スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サムライの応援に行くのに命一つ賭す覚悟無しでドースンのw?

2010年06月07日 22:56

バ韓政権の概要が見えてきたが予想通り建前は『汚沢外しでクリーンwな政権』という事になってるし、党幹事長もあの枝野で国対委員長に汚沢の下僕である樽床を据えて踏み絵を踏ませるって事で貴様等馬鹿愚民にもいい加減民主党と言う政党の正体が60年体制下で『平和と労働者の味方』面をしながら裏では国対政治で自民と馴れ合いし続けた旧社会党と言う事が判ってくれたかなw?まだ判らんか馬鹿w、こんな茶番めいた事でこれまでの出鱈目為政から実は自民以上の利権政党でしたと言う事実が無かった事に出来るなんてマジ考えてるんだろうが『銭は貰わん』ケド何かあった時にプロ市民は動員するんだよなコイツ等www、まぁこんな判り易いエゴイスト為政者の戯言でも貴様等馬鹿愚民ならそれで本当に無かった事にしかねない、何たってバ韓政権に期待する文字通りの馬鹿に期待する馬鹿が約六割って事でよ、そんな為政権下で常用漢字が追加されたのだが、この際だから現代文明社会に現存する象形文字も追加しちまって媚まくってしまえ、どうせ今やそこら中そんなのが氾濫してるんだからよwって事はまったく無関係な今日の駄Blog始まり、今日は手抜き無しw。


表題にも書いたがサムライを応援するに命一つ賭す覚悟も無しでは始まらんw、しかしヲレに言わせれば何故たかが玉蹴の応援如きで一歩間違ったらかつてイラクで散々やらかした連中みたいな状況になりかねんのが判り切っても行っちゃうのか?マジ貴様等馬鹿愚民には記憶能力と判断能力という物が無いみたいだが外務省がアリバイ言い続けても逝くってのなら勝手にしてクレ、しかしこういうのは困りモンよ。

「命がけで無事に帰国させる」W杯ツアー、旅行会社の悲壮覚悟
其の壱 / 其の弐


 サッカーW杯南アフリカ大会まで10日を切ったが、観戦ツアーの申し込みは相変わらず苦戦中。50万円前後と高額な旅行代金に加え、「世界最悪」といわれる治安の悪さが最大の理由で、女性の参加者は皆無に近いとも。それでもあえて“命がけ”で彼の地に出向くファンもいる。旅行各社は、そんな“勇者”の心意気に報いるべく、過去に例がないほどの安全対策に力を注いでいる。

 南アフリカの治安の悪さは想像を絶するすさまじさだ。年間1万8000人が殺害され、強盗や婦女暴行は40万件以上も発生。警察を呼んでも30分以上かかるのが当たり前というお国柄だ。

 そんな状況下、旅行各社の観戦ツアーは軒並み不入り。最大手のJTB法人東京はツアー全体で約500人の募集に対し、現在までに集まったのはおよそ250人。鳴り物入りで発売した「弾丸ツアー」も最大200人の募集に対し50-60人の申し込みという。西鉄旅行は前回ドイツ大会の6-7割。日本旅行も定員の7割という状況だ。

 ただ、そんな厳しい状況でも、担当社員たちの鼻息は荒い。

 「これだけ劣勢のなかで、あえてお申し込みいただいたお客さまは、旅行会社にとって本当にありがたい存在です。中には『御社のツアーで事故に遭っても、あきらめがつく』とまで言ってくれる方もいます。そんなお客さまのためにも、われわれは命がけで無事に帰国させる覚悟です」(W杯ツアー担当社員)

 なんとも悲壮なツアーになりそうだが、実際、JTB法人東京では、採算が取れない小人数のツアーも中止することなくすべて催行。他社も過去最高レベルの安全対策を講じている。観光ジャーナリストの千葉千枝子さんが語る。

