スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【似非憲法作成のGHQ大爆笑w】自由と自分勝手をはき違えるのをグローバリズムと言うらしいw【釣れてるクッソワロタw】

2012年03月25日 23:59

自分勝手な奴と言うのは古今東西何処にでも居るのである、呼ばれもしないのにわざわざ他国に赴き、現地民を子供まで丸ごと虐殺した似非軍人鬼畜軍曹の不始末のケツを米帝政府が持ちますよと、まぁそ~なるよなぁw‥そんでその金額一人当たり約四百萬円ですよと、随分やっすい命の金額だよなぁ、こんな中途半端な金額ぢゃ火に油を注ぐのでは無いかとw、たかが壱拾七人なんだから壱人辺り壱億円ぐらい握らせ黙らせた方がよくねぇ?とヲレ関心する中で更に上を行くのがこの似非軍人鬼畜軍曹の妻でな、何でも今後予想される訴訟費用だの賠償額だのの銭が無ェから基金デッチ上げて広く他人様にタカると、基地脱走をしでかし虐殺をして基地帰還なんてマジキチな事をしでかした奴に適正な法措置もへったくれも無い気がするが米帝だって一応法治国家ですからってか?まぁ『リメンバー・パールハーバー』ってんで日本人虐殺をしでかした撃沈ワドルみてぇな糞が名誉除隊しちゃう素晴らしき法治国家だから適当な屁理屈でこの似非軍人鬼畜軍曹も名誉除隊しちゃうのかもしれねぇなぁw‥手前で不始末をしでかしておきながらツケは人様回しってまるで日本の国賊企業東京電力が政府経由で今現在やらかしてるモデルのパクリぢゃ無ぇかwって事で米帝にも珍妙な絆とやらが流行るのか?流行る様だったら日本と同じで救いが無いよこの国、まぁ退役軍人会辺りが『これまでの功績もあったのだから』とお涙頂戴的にヤルってんなら判るが当事者クッソワロタw。

そんでワケのワカラン基金のモデルである国賊企業東京電力ネタですけどね糞馬鹿愚民諸君、あんな無能無責任企業を官民学報揃って擁護するのは言うまでも無くそこに巨大な利権と言う名の埋蔵金が掘れば掘るだけ出てくるからに他ならぬって事で『経済的に早急な脱原発は如何な物か』と言い出し、『安全確認と言う名のアリバイはよぉw』と、町存亡の危機の真っ只中ですら未だ現実的視点の政策をするのは利権を失うから困る町長さんがいれば、ど~せ人事なので『感情的脱原発では無くもっと現実的利権を掘りまくれw』と言い出す変な奴wまでドサクサ紛れに言いたい放題の無責任似非国歌日本テラワロスw、既に該当地は死の街でその利用方法は放射性物質の付着の有無に限らず震災瓦礫最終処理場しか無いと言う現実論から何とか逃れたいって事だよなぁ、震災前に公開された情報だけで福島第一原発の設備不備は明らかになっていたのである、ソレをコストカッター勝俣の音頭で東電がシカトし続けたのが第一要因と言う事も震災前の情報から判断可能である、つまり原発誘致をした自治体は震災まで何してたのか?と言う事である、その辺利権だか面倒だか何だか知らんが適当にしていたのは他でも無い現地自治体であり、その自治体行政を任せたのは現地人である、自業自得とまでは言わないが本当に未来を見据えた行政を行う又は行わせるのであれば既に死の街となった故郷に見切りを付け新転地での新たな生活を目指すのがヲレは当然と思う、尤もそんな事を現地自治体のみで実行するのは不可能なので国家レベルの支援体制が不可欠なのだが肝心の国政と言えば『福岡第弐の都市が瓦礫の受け入れに動けば利権の輪も広がる』と『壱百年分も此の利権は継続します』と肝心な事は絶対しねぇで余計な事ばかりする民主党政権の象徴たるモナ男が瓦礫利権のセールに奔走してるんだが、何故バラ撒く事しか考えぬのか?チェルノブイリの対処でも判る通り検証不可能な瓦礫なんて集約処分の上で該当地は立ち入り禁止区域に設定するのが当たり前である、仮に拡散処分とするなら該当地以外の地域に“絶対”放射性物質が漏れる事が無いと言う技術確立と検証法確立が必須であるが、口先番長が政調会長のポストに就いてる民主党政権がそんな面倒な事をする訳が無いし、第一そんな事は不可能テラワロスwって事よ、だからヲレは反対し続けるのだが日本の大部分の有権者は糞馬鹿愚民なので変な絆とやらのお涙頂戴で拡散させるんだから大笑いである、当然未来にこれが原因で“何らかの問題”が発生しても誰も検証だの責任追及だのを真剣に行わないと言うのは既に現在の東電に対しても徹底糾弾すらしねぇで『原発再稼動しなければ利用者負担増w』とガキの作文程度の事は垂れ流すが、決して『取り返しのつかぬ事件を引き起こした東京電力の電力事業者としての資質・資格を問うべきだ』とは言わぬし間違っても『東電清算』なんて口が避けても言わぬ利権の犬・マスゴミの喧伝に対する疑問一つ持たず、又は持っても面倒だからこんな駄Blog程度の事すらしねぇ糞馬鹿愚民ばかりの似非国家だからである、日本が大東亜敗戦後の骨抜き似非国家となって六拾年余の年月が経過したのだが本当に此の国は後半世紀持たぬと思う、尤も未来の後輩達次第だがその後輩を教育する立場の者が自分勝手極まり無いのだからお先真っ暗w。



