スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【エゴと利権まみれの日本w】要らん事“だけ”は頼まれもしねぇのに知恵を絞り即実行するが、肝心な事は片っ端から全て不作為と言う名の責任逃れをする唾棄すべき輩で日本は似非国家通常運転

2012年05月27日 20:37

『ただちに影響がキィィィッ‥』と福島産輸血を受けなくとも既にラリっちゃってる奴に扇動されたのか否か知らんが今日もギター片手にプロ市民の方々がシノギに励んでマスよ、ラリっちゃってるBBAの地元でw‥

反核プロ市民の最新モードは何時でもギター片手に踊るワロタw
反核プロ市民の最新モードは何時でもギター片手に踊るワロタw

そして反核プロ市民から総理へと成り上がって福島第一原発をフッ飛ばして見事反核思想を日本国に植えつける事に成功した韓チョクトに続けとばかりに朴先生の指導の下で皆さん反核三昧の日々を過ごしましょうと説明会をデッチ上げたはイイが会場使用拒否られたと例の如くのヒスを引き起こしつつ色々あっが何とか糞馬鹿説明会開催に漕ぎ着けましたと大騒ぎwだったらしいのだが、謂うまでも無くメジャーマスゴミはこの一件については市民団体活動を前面に出し『家庭崩壊ガーw』だの『踊りサイコーw』だののお涙提灯は書くが、その背景に反核勢力の存在があって開場使用を拒否られましたな~んて面倒な事は絶対書かぬのだから始末に負えねぇんだがソレはさておき、謂うまでも無くこんな連中がその瓦礫の拡散の是非や原発再稼動の是非を真剣に考えた末で斯様な事を実行なんて下らん事をする筈も無く、単に反原発反権力と言う今や自称・進歩的言論人始めマニアックな人々にしかウケねぇ御花畑安保脳の本能に発露された縄張り行為‥判り易く書けば犬がそこらで小便するアレw以外の何物でも無いのは、世論の支持を得る根拠も対案も何も無い事から明白だがソレはさておき、要らん事“だけ”は頼まれもしねぇのに知恵を絞り即実行するが、肝心な事は片っ端から全て不作為と言う名の責任逃れをする唾棄すべき輩で日本は似非国家通常運転らしいんですよ糞馬鹿愚民諸君w。



この記事のリンクをページ順にクリックする‥
出ましたマスゴミ伝統芸・コソっと改変記事w

【2】ページ目は表示されるが、【3】ページ目をクリックすると‥

コソっと改変で消されたページの跡がコレだ!

コソっと改変で消されたページの跡がコレだ!‥謂うまでも無く既にリンク自体が“消された”【3】ページ目を読みたいのであるw、ソコには利権893義兄弟報道利権893として電力利権893や原発利権893にとって都合の悪い事か面倒な事が記載されちゃったからと思うからだw、まさか駄Blogぢゃあるまいに誤字があっただの何となく気に入らんwだので適当勝手に改変しちゃってるんぢゃねぇだろうなぁw?誰かキャプってるか魚拓ってる奴が居たら情報キボンヌw、‥って話は実はど~でもイイんデスけどね、社会の木鐸と言う嘘八百で報道利権を握る腐れマスゴミのシノギなんて何処見ようがコソっと改定記事と同様の見学ツアー観想日記と言う体たらくの小学校社会見学感想記事レベルの提灯をデッチ上げた糞馬鹿ばかりですが、そんな腐れ報道利権893のシノギなんてたかが知れてるから国民を代表wしてモナ男とのデート券も握ってナニしたと謂えば『新たな懸念ワロタw』な~んて提灯垂れ流しワロタw、『おめぇら糞馬鹿愚民ばかりだから事実垂れ流しちゃうとパニクっちゃうからなぁ』と言う上から目線でも噴飯物の話だがコレ、単に利権893義兄弟として電力&原発利権893の御都合主義に合わせてるだけだから始末に負えん。



違ぇってんなら殺人電力電力の糞原発運営の不始末に付き合わされる他電力893連中の下らん嘘八百の知恵絞りを垂れ流す“だけ”のメジャーマスゴミはマイナーメディアから嘘八百の指摘をされている事実に対して厳然たる態度で抗議及び反論を即時実行すべきである、何たって建前だけでも言論でシノギをして飯をカッ喰らってる身分のシノギそのものに対して『ウソ』とか『ひた隠す』と謂われているのである、駄Blog如きに適当的叩きにあってるのとはその列挙された根拠の数々から面倒嫌と伝統芸・放置を続ければ多くの国民が『あぁ、メジャーメディアって利権893と手を握って何でもスルんだぁw』と勘違いしてしまうって辺りから話が始まって『要するにメジャーメディアって報道利権893なんぢゃねw?』な~んて本当の事に気づいちゃったらサァ大変w!どころの騒ぎでは無い筈だからサッサとヤレやw‥ってか本来言論でシノギして飯カッ喰らうんだからその程度の事をするのは当たり前だがしねぇんだよ面倒だからw、ど~でもイイ事ばかり御執心で肝心な事は一切不作為でスッ飛ばすと何時の日かブーメランの如く手前のドタマに命中してしまうのだが、そんな当たり前の事に報道利権893の甘い汁に浸り切ってラリっちゃってるメジャーマスゴミ連中が気づく事は馬鹿は死んでも治らないの格言通りありえねぇワロタw。



