灯劇場『利権893の契りで増税三昧の仕込みしとけばサダちゃんが政権握っても大丈夫w』と汚沢を助演に迎えた三文劇場『コレ以上消費税ネタで騒ぐのが嫌なら内閣機密費はよぉw!』が無事終了し、どっかの走る爆弾ババァをネタに仕込みも無事終了と言う事で、利権893が未来永劫社会寄生虫として生存する為だけのナントカ一体改革の道筋も形になったと安心すれば、利権893義兄弟・電力利権893筆頭殺人電力組社員様生活第一の為ならエレキみかじめ料認可だって折角ヤラセの仕込みをしたのに殺人電力の連中って日頃偉そうな事を垂れてるけど実は無能な上に馬鹿だからヤラセがバレちゃったと言う最悪のタイミング時に変なチラシをバラ撒いちゃったからサァ大変w!‥あったくフォローせねばならん漏れの立場も少し考えろゴルァ!‥トカね、3.11以前の原発安全対策だって全部殺人電力様御都合第一のヤラセを行い徹底的に殺人電力従属・日本国民からの搾取に励み、外交は今やロイター様が報じない日は絶対無いEUを見習い右向けばTPPの左向けばFTAのネタで徹底的に日本国体形骸化に励む為に、野党時代から累々と培った詭弁嘘八百を大発揮して環境整備実行部隊としての内閣機能の強化という視点で改造した、当面は提灯劇場永田座公演千秋楽を21日に控えて国内では殺人電力電力社員様、海外では日本の御主人様米帝やギリシャのツケ回しをしたいEU様や不良国債を買って欲しい蛆虫南朝鮮様始め例の地球の悪性寄生虫特定亜細亜三国の方々が待ち遠しいと期待マンマンな消費増税や既に破綻済公的年金制度の責任逃れ利権893義兄弟が待ちに待ってるナントカ一体改革関連法案の成立に向け、日々全身全霊を傾けて大事な決断で臨む‥と胸張って皇居へ赴き、認証を受け大張り切りな野田の糞馬鹿野郎が述べた提灯と言えばコレw。

持ち回り首相の代役でたまたま拝命したがコレも天命
国のためにやるべきことをやる(キリッ!)

勿論“国”とは日本以外の“国”の事を指す、特に日本の御主人米帝様と支那朝鮮様の為なら日本国民全員道連れ玉砕覚悟的不退転の決意だw
‥と言うんだから始末に負えない、ど~してこんな糞馬鹿野郎が総理にってかソレ以前に国会議員になれるのかが不思議ちゃん似非国家・日本の怪だったりするが、TVで嘘泣きババァをイビって悦に浸りネットで非難轟々を喰らう馬鹿も国会議員だったりしたのだから日本民主主義のレベルなんてその程度ってぇ事を象徴する話を読んでよw。



福井知事“首相の訴えで国民理解を”

関西電力大飯原子力発電所を巡り、福井県の西川知事は、4日、細野原発事故担当大臣と会談し、野田総理大臣は、運転再開の必要性について、直接、国民に訴えて理解を得るべきだという考えを強調しました。

この中で、福井県の西川知事は「原発の再稼動について、総理大臣が国民に直接訴え、疑問に答えていただくことが国民の安心と支持につながる。そうした対応がなされれば、県民の理解を得る努力をし、県議会やおおい町の意見を聞いたうえで、問題解決をしたい」と述べ、野田総理大臣は運転再開の必要性について、直接、国民に訴えて理解を得るべきだという考えを強調しました。

そのうえで、西川知事は、大飯原発の監視体制に県の職員を加えるとともに、新しい原子力の規制機関を早急に発足させること、それに使用済み核燃料の問題について、国と事業者に加え、電力消費地を含めた検討体制を作ることなどを求めました。

これに対し、細野大臣は「政府は1年以上にわたり、原発の安全性の向上に向けた努力を進めてきた」と述べたうえで、監視体制に県の職員を参加させることなどについて、前向きに対応する考えを示しました。

会談のあと、細野大臣は記者団に対し、「政府の考えをしっかりと説明させていただいたので、今後、福井県の判断を見守りたい」と述べました。

政府は、大飯原子力発電所の3号機と4号機の運転再開について、福井県の同意が得られれば、今週にも、改めて関係閣僚による会合を開き、運転再開を正式に決定する方針です。

