スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

どうせアンタ等にそんな事をする覚悟なんて無いのだろうから敢えて書かないw

2012年01月15日 16:59

時の為政者なんて手前の事しか考えていなくて、その行い全てに責任感の欠片すら無いなんて日本限定の話では無いのだが、大東亜後の日本はその無責任ぶりが際立ってて最悪な例が蛆虫北朝鮮による日本文民拉致問題なのだが、政府が無責任なら当然国民だって無責任なのである、だって日本は一応民主主義国家だから国民のレベル即為政者のレベルだからよ、そんな無責任な国民だから蛆虫北朝鮮による文民拉致問題一つ解決出来ないってかする気なんて全く無い、少なくとも手前の血汗を流すなんてクッソワロタwと言う覚悟無しの他人任せで似非奪還を気取るには最高のガス抜き人事が此度の野田改造内閣であったみたいよって導入部の殆どを一昨日の使いまわしで始める駄Blog読んでねw。

松原拉致問題担当相:横田めぐみさんの父母にあいさつ

 松原仁・拉致問題担当相は14日、北朝鮮による拉致被害者、横田めぐみさんの父滋さん(79)、母早紀江さん(75)宅(川崎市)を就任あいさつのため訪ね、「あらゆる手段で解決の可能性を模索したい」と意気込みを示した。

 松原担当相は超党派の拉致議連事務局長を務めていたことがあり、滋さんは「以前から活躍してくれ、大臣になってほしいと思っていた。非常に喜び、期待している」と歓迎した。早紀江さんは「(拉致から)35年になるが、二度とこんなことにならないよう、全員が帰って来るよう頑張っていただきたい」と早期解決を求めた。

 北朝鮮の金正日(キム・ジョンイル)総書記が死亡したことについて松原担当相は「政治は舞台が変わった時が大きなチャンス。権力移行は、拉致問題に従来と違う環境を提供できると思う」との認識を示した。そのうえで「党派を問わず、拉致問題に関わった全員と会って情報を集める。小さな情報の中にヒントが隠されているかもしれない」と、全力を挙げる考えを夫妻に伝えた。


最後のチャンスの間違いだろう松原君、それも既に無くなってるかも知れぬチャンスと言う現実をまず最初にちゃんと言ってやるのがアンタの仕事だと思うんだがな、まぁ皆さん揃ってコイツが担当相になったってんでヌカ喜びしちゃってまぁ、こういうのこそ正しく‥

テラワロスw

‥と言うのでは無いのかね?確かに松原君は売国亡国民主党議員の中では珍しく日本国主権に立った政治活動を行ってるし、民主党政権になってからの担当相揃って屑揃いだったから見慣れて親しく頼もしい奴が担当相になったってんで喜んじゃう気持ちは判るのだが、ここは一度冷静に考えるべきなのは松原に限らずこの種の拉致奪還議員ってその活動を始めて何年になるのだろうかって事だ、仮に民間企業のプロジェクトが何年も目標達成出来ぬと言う事になった場合、そのプロジェクトのトップは勿論、全所属社員の能力を疑われるのが当然で、ましてや松原は現在まで政権党所属議員である事を考えればヲレはこんなヌカ喜びをするその根源を『奪還してる俺、かこいいw!憂国な私、さいこw!』ってオナニーしたいが為でしか無いんぢゃ?と思わずにはいられない、これまで拉致奪還の成功例は一つも無い、小泉政権のアレは悪く言えば一回こっきりしか使えぬ小賢しい詐欺みたいな物だった、尤もそれでも実績があっただけまだマシなほうだが、要するにこのあるかすら判らぬ最後のチャンスを生かす唯一つの方法はこれまでとは違うアプローチを取り入れるしか無いと言う事だ‥と言っても事は簡単で本来すべき事から逃れ続けたこれまでの似非奪還を止めて、真剣に奪還をする方向へ舵を切れば良いだけだがその具体的な事についてはこれまで散々書いたし、どうせアンタ等にそんな事をする覚悟なんて無いのだろうから敢えて書かないwって事で次w。


玄葉外相:北方領土を視察 問題解決に意欲示す

 玄葉光一郎外相は14日、北海道根室市などから北方領土を視察した後、「(日露の)ボトルネックになっているのが領土問題。同時にあらゆる分野でロシアと協力を進めていく。私はロシアを重視している」と語り、両国の協力を強化しながら、領土問題を解決することに意欲を示した。元島民や地元首長らとも意見交換し、根室市での元島民らとの対話では、千島歯舞諸島居住者連盟の宮谷内亮一・根室支部長(69)が「今が一番(返還に)遠い。総理が納沙布岬に来て、強い決意を内外に発信することが大事」と要望した。

