スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

無責任な奴等ほど厚顔無恥である、コレ豆なw【オマケ追加あり】

2012年01月18日 22:42

R4はクビと現代人事砲が述べているが、そんな愚民におもねき喜ぶ愚民の卑しい性根をくすぐるシノギで飯喰ってる外道は自民政権時は散々『民主で無ければ駄目』と喧伝し、小選挙区制度の弊害(特に比例制度)については完璧に沈黙の艦隊だった事を貴様等糞馬鹿愚民はスッカリ忘れてるだろうがヲレは決して忘れない。

大体比例制度って何なのよ?議会政治制度に属する者となるに手前の政治姿勢で議員バッジ一つ取得出来ぬ出来損ないに国会議員の資格なんて与えるから893の使い走りみたいな奴が国会議員なんかになっちゃうし、選挙区制度の方にまでドサクサ的にR4みたいなモデルの出来損ないの分際で仕分けをウリにしたはイイがスキャンダルのデパートにクラスチェンジした後はウリにした仕分けを手前が喰らうなんて奴が議員になっちゃうんだろうが、ソレ言ったら過去から現職まで党代表自体が疑惑のデパートだから本当は小選挙区制度は関係無いのかも知れぬがヲレはとっかかりとして此度の民主提案の衆院定数削減には反対はしない、尤も口先詐欺為政民主党政権なので、自民が国対政治狙いの反対を貫き通すまでも無く有耶無耶に消滅すりだろうって辺りから今日の駄Blog始めるぜ糞馬鹿愚民共w。


「党あって国なし」から「自分あって国なし」の政局へ

 ◇小松浩(こまつ・ひろし=毎日新聞論説委員)

 年明けのNHKテレビが福沢諭吉と中江兆民の2人を「日本人はなにを考えてきたか」という特集番組で取り上げていた。まだ国民国家の曙にすぎなかった明治期。国の独立とは、文明とは、民主主義とは何かを考え、近代日本の思想潮流に大きな影響を与えた2人だ。
 ◇政治家の覚悟がすべて

 兆民の「三酔人経綸問答」は日本における近代外交論、国際関係論の白眉として、今なおその新鮮さを失っていない。欧米帝国主義の勢力均衡論に立って軍備拡張こそ安全保障と説く豪傑君と、東洋文明の礼節を基にした非軍事の平和主義が日本の進む道だと熱弁をふるう洋学紳士のやりとりに対し、兆民自身が投影されたとみられる南海先生は「平和友好を原則に、国威を傷つけられぬ限り高圧的に出たり武力を振るったりしない」ことが肝要だと話す。

 この寓話のミソは、そんな話は少しも奇抜でなく子供でも下男でもそれくらいのことは知っていますと笑う豪傑君、洋学紳士に向かって南海先生が言うセリフだ。「普段の雑談なら奇抜さを争いその場限りの笑い草にするのも結構だが、いやしくも国家百年の大計を論ずる場合には、奇抜さや新しさを売物にして痛快がることがどうしてできようか」

 目先の新奇さを競いあうのではなく、国にとって本当に大事なことはごく当たり前の良識を踏まえた政治を現実に実行していくことだ、というのが南海先生の導き出す外交の大原則なのだが、これは外交において適用されるだけにとどまらず内政も同じであろう。政治とはすべからく「国家国民のため多くの人間が肝心だと考えることを実施に移す」ことが仕事と言っていいからだ。

 政治とは考えようによっては、極めてシンプルな営みである。国民生活の安寧を維持し向上させるため入りを量り、出を定める。政治家や官僚は身を削って範を示す。奇抜さを痛快がるのが政治ではない。明治も今も、そして洋の東西を問わず、まつりごととは突き詰めればそれ以外のなにものでもないだろう。

 解決すべき課題は明らかである。震災からの復興。エネルギー政策の抜本的な見直し。そして消費税率引き上げを柱とする税と社会保障の一体改革及びそれと裏表となる公務員給与・制度改革や国会議員定数削減だ。このうち復興とエネルギー政策は一朝一夕で成るものではなく、息の長い取り組みが必要だ。問題は税と社会保障の一体改革である。なぜなら税の問題と社会保障制度の問題は、政治のみが仕組みと中身を変えることができるからである。

 言い換えるなら政治家の覚悟にすべてがかかっているのが税と社会保障制度の改革なのだが、にもかかわらず永田町からはその気迫が伝わってこない。公務員の問題も議員定数削減もまったくやる気を見せず早々と国会を閉じて議論を封印してしまった昨年暮れの野田佳彦政権の姿には、まず身を削って負担を国民にお願いするという為政者の真摯な覚悟は微塵も感じられなかった。その野田首相が年頭にあたって「君子豹変する」と言ったところで、鳩山由紀夫元首相以来、民主党トップの言葉の軽さにすっかり呆れ果ててきた国民にすれば、どうやって信じろというのかと言いたくもなろう。