西川知事は橋下市長発言などを批判

細野大臣らとの会談を終えた福井県の西川知事は記者会見を開き、「原発は目先の問題でなく、基幹電源としての必要性、国の経済への影響、国際的なエネルギー問題など、あらゆることについて、総理みずからが国民に対して明確に説明する必要がある」と述べ、野田総理大臣に対して、直接国民に向かって運転再開の必要性を訴えるよう、改めて求めました。

また、大阪市の橋下市長の発言や関西広域連合の声明について、「原発の運転再開を巡る議論は、勝ったとか負けたとか、子どもみたいな話ではないし、『期間限定』などと、スーパーの安売りのようなものでもない」と述べて批判しました。

“特別な監視態勢の強化”とは

大飯原発の運転再開にあたって、政府が打ち出した「特別な監視態勢の強化」は、東京電力福島第一原発の事故で、国の初動の対応に数多くの課題があったことから、その内容を踏まえています。

福島第一原発の事故では、東京電力が社内のテレビ会議システムで、原発から直接、最新の情報を得ていた一方で、国の原子力安全・保安院の原発の監視システムが地震の影響で機能しなくなり、政府は、事故の情報が十分に得られませんでした。

このため、大飯原発では、関西電力本店と原発を結ぶテレビ会議システムに総理大臣官邸と保安院を組み入れ、事故やトラブルが起きた場合の情報収集に備えることになりました。

また、福島第一原発の事故では、発生当初から原発の敷地内にいた保安院の検査官が、事態の悪化に伴って敷地外に退避していたことが、政府の事故調査・検証委員会の調査で分かっています。

このため、大飯原発では、経済産業省の副大臣や政務官を現地に責任者として常駐させ、現場での検査官の指揮などに当たるとともに、検査官も増員することにしています。

しかし、福島第一原発の事故で大きな課題となった、国から地元自治体や住民への情報伝達については具体的な対策はなく、置き去りにされたままです。

また、住民の避難などを含む自治体の防災計画は、いまだに国の計画が進んでいないことから、完成のめどは立っていません。

政府が大飯原発の運転再開のために応急的に打ち出した監視態勢の強化が十分に実効性のある内容なのか、福井県は、今後、検証を行うことにしています。

福井県の判断に注目

大飯原発の2基については、先月下旬以降、運転再開に向けて動き出しています。

福井県に隣接した京都府や滋賀県は、運転再開に慎重な姿勢を示していましたが、2府県が参加した関西広域連合は、先月30日「運転再開は限定的なものとして適切に判断するよう強く求める」という声明をまとめ、再開に柔軟な姿勢を見せ始めました。31日には、大阪市の橋下市長が「事実上容認する」と述べ、滋賀県の嘉田知事も「臨時的な運転再開はやむをえないという気持ちに近い」と話しました。

また、野田総理大臣は、先月30日、関係閣僚との会合を開き、関西広域連合から一定の理解が得られつつあるという認識を示したうえで、福井県などの判断を得て、みずからの責任で決める考えを示しました。

しかし、福井県内では、地元おおい町でも、住民の間に原発の安全性に対する不安や政府に対する不信が根強く、おおい町に隣接する小浜市などの周辺自治体からは運転再開に慎重な意見が出ています。

こうしたなか、福井県では、原発の安全性を独自に検証している県の専門家の委員会が、近く検証結果をまとめる予定です。また、おおい町の時岡忍町長は、県の専門家の委員会の検証結果を踏まえ、町としての判断を決めるほか、福井県の県議会も各会派ごとの意見をまとめ、西川知事に伝える予定です。

こうした結果を基に、西川知事が運転再開についてどのような判断をするのか、注目されています。



要するにアレだ、手前を“選良”した県民見殺しにしてでも“基幹電源としての必要性、国の経済への影響、国際的なエネルギー問題”と言う建前一発を前面に出し、モナ男の“一年以上福島放置プレイで瓦礫利権漁りに励みました”と言う提灯訪問の裏で見え隠れする“原発利権”を失うと市域経済破綻するからソレだけは絶対回避せねば的な原発抜きの地域経済再確立やエネルギー政策なんて一切無いと言うか『そんな面倒ワロタw』と言う怠惰で無責任な目先の問題の有耶無耶解決を謀りたいと言う痴呆利権893の親分と、そんなwの弱みに付け込んでコレまで同様の痴呆利権のシノギを餌にフッ飛んだ福島第一原発同様、手前等の責任もフッ飛ばすが為だけの有耶無耶再稼動をイワせる中央為政者にして利権893胴元の下らん三文提灯劇場 in 福井と言う事だが、野田の糞馬鹿野郎自ら“説明”なんかしたらそれこそヤブヘビになるって思わない辺り痴呆の知事閣下なだけに見事な呆けぶりワロタw。