麻布校長 卒業式で国旗掲げることない、強制されたら辞める

 有名私立御三家のひとつであり、自由な校風で知られる麻布中学・高校。ユニークな教育風土の中から、毎年、多くの東大合格者を輩出している。その麻布学園・氷上信廣校長の目には、大阪と東京で進む「教育改革」は、どう映っているのか。以下は、氷上校長のインタビューである。(聞き手=ノンフィクションライター・神田憲行)

 * * *

――東京都教育委員会の「職員会議における挙手採決の禁止」、大阪市における「国旗国歌の徹底」。大阪と東京で始まっている「教育改革」は関係者のみならず大きな話題になっています。私立には関係がないのでしょうか。

氷上:私立校は関係がありません。この間、私立校の校長会でちょうど話題になったんですが、僕が聞いた限り、卒業式で国旗を掲げているのは六校のうち一校だけでした。我々も掲げることはないでしようね。

――一般論として、行政が教育に介入することにどう思いますか。

氷上:公立は仕方ない部分もあって、だからこそ私立の意味がある。多元的価値は近代の大原則だから、教育の価値を担う者たちが自立的に決めるというのが、あるべき価値だと思うんですよ。

 行政には行政の価値があるでしょうから、それぞれの価値追求の中でやればいいわけで、行政が教育の価値に口を出すというのは、素人が玄人に口を出すことにつながらないのかなあ。

――職員会議の「挙手採決の禁止」というのは、どう思われますか。

氷上:なぜ禁止するのか理解に苦しむ。麻布では職員会議が意思決定の最高機関だから、決まるまで延々と議論を尽くしていくのが伝統です。五時間とか平気であるから(笑)。

――国旗・国歌の義務づけはいかがですか。

氷上:伝統の象徴として、あるのはわかる。サッカーワールドカップとかオリンピックとか、国旗を掲げて国歌を歌うのが国際儀礼なんだから。でも卒業式にそれがいるのかわからないね。

 日本人は愛郷心と国家意識を分ける必要がある。自分の小さな共同体、いわば「ふるさと」を大切に思う気持ちと、国家意識とは別。「ふるさと」は具体的な想い出だったり、いろんなものが詰まっている存在だけれど、近代国家は「システム」です。

 それがいつの間にか「故郷」を愛することが「国家」を愛することに同心円で一緒にされてしまった。この二つは峻別すべきなんです。国境を越えた資本主義、グローバリズムの中では、逆に「愛郷心」は大切にした方が良い。でないと逆に「ナショナリズム」に足をすくわれるから。

「コスモポリタン」なんて、単なる根無し草にしか見えない。郷土愛の根は大切にしたい。それにしても今の「卒業式における国旗国歌の遵守」は、ただの教育に対する統制手段としか見えないけれど。

――大阪では教師が実際に歌っているか、校長が教師の口元をチェックしていたケースもありました。もし氷上先生が大阪で校長をされていたら、どうしますか。

氷上:辞めちゃうよ(笑)。もっと生徒のためにエネルギーを注ぎたいもの。

――麻布の卒業式ではなにか特別なことをしたり、話したりされるんですか。

氷上:式後の祝う会では、いつも「いい男になれ」と話しています。それは「仕事が出来る男」「家事育児が出来る男」、そして「学校に寄付が出来る男」という(笑)。別にエリートにならなくてもいいから、「いい男」にはなってほしいと本気で願っています。


