スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あれから一年余り経過しても、“その問いかけ”に答える論をヲレは持っていないのである

2012年05月04日 17:25

大迷惑ッスよねぇw‥と電力利権893の方々の『糞国賊企業東京電力の馬鹿が出鱈目な原発運営さえしてなければ‥韓チョクトの糞馬鹿野郎が無能の分際で偉そうに現場のシノギを邪魔さえしなければ‥』と言うボヤきすら聞こえる原発停止継続なら高ぇ油買わねばならんのでエレキ代値上げせざるを得ないと言い出して久しいが、問題は直視したくない、問題は先送り、何故なら何か決断とかしちゃったら責任取らねばならんがソレだけは絶対嫌w‥と言う夢見物語の舞台に居座って放置の繁栄を堪能したいからに過ぎないから、報道は提灯予告報道しかしねぇのだが、よ~っく考えてみろ糞馬鹿愚民。


こんなのヲレに言わせればあの震災被害を喰らったのは国賊企業東京電力の欠陥福島第一原発だけでは無くて、東北電力の女川原発も地震による1mの地盤沈下並びに2号機地下3階に浸水があったが、非常用電源と言う最終ライフラインが機能して冷温停止状態に持ち込む事が出来た、同じ震災被害を被ったにも関わらず片や原発爆発し廃炉、片や冷温停止で収束‥この違いは何か?


両原発共に海岸線に立地されている上に女川原発の方が震源地に地理的には近いと言う悪条件であった事も加えればこの一般に報じられる“震災後の津波による原発事故”は“元々構造欠陥の原発を関係者全員の自己利益追及が為の不作為の結果として破綻した複合的原発事件”である事なんて阿呆でも判る話であるが、先に書いた通りその辺真剣に考えちゃったりすると誰かが責任を取らねばならんので原発を運営する奴もソイツ等を許認可監視指導する奴等も更にソイツ等を社会の木鐸として監視する奴等お揃いで、『無責任だよ、全員集合w!!』とばかりに肝心の事は絶対イワノスキーと言う不作為が罷り通った挙句に今度は上記の如く提灯報道一発で糞馬鹿愚民相手に『値上げスッからヨロロw』と予告すれば何だかんだ言っても結局払っちゃうんだからクッソワロタw‥とオモタら今回ばかりは勝手が違うみたいで高圧契約者の約三割が契約更新拒否で未契約状態なのだそうだが何故かエレキは垂れ流しちゃっているんだからヲレ思わず『垂れ流すのはセシウムだけにしとけテラワロスw』(←イヤ、止めろよ即座にw)と呆れちゃうよなぁ、未契約の奴に只でさえ足りねぇだの値上げせねばぁだの言ってる貴重なエレキw垂れ流すなよ、止めろよ即座にw


自分勝手ゴリ押し電力販売自由化wなんだろ?契約したくねぇってんだから腐れサギフルアーマー枝野の馬鹿がナニ言おうと正々堂々と止めるのは合法wなんだからよ即エレキ止めた上で『おととい来やがれ!嫌なら他から買エレキw!!』とでも言いつつ塩をブチ撒けてヤレよw。


ソレともアレか、未契約でもエレキ垂れ流さんと何かマズイ事wでもあるのかのぉ?まさか大東亜後怠惰な平和だの反映だのを堪能しまくった糞馬鹿愚民がガタガタキィキィ騒いでるし、今度は高圧契約したのは手前だっちゅ~のに最終支払い者が一般家庭だから料金携帯を変更シロなんて出鱈目まで言い出しちゃった奴が出た上に糞馬鹿愚民が『世間体ワロスw』なんて大宴会しやがったなんてヘタレな理由で垂れ流してるのだとしたら言語道断であるw、無視しちまえ糞馬鹿愚民の言う事なんか、当然この駄Blogで書かれてる事なんて超強硬的無視で構わんぞw‥な~んてイワれんでも常日頃そんな感じでマターリ電力利権の甘い汁を吸いまくってる奴等にとっては無垢な女子高生の懊悩なんて『ヲレ関係無ェも~ん、今日も宴会ワロタwww』な~んてカンジでシカトしてるのが判り切ってるので当然こんな話なんて『ナニこのお涙頂戴ワロタw、そうそう来週の宴会手配が忙しいw』ってな感じなんだろうが、そんな連中の宴会費用は既にヲレ達が払ってる国税拠出だからw‥って書けば『違う!』とヒスるのも目に見えているが、ヲレだったらここまで腐れ外道ぶりを発揮してまで利権に執着する糞虫の経営する企業なんて一秒たりともいたくねぇから辞めちまうケドな。


