スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鉛弾が飛ぶまで戦争では無い等と言う貴様等馬鹿愚民に告ぐ!

2010年06月12日 23:55

戦争‥貴様等馬鹿愚民のこの言葉に対するイメージは鉛弾が飛び交い人が死ぬと言うイメージしか無いだろう‥

何たっておまいら馬鹿愚民だからなw

実はそのイメージの状況と言うのは戦争の最終段階に過ぎない、大東亜時代もそうだったが現在は為政者の保身の為に事に及ぶ段階に突入するとしたら確実に勝てると言う確信を持たねば決断なんかしない、まぁイラク戦争のメリケン国みたいに向こう見ずに補給路を細く確保しか出来ぬ段階で特攻しちゃう馬鹿も居るが、大抵はそんなモンだ。

もう一つこのテーマを語るに必要なワードはヲレが電柱組時代から書き続けてる“国家に真の友人等居ない”と言う事を取り上げておこう、古今東西国家の間柄なんて自国の利益の為なら友邦国家に対する裏切りなんて当たり前である、今日の駄Blogはその辺を前提に珍しく真面目な話カテゴリの日記読んでね、そんで貴様等馬鹿愚民の馬鹿お花畑脳で精一杯考えろ、手前の生まれ育った、そして今後多分死ぬまで暮らす日本と言う国家がこのまま似非国家としてメリケン国の属国で居続けるのか、それとも支那朝鮮属国となるのか、それとも日本と言う国家を真の国家として成り立たせるのかを、まぁおまいら揃いも揃って馬鹿ばかりだから今日の高尚な駄Blogの意味wなんて理解不能だろうがな(嘲笑)。

まぁ貴様等馬鹿愚民に対する判り易い教材としてこの辺のネタを提供してやろうw。

ザ・コーヴ 太地町長「作品には事実誤認がある」

( ザ・コーヴ 太地町長「作品には事実誤認がある」其の壱 / 其の弐 )

 和歌山県太地町のイルカ漁を取り上げた米映画「ザ・コーヴ」の米アカデミー賞長編ドキュメンタリー賞受賞に、地元や漁関係者からは困惑と反発の声が上がった。同町などは、映画の内容には漁に対する偏見から事実誤認があると主張。すでに今夏の国内配給も決まっているが、公開までには曲折がありそうだ。

 「作品には事実誤認がある。正確な内容でないのに受賞したのは驚きだ」。太地町の三軒一高(さんげん・かずたか)町長は戸惑いを隠さない。国内公開については「常識があるところは取りやめてくれるだろう。町として、イルカ漁の正当性を国内外に主張していきたい」。

 漁業法などに基づき、同町のイルカ漁を許可している和歌山県の仁坂吉伸知事も「長いあいだ太地町で行われてきた生活を守る営みを、一方的な価値観や間違った情報で批判するのは紳士の道に反する」と話した。

 無許可で撮影するクルーと漁師らとの間では、撮影段階からトラブルが起きていた。地元は「処理場を盗撮され、許可してないのに顔を撮影された」と怒りが収まらない。同町などでは、映画での「漁協は害獣駆除のために漁を行う」「水銀汚染を隠すためにイルカの肉を鯨肉として販売している」という指摘も、事実と異なるとしている。

 漁師の男性(65)は「親子連れのイルカを捕る時などはかわいそうだと思いつつ、生活の糧だからやっている。お寺でイルカの供養もしている」とうんざりした様子。祖父が捕鯨船に乗っていたという主婦(35)も「私たちは昔からクジラやイルカを食べてきた。なぜイルカだけ悪く言われるのか分からない。アカデミー賞なんてとんでもないこと」と憤った。

 三原勝利・町議会議長(72)は「偏った価値観を映画にして一方的に押しつけている。アカデミー賞というのは彼らの考えを喧伝(けんでん)するには絶好の舞台で、色んな形で収入が増えることにつながるんじゃないか。我々はこれまでと何も変わらない」と話す。

 静岡・伊豆半島のイルカ漁の歴史に詳しい東海大海洋学部の新田時也講師は「日本では戦争による食糧難を救ってくれた感謝と畏敬(いけい)の念をもって漁をしてきた歴史があるのに、海外の人にはただの残酷な現実として受け止められているようだ」と指摘。そのうえで「反イルカ漁の声にお墨付きを与えたようなもので、反対の声はますます強くなるだろう」と警戒する。

 同半島の富戸(ふと)(静岡県伊東市)で約30年間イルカ漁の経験がある石井泉さん(61)は今は漁に反対の立場。「イルカを殺して肉を生計の一部とする需要が今あるのか。そういう時代は過ぎ去った。受賞はこれ以上イルカを捕るなというメッセージだ」と語る。

 一方、イルカ漁に反対する「エルザ自然保護の会」(茨城県つくば市)の事務局次長、辺見栄さんは「日本のことが描かれ、しかも批判されているというのに、いまだに配給されず、当の日本人が知らされないということが一番問題だ。上映には地元の強い反対があるが、受賞によって上映に一歩近づいたことは喜ばしいことだと思う」と話した。