日本には周辺国の数だけ国家主権侵害事案があるのである、文民拉致だけでは無いって事で為政者も馬鹿愚民相手のシノギに御多忙なのである、わざわざ北海道に行っちゃうのである、ど~せ行くなら納沙布岬なんてセコイ事イワんで国後島にでも行けばイイのに、あそこのキンメは旨いぜぇwって話はさておき、コレも拉致と同様の問題を抱えている、これまでの対話による解決なんて馬鹿もイイトコの妄言を垂れてる内は文民だろうが北方領土だろうが竹島だろうが絶対帰って来ないのである、大体外交の基本原則として有名な右手で握手・左手は後ろ手にハンマーと言う事一つGHQの洗脳戦略兵器・日本国憲法によって阻止されたまま米帝オンリーが楽だからと放置した糞馬鹿痴呆国家日本が悪いのである、ここまでコケにされて悔しかったら何とかせぇよ糞馬鹿似非憂国共!‥尤も事は簡単で本来すべき事から逃れ続けたこれまでの似非奪還を止めて、真剣に奪還をする方向へ舵を切れば良いだけだがその具体的な事についてはこれまで散々書いたし、どうせアンタ等にそんな事をする覚悟なんて無いのだろうから敢えて書かないwって事で次w。


日本の「軽」規格廃止を…TPPで米自動車3社

 米通商代表部(USTR)は13日、環太平洋経済連携協定(TPP)交渉に日本が参加することに対する意見公募を締め切った。

 米自動車大手3社(ビッグスリー)で組織する米自動車政策会議(AAPC)は、日本の自動車市場の閉鎖性を理由に「現時点では反対」と表明し、参入障壁となっている軽自動車規格については、「廃止すべきだ」と主張した。

 今年秋の大統領選を控え、大きな雇用を生んでいるビッグスリーの政治に対する影響力は大きい。月内にも始まるとみられる日米の事前協議で自動車分野は大きな焦点で、交渉は難航が予想される。

 AAPCは、日本独自の軽自動車規格について、「市場の30%を占めているが、もはや合理的な政策ではない」と批判した。日本の技術基準や、認証制度などの規制も参入の障害になっており、透明性が必要としている。1990年代後半からの日本政府の円安誘導政策も、米国車に不利になっていると指摘した。


米帝オンリー国家日本の体たらくは今後こんな感じで明治時代の通商条約復活紛いのTPPネタで骨の髄まで搾り取られるのである、判りやすく書けば米支南北朝鮮と言う四匹のニートと住宅ローンを抱えてるが能力無しで一生平確定な使えないオヤジ状態って事よw、昨年最後の駄Blogでヲレは書いたよな『日本はもう終わってる』ってよ、ついでに書けば先の衆院選時に民主党政権になったら国家投了しちゃうよとも書いたよな、見事その通りになって嬉しいだろ民主党に一票を投じた糞馬鹿野郎共、この状況を何とか改善する方策が全く無い訳では無いが、ど~せ書いてもおまいら糞馬鹿愚民なんて自分の身近に危機が迫らねば何もせぬ烏合の衆だし、どうせアンタ等にそんな事をする覚悟なんて無いのだろうから敢えて書かないwって事で次w。


内閣支持率37%に下落…岡田氏「評価」52%

 野田改造内閣の発足を受け、読売新聞社は13日から14日にかけて全国世論調査(電話方式)を実施した。

 内閣支持率は37%で、前回調査(昨年12月10~11日実施)の42%から5ポイント下がった。不支持率は51%(前回44%)に上昇して初めて5割を超え、2か月連続で支持率を上回り、支持率下落に歯止めがかからなかった。今回の内閣改造を「評価しない」は49%で、「評価する」35%より多かった。

 改造内閣の顔ぶれについては、岡田副総理兼一体改革相の起用を「評価する」は52%で、「評価しない」35%を上回った。田中防衛相の起用を「評価する」は19%にとどまった。

 年金など社会保障制度の財源として消費税率を2014年4月に8%、15年10月に10%まで引き上げるとする政府・与党案に「賛成」は39%で、「反対」55%を下回った。


内閣改造及び支持率が未だ3割超と言うのが日本の救い難い部分だよなw、震災&原発事件の無責任対処に加えてTPP始め外遊に行けば片っ端から国を売り、秋の台風時は現総理が外遊で敵前逃亡と、ここまで国家政治をナメ切った奴の政権支持率3割超って‥

おまいらどんだけ馬鹿w?

