スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

飲酒は仕事の後が最高でショー

2008年09月08日 23:59

K・ライコネンのタイトル防衛は殆どっちゅ~かもはやありえない話となった昨日のスパなんだけんどもよ。

マラネロの歴々にとって問題なのはライコネンのドライバータイトル防衛どころか折角ここまで築き上げたコンストラクターズタイトルの防衛すらヤバい雰囲気満々ってトコロなんだけんどもよ、レースっちゅ~のは終わるまでホント判らんね、どう見てもライコネンはスピンするあの瞬間までスパ最速だったのになそれともアレか、昨今コースの内外でマッサにイイ様にヤられてたってんでアイツお得意の‥

酒癖キタかぁ?

そうなら困ったヤツだよライコネンって普通にF1ネタで終わったら駄Blogにならんってコトでコレ。

“飲酒治療”の医師、クビにされる

酔っぱらった状態で妊婦に硬膜外麻酔を行ったとして1人の医師が解雇され、医師免許を更新する権利も剥奪された。
マサチューセッツ州公衆衛生局によると、解雇処分となったのはロバート・ドラン(39)。
昨年11月、カリタス聖エリザベス・メディカルセンターから診察の依頼を受けた際、バーボンのボトルを職場に持ち込み飲酒した状態で治療を行ったとされている。
ドランは麻酔専門医で、当時その補助を行った職員が飲酒していることに気がついた。報告を受けた患者の主治医が警備員に通報し、数日後にドランは解雇された。
ドランの医師免許は今年1月に失効しているが、18ヶ月間の禁酒に成功しなければ更新は許されない。また、飲酒して治療を行ったことをドランは認めているという。


職場に酔っぱらって颯爽と登場する馬鹿はマクラーレン時代のライコネンだけぢゃ無ぇ、そんな馬鹿は世界レベルで捜せば掃いて捨てる程いるってコトなんだけどもね、飲酒医療ってのは流石に洒落ならんでつよセニョール。

しかしこんなクソタレでも半年禁酒で免許皆伝(更新)可ってぇ辺り流石ヒロシマ・ナガサキにピカ落として何十万の人体実験を実行したキチ外道国家メリケン国である、まぁフィンランドもメリケンも所詮毛唐(ワロ)似た者同士ってことでな、このネタのオチは結局勝ったのがハミルトンでは無くてマッサだった、しかも昨年同様のFIA謹製メイクドラマって辺りが素晴らしい、コレだからF1ウォッチングやめられねぇ‥ってそんなコトあるかヴォケ!

何なんだろうねF1ってぇのは、まぁSGTみたいにやたら調整調整でデッち上げのバトル全開ってのもアレなんだけどよ、SGTなんて一応バトルがあるだけまだまし、ついでに書けばチケットはF1の比では無く安いわコンビニで適当に買えるわ‥。

まぁ一応カテゴリも作ったしその内にSGTについても書くけどよ、これで今年もハミルトンがタイトル逃したら哀れすぎるって辺りで疲れたから今日は終わり。

関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://dencyugumi.blog94.fc2.com/tb.php/3-9b114458
    この記事へのトラックバック


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。