スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世の中をナメ切ってる屑共w

2012年01月06日 23:54

だから来るなっつっとろ~が!

隠岐諸島に北朝鮮船
=乗船3人「脱北でない」―1人の遺体も
「漁中に漂流」・海保


 6日午前11時半ごろ、島根県警隠岐の島署から隠岐海上保安署に「隠岐の島町沖に無人の船が流れているとの通報を受けた」と連絡があった。海上保安庁は巡視船と航空機を派遣し、船体にハングルが書かれた小型木造船を確認。成人男性3人が乗船していたほか、船内には男性とみられる1人の遺体があった。

 複数の関係者によると、3人は北朝鮮から出港したが、「われわれは脱北者ではない。遭難した。北朝鮮に帰りたい」と話している。けがはないという。

 同庁や第8管区海上保安本部(京都・舞鶴)によると、木造船が見つかったのは、隠岐の島町那久漁港の南西約1キロ沖の日本領海内。海保関係者は「工作船の可能性は低い」としている。

 3人は漁師で、「漁業中、エンジン故障のため漂流してきた」と話しているという。発見時、船はいかりを下ろしており、エンジンは実際に壊れていた。

 船に予備の食料はなく、3人は海保が与えた水と栄養補助食品を飲食した。

 現場が荒天のため、海保は木造船を平穏な海域にえい航。その後、3人を巡視船に移し、事情聴取を続けた。

 海保関係者によると、脱北目的以外で北朝鮮の船が日本領海に漂着したのは初めて。2004年1月には、隠岐諸島沖の排他的経済水域(EEZ)で遭難した北朝鮮の漁船を海保が救助した。

 脱北者をめぐっては昨年9月、石川県の能登半島沖で小型船に乗った男女9人が保護され、韓国に送られた。07年6月には青森県深浦町に家族4人が漂着。1987年1月には福井県の港に11人が漂着し、いずれも韓国に移送された。


脱藩ぢゃ無ェんだと、だったら巣食う会お得意の人道的措置も不要だから、そんな糞虫に餌なんて与えず捨てとけやwって言うのは簡単だが、折角『帰りたい』なんて腐れ切った事を言い出したんだから、日本文民拉致被害者1000人と蛆虫一匹の交換の餌にすれば良かったぢゃ無ェの?尤も子豚的にはこんな糞虫なんて無駄な食いぶち程度の存在だから当然見殺しなんだろうが、それならそれで『偉大なる子豚によってこの蛆虫は見殺しにされそうテラワロスw』ってなビラをバンバン北朝鮮にバラ撒く程度の思考回路がないのか政府の糞馬鹿野郎共わぁ、いい加減綺麗事ばかりヤッてんぢゃ無ェ!戦争なんだよ戦争、気分は戦争って漫画があったろうが、アレよ今の日本と北朝鮮の関係わぁw、あったく世の中ナメてんのかクソタレって話はさておき‥。


元いいとも青年隊ホームレス告白
残飯食べ通行人に「金くれ」


いいとも青年隊として『笑っていいとも!』(フジテレビ系)に出演、“おバカキャラ”で数多くのバラエティー番組などで人気を集めていた岸田健作(33)。約7年前に芸能界を去ったあと、都内の公園で人知れずホームレス生活を送っていた。現在は芸能界に復帰し、ビジュアル系バンドのボーカルや俳優、タレントとして活動しているが、一時は華やかな世界に身を置きながら、なぜホームレスに“転落”してしまったのか。本人を直撃した。

――ホームレス生活はいつごろ?

岸田:26才のときです。18才でデビューして7年間活動した後に芸能界を辞めまして、その数か月後ですね。

――芸能界を辞めるきっかけは?

岸田:それまでおバカキャラといわれていましたが、キャラクターじゃなくて実際にバカでしたから、そのギャップに戸惑いを感じ始めるようになったんです。電車の埼京線は池袋、渋谷、新宿とか主要な駅ばっかり止まるから“最強”な電車だと思ってたりとか(笑い)。

番組とかで普通にサラリといったことがワッと笑われたときに、なんで笑われてるのかわからなくて。人を笑わすっていうんじゃなくて、単純に笑われてるだけだった。キャラクターではないことに恐怖感を覚えて…。

――恐怖感というと?