 野田首相にとっての「戦略目標」は、消費税率引き上げにより国家財政破綻を防ぐことである。その戦略のためにはまず党内のコンセンサスを得る必要がある。そして、そのためには党内の抵抗が強い国会議員定数削減や公務員給与の問題などで余計な波風を立てないほうがいい。だから批判承知でその「戦術目標」を優先したというのかもしれない。

 こうした古めかしい政治がいつまで通用するのだろうか。国民はこんな駆け引きが嫌で民主党に期待を託したのではなかったのか。

 年末のテレビで街の声が紹介されていた。「お国がこんなに大変だから税金を上げなくてはならないと言われたら負担するつもりはあるが、政治家はそういう説明をしてくれない」という話だった。

 政治家が足元の政争にとらわれず国民に向かって胸襟を開いて語れば、それに耳を傾けようという人たちが世間には大勢いる。野田政権は党内融和を重視するあまりこうした健全な世論を敵に回すようなマネをしているように見える。
 ◇賛否が拮抗する消費税

 自民党も似たようなものだ。もともと消費税率の引き上げを言って民主党の尻をたたくように与野党協議を呼びかけたのは自民党だ。そこには曲がりなりにも、かつての責任与党の面影が垣間見えた。ところが民主党が年末にどうにか消費税率引き上げを決めると、今度は民主党のマニフェスト(政権公約)違反だから協議には応じない、公約違反の民主党にはその資格がないと言い出した。消費税率を上げる資格があるのは自民党だという理屈だ。税率上げは俺たちに任せろというわけである。

 ならば協議の場でそう主張すればわかりやすいのだが、協議にはどうあっても応じないという。谷垣禎一総裁は正月のテレビ討論番組で「民主制破壊の片棒を担ぐわけにはいかない」からだと語った。協議に応じれば公約違反の民主党政治に手を貸すことになるから嫌だというのが新たに持ち出した理屈だ。本家はこっちだ、正統性はこっちにあると資格争いにふけっているうち、日本の国家財政は破綻への道を確実に歩もうとしている。日本の政治家とはいい気なものだとつくづく思う。

 つまりは民主党も自民党も国家百年の大計より御身が大事、自分たちの利益のほうが大切なのだ。

 消費税の話になると、二言目には「国民の反発」を口にする政治家が少なくない。好きこのんで税金を払いたがる人はいない。その一方、毎日新聞の主要世論調査ではこの8年、消費増税に賛成する人は30%台に落ちたことが1回あるだけであとは40%から50%前後だ。常に賛否は拮抗する。だからこそ、このテーマは政治の出番なのである。

 「国民の反対」ばかり言挙げする政治は、合意をつくる努力を放棄した政治、奇抜さで国民の歓心を買うことしか頭にない政治だ。「いやしくも国家百年の大計」を論ずるのは政治家の歴史的使命であるはずだが、年明けの与野党攻防は十年一日の権力闘争である。かつて「党あって国なし」だった政局は、いまや「自分あって国なし」の政局である。


何偉そうに語ってるんだ小松君クッソワロタw、自民政権時に散々政治と無関係な漢字読めねぇ空気読めねぇネタで愚民共の卑しい性根をくすぐり政局を作り上げたのは他でも無いマスゴミ連中と言うのはもはや言い逃れ不可能な歴史的事実なんだがなw、ソレはさておき始末に負えぬのは民主党構成議員の約半数が旧社会党やそのシンパたる日教組やらの売国機関で構成された日本国家撲滅左翼政党である事は徹底的に隠蔽した罪をヲレに裁かせれば極東裁判の如くのA級戦犯認定である、言うまでも無く罪状は【国家及び国民に対する人道に反する罪】である、一応書いておくがこの論説自体は誤った事を述べてるとは思えない、しかし現在の日本困窮状況に至った現在でも肝心な事は決して述べぬのがヲレの気にいらん点なのよ、その肝心な事とは‥

国民生活第一の嘘八百を民衆が見抜く為の情報提示を怠った自己批判統括が全く無い

‥と言う事である、まさに大東亜敗戦後のGHQ洗脳政策恐るべし、政財官報民全てに至って無責任どころか責任放棄が罷り通る状況となっているのがこんな提灯記事からからも読めてしまうのがヲレは悲しいのである、尤も無責任と言えば昨今かつての枢軸国のみそっかすがこんなネタを発信してたなw。