「津波で過酷事故 指摘はタブー」 福島第一原発元技術者証言

 東京電力福島第一原発で一九九一年、1号機のタービン建屋の配管から冷却用の海水が漏れ、地下一階にある非常用ディーゼル発電機が浸水して一時、使用不能になっていたことが分かった。

 当時、同原発で働いていた元東電技術者の木村俊雄さん(47)=高知県土佐清水市=が証言した。トラブルがあったのは九一年十月三十日。原子炉は手動で停止され、事故には発展しなかった。

 木村さんが「この程度で非常用電源が失われるなら、大きな津波が来たらメルトダウン(炉心溶融)になるのでは」と訴えたのに対し、上司は「その通りだが、津波と過酷事故を結びつけるのは安全対策の中ではタブーになっている」と答えただけだったという。

 木村さんは八九年から二〇〇一年に退職するまで同原発に勤務した。〇四年十二月のインドネシア・スマトラ沖地震で大津波が発生。〇五年に福島県いわき市のミニコミ誌にこのトラブルに関する論文を寄稿し、津波で全電源を喪失して炉心溶融に至る危険性があることを指摘した。木村さんは「九一年の時に何らかの対策を考えていれば、今回の事故は防げた可能性がある」と話している。



何処の独裁国家の話だコレw?‥って民主主義国家・日本の話だっちゅ~んだからクソワロタw、まぁこんな誰かに都合の悪い話は封殺と言うネタは犬も歩けば棒に当たる的に転がってるし、ヲレはコレと全く同様のネタを手に握ってるのでこの“木村さん”はどっかの変態新聞にご登場した“ゆうだい君”と違って脳内元社員では無いと断言する。

東海村JCO臨界事故ってぇのがあった時に東電から“協力企業”関係者全員が呼び出し喰らって“原発安全神話のレクチャーw”をしたのだそうだが、その場にいた一人が『日本の原発の多くが活断層の影響下にある地域に建設されてる状況で本当に安全なのか?』とKYもイイトコの問題発言wをブッ放しちゃったから‥
サァ大変w
その後東電建屋を後にした瞬間に『何て事を言うんだ!』とイキナリ叱責食らった挙句に、その後従事者証(他人様の敷地内に入る仕事なのでコレを胸に掲示して業務に就く事になっている)の登録抹消を喰らい、その後、後輩の使い走りをさせられた挙句に体良くリストラ喰らっちゃった奴の話なんてのがあったのでヲレはこんなネタの一つや二つでは何も驚かんのであるw

電力利権893のフロント企業の更に舎弟“協力会社”なんて親分の言う事は絶対で現実が何であろうがお構い無しのブラックもイイトコ企業wってぇのは国賊企業東京電力関連に限らずこの種の閉鎖的独占体質組織特有の話だと思う、因みに蛇足だがその“協力企業”にも、たかが20名足らずの零細企業だっちゅ~のに昼前に来て茶を飲み昼過ぎにご帰宅するおじ様wがいたそうであるw、まさに日本社会の暗部を代表してるこんな組織に改悛の余地を見出すなんて時間と銭の無駄以外の如何なる表現を用いれば良いのかヲレにはサッパシ判らんし、国有化ってナニソレワロタwと呆れ返るだけだ、面倒だからコイツ等の人生も原発被害者同様、企業清算→失職で一回人生強制リセットしちまえwと思うのだがこんな駄Blogを書く奴ばかりでは社会が成り立たぬのも道理で、特に被害者にとっては今でも福島第一原発“事件”はリアルに自分達の人生を根本から破壊した“複合犯罪”として記憶に残るのは間違い無い、今後問題をなるのは当事者以外の無関心である事は、蛆虫北朝鮮による文民拉致事件始め、一歩間違えば自分の身に直結する事なのに喉元過ぎれば無関心な糞馬鹿愚民跋扈の似非国家だからヲレは真剣に懸念するのである。


