スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

たまにはマスゴミでは無いマスコミの話を紹介しておこう

2012年02月12日 23:29

ロシアからチェルノブイリの経験を生かしてくれと“協力隊”が来たとの報があった今日、その動機は大人の事情wとかでさまざまな面があるだろうがソレはさておき、相変わらず福島元水爆実験場、現在福島湯沸し気となっても日本国土と国民を守るはずの政府は役所を増やすだけで何もしないと言う不作為犯罪を繰り返し、その詐欺から国民の目を逸らす為にあらゆるネタを駆使するマスゴミなんてのがあれば、そうでは無い真っ当なマスコミも実在すると言う話を出す為に今日はダブルヘッダーであるw。



福島の「見えない雪」は今
ロイター通信 写真部
中尾由里子


東日本大震災の発生から間もなく1年。私は福島市内にある常円寺のご住職、阿部光裕さんを再び訪ねることにした。半年前に取材した時には、ご住職は放射能汚染の影響を和らげようと、ヒマワリを栽培したり、種苗を配る活動を行っていた。

それ以来、ご住職一家とは定期的に連絡を取っている。辛い状況に直面しているにも関わらず、ご一家は屈託のない様子で接してくれる。ある日の夜、ご住職が興奮気味に私の携帯に電話をかけてきた。世界体操のテレビ放送に、取材中の私が映っていたのだという。

そうした関係が築けていたことが功を奏したからか、半年ぶりに取材で伺った際にも、私は日常生活の一部に溶け込むように、僧侶であり、かつ3人の男の子の父親でもあるご住職が放射能汚染と闘う様子を取材することができた。

2月初旬に常円寺を訪ねた私を待っていたのは、以前と全く異なる光景だった。ヒマワリの花が咲き乱れ、セミが騒々しく鳴いていた半年前の様子は一転、一面雪に覆われた、静寂が広がる世界となっていた。お寺の入り口の隣には汚染土壌などの貯蔵容器が積まれていた。

ご住職は以前、放射性物質を「見えない雪」と呼んでいた。いまやその「見えない雪」は、本当の雪で覆い隠されてしまっている。「現実の雪は冷たくて大変ですが、見えない雪よりもずっとやさしい。見える雪はいずれ解けて消えてしまいますから」とご住職は語る。

阿部住職とボランティアの人々は現在、放射線量が局地的に高い「ホットスポット」の除染を行っている。雪をどけ、土を掘り起こし、特殊な洗浄液を高圧スプレーで吹き付けていく。そして最後に汚染土壌などの放射性廃棄物を、誰も住む人のいない、寺の所有地の一角で保管している。

政府が放射性廃棄物の一時的な保管場所について決めあぐねているため、寺の所有地を提供しているのだ。

カメラを置いて、手伝うべきではないのか──。私はよくそんなジレンマに直面する。しかし今回は、ご住職の気遣いで、そんな罪悪感を感じることはなかった。将来子どもを産む時のリスクは無視できないからと、ご住職は30代の女性が作業に参加する事を認めなかった。だからこそ、私はマスクを着用した上で、写真を撮るという本業に専念できた。

ボランティア作業の2日目。ご住職らは小学校の除染作業に向かった。ここは、ご住職の末っ子で3年生になる裕心君が通う小学校でもある。450人いた児童のうち約30人がすでに転校しており、その中には裕心君の親友も含まれている。

ここでは昨年、行政による除染作業が行われたにもかかわらず、6マイクロシーベルト以上の放射線量を示す新たなホットスポットが現れた。ご住職は、またあの高圧スプレーで除染していく。

子どもが大人よりも放射能の影響を受けやすい事もあり、裕心君は放課後に外で遊ぶことがなくなったと、彼の母親の美智子さんは言う。近隣の他の子供たちも同様だ。

しかし、裕心君がゲーム機のWiiで遊んでいるところを写真に収めた時のことだった。背が大きくなり、自信に満ちあふれた顔で微笑みかける、彼の成長した姿に気が付いた。もう地震があっても泣かないし、雨や雷も怖がらないようになったのだと、美智子さんが教えてくれた。

彼の生き生きした姿は、ご住職が以前語ってくれたことを思い出させた。「困難が人間を強くし、苦境に立たされることで、人は自分が持っているものにありがたみを感じるようになる」。

常円寺近くに住む檀家の方の敷地には、ヒマワリと同じく放射能の浄化作用があると言われている菜の花が、雪の下ですでに芽吹いていた。福島の人々に笑顔の花を咲かそうと、新芽は雪の下で春の到来を待ち焦がれている。



まず最初に、報道に関わって一番困惑するのは取材対象との距離感だろう、事実この記者もその点でジレンマを感じてるみたいだが、目の前で人が死ぬとかの重要案件が発生でもせぬ限り『カメラを置いて手伝う』レベルの事は実行してはならないとヲレは思う、何故自分はその場に居るのか?と言う報道者以前の原理的思考で考えれば答えは明白だからだ、カメラを置いて手伝った瞬間に客観的記事の製作は不可能となってしまう、当然この記事も趣から内容まで全く異なった駄文に成り果てる危険が高い‥と言う前置きはさておき本題に入る。


無能ならまだしも無責任隠しが為の不作為政府のケツを拭くのは今後税金増税を担う我々だけでは無く、現地の方々は既にその被害者である事を改めて思い知らされ、斯様な為政者にも満たぬ外道や職責と利権を権利と勘違いする国賊企業東京電力の体たらくを結果的に容認した格好のヲレからすれば極めて読みたくない記事である、しかしこういう記事を読み、世に少しでも紹介するのがヲレの努めなのだと思う。

既に既報だが、実はひまわり植栽が放射能汚染土壌改善に効果が全くとは言わぬがほぼ無いと言う現実があっても種を撒く住職の想いは如何なる物だろう?この種の一粒一粒が日本の地から日本の空へそびえ立って日本復興の一端を担ってくれればと言う想いなのか?

政府が何もせぬならと寺の敷地を放射性廃棄物一次保管所として提供し、更にホットスポットを発見すると自ら除染作業に勤しむ、その想いは『困難が人間を強くし、苦境に立たされることで、人は自分が持っているものにありがたみを感じるようになる』なのだろう、その言質を菅直人や東電の清水に叩きつけてやりたいが、あの糞虫にはソレを受ける資格すら既に無いし、この記事はヲレの駄Blogと違ってあんな馬鹿叩きでは無い、ただただ淡々と現場に生きる実態ある一人の人を追っている、ヲレはこういう人に福島の現実をドキュメントする番組を作って欲しいと思う。

“絆”だの綺麗事を派手な演出で報じるより効果的だ、この記事を読んだ後に思ったのは、出来る事を淡々と継続する尊さを感じた部分にある、日本の美徳なんて実際アンタヤッてるの?と言いたくなる綺麗事では無くて本当に淡々と成すべきを成す事の尊さと希望を感じると共に、遺憾な事に作成は日本人とは言え海外メディアの日本出先機関の手による物と言う事実に絶望すると言う事だ、日本のマスゴミが日本のマスコミとなる日がヲレの生きてる内に来るとは到底思えぬが、この記事を振り返れば一気に多数相手に情報を報じる事が出来るマス・メディアの尊さと使い方を今一度再確認させられたのである。
関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://dencyugumi.blog94.fc2.com/tb.php/440-d13c7c6f
    この記事へのトラックバック


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。