スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【今日は‥】君達って救い様の無い糞馬鹿野郎だからw【二倍盛りだよ~んw】

2012年02月12日 23:31

‥つまり今日はダブルヘッダーである、昨今ネタ無しだったのにねぇw。


米帝歌手ホイットニー・ヒューストンが亡くなった、死因不明、享年48、合掌。

BEST HIT USAと言う番組がかつてあってな、その時代で無敵無双状態の文字通りのスターだった彼女の訃報に際して今回動画の選択はかなり悩んだが、やはりホイットニーと言えば元モデルとして歌手デビューを果たし成功の絶頂期だった映画ボディガードの主題歌であり、恐らく彼女の代表作として“ホイットニー・ヒューストン”の名前は知らなくとも、この曲のフレーズは耳にしてるだろうと言う事で紹介しておく、米帝ショービスの世界ではどこかの人造人間みたいに本国政府が見栄を張る為に銭を他国からあらゆる手段を以ってしても搾取し垂れ流し、売りたい国の広告代理店と手を組みゴリ押しで売れば何とかなると言う似非ショービスなんて全く通用しない、その結果と言えば日本は馬鹿揃いだから何とか形程度になってるみたいだが、米帝ではPOPをもじり“POOP(糞)”と言われガキにすらコキ下ろされる始末である、まぁ米帝が正常で日本が馬鹿揃いと言う程度の話だが、この度改めてホイットニーの動画を見て改めて米帝は良くも悪くも普通の国家であり、日本は悪い意味だけの似非国家なのだと改めて思うのである、米帝では彼女レベルの歌唱力を以ってしても有能なマネージメントが無ければ場末で歌うのすらままならないのが現実だからだ、嘘だと思うなら米帝のアイドルと日本のアイドルを見比べれば良いのだが、君達って救い様の無い糞馬鹿揃いだからど~でもイイ肉便器のオカンはショタコンってど~でもイイですテラワロスwなんて事でこの国家存亡の危機状態の日本で祭りでもしてるんだろうから救いが無ェよなぁw、話が逸れまくったが文化的侵略を受けるならヲレはゴリ押し糞より米帝の見れるショービスの方がマシと思うねぇって辺りで今日は日本を取り巻く国家主権侵害についてダラダラ書く事を試みるって事で、駄Blogで国家主権侵害と言えば、もはや足抜けして関わりたくは無いケド結局取り上げてしまうこのネタねw。

拉致解決へ7分科会=政府

 政府は8日、副大臣級の拉致問題関係府省連絡会議を首相官邸で開き、同会議の下部組織として「戦略」「支援」などの分野別に七つの分科会を設置した。戦略分科会の座長には斎藤勁官房副長官、支援分科会には後藤斎内閣府副大臣がそれぞれ就いた。北朝鮮の金正日総書記死去を受けた権力移行期をとらえ、政府を挙げて拉致問題解決に取り組む。
 このほかに設置したのは、「認定」「広報」「国際連携」「情報」「法執行」の各分科会。


昨今、松原のボケが『断固たる措置で似非奪還』と語っちゃって似非奪還ヌカ喜びと言う報があったのだが、コレがそうなのだとしたら昨今断言してるけど横田めぐみさんの帰国なんてありえないし奪還に至ってはクッソワロタテラワロスwってモンだよ、大体断固たる措置も何も自前で鉄砲一発ブッ放せない似非国家の分際クッソワロタwとしかヲレには思えないし、山本大臣が如何に思ってるか知らんがやはり電脳補完録でもその報は取り上げてなかったなぁ、しかし民主政権になって思うのは東北震災や福島水爆事件でもそうだが、やたら役所増えたねぇw、流石労組所属国民生活第一を標榜してマスゴミと結託し国民相手の一大詐欺で政権を騙し取っただけはあるし、自民政権ですら閣僚だの事務方の椅子を為政者のシノギとしては不義理と言われるのを覚悟でシコシコ減らしたってのに、この政権になった途端ダブルスコアで増やしたからなぁ、小役人の給料減らしますと今尚国民騙しの詐欺為政に励む裏でこんな国家主権奪還利権がまかり通るのは言うまでも無く君達愚民が救い様の無い糞馬鹿野郎揃いと言う事をわざわざ敵国蛆虫北朝鮮様が教えてくれてるが、大事な事だから最初ぐらいしつこく二回書くケドね、君達って救い様の無い糞馬鹿野郎だからw。

北朝鮮:「よど号」などで協議の用意

 北朝鮮の宋日昊・朝日国交正常化交渉担当大使が昨年7月と今年1月、中国東北部で中井洽・元拉致問題担当相と極秘接触した際、日本人拉致問題以外に、日航機「よど号」を乗っ取り北朝鮮に渡った容疑者らの送還問題や日本人妻の一時帰国再開で協議する用意を表明する一方、戦時中に強制連行された朝鮮人の遺骨返還を要求したことが、8日分かった。日朝関係に詳しい複数の外交筋が明らかにした。