我々の犠牲は何だったのか

 40年前の福島第一原発導入時に「99%の安心・安全だ」と言って国をはじめ関係者が「ゴーサイン」を出した。その時は原発を永久的に運転し続ける考えだったのだろう。安いコストで供給できると考えて、沖縄を除く国内に54基の原発を動かし続けてきた。原発の寿命はおおよそ40年とされる。既に何基かの原発は寿命を迎えようとしている。

 また、原子炉を廃炉にするのに何十年何百年と気が遠くなる年数を要することも考えた上での実施だったのだろう。しかも、京都議定書にうたった二酸化炭素排出量削減などからも効果を一層高く評価してきた。だが、現在使用済み核燃料の処分さえ明確になっていないように、放射性物質の処分や事故処理を考えたら、安いどころか危険という不安を残しているだけだ。

 福島第一原発事故については、国内はもとより世界的に原発の危険が喧[けん]伝[でん]されている。除染も進まず、汚染水も汚染がれきなどの最終処理施設も決まっていない。その上、いまだに故郷に戻れない福島県民の犠牲を国や電力会社はなんと考えているのだろう。世界的に「フクシマ」と恐れられ、また同情をされたが、わずか1年でこの悲劇は風化するのだろうか。なぜ、これだけの大事故を教訓として、生かそうとしないのだ。

 今回の大飯原発再稼働のシナリオを見ると、「再稼働ありき」という結論があって、そのために地元民をはじめ、国民をごまかそうと策を弄[ろう]しているようにしか思えない。まさに官邸における机上プランニングそのものだ。

 私は原発を全て廃止すべきと言っているのではなく、福島第一原発事故の検証さえ完全になされていないと声を大にして訴えたい。

 スリーマイル島やチェルノブイリなどの事故後の対策を生かし、地震や津波対策も見直し、補強工事をして、今想定できることを実施して慎重に再稼働すべきであろう。大飯原発になかった免震棟が2015年に設置とのことだが、建設計画段階で再稼働するのではなく、工事が完了したので実施します-というのが本来の姿勢ではないだろうか。

 大飯原発の再稼働に関わっている専門家たちは顔の見える動きをし、責任ある助言をすべきだ。しかも電力会社のひも付きとならないように、清廉潔白であると同時に識者としての矜[きょう]持[じ]を持ってほしい。今回の再稼働を慎重にしないと、現在停止している原発が安直に再稼働する動きにつながるのは必定だろう。再稼働の決定権が政権に委ねられているが、どうも「結論ありき」で動いているように思えて仕方がない。

 このような政権下での流れを阻止するには、県内の国会議員たちの良識ある行動力を頼みとするほかはないのだろうか。このフクシマの悲劇や犠牲は何だったのかと怒りでいっぱいである。



誰も見出せぬ1%の安全と言う名の欺瞞をエゴイスティックに守る為に、片端から都合の悪い事は不作為と言う名の蓋をしたがどうやら重さが足らんかったらしくてセシウムやストロンチウムと共に水蒸気がフッ飛んで沢山の“人生の犠牲”を生み出し、現在は表沙汰になっていない建前だが“生命の犠牲”も否定不可能な自体を引き起こしても尚エゴイスティックに不作為を重ね続けられ苦悩の毎日を過ごさざるを得ない同胞国民が居る事を日本国民は決して忘れてはならぬのである。

