スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本が大東亜敗戦で失った物

2010年08月15日 23:59

口先だけ似非憂国の石原君、今日は大東亜敗戦“記念日”という事で似非憂国の稼ぎ時とばかりにイザ“出兵”w、言うまでも無く売国菌にDNAの隅々まで犯された売国病患者揃いの現為政権者連中は“出兵拒否”と言う事でおべんちゃら述べちゃってますがヲレに言わせればコイツ等揃って売国奴ぢゃ無ぇか、似非憂国は『NO!』って言ってるのかいないのかワケワカラン奴だし、為政権の椅子にしがみつく気ぃマンマンな外道は地球上に巣食う最悪寄生虫糞朝鮮に媚売るしか能無しだわ、そんな糞朝鮮の面と言えばこんなカンジなので幾ら通名で日本人成りすましをしても判る奴には判るので注意してねw。
100615.jpg
マジこの連中と関わると人生不幸になるって辺りで例によって晒しつつ今日は馬鹿が来なかったのでヲレの知る限り一番穏やかだった靖国だったのはこれまでの似非愛国為政者による似非参拝なんて全面否定の売国奴ならでわの全閣僚参拝拒否によるって事でヲレの知る限りこの売国為政権発足後初めてヲレ的にイイ事wをしやがった(怒)って辺りで今日の駄Blog始まり。


社長からのご挨拶

本日8月12日、私は御巣鷹の尾根への慰霊登山を行い、また慰霊式典に出席させていただきました。改めてこの事故がご遺族や関係された皆様に与えた悲しみ、痛みの大きさや重さを感じております。事故当時に感じた衝撃は今でも忘れられませんし、安全への責任や使命について、一層その思いを強くした瞬間でもありました。あれから25年が経ち、事故後に入社した社員も多くなりました。航空運送事業を営む私共にとって、安全運航は重大な責務であります。これからも全社員に、事故の記憶と教訓を絶やすことなくしっかりと引き継いでいき、安全文化をより強固なものにしてゆく所存です。一便一便の運航を確実に遂行し、安全運航を続けていくことが、御霊やご遺族の方々、そして関係された皆様のお気持ちに応える道であると思っております。

2010年8月12日
日本航空
社長 大西 賢


もう四半世紀前の事になるのか‥。

このプレスの名義者は技術畑出身の現社長であり、彼にこの事故の直接責任を求める事は困難だろう、強いて書けば当時も技術畑だったのだろうから今後の安全確保に全力を尽くすと言う言質に背かぬ責任感第一で企業運営を行うべきと言うぐらいであるがこの後に書く話は如何に日航の状況が厳しいとは言え事実上の日本国営航空会社としては情け無いのである。

日航、残りの600万円を返済 登山道整備負担金

 経営再建中の日本航空が、1985年のジャンボ機墜落事故現場への登山道整備事業の負担金を支払えず、慰霊行事などを行っている財団法人「慰霊の園」(群馬県上野村)に1200万円を立て替えてもらっていた問題で、同社は10日、未返済だった600万円を財団に返した。

 昨年春から夏にかけ、墜落現場の御巣鷹の尾根への登山道を整備。上野村や群馬県、日航が費用を負担することになっていたが、日航から財団に「財政的に厳しいので一時立て替えてほしい」と申し出があった。日航は今年7月、このうち600万円を返済していた。

 同社は「遺族や関係の皆さんに心配をかけ、おわびする」とコメントした。


1200億の借金では無い、1200万円の借金、しかも半分づつの分割払いって何処の零細企業の話よコレ?

しかも噴飯物の話となってるのはこの借金の用途が事故現場への登山道整備で、借りた相手が何と慰霊行事財団ってこの借金(記事中では立替金)をおねだりした奴に恥の概念と言う物は無かったのか?

役員の中で誰もこんな恥曝しな決定に反対する者はいなかったのか?