座礁事故船長に警備隊が「船に戻れ」
通話記録が明らかに


 イタリア中部のジリオ島付近で13日夜に大型豪華客船コスタ・コンコルディアが座礁した事故で、伊紙が17日、事故直後の通話記録を公開し、沿岸警備隊が船長に対し、船に戻るよう強い調子で繰り返し求めていたことが明らかになった。

伊紙コリエレ・デラ・セラが公開した通話記録は、沿岸警備隊員とフランチェスコ・スケッティーノ船長との緊迫したやり取りを伝えている。

それによると、沿岸警備隊員がスケッティーノ船長に対し、「よく聞け、スケッティーノ。自分は助かったと思っているだろうが、このままでは済まないぞ。早く船に戻れ」と言うと、船長が「暗くて何も見えない状況を分かっているのか」と反論。すると、警備隊員は「何がしたいんだ、スケッティーノ。暗いから家に帰りたいというのか。船に戻って状況を伝えるんだ。さあ早く」と、怒り口調で帰船を再三指示している。

当局はこの通話記録を確認していないが、記録には他の人の叫び声などが含まれていることから、本物とみられている。この警備隊員は地元紙に対し、船長の声の調子から何か重大な異変が起きていることが分かったと語っている。

過失致死容疑などに問われているスケッティーノ船長は17日、裁判所に出廷し、嫌疑を否定。弁護士によると、船長は乗客が避難してから船を離れたとし、数千人の命とはいかないまでも、「数百人の命」は救ったと信じていると主張した。また、薬物検査のため、船長は毛髪と尿のサンプルを提出したという。船長は保釈が認められ、自宅での監視下に置かれることになった。

一方、救出作業が引き続き行われる中、新たに5遺体が発見され、死者数は11人となった。乗客24人と乗組員4人がなお行方不明となっている。


随分情け無い助さんだなぁw、日本に国旗掲揚国歌斉唱で似非精神疾患職務放棄馬鹿がいればヘタリア国では暗いから職務放棄ド阿呆が居たってもうテラワロスw、こりゃ確かにドイツだって見捨てるわこんな奴ばかりの国ぢゃなw、まぁ現在の日本人船長だったら同じ体たらくな奴がいてもヲレは驚かぬが、かつての大日本帝国人‥特に帝国海軍人だったらこんな体たらくはありえないだろう、有名なのは戦艦大和最後の有賀艦長が羅針盤に自身を縛りつけ艦と共にとか、同艦乗船の第二艦隊伊藤長官も大和と共に戦死したとかね、まぁ平時の民間船と戦時の軍事戦艦を同列に語るのはどうかと思うが、船長(艦長)の最低限にして最終的責務は乗員(服務船員から乗客その他まで全て)の安全を自身の最後まで図ると言うのがあるとヲレは思うのね、まぁ空の話だがハドソン川の奇跡と呼ばれた有名な航空機墜落事故当時のサレンバーガー機長はこう言った。

訓練してきたことをやっただけ、自慢も感動もない

急いでやらなくてはならないことの一つは、
妻に電話して今日は夕飯はいらないと断ることだ


‥まぁ逃げようが無いwってのもあるだろうが、自分の職責に誇りを持つ者と自分の職責を単なる利権確保手段としか考えぬ者の差と言うのはそれに関わらざるを得ない乗客の立場になっちゃったら甚大だよな、言うまでも無くサレンバーガー機長は全米は勿論だが全世界レベルで賞賛された一方でヘタリア国の助さんは上記な体たらくどころかこんなネタの燃料投下まで図っちゃったらしいw。


船から逃げた船長 国外へ逃亡図る?

 イタリアの検察当局は、13日夜に豪華客船コスタ・コンコルディア(乗客乗員約4200人)を座礁させ、死者・行方不明者を出して業務上過失致死の疑いで逮捕されたスケッティーノ船長(52)が、事故後に船から逃げ出した後、国外へ逃亡を図ろうとしていた可能性があるとみている。イタリアのANSA通信などが伝えた。

 ベルシオ検察官は「海外の知人らとの接触を通じて国外に逃げようとしていたことが考えられる」と述べた。母親への電話で船長は「乗客を助けようとしたんだ。しばらく電話できなくなるけど、大丈夫」と述べており、検察はこれを「逃亡」の心証としている。17日までの死者は11人、行方不明者は20人超。

 ANSA通信などが報じた沿岸警備隊の無線記録によると、13日午後9時42分の座礁の後、最初の通報は乗船中の乗客から電話を受けた親族から。連絡を受けた警察がコスタ号の異常を突きとめ、午後10時10分に警備隊に通報。警備隊が船に無線連絡するとスケッティーノ船長は「大丈夫、少し停電したが復旧させる」と応じた。

