スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【小室タイーホw】マスゴミ、その腐れの原点は【たかが詐欺で祭りw】

2008年11月10日 14:45

まぁ確かにマスゴミも腐ってるケドよ。

締め出し“小室サウンド”
YouTubeでは人気急上昇


著作権譲渡をめぐる大阪地検特捜部に詐欺容疑で逮捕された小室哲哉(49)。なぜ、一時代を築くほどのミリオンセラーを連発しながら、お金に困るほど飽きられていったのか。その軌跡を追った。

小室の逮捕を受け、首都圏のラジオ各局は“小室サウンド”を軒並み締め出しにかかった。

TOKYO FMは小室自身が演奏する曲はもちろん、安室奈美恵やTRFなどへのプロデュース曲のオンエア見合わせを決定。ニッポン放送も小室曲のオンエアを控えている。有線大手の「USEN」もリクエスト受付を取りやめた。カラオケもPVの配信中止となりそうだ。

半面、CDの発売中止を受けて、ネットでは注目度がアップ。動画投稿サイトYouTubeの「急上昇ワード」ランキングでは、6日午前5時40分の時点で「華原朋美 小室哲哉」が8位。前日にはKEIKO、globeもそれぞれ14、16位にランクインする皮肉な結果となっている。

日本の音楽界で一時代を築き上げた小室サウンドの盛衰について、音楽評論家の富澤一誠氏は、こう語る。

「彼の曲は結論ありき。聴く側がどういう歌を歌いたいか、徹底的に調べ出口を固めたんです」

通信カラオケの普及がヒットを後押しした。

「1980年代、盤だったレーザーカラオケは新曲が歌えるようになるのに1カ月ほど時間がかかった。90年代に入ってすぐ歌える通信カラオケが出たことで、すぐ歌える曲を作れば売れると考えたんでしょう」

trf、篠原涼子、華原朋美らに楽曲を提供。ミリオンを連発した。

「歌手がうますぎるとカラオケを歌う人がいやになる。朋ちゃんなら、私の方がうまい、と思わせるものを作ったことも見事だった」

当時の小室ファミリーの曲は高音のものが多い。これにも小室の絶妙な計算が働いていた。「素人が歌うには、キーが高い方がいい。中低音の曲は歌のうまさがハッキリと分かりますから」(大手レコード会社スタッフ)

ところが、途中からビジネスマン・小室の計算がズレ始める。少子高齢化などでカラオケ人口が減少。「聴く側も人工ではなく、本物のダイヤが欲しくなってきた。そこに宇多田ヒカルやMISIAなどが出てきた」と富澤氏。

香港進出も音楽プロデューサーとして、タイミングを見誤った。

「同じお金を掛けるなら、アメリカやヨーロッパにしないと。日本より物価が低いアジアで商売をしてもビジネスにはならない。海賊版が出て権利関係も良くないのだから…。結局、クリエーターと経営者の両立は難しいということでしょう」(中堅プロダクション幹部)。

YouTubeでの裏人気復活は、若いころカラオケで脳裏に焼き付いた“時代のあだ花”なのか。


要するに小室は商売上手だったって事だろ?

小室が詐欺なんてチンケな罪状でサツに捕縛されたのは愚民の貴様等でも知ってる話だろうが、こんな所でもマスゴミのエゴは文字通りお花畑満開状態でよ、結果として凋落したって事なんだがそれなら海外進出先を誤ったなんて偉そうに語るならな~んでその時に止めてやらなかったのだろうってヲレ真剣に思うゼ、数々のドル箱タレントを即席培養した才能がここまで落ちぶれ果てたのは古今東西の歴史を鑑みれば判るのだが才能ある奴が腐り果てるその背景には周りにこういう腐った連中が向こう見ずに成り上がってる時は好き勝手に持ち上げ、落ちぶれたら骨の髄までネタに使うマスゴミとマスゴミにぶら下がるハイエナ野郎の存在がある、コイツ等に事の本質を世に問うなんて本来すべき事なんて話は色々面倒だから絶対にタブーよ、小室作品を締め出したから私達正義の味方でつか?

馬っ鹿ぢゃ無ぇの?そんな事をしたら今の時代ぢゃ記事にもある通りネット系メディアに愚民の関心が向かい、只でさえ既存メディアなんてシカト上等兵状態だっちゅ~のにその状況に拍車がかかるって事も判ってないのだから救い様が無いって事でな‥。

小室容疑者の映像使わず…NHK、TBS、フジ

音楽プロデューサー、小室哲哉容疑者(49)の逮捕を受け、NHK、TBS、フジテレビは6日、小室容疑者が出演している映像は報道系番組以外では使わないことを表明した。同容疑者が手がけた楽曲でも、他の歌手が歌っている映像はこれまで通り使用する。日本テレビは検討中、テレビ朝日は今後の動向を見ながら対応する、とした。

また、ラジオのニッポン放送は、小室がかかわった全ての曲の放送を当面見合わせる


この記事の肝は『同容疑者が手がけた楽曲でも、他の歌手が歌っている映像はこれまで通り使用する。』と言う部分にある、コレは素直に評価したい。何故なら詐欺で捕縛されたのはあくまで小室自身であって小室の即席培養タレントには何の罪も無いからなんだが、先の記事みたいに『小室作品排除』の場合、本来無関係の筈の即席培養タレント連中の懐に入る筈の数々の権利料が入らなくなる懸念がある、つまりマスゴミの勝手でこれらの人々は収入を奪われると言う事になる。