岸田:芸能人としてもそうだし、人間としても今後に不安がありましたね。25才過ぎてどんな大人になっちゃうんだろうとか、自分には特別な芸が何も備わってないとか。能力がないのがわかればわかるほど、そんな自分が公共の電波を使っていいのかって。努力して成功したほんのひと握りの人が出られるのが芸能界じゃないですか。『笑っていいとも!』なんかは特に。そんなところに自分が立っていいのかなって。

――都内に実家もあるのに、なぜホームレスに?

岸田:「アルバイトすればよかったじゃん」ってよくいわれるんですけど、アルバイト経験がなかったのでやり方もわかんなかったんですね。初めからホームレスをする場所は代々木公園と決めてたんですが、ストリートダンサーとかミュージシャンとか芸人とかが、将来を夢見て練習しているエリアがあったんです。芸がないコンプレックスを持った自分が、そういう人の姿を見て何かすごく刺激を受ける場所なんじゃないかなって思ったんです。お金がないだけなら実家に帰れば済む話じゃないですか。そこを選ばなかったっていうのは“あえて”です。

――実際ホームレスを経験してどうでしたか?

岸田:もう過酷でしたね、すごく(笑い)。季節は夏でしたけど、冬だったら死んでましたね。

――どんなところがつらかった?

岸田:食べ物とかはゴミ箱あさったり、人からお金を恵んでもらったりしてしのいでいました。でも、自分にとってはそれよりも、芸=“生きる糧”がないってことが何よりつらかったですね。自分が本当にやりたいことが見つかんなかったら、ずっとホームレスを続けるか死のうと思ってました。生きてる意味がないなって。もし、ホームレスやった初日にお笑い芸人を見て「あ、芸人になろう」って感じでやりたいことが見つかれば、1日でホームレスやめてたと思います。

――あさった食べ物を食べて体調は大丈夫でしたか?

岸田:一回だけ、ゴミ箱あさって出てきた変な弁当食べたらあたってしまって立てないぐらいお腹が痛くなっちゃって。紅しゃけ弁当で、においとかは全然大丈夫でしたけど、酸味がきいた味はしたなぁと。

――所持金はいくらあったんですか?

岸田:財布は一応、持ってました。最初2、3千円ですね。ホームレス生活をあがった時には、数百円…。

――食べ物やお金がないときはどうしてたんですか?

岸田:通行人に「100円でもいいから恵んでください」とか、「お財布落としちゃったんで」とか。無視されることもよくありましたけど、ぼくは失うものが何もないんで、そんなにつらくはないです。声かけて自分の顔が割れることもあったんで、「何やってんの?」って感じでいわれるほうがきつかったですね。

――体を洗うのはどうしてたんですか?

岸田:暮らしをするっていう感覚も正直なかったんで。体を洗うとか、着替えがとかっていってられないじゃないですか。だから最悪、服があまりに汚くなったり、体かゆくなったらトイレとかで服を洗って干して…。

――ほかのホームレスとの交流はありましたか?

岸田:特になかったですね。代々木公園のゴミ箱って、昼時とかの廃棄物が多くなる時間にホームレスの人が多くなるんです。縄張りとかあるのかなぁ? シッシッみたいにされましたね。

――ホームレス生活をすることに両親は?

岸田:親にはいってません。家を出て代々木公園に来る前に、荷物を置かせてもらいに実家に一泊して、ボストンバッグにTシャツ1、2枚とスウェットと手ぬぐいと毛布かなんかを入れて、そのまま次の日から代々木公園。親は最近、テレビで知ったみたいです。「なんであんたいわなかったの?」って。「代々木公園に住んでるんだったら、いってくれれば、おにぎりとか差し入れしたのに」っていわれました(笑い)。

ホームレスというと、収入がなくてしょうがなくなる悲惨なイメージがあるんですけど、ぼくの場合はホームレスを悲惨なことだとも思ってなくて、多分ホントのバカだったからできたんじゃないかと思います。世間体も気にしないし。自分が本当にやりたいことって、それが見つからないと死んじゃうっていう状況に立たされたほうが何か見つかるんじゃないかって思って。

――ホームレス生活は2か月だそうですが、痩せました?