出たグローバリズムw、現在の日本の困窮の根源がまさにコレなのである、コイツは不起立ジャンヌダルク辺りの糞馬鹿国賊とは一味違う悪性国家寄生虫とヲレは断言する、まぁ色々ツッコミ所はあるが大筋的な所だけで愛郷心と愛国心を何故分離せねばならぬのか?日本に限らず世界のあらゆる国家に“自分の故郷”を持つ人は実在してるがこんなへんちくりんな事を言い出す奴が実在する国家なんて日本ぐらいだろう、故郷の集合体が国家と言う一つの社会集合体である、人々がそれまでの自分の存在があるのは先達が血と汗と涙を故郷の大地に流して生き抜いた結果に過ぎないと言う観点を持ち、感謝の念の一つもあれば『何時の間にか愛郷心が愛国心に取って代わられた』のでは無く『何時の間にか愛国心と言う大局的思考を持つ者の声が小さくなり、愛郷心と言う狭い領域の事しか考えぬ癖に口先だけはグローバリズムと言う屁理屈を大声で語る輩の声しか聞こえなくなってきた』と言うのが現状正しい認識では無いか?

大体学校と言う機関に公立は税金直接投入を行い私学には私学助成金を投じてまで“関与”するのか判ってるのかなぁこのボケジジィはw、日本と言う国家が日本国民として育て日本の社会規範から逸脱せぬ人材を育てる為であってソコに公立私学の区別なんて無いのである、ヲレはこう言う所にも朝鮮学校助成の悪影響があると断言する、どうやら麻布学園は一流大学とやらへの進学率が高いらしいし、学校だと言うのに規則もロクに設定しない自由奔放らしい上に校長自ら社会規範破壊活動を堂々と宣言する“教育機関”なんてのが存在し続ける事が可能なのは朝鮮学校問題に真剣に向き合わぬ事にヲレは繋がってると思うのである、そんで終いにはエリートでは無くて家事が出来て学校へ寄付スル『いい男』を育てるたぁ、公立で育て切れぬエリート教育まで放棄する自己存在否定まで言い出すたぁこんな似非教育機関誰かテロでブッ壊した方が良くねぇかぁw?

学校なのだから当然教育と言う名の強制力を用いて生徒を指導するのが当然の事である、その必要が無ければ学校自体不必要である、何と言っても現在の日本は世界一のタカリ企業東京電力社員様や世界一のタカリ蛆虫・居座り朝鮮を生活保護貴族として喰わせるだけで精一杯である、教育をしてるのかいないのかワカラン似非教育機関に銭を垂れ流す国税なんて一銭足りとも無いのであるwって事で今年度予算から麻布学園向けの私学助成金全額カットなw、尤も手前の言う教育とやらへ行政の介入の拒否を言う位だから私学助成金制度があっても‥
一銭足りとも受給拒否w
‥してるとは思うが、不起立ジャンヌダルクみてぇに国の税金で喰うシノギをしながら仕事もしねぇで不義理ばかりしてる我侭三昧な似非教育者とは当然違うwってんなら今の内に謝っておくw‥ってか、そんなに日本の一流大wへの進学率って自慢になるのかなぁ、グローバリズム的にど~なんでしょうねぇ(爆笑)と言う辺りで今日の駄blog終わりw。



オマケ1:本当にど~でもイイ奴のネタw
手ブラの続きは何時w?
‥まぁあんな貧相な乳がどうなろうがヲレの知った事では無いが、何故かネットではお祭り騒ぎの怪w、アンチだの言ってる奴も結局気になってるんダロ?‥と書くと『こんなオマケ書いてるおめぇはド~よ?』と突っ込まれそうだなw。


オマケ2:本当に困った奴のネタw
弐千萬円で国家代表w
‥流石銭にモノをイワせたらアンタッチャブルな喪家さんのパシリ猫であるが、ど~せヘタレもイイトコの成績でカンボジアと日本の両国民からド顰蹙を買うのが目に見えてるんだけど、もうカンボジア国民だから日本としては知った事では無いの一点張りで通すしかねぇよなぁ(苦)、まぁ二度と日本の土を踏まないで欲しいのだが喪家さんだから厚顔無恥的にテレビに出まくるんだろうなぁ、そんで喪家さんってジャニ以上にアンタッチャブルだからマスゴミなんて提灯報道しかしねぇんだろうし、本文で晒したオッサンに至っては『グローバリズム万歳w』ってんで大賛成してくれると思うw、こういう国家をコケにする奴って一回手前の国家を“喪失”したらと言うシュミレーションがあったら堪能させてやればイイんだよ、そうすれば自分の愚かさをじっくり認識出来るだろうが問題がある、ソレは‥
馬鹿極まって其の程度の想像力すら既に喪失してると言う懸念ワロタw
関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://dencyugumi.blog94.fc2.com/tb.php/477-ffcfbe03
    この記事へのトラックバック


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。