 北朝鮮側には、今年9月に日朝平壌宣言の署名10年の節目を迎えることもにらみ、拉致問題解決を繰り返し要求する日本の出方をけん制し、経済制裁の緩和につなげようとする思惑があるとみられる。


ナメられっぱなしの似非国家日本クッソワロタw、いらねぇよ犯罪者だの馬鹿御花畑に騙されて好き好んで地上の楽園に行った馬鹿雌犬なんか、ソッチでくたばらせろやって事よw、今更そんなの日本の税金で食わす銭なんて国庫に一銭たりとも無ぇんだよ蛆虫、面倒だから適当に殺してクレやって事よ、しかし日本の糞馬鹿愚民はこの種の日本にとって不良債権でしかない馬鹿の帰国と、日本の無垢で拉致された文民の帰国をマスゴミが恣意的に混同するだけで『平壌の春ワロタw』と騒ぐんだから、君達って救い様の無い糞馬鹿野(ryって辺りで話変えようか。

尖閣諸島に中国監視船

 12日午前9時ごろ、沖縄県・尖閣諸島の久場島から北北西約42キロの接続水域に、中国の漁業監視船2隻が入ったのを、第11管区海上保安本部(那覇)の巡視船が確認した。2隻は北東に向けて航行し、約30分後に接続水域を出た。11管によると、2隻は「漁政202」と「漁政35001」。巡視船から無線で航行目的を問い合わせると「通常のパトロールを実施している」と回答があったという。

実は支那の対応は当然の事である、侵略して実効支配すると宣言してるのだから、立場上連中にとってコレは『通常のパトロール』でしか無くて問題は日本側の対応にある、フォークランド諸島に於いて昨今またキナ臭くなってるが、英帝は原潜艦隊派遣すら宣言している、尖閣諸島周辺及び上空が日本の領土・領海・領空であるなら、屁理屈並べて第七艦隊を派遣しない米帝を当てにせずに自前で軍隊派遣をするべきなのであるが、日本は似非国家なので憲法で『国家間紛争については関係国の良心に解決を求める』だの『軍隊の保持及び紛争解決に軍事力の行使は用いない』なんて言っちゃってるので身動きが取れないのである、言うまでも無くその状況を最大限利用してこんな茶番めいた事をするし、この都合の良い状況を継続させる為にあらゆる在日ロビーから世界中に散らばる華僑を使って日本が通常の国家とならぬ様に日々銭や肉便器をバラ撒いてるのである、国家間の現実をこの一報が見事に示してるのだが、君達って救い様の無い糞馬鹿(ry

南極海、シー・シェパードが妨害


 水産庁は12日、南極海で活動中の日本の調査捕鯨船「第2勇新丸」が、反捕鯨団体シー・シェパードの船からロープを投げ付けられるなどの妨害を受けた、と発表した。捕鯨船のスクリューにロープが絡まり速力が落ちたが、自力航行は可能という。乗組員にけがはなかった。水産庁によると、妨害は12日午前7時20分ごろ(日本時間)から約2時間半にわたって行われ、酪酸入りの瓶や発煙筒なども投げ付けられて船体が汚れた。

自前の屑肉売りたいってんで他国他民族の食文化侵害だって立派な国家主権侵害と言う当たり前の国家感覚と国際感覚があれば、仮に米帝捕鯨船が斯様なテロを受けたら如何なる対処をするだろう?言うまでも無くイージス艦派遣でシースパロー発射で応戦するに違いない、何たって9.11の出来レースでイラクを皮切りにアフガン、昨今はイランと片っ端から手前の国家利権確保の為なら他国民の命なんて、マクドナルドで使ってるピンクスライム肉の価値すら無いと真面目に思ってるだろうからなぁ、一方で同盟を語りながら一方ではこういう国家主権侵害を資金提供だのの裏技で実行する、ソレが国家であると言う認識があればこんな提灯記事をロイターが書くのは良いとして日本の報道機関何してんの?と言う言質の一つもあって然るべき日本だが、君達って救い様の無い糞(ryって辺りで今日の駄Blog終わりw。



オマケ1:正当な闘いの人生だった日本人と、居座り寄生虫を混同してはならぬ

強制収容拒否の日系人たたえる 米シアトルでシンポ
 
 第2次大戦中、米政府による日系米国人の強制収容は不当だとして抵抗、今年1月に93歳で死去したゴードン・ヒラバヤシさんをたたえるシンポジウムが11日、米シアトルで開催され、日系人やヒラバヤシさんの支援者ら約300人が参加。