超拡大的に解釈するならコレって立派な威力業務妨害に抵触するんぢゃ無ぇか?って事よ、言うまでも無く歌手なんて連中の収入源は愚民が自分の歌を聞く為に支払う多数形態の銭であるが表現の場を奪われた場合、今やネット配信もあるがやはりメジャーマスゴミの配信の場が無くなると言うのは甚大な影響があるだろう、マスゴミなんてその辺は自前のエゴを最大優先する外道なのでそんなのシカト上等兵って事なんだが許し難い、ココにもマスゴミの本質逃れからくる本質隠しが見え見えだったりするが、まぁマシなマスゴミもいますって事だ。

要するに社会的リンチにするのは小室自身だけにしておけって事なんだが、たかが詐欺でココまで大騒ぎするか似非国家日本wって事でよこんな尻馬に乗っかる馬鹿まで登場ですよ。

上沼恵美子、ブチ切れ

詐欺容疑で逮捕された小室哲哉容疑者(49)のわがままぶりをタレント、上沼恵美子(53)がバッサリ斬った。

9日に放送された読売テレビ系関西ローカル番組「週刊えみぃSHOW」で、上沼は紅組司会を務めた平成7年大みそかのNHK紅白歌合戦の際、小室容疑者の横暴なふるまいに激怒したエピソードを明かし「あの人大嫌いなの!」とブチ切れた。

上沼によると、当時の紅白では、もともと小室容疑者と紅組の応援をしつつTRFや安室奈美恵ら小室ファミリーを紹介する段取りだった。それが小室容疑者の遅刻で応援の部分は無しと急な変更を強いられ、さらに打ち合わせなく突然ステージに小室容疑者が現れ、「私を突き飛ばして」マイクを奪い、勝手に紅組の応援を始めたという。

小室容疑者が遅刻したのは、当時交際中だった華原朋美が日本レコード大賞で新人賞に選ばれ、その付き添いだったことも暴露。「今日、初めて言った」と上沼は当時を振り返って怒り心頭で「その日から大嫌いなの」「もてへんかったと思いますわ」と吐き捨てた。この年、小室容疑者はH Jungle With tで浜田雅功とのユニットで出場していた。


ど~して全盛期の小室にその言質を述べない?

ヲレは自分勝手に落ちぶれ詐欺に走ったっ小室なんて奴に何ら同情の念を持たないが、こういう人の尻馬に乗っかるがの如くな奴程に嫌悪する存在は無いと公言する輩である、大体年下で芸能界におけるキャリアも小僧程度の小室相手に何ヒスってるんだババァってかよ、そんなの公共電波の乗っかる番組でヤルなって事よ、そんなモン紅白終了後に楽屋で殺し合いでも何でもヤッてマスゴミのネタにでもすれば良いってレベルの話なんだがこの記事引用ってかパクリはちょっとカットしてある、そのカット部分の詳細記事がコレ、正しくマスゴミの腐り具合が判る記事だから紹介しておく。

小室容疑者にグッズ差し入れ、
TBSが釈明


9日放送のTBS系「アッコにおまかせ!」(日曜前11・45)で、詐欺容疑で大阪拘置所に拘留中の音楽プロデューサー、小室哲哉容疑者(49)に対する番組スタッフの取材方法について、同局の安東弘樹アナ(41)が釈明した。

問題が起きたのは7日。スタッフが拘置所を訪れ、司会を務める和田アキ子(58)の著書や番組グッズなどを小室容疑者に差し入れた。

安東アナは「この取材は行きすぎたアプローチだったと考えております」と説明。全く知らなかった和田が「えっ?」と困惑の表情を浮かべる中、「当然ながら、アッコさん本人は関知しておりません。今後の取材に反映していきたいと思います」と頭を下げた。


畜死と一緒にこの局も死んだ方が良い。

ちょっと上段で褒めたらこの体たらくよこの局、マジ何回死ねばこの馬鹿は治るのだろうって治らなぇよな馬鹿なだけにお大事にって事なんだが、こういう不謹慎極まりない連中が社会の木鐸なんてメリケン国の三流コメディアンでも吐かないジョークなんだケドよ、この不謹慎さがかつて同胞国民4名を失ったTBSビデオ問題に繋がってるのである、この局のってかマスゴミの本質は絶対に変わらない。

そのココロは自分達が社会世論の形成を行ってると言う傲慢である、為政者批判にしても為政者に記者クラブなんて制度をタカってお膳立てして頂かないと何も出来ないガキの分際で偉そうに語り、タレント相手でも人気がある内は出演(取材)拒否されてはオマンマ食いはぐれってんで散々持ち上げ落ちぶれれば使い捨て直前まで如何なる手段を以ってしてでも骨の髄までネタよ、しかしこれらの傲慢がここまで生き延びてきた背景には戦後民主主義とやらがもたらした貴様等愚民の卑しさが厳然と存在する事も事実だ、その辺ど~よ?って辺りで今日の駄Blog終わり。

関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://dencyugumi.blog94.fc2.com/tb.php/54-d2cc3502
    この記事へのトラックバック


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。