そんなカンジで報道利権893が肝心な事は一切語らぬから利権893の胴元たる為政者だって調子コイて『タイムリミットが迫ってキターw』とブレない有耶無耶原発再稼動を口先番長が垂れれば更に調子コキまくりの殺人電力に至っては『893のシノギで一番大事なのはオヤジを守る事』と言う事で手前等の不始末隠蔽の為なら強い批判なんて鉄面皮的に無視する法廷介入宣言をしたと、当然その費用は税金ツケ回しと言う事は絶対書かぬ提灯をするのがメジャーマスゴミである、そんな連中に扇動され続けの国家世論なんてたかが知れているので、拉致奪還の頓挫を振り返るまでも無くこの官民産学全方位から受け続ける不作為で福島第一原発“事件”も風化するのは目に見えている、この“不作為による風化”で日本はことぐごとく自主独立心を奪われ続け今や回復不能状態に陥ってると言う認識を持つ者は余りに少ない、その活動を行ってる者も大半が自己エゴや利権が動機と言う“似非”ばかりと堕しているのが現実だから福島県富岡町長の苦悩は時間を待たずに懊悩となるのがヲレには判っているが、こんな駄Blogをデッチ上げるぐれぇしか出来ねぇのが悔しいのである、そんな腐れた状況下で特筆すべき記事があったので紹介しておく。



福島第一原発から20キロ圏内…住民の本音をとらえる!
「東京のデモのシーンに違和感がある」


 26日、オーディトリウム渋谷で映画『相馬看花(そうまかんか) -第一部 奪われた土地の記憶-』が初日を迎え、松林要樹監督が舞台あいさつを行った。

 本作は、東日本大震災で事故を起こした福島第一原子力発電所から20キロ圏内にある福島県南相馬市原町区江井(えねい)地区を舞台としたドキュメンタリー作品。松林監督は、先日公開された『311』の共同監督を務めたが、1週間という限られた時間の中で、現地の人との関係性を作ることのできなかったことに反省があったという。

 そこで松林監督は友人と共に支援物資を運ぶために改めて福島を訪れ、時には避難所に寝泊まりしながら福島の人たちとの関係を強くしていった。そんな住民たちに対し、市議会議員の田中京子さんが松林監督のことを「この人たちは記録映画を作ろうとしている人です。カメラを向けられるのが嫌な人もいるかもしれないけど、映画として残したいのでいいですか」と紹介した際には、「1,000年に1度の原子力災害だから、むしろ自分たちを撮ってくれ」と言われることもあったという。

 海外の映画祭でも「あんなに苦しいことがあったのに、なぜ彼らは笑っていられるんだ」と驚きの声が上がったという本作の内容。「下ばっかり向いていたら生きていけない。逆境であっても、自分たちをネタにして笑いをとろうとしていましたね。悲しんでいるところを見せようとしない強さを感じました。それと、劇中にはいくつか花の映像が登場しますが、人間がいないところでも、花って咲くんだなと思いました」と松林監督は述懐した。

 松林監督は、24年間地元の市議を務めていた末永武さんの「原発を作ることに対して、日本中の大多数から支持があったわけではない。結局、一人一人の無関心からこういう事故が起きた。こんなことになるとわかっていたら、命がけで反対した」というコメントを引用した上で、「福島の人たちは東京のデモのシーンに違和感があると言っていました。東京の声も、福島の生活者の声も、お互いに届き合っていないんだと。結局は映画だって、きっかけでしかない。自分たちで考えて行動を起こすことでしか変わらない」と語る松林監督には、かつて南相馬市に住んでいたという観客からは「南相馬の人に代わって、お礼を言います」という感想が寄せられていた。


この作品について観ていないので評価の類は書くつもりが無いし、この監督が如何なる思想でこの映画を製作したのかも“とにかく記録を残す”と言う事に純粋であれば問題は無いと思う、その点記事を読む限りでは生かされているとしか思えぬ日本国民の現状の中で困窮の極みにあって“生きようとする人の強さ”と、自分達の事は“自分達で考え行動するしかない”と言う当たり前の、しかし面倒なので誰一人謂わぬ癖に綺麗事の“絆”だけは喧伝する輩にあって敢えて映像作品としたこの監督に対しては素直に評価したいが、取り上げたのはそう言う事では無い。