 ヒラバヤシさんが1987年、強制収容は違法だったと認める連邦高裁判決を勝ち取ってから今年で25年になるのを記念し、シアトル大が死去前から企画。

 この裁判の担当判事を務め、判決で「収容は人種差別」と指摘したメアリー・シュローダーさん(71)は「正しい判断だと確信しながら判決文を書いた」と振り返った。


国家主権を守る事と国家のエゴをゴリ押しするのは明確に違う、先祖が一旦正規に身柄受け入れをされ、彼の地で生まれた後に社会に貢献しても先祖の出身国と戦争になったと言うだけの理由で強制収用されるその本質にマグマの如くあるのは、銃でインディオの土地を奪ったと言う国家成立自体にトラウマを持ち、白人(WASP)以外の人種に対する卑しいまでの差別意識があるからであり、その本質はネグロイドと言う単語を社会の闇とし片隅に追いやり、黒人からスターが沢山輩出されてドラマや映画に一定比率の出演規約を取り入れても今だ全く変化は無いとヲレは断言する、残念な事だがそれが人の業と言う物だからであり、そんな米帝を単に民主(自由)主義同盟国家だからと妄信する愚を問うのにこの種の報道は有用であり、言うまでも無くこの報に際し脊髄反射的に反米帝を叫ぶなんてキチガイ沙汰としか言い様が無い、しかし日本における蛆虫朝鮮を同質に見るのは明白に誤りである、何たって連中の大半は呼ばれもしないのに大東亜敗戦のドサクサ紛れに日本に侵入し、暴行窃盗強姦殺害あらゆる第一級犯罪のデパートを演じた、更に蛆虫南朝鮮は竹島侵略簒奪を行った上に日本漁民虐殺を実行、蛆虫北朝鮮は文民拉致犯罪及びミサイル発射で軍事攻撃まで実行してる日本にとっては正規の宣戦布告すらせぬ非合法戦争当事国であり、本来該当国民は即座に国外追放を強行しても国際法違反にすらならぬ筈であり、感情論を持ち出せばそれこそ強制収容所に纏めてブチ込んでも何ら批判される謂れすら無いのだが、日本は似非国家なので極めて珍妙な事にこの蛆虫共を住まわせるだけに留まらず今や生活保護貴族利権まで与えたので、調子コイて蛆虫揃って日々祖国に送金すべくパチンコに励むと言う体たらく、こんなのありえねぇw、しかしこの種の報道は受け取る者の社会観や歴史観次第で混同されがちなので危険なのだ、特に現在の報道は政治社会経済芸能全てに渡って蛆虫朝鮮の民兵によって構成されてるのだから極めて危険な状況だ‥と偉大なるヲレ様が折角教えてやっても君達って救い様の無(ry


オマケ2:昨今の支那のはしゃぎぶりはこういうネタから読むんだよ糞馬鹿愚民w

シリアめぐる最悪のシナリオ、米露の代理戦争に発展も

 混迷を深めるシリア情勢をめぐり、米国のオバマ政権が最悪のシナリオも検討し始める中、シリアの内戦が「アラブと西欧諸国」対「ロシアとイラン」の代理戦争に発展しかねないと指摘する声もある。

ワシントン近東政策研究所のシリア専門家であるアンドリュー・タブラー氏は「中東諸国の中には今後、(反体制派の)自由シリア軍に味方する国も出てくる。すでにレバノンからシリアに武器が流入しているし、ヨルダンやトルコ、イラクやロシアからもますます入ってくるだろう。誰もがシリア情勢に関与し始めることになる」と語る。

米当局者はシリア政策について、軍事的役割を担うことは望んでおらず、反政府勢力への支援と避難民への人道的援助に重点を置いていると強調する。一方、ロシアとイランは、シリア政府に改革を促すものの、西側がアサド政権を退陣させようとする動きには反対している。

米政府内には、シリアの状況が冷戦時代のような代理戦争へと向かっているのではと危惧する者もいるという。

<複雑なパズル>

冷戦時代、米国とソ連は、中南米やアフリカ、アフガニスタンなどで、それぞれの同盟国や反政府武装勢力に武器を提供し、代理戦争を行った。

11月に大統領選を控えるオバマ米大統領は、同盟国のイスラエルやトルコ、ヨルダンなどの脅威となりかねないシリアに深く関与することは避ける姿勢を見せている。アサド政権に圧力をかけるべく経済制裁は科しているものの、同大統領は今週、NBCテレビに対し「武力介入せずに解決しようとすることが非常に重要であり、それは可能だと考える」と語り、昨年リビアのカダフィ政権に対して行ったような軍事介入を否定した。

一方、シリアに武器を輸出し、同国の港湾都市に軍の基地も構えているロシアは、シリア政府への支援を後退させるそぶりは見せていない。ラブロフ外相は7日、シリアの首都ダマスカスを訪問し、アサド大統領と会談。同大統領が暴力停止に向け努力しており、間もなく新たな政治改革を公表するだろうと語った。