全く怒りすら通り越え情け無い想いで一杯になる恥曝しな話である、パイロットの年収何人分でこの1200万円の捻出が可能だろうか?後述する更に情けない話から推測するに2人分もあれば充分お釣りが出るだろう事だけは断言出来るし余った釣り銭全額寄付するぐらいの事をするのがヲレの知る誇り高き日本国の(くどいが事実上の)国営航空会社の行うべき振る舞いだろうにこの体たらく、勿論この借金も現社長の就任以前の話なので彼に直接の責任を求めるのは余りにも酷だし、一応完済したのだから良いであろうと言う意見もあろう、しかしこんな話すら目にすればもういっそこんな日本の誇りも何も感じられんどころか恥曝しな(本当にくどいが事実上の)国営航空会社なんか清算してANAを日本のメジャーエアレインにしてしまえと思わずにはいられんのである。

「年収は最低でも1000万円あれば、もう条件は問いません」…リストラに怯える42歳JALスッチーが婚活

1 名前:影の軍団ρ ★:2010/08/12(木) 08:03:17 ID:???0
「30代後半の頃は、年収1000万円弱くらいもらっていた。でも今は、本当に日々、お給料が下がるばかり」そう語るのは、1月に経営破綻、会社更生法適用となった日本航空(JAL)のベテラン客室乗務員、水沢絵里子さん(仮名、42歳)である。

昨年の年収は約700万円。今年末までに、約1万6000人の人員削減が発表されており、 5月末までに第一陣の約3610人が退職したと報道された。

「35歳以上の社員に面談が行われましたが、決断までにそれこそ1~2週間しかなく、
日々辞めるか迷っている人もたくさんいました。

でも私は独身ですし、元自営業で年金の少ない両親を養っているので残るしかないんです」
リクルートの再就職案内が渡され、退職を決めた人は4月末に説明会が行われたが、
同年代で辞めた同僚の話によると「タクシーの運転手を勧められた」といった話ばかりで、
本当に望むような職は見つかりそうにないという。

絵里子さんは、20代の頃に短い結婚生活を経験した。元夫は年収1000万円超のエリート
だったが、絵里子さんの両親とうまくやってくれなかったため離婚した。両親も
「あんな人とは離婚してよかった」というスタンスだったという。

今は都内の賃貸マンションに一人暮らしだ。家賃は15万円、駐車場込みで18万円ほど
払っている。加えて、郊外に住む両親に、生活費として月10万円程度を渡しているという。

「以前は、月収が手取りで50万円を超えることもありましたが、今は35万円くらい。あてに
していたボーナスも昨年冬からゼロになりましたし、お金はまったく手元に残りません」

収入が減っても、親への仕送りの額は減らさずやってきた。特に贅沢な暮らしはしないという絵里子さんには、若い頃から貯めたお金が約2000万円あり今はそれを少しずつ切り崩す
毎日だ。特に引っ越しなどは考えていないという。

「とにかく不規則な仕事なので都心に住んでいないと不便だし、親に何かあったらと考えると、車を手放すわけにもいきません。育ててくれた両親にもそれなりの生活はさせてあげたい
ですし……」

絵里子さんが入社したのは、バブル華やかなりし頃。でも、先輩の話によると、
「実は、その頃から会社は傾きはじめていた」という。そんな彼女たちも今はみな、
リストラの恐怖に脅えている。

「この後、6月に1000人規模の早期特別退職があり、機材や路線のダウンサイジングが
終わる9月頃にはいよいよ整理解雇という噂も出ている。私もいつクビになるかわからない
状態なんです」

孤独死などのニュースを見る度に不安になるが、仲間の独身CAの間では「寝てる間に
死ねたら楽だよね」などという冗談を言い合うこともあるという。

何か副業でも探したいと思う一方で、絵里子さんは、まずは婚活をしたいという。先行きが
不安な今は、どうしても安定した家庭が欲しい。自分が病気になったり、両親が要介護に
なったりしたらと思うと本当に不安になる。

「会社が安定していた頃は、別にずっと独身でもと思っていた。でも今は、神様がそろそろ
家庭を持つことを考えなさい、と言っている時期なのかなと思う」

最初の結婚は、自分が幸せになることばかりを考えていたという絵里子さん。離婚してからも何人かとおつきあいしたが、つねに「少し待てば、もっと条件のいい人が現れるのでは」という気持ちで再婚に踏み切れなかった。でも今は、「相手を幸せにしてあげなければ」という
気持ちが生まれている。

「でも年収は最低1000万円はないと。私と両親くらい養ってやるという気概のある男性
であれば、もう条件は問いません」


たかが1200万の登山道整備費用なんてこんな腐れババァ2匹クビにすれば簡単に用立て出来てるでは無いか、しかも約200万ものお釣りすら出るのである、言うまでも無くその釣り銭は慰霊事業に寄付するべきであろう、それが“礼節を重んじる武士道国家日本”のメインエアライン企業の誠意であるべきだ。

こんな勘違いな奴に事故前の四半世紀前では無く今年の七月に、しかも日本の似非クォリティーペーパーとは格違いのロイターにこんな腐れ切った事を言わせる事自体、日航の企業危機管理能力はゼロと言わざるを得ないがヲレが今日言いたい事はそんな表面的な事では無く、日本が大東亜敗戦で失った物とは何か、である。