約四半世紀もの間市議を勤めた者が『原発を作ることに対して、日本中の大多数から支持があったわけではない。結局、一人一人の無関心からこういう事故が起きた。こんなことになるとわかっていたら、命がけで反対した』等と今更言い出す事実に昨今ヲレが散々書き続ける日本の民主主義の現実と限界を見てしまった事に対する落胆を感じずにはいられぬと言う事を言いたいのである、この元市議の言ってる事が全てだが原発誘致自体は地元経済発展の為とか自分の利権追求とか理由はともかく“それなりに体裁が整ってた”と言う事で構わない話である、しかし原発誘致後に原子力施設における事故が散見されるに従って尚、元市議と言う立場でありながら事が起きてから被害者面して悔しがっても下らんアリバイ程度でしか無い事を公になる事が“想定内”の場で語ってしまう事に、そしてそんな事をしでかす輩に四半世紀もの間、市議の地位を与え続けた現地人に強い落胆を感じずにはいられないのである。


ここで改めて散々書き続けた事を纏めて今一度書いておくが、民主主義政治体制を構成し支えるのは他ならぬ国民であり、国家が幸福な社会であるか否かの結果は国民が導き出す、要するに“押し付けられた圧政”の独裁政治体制と言うのは裏返せば“独裁者頼みの政治体制”とも謂えるのだ、しかし民主主義政治体制はそんな“逃げ道”すら認めないシビアな政治体制と言う事に今だ気づいていない輩が多過ぎるのである、つまり民主主義政治体制とは面倒臭い責任を他人任せに出来ぬと言う事、つまり‥

何をするにも
責任と覚悟が
常に求められる


‥と言う当たり前の事を今更この映画一つ観るぐれぇで判るのだったらアニメだのドキュメント(注釈参照)だの散々“風化させぬ為に製作されたプロパガンダ”が実在する拉致“事件”が現在事実上風化して時折蛆虫北朝鮮国交正常化利権のシノギで被害者家族を救うのでは無く巣喰う連中やマスゴミの暇潰し程度のネタになると言う非道外道な現実が日本に実在すると言う事が信じられないでは無いか?


如何なる困難であろうと自分に直結するまでは他人事、その勘違い個人主義の成れの果てが自分に返って来るブーメランと言う事に気づく事なんて無いのだろうと言う事を改めて認識させられた事にヲレは深い落胆の意を認めざるを得ないのだが、社会的影響力が甚大で“その気”になれば為政者や産業&経済界の負担となろうが土光臨調の如く敢行する事も可能なのに現在は原発“事件”一つ取り上げても超強硬的にして無慈悲な不作為で“事件”責任者の責任も今後の原発運営始めエネルギー政策の追求も全部有耶無耶無責任で済まそうとするメジャーマスゴミ始め利権893義兄弟の振る舞いを一言で書けば今日のお題となる‥という体たらくの裏で、真剣に自分なりの国家を見据えて行動する人の力は余りに微弱過ぎるのが日本の現実と呆れるやら落胆するやらで今日の駄Blog終わり。


注釈:【資料】 ABDUCTION - The Megumi Yokota Story





オマケ1:今日のお題的小ネタ其の壱、そんなの飼い主の責任で買い続けるなり殺処分するなりすればイイだけの話
畜生より同胞国民を救えよ!
‥エゴイストのヤル事成す事ぜ~んぶ面倒役人回しなんだよなぁ、手前で完遂出来ぬ下らんエゴで少ねぇ税金無駄遣いさせるんぢゃ無ェ!


オマケ2:今日のお題的小ネタ其の弐、見なくてイイってかむしろ‥
コッチ見るなw!
‥土人のお情けなんかいらねぇってんだよw、それより尖閣だので日本の税金を消費させる国家主権侵害犯罪行為をしでかす民兵を手前の領海内で自己統括wしてヤメせせろよ‥あったく“支援金”の殆どを竹島侵略に流用した蛆虫朝鮮といい、コイツ等といい、面倒な連中に囲まれた日本は本当に不幸だとつくづく思う、肝心の米帝だって似非同盟だし日本の国家主権は日本自身で守るしか無ェって昨今強く思うねぇw。


オマケ3:ソレ、本当に“白いウサギ”だったの?
ソレならイイけどw
船が漂流して撃沈されるぐれぇだから“怪しい粉塵化したアレ”が満載でプカプカ浮かぶ光景が一瞬思いついちゃったんだよねw。
関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://dencyugumi.blog94.fc2.com/tb.php/556-1c7fa93a
    この記事へのトラックバック


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。