 船が20度傾いた午後10時30分、船長は警備隊に「左舷から水が入ってきているが、大丈夫。引き船を用意してくれれば」と語ったが、救援を求める口調ではなかった。

 船長は午後11時前、船内に取り残されている乗客数について警備隊に「約200人」と報告。実際には2000人以上がいたとされている。「数えなさい」と命じた警備隊に「救命ボートにいるからできない」と述べ、「船に戻りなさい」との指示にも従わなかった。

 イタリアの船舶法では、乗客が危険な状態にある船から逃げた船長は最高12年の禁錮刑に処せられる。


どうやら警備隊の疑問に対する答えは『とにかくトンコしたかった』と言うのが正しいのだろうケドね、職責である乗員乗客の命を守るのをすっ飛ばして見捨てると言うのは【人道に反する罪】では無いのだろうか?確かに緊急避難の論理と言うのはあるのだが、沿岸警備隊からお叱りを受けるレベルでその論拠が通じるのだろうか?答えが否であればその罪の代償がたかが禁固12年と言うのは軽すぎると思うのだが、ヘタリア国の助さんはそれからすら逃れようとしたのである、まさに最低、まさに外道だなぁ、尤も先に賞賛した米帝の方も海ネタなら漁業練習船に特攻を行い見事撃沈させて名誉除隊を勝ち取った撃沈ワドルみたいな糞野郎もいるがなって辺りで責任とソレを全うする覚悟の有無で人生大きく変わるよなぁ、似非国家日本に生まれ育ち生きてるヲレはつくづくそう言う事を日々考えさせられるのであるって辺りで今日の駄Blog終わりw。



オマケ1:核開発断念求め書簡=イラン政府に懸念伝達-玄葉外相
 玄葉光一郎外相は18日午後の記者会見で、イラン政府に対し、核開発の断念を求める書簡を送付したことを明らかにした。外務省幹部によると、イランからは「核開発は平和利用が目的」との趣旨の回答があったという。
 書簡では「イランの説明では、とても国際社会の懸念を払拭(ふっしょく)することはできない」とも明記。玄葉氏は会見で、イランが各国の原油タンカーが往来するホルムズ海峡の封鎖を示唆したことについて「挑発的な行動は厳に慎むべきだ。軍事オプションは正しい選択ではない」と述べた。


そんな紙切れが役に立った例なんて無いw


オマケ2:中国、日中韓FTA交渉の5月開始目指す=商務省
 中国商務省の沈丹陽報道官は18日、日中韓3カ国の自由貿易協定(FTA)交渉について、中国は3カ国首脳が会議で顔を合わせる予定の5月に開始したい意向であることを明らかにした。
 同報道官は定例記者会見で12月に発表された日中韓FTAに関する共同報告書に関し、協定が実行可能かつ望ましいと結論付けていると指摘。「中国は、5月に公式交渉の開始を正式に宣言できるよう、3カ国が協力を維持し、意思の疎通を強化することを願っている」と語った。
 また、韓国の国内手続きが終了次第、中国が韓国との2国間自由貿易協定に関する協議に入る意向も明らかにした。
 野田佳彦首相は昨年12月、北京で中国の温家宝首相と会談し、日中韓のFTA交渉を開始することで合意した。


支那朝鮮中犬(FTA)より米帝オンリー(TPP)の方がマシなので止めてくれwってかよ‥
面倒だから鎖国制度に戻しちまえw


オマケ追加分:市民団体が傍聴求め混乱 安全評価の意見聴聞会
 関西電力大飯原発3、4号機の安全評価(ストレステスト)について18日に開かれた意見聴取会は、原発の再稼働に反対する市民団体のメンバー約20人が傍聴を求めて経済産業省別館の会場に入り、混乱。安全評価に批判的な井野博満東京大名誉教授ら2委員が「傍聴させないなら出席しない」と欠席し、予定から3時間半以上遅れて午後8時前にようやく開会した。
 聴取会は、別室でテレビモニターによる傍聴を認める予定だったが、メンバーらは同室での傍聴を求めた上で、「再稼働ありきで議論すべきではない」などと抗議した。
 枝野幸男経産相は18日夜、同省で2度にわたって緊急に記者会見。「科学的な専門家による議論が平穏に開催できないことは容認できない」と非難した。


【ただちに影響が出てる】ので容認出来ぬなら威力業務妨害罪でも何でもイイから適当な刑事犯罪犯として訴えちゃえフルアーマー君w、ちなみに今回は市民団体の名称一つ出て無いのでぐぐるにゅーす教授に問い合わせるも判らず追跡中w、ちなみにようつべにうpされてる動画を晒しておくが消えそう、市民団体様だからw

後ろめたい事がなければこの市民団体の名称を堂々と出すべきであるw
関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://dencyugumi.blog94.fc2.com/tb.php/404-eb0e0c8d
    この記事へのトラックバック


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。