 「各社とも現地対策本部を設置し、社員らが事前に現地を入念に下見したうえで、常に最新の現地情報を把握しています。3つ星クラスのホテルにツアーデスクを設置し、現地の大使館や24時間日本語対応可能な病院とも連携しています。最もリスクが高いバス移動では一番安全なルートを選び、スタジアムには複数の社員が待機して迷子や不測の事態に備えています」

 “戦場”に向かう参加者たちも覚悟を決めている。

 「夫婦以外の女性の申し込みは皆無ですが、多くの男性参加者はサポーター数が少ない今大会こそ、あえて自分たちが日本代表を応援するんだという強い意志を持っています」(前出のW杯担当社員)

 まさに“サムライ”サポーターというわけだ。ちなみに、W杯ツアー最安値の「弾丸ツアー」(1泊4日、39万8000円)はJTB法人東京スポーツデスクで18日発オランダ戦(19日)を受け付け中だ


何か読んでてムカつくのよ(怒)。

馬っ鹿ぢゃね~のコイツ等w、『戦場』だの『サムライ』だの威勢のイイ言葉が踊っちゃってるんですけどヲレがこの話で何がムカつくってコイツ等の言う『覚悟』って何だ?まさか強盗の果てに人質に取られちゃったりブッ殺されても仕方無ぇって『覚悟』か?、その『覚悟』で国家全体が迷惑極まりない状況になっても構わんと言う事か?、あったく先程馬鹿と書いたが馬鹿もレベル逝っちゃうと迷惑な奴になるのだとマジ呆れるZe。

ヲレに言わせればそんな下らん『覚悟』があったらこの大会に出てる事自体が理解不能な日本女子中学生始め文民拉致犯罪国家北朝鮮人民共和国だの大東亜戦後のドサクサで竹島を簒奪し、日本の国際法廷提案から逃げ続ける領土侵略国家大韓民国だのの選手や国民相手に現地警察官から銃火器を入手してブチ殺しまくってサムライ魂を糞朝鮮共に見せつけ、二度と国際社会の表舞台に出る気も無くなる様にする為に文字通りのテロも辞さぬ『覚悟』ぐらいは持って赴けてのよw。

ソレは極端として日本に居ても同様の覚悟なんて幾らでも発揮する機会がある、例えば上記犯罪国に加え北方領土簒奪軍人捕虜強制労働婦女子強姦の戦争犯罪国家露西亜共和国も日本に対する国家主権侵害国の一つであり、こんな外道国家に対抗するのが空襲で散々文民殺害をしただけでは無く人体実験と露助に対する威嚇の為“だけ”に核落としで文民虐殺をし、戦後も強姦マリコに日本婦女子の貞操を現在も奪い続けるヤル気あるのか判らん第七艦隊を擁するメリケン国だけと言う普通の国家だったらありえない状況に日本を貶めた状況の改善を行う『覚悟』の一つがこの種の連中にあるとは思えない、何たってこんな連中の本音なんて『球蹴見たい』‥つまり手前の快楽を満たすだけの『覚悟』なのだから、まぁそれ自体は構わんが人に迷惑をかける懸念が十分予想出来ても突っ走る、コレって本質は何も考えんで出鱈目為政を実行してメリケン国すら呆れ果てさせた民主党連立政権のエゴイズムそのものとヲレは断言する。

そんなの迷惑極まり無ぇのよ、大体こんな下らん『覚悟』の持ち主に限ってイザ本当に誘拐でもされたら『ごめんなさい私が愚かでした日本へ帰りたい』なんていい出すだろうし、ブッ殺されればプロ市民が家族や関係者に『国家の責任』を言わせるに決まってる、この際だから南阿弗利加国の強盗一家wの方々にはこの似非国家の馬鹿愚民の目を覚まさす為にビシバシ強盗に励んで頂いて薄っぺらいエゴイズムがもたらす代償を肌身で感じろっての、只でさえ現状のエゴイズム為政権がしでかしてる事で日本はイッパイイッパイなのよ、その上に珍妙な『格安w弾丸ツアー』なんかに凸する馬鹿の面倒なんて見切れんわって事で馬鹿の罵倒も飽きたので話を変えるケドね、何故こんなヤバい所で球蹴世界大会なんて開催するのか?と言う普通に考えれば思いつく疑問があったのでちょっとググってみたらこんなの出てきた。