‥それともキチガイかおまいらクッソワロタw、所詮消費税しか見てないからこんな体たらくの日本の似非民主主義ってか衆愚政治極まる、そんな衆愚政治のツケは当然国民自身が支払うんだけど、ツケだけは民主主義の原則に則らねばならんたぁ、何とも言えんよなこの話は。


大槌町漁協が解散=震災受け経営破綻

 大槌町の大槌町漁業協同組合(倉沢重司組合長)が約11億円の債務超過に陥り、解散を決めた。13日の理事会で存続を断念し、新たに設立する組合に事業や従業員を移すことを承認した。東日本大震災を受け漁協が経営破綻に陥ったのは初めて。

 同漁協は震災で事務所や魚市場などが被災し、2009年度決算で約5・6億円あった債務は倍に膨れ上がった。試算の結果、10年後も約9億円の債務が残ると判明したため、事業の継続は不可能と判断した。

 同漁協の資本金は2億4000万円で、組合員は約800人。新組合は3月に設立し、約25人の従業員を再雇用する方針。漁協幹部は「組合員には申し訳ないとしか言えない。新しい組合で地元漁業の復旧・復興を果たしたい」と話した。


手前とパトロンの生活第一と言う事で電力893のもたらす利権は与野党揃って国民騙し為政たる永田町劇場をマスゴミ広報課の全面支援のおかげでヤレました現状約9000億円の血税投入をしてでも守るトカよ、火星有人探査に張り切る糞馬鹿担当相はいても、たかが十数億の負債しか想定しない一漁協なんて何の利権にもならんのでシカトしちゃう糞馬鹿議員しかいないのが日本の衆愚政治の成果である、まぁ社会的影響の度合いと言う屁理屈で何とでもなるって辺りで今日の駄Blog終わりw。



オマケ1:まぁ狐と狸の馬鹿し合いってのが外交だからなw

中国の空母「単なるポンコツ」「くず鉄の集まり」等の評価も

中国初の航空母艦として注目を浴びている「ワリヤーグ」だが、実は空母の本来の役目である戦闘機を艦載できず、「たんなるポンコツ」とか「無用の長物」「くず鉄の集まり」との侮蔑的な評価をする軍事専門家もいる。

ワリヤーグは現在のウクライナが売却したものであることはよく知られているが、軍事問題専門誌「ジェーン防衛週報」や米軍事・安全保障サイト「グローバル・セキュリティー」によると、ウクライナから引き渡されたワリヤーグには当初からエンジンが積載されていなかった。本来ならば、蒸気タービンエンジンを2基積載し、最高速度は29ノット(時速53.7km)のはずだが、肝心のエンジンがなかったというのだ。

このため、中国はエンジンを自前で用意しなければならなかったものの、中国は蒸気タービンエンジンや、さらに進んだガスタービンエンジンを国産化できなかったため、ワリヤーグには船舶用ディーゼルエンジンを装備した。しかし、船舶用ディーゼルエンジンは蒸気タービンエンジンなどより容積が大きい割には、出力(馬力)が小さく、ワリヤーグの最高速度は19ノット(時速約35km)でしかない。通常の空母よりも10ノット遅いのだ。

中国が対抗心を燃やす米海軍の空母は30ノット(時速54km)以上の速力がある。艦載機が発進するさい、米軍の空母は30ノット以上の速力で向かい風を作り、艦載機に十分な揚力を与えて発進させているが、ワリヤーグはそれができないため、空母として致命的な欠陥を持っているのだ。

さらに、大きな問題点が最近指摘されている。一般に空母は滑走路が短いことから、母艦に帰還する艦載機が着陸する際、速やかに停止させるためのフックや制御ワイヤなどの着艦関連装置が装備されているが、ワリヤーグにはこれらの着艦関連装置が備え付けられていないことが分かっている。現状では、空母してはまったく使えないことになる。

それらの装置を調達すればよいのだが、旧ソ連邦製の空母の着艦装置を製造しているロシア企業が中国への売却を拒否しているという。その理由は、中国がロシアの戦闘機などを許可なくコピーして製造していることに不快感を持っているためだという。

