スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

X31でUbuntu

2010年06月06日 23:59

アキバで16GBのUSBメモリを衝動買いしたw。

そんでその使い道に困って(ヲイ!)たのだが、こう言う時に限ってど~でも良い事を思いつく悪癖発動って事で‥w。

X31はUSBデバイスからの起動が可能である、なればこのメモリにUbuntuを入れられないか?

‥と言う本当にど~でも良い事を思いついてしまったのだがWindows7はその手が使えない事を考えれば無理でしょ~?とおもいつつググってみれば出来ちゃうらしいwと言う事で早速Ubuntuのサイトより10.04LTSを入手し余ってたCD-Rに焼く。

しかしここで思いついたのだがヲレがこう言う思いつきを実行すると必ずトホホ神が降臨するのであるw、そこでこの種の事をしでかした場合のデメリットもググってみればやはりあった。

どうやらブートレコーダー導入でWindows系がスネるwらしい、これは困ると言う事で少し考えてみたのだが、X31はHDDの脱着が笑っちゃうぐらいに楽である、ネジ1本外すだけ‥と言う事で考えたのはコレ。

1:とりあえずHDDは外すw
2:BIOS起動設定を【光学メディア】→【USBデバイス】→【HDD】見たいな感じにしておく
3:UbuntuのliveCDから起動→インスコ
4:HDD戻す
5:メインはWindows7なのでUbuntu使用時のみインスコ済USBメモリを差して起動

これで論理的には大丈夫な筈、一応怖いのでネットテロリストK@電柱組にも確認したw。

結果は大丈夫だった、一応キモとしてはインスコ時に何回か画面が出るが何処の画面だったか忘れたが画面右下に【拡張】と言うボタンが出たら迷わずクリックである、でないとブートローダーが導入出来ないw。

ちなみにメモリ馬鹿食いのゲイツ系OSに比べてUbuntuは何処までメモリをケチれるか試したが512MBあればそこそこ動き1GBあれば普通に動くw、残念ながら256MBなんてしみったれたメモリは所有してないので判らないw。

尚、このバージョンのUbuntuにはネットブラウズにFirefox3.6や動画プレイヤー等が標準で入ってるのでネットでWebメールするとかの一般的使用なら特に何もせずに出来てしまう、尤もようつべを見たいばあいは別途導入の必要があるがそれもUbuntuメニューバー(?)の【アプリケーション】から簡単に導入出来る、この【アプリケーション】にアクセスすれば他にも役立ちソフトが簡単導入出来る仕組みとなってるが、当然ネット接続環境が必須であるw。

そのネット接続もX31に導入してるインテルな2200BGの設定はインスコ時に勝手にやってくれるので特に気にする必要は無かった、タダだけど敷居が高いと言われたLinux系のOSもここまで来たかと思ったよw。

ちなみに今日の駄BlogはUbuntuで書いている。
関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://dencyugumi.blog94.fc2.com/tb.php/211-0d8946b3
    この記事へのトラックバック


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。