まぁ貴様等馬鹿愚民にとってはよくある自然保護団体と言う名のエゴイストと自分の生活を守る民とのせめぎあい程度にしか見えないだろう。

だからおまいら揃って馬鹿愚民なんだがナw

人は食を喰わねば生きていけぬってか少なくとも地球上に於ける全ての生物(植物はこの前提から外す)はその原罪を背負い世に放たれてる、コレばかりは原罪なだけに如何なるエゴイズムを用いても道理として通らない、仮に『私はベジタリアンでつ』等と言い出すエゴイストが居たらヲレはこう言ってやる『おまいは母乳及び粉末ミルクすら口にしなかったんだろうな』ってなw、母乳は論外として粉末ミルクの原材料って知ってるんだろうな、エゴを振りまくのはそれからにしてくれって話は本題とは離れてるのでサクっとスルーすっけどねw。

昨今海賊気取りで日本捕鯨船に喧嘩をふっかけるメリケン国始めとする牛肉売りたくて仕方無いテロリスト国家郡の手先たる連中が事もあろうか御花畑似非国家日本漁民に対するオナニーで味をしめてラテンな汚仏蘭西国の漁民にまで手を出して反逆を食らうと言う快挙を演じてくれてヲレを笑わせてくれたが、こういうエゴイズムには銭がかかるのである、たかが似非海賊船を出すにも銭はかかるがソレがプロバダンガ映画製作なら尚更だろう、その資金源は何処から来てるのか?残念ながらヲレには判らないが少なくともこんな日本文化を破壊するしか目的の無い反日プロバダンガ映画を製作するだけの銭をやたらこの映画を褒め称えるエルザの会とやらが持ってるとは思えないw、何たってコイツ等の背後に控える民主党出身の閣僚閣下は国家税金でどう考えても個人使用目的としか思えぬ生活食材費や個人趣味費とか何故か男だっちゅ~のにキャミソールの費用まで賄わねばならん程に赤貧状態wwwwなのである、やはり牛肉売りたいメジャーを抱えるメリケン国や昨今食料に関しては朝鮮以上の反日国家に成り下がった濠太剌利国辺りの資金がソレを成してると言うのは言うまでも無い。

国家の友情なんて単なるガキの妄想、戯言、夢見物語‥つまり御花畑である、ソレを証明してるのがこのプロバダンガ映画映画の存在である、この映画の出資はメリケン国ってのは悪劣衛生状況で生産されたスポンジ脳牛肉を売りたいんだからまぁイイ(良く無ぇよw)が噴飯物な話として配給に日本の企業が加わってるのである、笑っちゃうのは無かった事になってるんだけど売国するんならキチっと売国せんかカス!ってなこんな糞な企業、時代が違ってたらこんな腐れ企業所有者及び経営者は国家反逆罪で打ち首獄門確実な話だ。

牛は劣悪な環境で“生産”され牛なりの生命を過ごす事無く単なる人間の為の食材としてのみの生命を過ごすだけだがイルカや鯨は自然環境化で生まれ育ち食物連鎖の中でその生命を落とす固体もあるだろうが多くはその生を全う出来る、その差は何なのか?その差は誰がもたらしてるのだろうか?

一方、確かに日本始め捕鯨国家やイルカ捕獲国家は実在するがその食文化は昨日今日もたらされた物では無い、今日はイルカに焦点を置いた話となってるがそれでも食材となるイルカの生命に対する畏怖の念は当の捕獲者達こそが誰よりも持ってる事であるし、鯨に至っては下らんプロパガンダ映画をデッチ上げるメリケン国みたいに鯨の油だけの収集の為に無残に殺しまくった野蛮さ等とは天地程の差がある徹底した固体に対する廃棄率の低さ、肉・脂・髭・骨の殆どを人間の生活の為に使い尽くした日本の捕鯨文化をたかが建国200年かそこらの毛等人工国家の糞にとやかく言われる筋合いなんて無いのである、この辺は日本人だったらキチっと押さえておけ、試験には出ないだろうがなw。

そんな正論を幾ら並べても海賊モドキが出てたまたま日本側の気まぐれで捕縛されたらヘタレる糞始め、ちょっとまともに考えればその行為は単なる他国食文化侵害テロでしかないエゴイズムがバンバン湧き出るのは何故か?