しかし誠に遺憾にして残念至極な事にこの記事が問いかける“彼らの犠牲は何だったのか?”についてヲレは今だ回答を用意出来ていないのである、まぁ表面的な事だけ書けばこれまで書いた事の繰り返しになるが“これは事故では無く事件である”が“事件だが誰一人責任を取らぬどころか責任追及すら公式には全くされていない”状況を鑑みれば“彼らの犠牲は何の見も結んでいないのが現状”と言う事とか、“原発誘致をした後の安全確認を他人任せにし続けた自己責任も鑑みるべきであり、一方的に被害者と言い続けるのは実を結ぶ事と真っ向から逆行しかねない”と言う当たり前の事ぐらいしか思いつかぬのが現状である。

共に間違ってはいないと思うのだが、ソレをしてこの問いかけの回答とする事にヲレは強い拒否感を持たざるを得ないのである、ソレは恐らくだがヲレを含む者の多くがこの問題を“原発運営者と言う名の犯罪加害者”と“被災地住民と言う名の犯罪被害者”の二極でしか事の思考を求めない愚に陥りつつあるからだと感じているのである、つまりこの問題を“他人事”としか思っていないのでは無いか?日々駄Blogを書いて思う事がまさにソレなのだが、なればどうすれば良いのか?と言う事になると出来る事は極めて限られていると言う現実の壁が立ちはだかっている、せいぜいこんな駄Blogを書いて世に問いかける事位しか出来る事が無いからだ、しかも最悪な事に相手が我々の文化的生活を支える電力事業者と言う事で、批判はすれど結局犯罪者の電気を買わねばならんと言う矛盾した事を今後延々と続けねばならんのである。

法治主義の原則として社会に反する者に対してはそれなりの社会的報復措置があって然るべきだが、今件に関してはソレを行使する事すら不可能なのが現状である、所謂ヲレ的に書く処の“放置主義”と言う事だ、なれば“超法治的手段”に訴えるのか?と言えば流石にそこまでする輩はそうそういないだろう、かつて2.26の決起をした青年将校みたいな気骨ある日本男児は8.15と共にこの世から絶滅したのだから、それに人間たる者“歴史に学ぶ”と言う事位はすべきなのでこの案は手っ取り早いのだがソレをした所で“回答”にはならない。

そうなるとコツコツと成すべき事をこれからでも成すしか無いと言う事になる、曰く“事件状況確認”から始まって“事件加害者責任追及”、“関係者の責任割合確定”‥ソレをクリアーしないと何も始まらないし、今後現状のままなら残念ながら“回答”はやはりこの残酷な言葉を用いるしかない。
無駄死に
‥コレは最も出したくは無い回答だが、現状そうなりつつあると言う現実を如何程の日本国民が認識しているのか?ヲレには判らない、何と言ってもこの駄Blogは一日辺りのアクセス数が50前後と言う泡沫Blogだから確認のしようが無いと言うべきだろうか?ともかく“彼らの犠牲は何だったのか”と言う問いかけから無関係な日本国民は誰一人いないと言う事だけは確かである、不作為を行ってるのは為政者や利権者だけでは無いのである、日本国民一人一人が真剣に向き合う事が又一つ増えたと言う事なのだが、判るかな?‥と言う辺りで今日の駄Blogはダブルヘッダー予定。



オマケ:こういう不作為もある
空爆来ましたがw
‥桜だったかなぁ、『自衛隊展開区域は大丈夫』なんて言ってたが空爆されてるって事は少なくとも制空権が満足に支配されてない状況って事だよなぁ?飛行機ってどんだけの速さで飛んでるか知ってるか?ついでに書けば“制止不可能状況で無ければ撃てない”小銃だの拳銃で対抗せぇと‥どんだけドMプレイだよw?

関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://dencyugumi.blog94.fc2.com/tb.php/519-470dcf9e
    この記事へのトラックバック


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。