痴呆は中央に、中央は痴呆に、それぞれ決断と説明責任の擦り付け合いと言う見方も出来るこの記事こそまさに現在日本困窮の根源を代表する話そのものに他ならぬ、中央痴呆それぞれアリバイとする“特別な監視態勢の強化”の中身と言えば非常用電源すらまともに作動しねぇ不良原発にまた逃げ出しかねん人身御供を数匹叩き込むというだけで他に何ら具体案無しクッソワロタw、コレで“止むを得ない”から“期間限定バーゲンセール”をする今現在最もヤッてはイケナイ決断だけはスルんだから昨今ヲレが主張する地方自治体制撤廃は日本再生の最低限フラグと改めて思い知らされたね、肝心な時に肝心な事は面倒スルーで有耶無耶の中央為政をただ受け入れるだけという体たらくな現在の地方自治体制なんて地方に巣喰う痴呆の為の地方利権893体制以外の機能なんて無いって事だからなw。


もうね、二階堂の言う通り地方自治全撤廃して中央国会議員2000名にして地方なんて出先事務所でも適当に箱モノ作ってその中に豚飼って適当に遊ばせ、実行は税金喰い潰しNPOだのの893マネーロンダリング機関に丸投げでイイよ面倒臭ェw、だってソレって現在ヤッてる事そのものだからな、下らん痴呆役所や議員の無駄銭失いが無くなるだけでかなり国庫負担軽減するんぢゃねぇの野田の糞馬鹿野郎w、おめぇのパトロン労組は勤務先の名義が変わるだけで何ら日本国庫寄生虫としてのシノギに『ただちに影響はない』から殺人電力労組893連中からの恫喝なんてヤバいネタも無いから大丈夫、ヤレやw‥って辺りで今日の駄Blog終わりw。





オマケ1:親にも責任があると言うなら‥

シノゴノ謂わんで自決しろ屑!

‥ソレでも失われた無垢な7名の命は戻ってこないと言う社会正義と言う美麗賛辞の裏カードな『屑は死ね!』と言う本音でヲレはこんな駄Blogを日々デッチ上げてるんだからはよぉ自決してヲレを喜ばせろ、ようつべで実況生中継でもしたら最高だw、それと用意周到にレンタカーまで借りて突撃した屑が責任能力爆弾で無罪勝ち取りなんてしたら法治が放置になっちまうだろ屑!‥こんな屑の戯言一発でここでも税金の無駄遣いが実行されているのである、もう面倒だから一発勝負の単審制にしちまえよ、誤判決が出たら仕方無ェから『人の行いに誤り在り』トカ何とか語って有耶無耶に済ませちまえばイイぢゃ無ェか、ヲレ始め真面目なシノギで真面目にカタギをしてる輩にとって多審制なんて屑の屁理屈一発税金無駄遣い以外の無駄制度以外の何物でも無ェ。



オマケ2:本来即座に自主的にすべき事すらMOTTAINAIと言う事で放置するのが殺人電力だから‥
決断一つ他人任せ
‥ってか要するに握った銭は絶対渡さないと言う所謂『人の銭だろうが何が何でも自分の物・自分の銭は当然自分の物』と言う見事な屑っぷり大発揮今日も通常運転と言うそれだけの話だが、それにしても月額10万円って東京の生活保護単身世帯並みの銭で喰っていけとw、流石毎日国税で宴会三昧な屑のヤラかす事全部大爆笑だなぁ、おめぇその銭で暮らせるんかと誰か突っ込んでヤレよw



オマケ3:ペットは家族の一部、人生の一部と溺愛する人がいる事はヲレも承知してるがコレだけは‥
ちょっと待てwwwww
関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://dencyugumi.blog94.fc2.com/tb.php/570-a32c5d38
    この記事へのトラックバック


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。