実際、ワリヤーグの艦載機として考えられているのは「殲15」戦闘機と伝えられるが、これはロシア製の空母艦載機である「スホイ33」のコピーだと伝えられており、中国としては「身から出た錆(さび)」としか言いようがない。

かくして、ワリヤーグはエンジンに致命的な欠陥をもち、肝心の艦載機の着艦関連装置がなく、さらに艦載機も模造品であるなど、「空母としては無用の長物で、たんなるポンコツでしかない」との評価が定着しつつあるのである。


逆に言えばエンジンが何とかなれば使えると言う事だw


オマケ2:この記事を一言で書くと‥

「このままでは韓国でも移住者たちの暴動が起きる」
多文化家族支援センター理事長イ・ハクチュン東亜大学教授インタビュー


 「多文化家庭(国際結婚による家庭)の子供たちは、胸中に抱えている怒りをどこにぶつけるだろうか。それは韓国社会だ。こうした問題を解決しない限り、欧州で起きている移住者たちによる暴動が韓国でも起こるのは火を見るよりも明らかだ」

 女性家族部(省に相当)傘下の多文化家族支援センター(釜山市沙下区)で理事長を務めている東亜大学国際学部長のイ・ハクチュン教授(57)は、学校や同年代の集団から排斥されている国際結婚家庭の子供たちをこのまま放置すれば、後に韓国社会の大きな不安要素になると指摘した。

 イ教授は国際結婚家庭の子供たちの韓国適応を支援しようと、10年近く活動を展開してきた。昨年3月には国際結婚家庭の子供たちからなるオーケストラを設立、現在ソウル・安山・釜山など12のオーケストラで国際結婚家庭の子供約100人が活動している。

 イ教授が国際結婚家庭の子供の問題に重要性を感じたのは、1990年代初めにドイツの大学院博士課程に在籍していたのがきっかけだ。「ドイツにはトルコからの移住者が多数いるが、その子供のほとんどが社会に適応できず、街をうろついていた。ギャング組織は移住者の子供たちに占領されていた。犯罪率は移民家庭の子供の方が一般家庭の子供に比べ約3倍も高い。この問題を韓国に当てはめたら人ごとではないと思った」

 イ教授は2005年から、自身が勤める東亜大学国際学部国際学専攻の学生たちに対し、国際結婚家庭の子供たちの相談相手になるボランティア活動をさせた。学生たちから聞く国際結婚家庭の子供たちの実態は驚くべきものだった。90%以上がゲームなどで「インターネット中毒」に陥っていた。イ教授は「国際結婚家庭の子供たちは、子供心に『(外国人の)母親のせいで自分はいじめられている』と考えており、親をひどく憎んでいる。学校と家庭の両方に憎悪を抱き暮らしている」と話す。

 そして「国際結婚家庭の子供の問題をこのまま放置すれば、フランスや米ロサンゼルスで起きた移民による暴動が韓国でも発生しかねない」と言った。2005年、フランスのパリ郊外でアフリカ移民2世の少年が警察の検問から逃げようとして感電死する事件があったが、これがきっかけになりフランス全土で移住者の子供たちによる集団暴動が起きた。のけ者にされた移住者の子供たちが、積もりに積もった憎悪や不満を噴出させたものだった。

 「こうした問題を防ぐには、国際結婚家庭の子供たちが小さいころから自尊心を持って生きられるよう、さまざまなノウハウを作らなければならない」とイ教授は提案する。まず、音楽やスポーツといった趣味の活動を通じ、国際結婚家庭の子供たちに自尊心と自信を与え、育んでいくことを訴えた。事実、イ教授が1年近くオーケストラ活動に参加した国際結婚家庭の子供80人について変化を調査したところ、95%が「音楽を習ってから自信が持てるようになった」と答えている。また「クラスメートと親しくなった」という児童・生徒も72.9%に達した。

 さらに、イ教授は「国際結婚家庭の子供たちを韓国社会に必要な人的資本に育てるべき」とも主張している。「例えば、企業が海外支社に勤務する人材を採用するとき、現地の言葉が話せる国際結婚家庭の子供を優先的に採用したり、子供のころから『未来の社員』に奨学金を支援することなどを検討する余地がある」としている。


教育の本質は洗脳であり
方法は飴と鞭の調教である


流石蛆虫、何をヤラせてもわっかりやっすいなぁw。
関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://dencyugumi.blog94.fc2.com/tb.php/400-4e3fc946
    この記事へのトラックバック


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。