スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

責任から逃れつづける為政者と責任を全うする自衛官

2011年05月21日 07:12

東日本大震災は天災かもしれん、しかし福島原発問題が人災である事が明白なのが徐々に判りつつある。

首相の意向で海水注入中断…震災翌日に55分間

 東京電力福島第一原子力発電所1号機で、東日本大震災直後に行われていた海水注入が、菅首相の意向により、約55分間にわたって中断されていたことが20日、分かった。

 海水を注入した場合に原子炉内で再臨界が起きるのではないかと首相が心配したことが理由だと政府関係者は説明している。

 臨界はウランの核分裂が次々に起きている状態。原子炉内での臨界には水が必要だが、1号機は大震災直後に制御棒が挿入され、水があっても臨界にはなりにくい状態だった。

 東電が16日に発表した資料によると、1号機の原子炉への海水注入は震災翌日の3月12日の午後7時4分に開始された。それ以前に注入していた淡水が足りなくなったため、東電が実施を決めた。

 複数の政府関係者によると、東電から淡水から海水への注入に切り替える方針について事前報告を受けた菅首相は、内閣府の原子力安全委員会の班目(まだらめ)春樹委員長に「海水を注入した場合、再臨界の危険はないか」と質問した。班目氏が「あり得る」と返答したため、首相は同12日午後6時に原子力安全委と経済産業省原子力安全・保安院に対し、海水注入による再臨界の可能性について詳しく検討するよう指示。併せて福島第一原発から半径20キロ・メートルの住民に避難指示を出した。

 首相が海水注入について懸念を表明したことを踏まえ、東電は海水注入から約20分後の午後7時25分にいったん注入を中止。その後、原子力安全委から同40分に「海水注入による再臨界の心配はない」と首相へ報告があったため、首相は同55分に海江田経済産業相に対し海水注入を指示。海江田氏の指示を受けた東電は午後8時20分に注入を再開した。その結果、海水注入は約55分間、中断されたという。


コレを人災と言わずして何と言うのだろう?『危険性があるか?』と問われればその可能性が完全に無いと確証を得られない場合『あるかもしれない』との回答があるのは相手が科学者なら尚更の事である、この時点で貴様等馬鹿愚民が民主党なんてエゴイスト共に政権を担わせてしまった事が現状日本困窮の原因とヲレは確信したのよ。

以前も書いた事だがリーダーと言うのは『責任は私が負う、貴様等はなすべき事を成せ』と部下に対してその職権に値する最大限の権限を担わせ実効させる環境を作るのが仕事だ、その辺馬鹿な上にエエカッコシイしか考えない管直人と言う元プロ市民は要らぬ事しか言わん

この人災は第一義に管轄企業である東電にその責があるのは言うまでも無い事だが斯様な為政者による人災でもある、だからヲレは常々事故調査委員会を用いて徹底的な責任追及をすべきと主張してるのだ、此度の責任一つ追求出来ぬ内に今後のエネルギー政策をどうするのかって事だが保身に汲々とする為政者共にそんな事をする気なんて無いだろう、何と言ってもその責任は現在の与党だけでは無く野党自民党まで巻き込む大事だからだ、与野党そろって自己保身、まさに日本詰んじゃった状態だが、そんな中でも馬鹿為政者の命令一発でココまで国を守った自衛官達には本当に頭が下がる。

爆発リスク覚悟、陸自ヘリが緊迫の放水決行

 東京電力福島第一原子力発電所で自衛隊ヘリが3月17日に実施した空中からの放水作戦で、ヘリの機長らが読売新聞の取材に応じ、緊迫した機内の様子を振り返った。

 ヘリ2機は、陸自第一ヘリ団(千葉県木更津市)に所属。17日午前、3号機の使用済み核燃料プールに対し、交互に計4回にわたって海水を投下した。

 1番機で作戦を指揮した加藤憲司隊長(39)に最終的な出動命令が下ったのは当日早朝。前日に別のヘリが放水を試みた際には放射線量が高く断念し、この日は、被曝(ひばく)線量を抑えるため、300フィート(約90メートル)の高度を20ノット(時速37キロ)で通過しながら水を投下する作戦を立てた。機体には放射線を防ぐタングステンのシートと鉛板を敷き詰め、隊員は防護服の上に鉛板が入ったチョッキを着用、体内被曝を防ぐヨウ素剤を服用した。当時、露出した核燃料に水を掛ければ水蒸気爆発が起きる危険もあった。「多少のリスクは覚悟していた。いかに正確に飛行するかに集中した」と1番機の伊藤輝紀機長(41)は振り返る。


炉心の真上から水蒸気爆発の危険がある中の放水が多少のリスクでは無い事は明白なんだが、そこは馬鹿愚民のせいで似非軍人扱いの自衛官達は真の国軍人である事をこの機長が証明している、被災対策からこんなリスクの高い任務までこなすのは文民機関では絶対無理だが常々反自衛隊を主張してる連中こそこういう任務に率先して任官希望をすべきとヲレは常々思う、馬鹿左翼と放射能、良い組み合わせではないか?

しかしそんな連中に限ってこういう肝心な時は頑なに沈黙の艦隊を演じるんだから大笑いでは無いか?ヲレは馬鹿左翼に問いたい、貴様等この2箇月何してたんだ?沖縄辺りでギター片手に反戦ソングでも歌ってお花畑踊りでもしてたのか?もう面倒だから馬鹿左翼と蛆虫朝鮮片っ端から連行して炉心に放り込んじゃえよwって冗談はさておきやはりというか起こるべくして起きたチェルノブイリの足跡を福島はひたすら歩んでると実感する話。

<内部被ばく>県外原発で働く福島出身作業員から相次ぎ発見

 東京電力福島第1原発の事故後、福島県外で働く同県出身の原発作業員から、通常ならめったにない内部被ばくが見つかるケースが相次いでいる。大半は事故後に福島県に立ち寄っており、水素爆発で飛散した放射性物質を吸い込むなどしたとみられる。周辺住民も同様に内部被ばくした可能性もあり、福島県内の一部自治体は独自に検査を検討している。


利益第一で適当な原発運営をした東電だが、まだ懲りてないみたいで自己保身の為に専門外の日雇いに作業丸投げをしてこんな事態を引き起こしている、遺憾ながらヲレにはこの状況改善の手立てが思いつかない、とりあえず東電は賠償清算企業としてのみ存続させ、あとは国家運営しか無いだろう、もはや一企業に任せられる事態では無いのだが国家運営=国家税金投入である、それを国民に如何に納得させるかだが、やはり責任追求ありきしか無いんじゃ?菅君(怒)って辺りで今日の駄Blog終わり。

オマケ:バブルの残滓、ル・マンで復活。

関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://dencyugumi.blog94.fc2.com/tb.php/258-bd3467f2
    この記事へのトラックバック


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。