国家としての誇りとか成すべき事を放棄したとか色々あるが、それすら表面的に過ぎないと昨今感じるのはこんな腐れ話を目にする度に日本人はつくづく責任感と言う概念を失ったと本当に慙愧に耐えぬ想いという事だ。

この日航にしてもそうだが高度成長期には散々美味しい思いを享受しながら怠惰に慣例に従い自己啓発も何もかも放棄しあたかも絶滅した恐竜の如く振舞っておきながらいざ“グローバル・スタンダード”と宗主国メリケンの浮気大統領が音頭を取ればバブルの波の高さもあってサーフィンに興じ、日本の主体すら放棄し、バブル崩壊と言う環境激変に対応出来ず金融機関がガタガタになった、代表格たる銀行は日本が資本主義国家なのに何故か社会主義国家の如く国家支援でのうのうと生き永らえ現在も社員は高給取り、日航も同じ路線でイケるだろうとタカを括った馬鹿が上記の如く振舞えば、そんな恩恵に享受出来ぬ愚民の反感を買いまくって祭り勃発。

しかし考えろ馬鹿愚民、そんな日本に誰がしたのかという事を、そして日本と言う国家は今や民主主義国家であり、資本主義国家であるという事を、つまり大東亜時代と違って事の不始末について天皇陛下や“A級戦犯”にその責を押し付ける事は出来ないという事だ。

手前の会社が傾けば手前の生活を切り詰めてでも会社を支える責任感が今日の例を見る限り全く感じられない、まぁこの例は極端なのだろうが銀行にしても日航にしても『ヤバい傾いちゃった、潰れると社会的影響云々』とトップから末端まで言い出して何とか国家に援助交際して貰おうとする卑しい性根マンマンと言うのは本当に情け無いし、再度書くがそんな有様に責任感の片鱗すら見いだせない。

現実から逃避し、責任を放棄し、誰かの手助けを借りるのを待つ、そんな恩恵を享受出来る“特権階級”なんて今や大企業の中でも国家経済戦略に不可欠な企業に属する者か居座りタカリ強盗強姦蛆虫朝鮮ぐらいである、かつて日本を守る為に戦い、靖国の柱となった英霊達はこんな無責任国家にする為に自らの命を賭したのだろうか?

なれば彼等は歴史上最も笑える道化と書いてもヲレは暴論だとは思わない、靖国に行くのは自分の信条と言うかエゴを満たせぬので“国民から付託された国家政府運営者”として成すべき事は放棄、それを批判する者もそれまで日本の自主独立に対して真剣に、つまり政治生命“程度”の事を賭してまで目に見える敵(支那・朝鮮・露助)や目に見えない敵(日本を食い物にしか考えぬ米国)相手に戦ったのかとヲレは問いたいし、その質問は全日本国民が背負うべき事では無いか?

この質問に『自分なりでも行動してるし今後もする』と言う馬鹿愚民では無いまともな国家国民がこの国の大半を占めても北方領土は取り戻せるか半々だろうが、竹島侵略や拉致事件なんて独立国家ならありえない話は正しくありえない話でしか無い筈だ、しかし現実はどうか?

そこまで話を広げぬでも普段の生活で『アンタ責任ある生活してる?』と問われ如何なるツッコミをされても『してる』と断言出来る人生を過ごしたのか?ヲレはそんな嘘は絶対信じない。

何と言ってもコレ読んでる貴様等馬鹿愚民は文字通りの馬鹿で愚かな烏合の衆だからな、だからこの日本と言う国家が似非国家と堕してる現状もヲレ的には納得済みだが納得出来ないだろうなぁ彼等は‥ってかもういい加減呆れる頃だろうけどな。

今日は8月15日であるけど冒頭にも書いた通り今までに無く静かな靖国だったのが救いかな(まぁ普通に混雑してたけどw)って辺りで今日の駄Blog終わり。

オマケ:『漏れ達だってナチ公とは和解したもんね』ってアンタ極右だろがってツッコミはさておき、毛唐に『日本は自分の国を守って亡くなった方を非常に大事にしていると感じた』なんて嫌味言われちゃうってのが今日一番情けなく感じた事だったりするが、売国奴のエゴにそんな嫌味程度は絶対通じないね、だって連中揃ってテロリストやその支援者だからw。
関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://dencyugumi.blog94.fc2.com/tb.php/223-080dd249
    この記事へのトラックバック


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。