また、イランもシリアを支援する国の1つ。シリアは、イランがレバノンのイスラム教シーア派組織「ヒズボラ」を支援するのをずっと助けてきた。

<待ち受けるリスク>

これまでのところ、米国のシリア政策は限られているように見える。ロシアと中国が国連安全保障理事会でシリア非難決議に拒否権を行使した後、クリントン米国務長官は、たとえ安保理の支持がなくとも、米国は同盟国と協力してシリアへの制裁を強化し、同国の民主化を支援していくと強調した。

しかし、多くのアナリストは、シリアで今以上に暴力が拡大すれば、米国と西側諸国はさらなる対応を迫られるかもしれないと指摘する。その場合、直接的に軍事介入しなくても、大きな政治的リスクを伴うことになる。

米国務省のヌランド報道官は、シリア反体制派への武器提供は解決策にはならないとし、「答えは、暴力を停止させるために民主的な対話に導くことにある」と語った。

一方、ブルッキングス・ドーハ・センターの中東専門家シャディ・ハミド氏は、この発言を希望的観測だと一蹴。「シリア政府は最後の血の一滴が流れるまで戦いを続けるだろう。政治的解決には楽観的になれない」とし、国際社会は軍事介入の可能性について、もっと積極的になるべきだと主張した。

しかし、代理戦争に向かうと全ての専門家が考えているわけではもちろんない。イラクやアフガニスタンでの長期にわたる負担で米世論には厭戦(えんせん)感があり、代理戦争への突入はオバマ大統領にとって政治的リスクになるからだ。

また、ワシントンにある戦略国際問題研究所のシニアアナリスト、アンソニー・コーデスマン氏は、米国の懸念がロシアの共感を得る可能性もあると指摘。ロシアがシリア決議案に拒否権を行使したからといって、アサド政権を永久に支援するとは限らないという。

コーデスマン氏は「(シリアには)危機にさらされているロシアの利益があるが、それは死活的な利益ではない」とし、「ロシアは決定的な影響力を示すようなやり方を模索しているはずだ。しかし幅広い安定化も望んでいる」と語った。


中東の歴史なんて米帝は油利権だの露助は南洋利権だの欲しいってんで代理戦争以外の何が歴史の書に記されてるんだよロイター君ワロスw、まぁ直接戦争は米帝は大統領選を控えて、露助は大統領選直後(現在進行形)なのでまぁありえない、強いてあるとしたら露助のアレがマッチョ志向のプーチンだから奴が発狂すればあるかもしれないが、その危険度は平壌発何とか衛星が日本本土横断で玄場や野田の糞馬鹿野郎コンビが『遺憾の意』砲をブッ放すレベルで低いw、せいぜい現地テロリストやよせや的な自由連合が小競り合いをする程度だ、尤もソレでも現地では名の無き罪も無き民の屍が積み重なるキリングフィールド化するのは目に見えてるけどね、そうでなければイケナイ大人の事情wはさておき、こんな本当はシリア国民の人権なんて屁とも思ってない癖に馬鹿騒ぎをする連中の裏で舌を出し喜ぶ外道がいる、支那である。

露助は手前の面子がある為に強硬的態度を貫かねばこれまた大人の事情wで選挙すら乗り切れない、一方米帝はこれまで散々で米帝愚民からもいい加減覚えの悪くなった中東にケリをつけて極東で自由の犬を飼うブリーダーを気取りたいが、イランが要らん事を言ったりしたりするわでこれまた大人の事情wで中途半端にしか足抜け出来ない上に大統領選を控えて、大々的に『YES!WE!CAN! USA!USA!USA!』なんて馬鹿スル時間も銭も支持率wも無いと言う事で当然極東地域なんて又二の次になるわ、露助も支那に貸し作っておけば色々オイシイ所ありそうと言う大人の事情wで、実は現在支那は極東地域でヤリたい放題だったりするのである、尤もヤリたい放題とで米帝が大統領が元ポン中の馬鹿とは言っても本当にヤラかしたら大東亜時代の日本と同じ道を辿っちゃうので自制してるだけなんだが、それでも平気な顔をして日本侵略を堂々と実行する辺り流石大陸土人マジキチすぐるw、そんなヤバい状況だっちゅ~のが判ってるのかねぇと言っても君達って救い様(ry


オマケ3:昨今スマホがらみで障害が散見されるがコレ‥
米帝の真似で定額止めたいからの出来レース
‥ぢゃ無ェの?詐欺禿バンクならイザ知らずドコモやauが立て続けってのが引っかかるw、まぁヲレってスマホには興味無いのでど~でもイイw。
関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://dencyugumi.blog94.fc2.com/tb.php/439-268c2609
    この記事へのトラックバック


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。