単に牛肉売りたいだけでは無いのである、まぁ昨今左翼政権と堕した濠太剌利国は確かにオージービーフ売りたいだけなのかも知れんがメリケン国はそんな単純な話では無い、奴らの狙いは徹底的にリメンバーパールハーバーなのである、手前が第二次世界大戦に出たいが為のカウンターとして日本を選び、狙い通り勝ったらそのまま占領政策を今現在も演じてるのである、まさか沖縄返還でメリケン国が真の国家友人になったなんて‥。

おまいら馬鹿愚民なら考えちゃうんだろう
おまいら馬鹿愚民なら考えちゃうんだろう
おまいら馬鹿愚民なら考えちゃうんだろう
おまいら馬鹿愚民なら考えちゃうんだろう
おまいら馬鹿愚民なら考えちゃうんだろう
おまいら馬鹿愚民なら考えちゃうんだろう
おまいら馬鹿愚民なら考えちゃうんだろう
おまいら馬鹿愚民なら考えちゃうんだろう
おまいら馬鹿愚民なら考えちゃうんだろう
おまいら馬鹿愚民なら考えちゃうんだろう
おまいら馬鹿愚民なら考えちゃうんだろう
おまいら馬鹿愚民なら考えちゃうんだろう
おまいら馬鹿愚民なら考えちゃうんだろう
おまいら馬鹿愚民なら考えちゃうんだろう
おまいら馬鹿愚民なら考えちゃうんだろう
おまいら馬鹿愚民なら考えちゃうんだろう
おまいら馬鹿愚民なら考えちゃうんだろう
おまいら馬鹿愚民なら考えちゃうんだろう
おまいら馬鹿愚民なら考えちゃうんだろう
おまいら馬鹿愚民なら考えちゃうんだろう
おまいら馬鹿愚民なら考えちゃうんだろう
おまいら馬鹿愚民なら考えちゃうんだろう
おまいら馬鹿愚民なら考えちゃうんだろう
おまいら馬鹿愚民なら考えちゃうんだろう


だからおまいら御花畑の馬鹿愚民なんだカス!


つまりだな、大東亜戦争は昭和20年8月15日の玉音放送で事実上終わったなんて馬鹿も休み休み言えカス愚民!ハルノートと言うチンピラの恐喝から始まりパールハーバーと言う自国民見殺しの出来レースでデッチ上がったあの戦争は空襲や核投下と言う名の数字上ナチスドイツの次に並ぶ国際法違反の文民大虐殺を経てこの日を境に日本と言う国家は軍事と言う国家存続の担保を奪われながらも国家自立を目指さざるを得ぬ事となった、あの戦争で枢軸国家となった独逸国や何故かちゃっかり裏切って似非連合国になった伊太利亜国は既に軍隊も所有するまともな国家になってるが日本は未だたかが捕鯨船団を守る武器が音波兵器wと言う体たらく、こんなんだから日本の先人が命を賭して守り続けた文化すらまともに守れぬ似非国家となり、その成果wが‥。

横田めぐみと言う名の女子中学生一人すら
守りきれなかった似非国家日本の現実


そして今尚見捨てる気マンマンな為政者の存在!
‥である、まぁネットでは威勢の良い事や格好良い事を言う似非憂国がワンサカいるが横田めぐみさんは未だ日本への帰国を果たしていないそれは何故か?

何度も書き続けてる事だが単純な話で今日のネタで書くなら国家戦略と言う名のエゴイズムで他国はソレが同盟国家だろうが容赦無く文化侵害をするのだから真剣に日本の為になんて考える国家なんてありえないし、日本国内にも下らんエゴイズムで売国するわ同胞国民見捨てるわ果ては覚悟無しの似非憂国しかいないわ、おまいらに大東亜戦争が未だ継続してると言う認識は無いだろうが現実問題としてソレは継続してるのである、単純に鉛弾が飛んでないだけで兵法と言う名の実弾はバンバン飛び交ってるんだが、おまいら馬鹿だからその辺まったく判ってないだろうなw。

先日も書いたが日本の周りは過大解釈をせぬでも敵国だらけである、南北朝鮮の糞蛆虫は言うまでも無く支那国・メリケン国・露助・濠太剌利国・新西蘭国・場合によっては台湾すらその範疇に入るw‥簡単に挙げるだけで敵国だらけである、そんな中祖国日本を守る手段は何か?

軍事・政治・経済、それは確かに手段として当然の話だが何より自国の安泰は自分で守ると言う覚悟、それ以上の何があるのだろうか?たかがイルカ漁を題材にしたプロパガンダ映画と看過するのは容易い、しかしこんな容易い事から一国と言うのは滅ぶと言うのも歴史の書が示してるんだが、おまいら馬鹿愚民だからその程度の事すら判らんのだろうなと呆れつついい加減こんな似非糞国家見捨てる算段を練らねばと考えるヲレがいるって辺りで今日の駄Blog終わり。

オマケ:日本の陰謀ニダw‥ってかテコンVに運んで貰えよ水蒸気観測衛星の一つや二つwってかホント朝鮮ってウザイよな、誰か地球上から抹消してクレよマジでとあの露助ですら思ってる事だろうがヲレに言わせれば朝鮮なんぞに関わるからそんな目に会うんだが露助も日本が辿った道を‥w。

資料:ありすぎなんだけどこの程度で勘弁してクレw

韓露が責任なすり合い ロケット打ち上げ失敗で

羅老号失敗:「爆発前にフェアリング分離」
関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://dencyugumi.blog94.fc2.com/tb.php/214-c0b2bce1
    この記事へのトラックバック


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。