開催国選定の経緯

現国際サッカー連盟(FIFA)会長のゼップ・ブラッターは1998年のFIFA会長選挙で当時欧州サッカー連盟(UEFA)会長だったレナート・ヨハンソンに競り勝って当選を果たした。勝敗を決めたのは、アフリカにおけるワールドカップ開催の見返りのアフリカ票だった。2006年のワールドカップの欧州開催が決まった後、ブラッターはアフリカでワールドカップを開催するために、「ワールドカップ持ち回りシステム(ローテーションシステム)」を提案、理事会にかけてFIFAの正式な方針とした。

そのため、2010年大会は2つのワールドカップ未開催大陸連盟の内の1つであるアフリカで、そして2014年大会は1978年のアルゼンチン大会以来開催のない南米で行うことが決まった。

上記の経緯でアフリカでワールドカップを開催することが事前に決定していた。この枠組みの中で南アフリカのほかにエジプト、リビア、モロッコ、チュニジアが立候補した。

投票前日の2004年5 月14日に、リビアとの共同開催を予定していたチュニジアが辞退したため、南アフリカ、エジプト、モロッコの3カ国に絞られた。翌15 日、チューリッヒで行われたFIFA理事会での決選投票の結果、14票を獲得した南アフリカに決まった(他モロッコ 10票、エジプト0票)。南半球での開催は1978年アルゼンチン大会以来32年ぶりとなる。

なお、ワールドカップ持ち回りシステムは2007年10月29日のFIFA理事会で破棄され、2018年以降の大会については「オープンビッド(自由立候補)」となり、直近2大会を開催した大陸以外の全地域からの立候補を認めることが決定された。これについて、ブラッターは「持ち回りシステムの採用は、これまで開催がなかったアフリカ、そして78年以来30年以上もワールドカップを開催していない南米にもっていくための方便だった」と説明している。


ヲイ白豚フザケンナ、要するに手前の利権の為に球蹴世界大会を私物化したエゴイズムの産物って事ぢゃ無ぇか、なぁにが発展途上国に対するサッカー振興の評価は高いだ馬鹿ウィキペディア、そんなのその支援国家の票目当てって書いてあるだろ馬鹿ってウィキに八つ当たりしても仕方無ぇがコレだけは書きたい。

こんな奴に叙勲する馬鹿国家が
日本以外に存在しない事を強く願う


マジで

仮に日本人に限らんがこの大会観戦者が犯罪被害にあった場合FIFAは責任を取るのかと言えばそんな事は絶対にありえない、ましてや世界大会を私物化する豚はあらゆる手を尽くして責任逃れに汲々とするのが目に見える、ヲレ思うんだがよ‥。

ヘタレな覚悟があるなら
いっそボイコットする覚悟の方が

余程サムライらしく無いか?


まぁ今更何語っても南阿弗利加国で開催されちゃうんだし殺されちゃったり強盗にあっちゃったりレイプされちゃってHIVキャリアになっちゃってもそれは仕方無いと言う事で済まそうZeこんなのw、幸いな事は組み合わせを見る限り日本は第一ラウンドで終わりそうだ、滞在期間が少なければ犯罪に巻き込まれる確立も少しは減るって辺りで繰り返すけど現地で何があってもそれは仕方無いと言う事で済ませよ、バ韓って辺りで今日の駄Blog終わり。

オマケ:コレも“支持者”がゴネて無かった事に‥w、尤もそんな事に取り掛かるまで政権が持つかw?
関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://dencyugumi.blog94.fc2.com/tb.php/213-124a2136
    この記事へのトラックバック


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。