岸田:痩せましたね。55kgぐらいから48kgぐらいに。食べないから食も細くなって、朝はフラフラしましたね。いまは52kgぐらいです。人にこの体験を話すと「たった2か月か」とかいわれるんですけど、半端じゃないですよ。実際1年やったら死んじゃいますよ。冬超せないです。お金もないし、食うもんもないし、あげくぼくは生きる糧もわかんない。先の見えない生活は辛い日々でした。時間の問題ではなく、いまを生き抜くことに命がけで、1日でも精神的に参ってしまうような体験でしたね。


正に屑野郎、死ね!
ナニ考えてんだこの糞馬鹿野郎は?不況でリアルに職を失い生活保護者数が205万人を突破し、東北の震災がらみで今月から特別措置状態の失業保険切れで更に加速して210万人突破もあると言われる状況下でも、ゆとりだか何だか知らんが明らかに過った方向へ豊かになっちゃった日本ならではの話なのかも知れんが、帰る家がある分際でワケのワカラン自分探しの為に似非乞食を演じて働く奴にタカるなんて世の中をココまでナメ切ってる外道に仕事を与える芸能界なんてもう日本にはいらねぇんだよ、特にこんな話まで出れば尚更である。


吉本社長、紳助さんの復帰を希望 「いつか戻って」

 暴力団と親密な関係があったことが分かり、昨年8月に芸能界を引退した元タレント島田紳助さんについて、吉本興業の大崎洋社長は4日の記者会見で「皆さまのご理解を得て、いつの日か吉本興業に戻ってきてもらえると信じている」と、紳助さんの復帰を希望する考えを明らかにした。

 大崎社長は「私たちは彼の才能を惜しんでいる。これは吉本興業の全社員、全タレント、全芸人の思いです」と、同社の総意として、紳助さん復帰に社会的理解が得られることに期待を示した。

 大崎社長によると、復帰について紳助さんと具体的な話を進めているわけではないが、紳助さんとは携帯電話のメールで近況などをやりとりしているという。


理解の意味をググれボケ!
何言ってんのこのボケジジィわぁ?手前等893フロント企業の思いなんてカタギの知った事ぢゃ無ェのよ、才能ってアレか、ツッパリ漫才だかチンピラ漫才だか知らんがそのまんまのノリで突っ走って手前の子分芸能人ばかり登用して提灯番組の量産をした反面、気に入らん芸能人は徹底的に干す才能かぁ?それとも任侠根性丸出しで女に手を上げてサツに訴えられたら泣きを入れて引退詐欺をした才能かぁ?そんな才能誰が望んでるんだクソタレ、折角世の中の屑が世間の溝の中に沈みますって消えたんだから引っ張り出すんぢゃ無ェよ、893条例がらみで『こりゃヤバスw』と遁走したが、レコ大は淫売48が大賞受賞するわ、紅白も893がらみな輩が堂々とご登場してますわって事と、ど~せ日本の馬鹿愚民馬鹿ばかり噂も75日ワロタwとインモラルなチンスケの自粛期間終了テラワロスwとばかりにナメ切ってこんな事を言い出したクソジジィの号令一発で任侠子分揃って復帰待望コールをしやがって大顰蹙をもたらす才能なんていらねぇからマジでって辺りで昨年末に書いた事だが似非国家日本本当に終わってるわ、真面目に働く奴が馬鹿を見てこんな腐れ切った外道が堂々としてられるんだからって辺りで今日の駄Blog終わりw。



オマケ:本当に想定なのかソレw?

福島第一4号機「最悪シナリオ」存在した
 細野豪志原発事故担当相は6日、閣議後の記者会見で、東京電力福島第一原発事故の後に、4号機の使用済み燃料プールの水がなくなり、燃料棒が損傷するという、最悪の事態を想定したシナリオを作成していたことを明らかにした。

 このシナリオは、当時の菅直人首相ら政府内の一部の人間に限られて公開されていたもので、現在も公開されていないままだ。3月11日の地震発生時に4号機は定期点検中だったが、その後の安全確認に時間がかかったという。安全が確認されてから、3月25日にシナリオは作成されたという。

 細野担当相は「想定しにくいシナリオをあえて描いた。必要のない心配をさせる可能性があったが、万が一の備えはしておくべきだと考えた。間違ったことはしていないという自負は持っている」と述べた。


こういう前フリ記事がマイナーメディアに出てくると言う事は既にそんな事クッソワロタwとか今現在テラワロスwなんて事なんぢゃ無いのモナ男君w?




関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://dencyugumi.blog94.fc2.com/tb.php/389-5ad5ef97
    この記事へのトラックバック


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。