スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本の周りテロリスト国家だらけw

2010年05月31日 22:47

日本がかつて誇ったテロ集団である日本赤軍のシンパで何故か日本の国会議員になっちゃったけど所属党が生きるか死ぬかの真っ只中の選挙中に妻子持ちの弁護士と吉祥寺でデートを週刊誌にスッぱ抜かれちゃって政党あぼーんって話とか、秘書給与をピンハネして執行猶予付きの有罪判決を喰らっちゃってる真っ最中に性玩具であるバイブレーターにサイン入れて売っちゃったりとか何かとど~でもイイネタを発信し続けて来た辻本清美がこれまた何故か此度の売国為政権の準閣僚になっちゃったんだけどアネゴwの福島が罷免喰らっちゃったってんでお付き合いで辞職‥イヤ、いいから議員辞職してくれないかマジで、何時まで日本の寄生虫を演じてるんだってかこういう奴等こそ真っ先に議員仕分けシロって話とは全く無関係な今日の駄Blog始まりw

日本の周りはテロリスト国家だらけである、北朝鮮は日本の女子中学生始め多数の日本国民を拉致し、大韓民国は日本が大東亜敗戦でどうにも身動き取れない状態の中で李ラインとかを勝手に敷き竹島を簒奪した、ついでに書けばこの二カ国の腐れ国民は戦中は日本軍族として南方で散々やらかしてくれた癖に日本が敗戦したら勝手に脳内連合国ってんで戦勝国家面をし、戦後のドサクサで勝手に日本にやってきて暴行強盗強姦の残虐三昧を繰り返し、ご都合主義的に傍観してたメリケン国も『こりゃあんまりだ』と嘆いたのは歴史の書に書いてあるがマスゴミは決してそんな事は報道しない、だってマスゴミを牛耳る電通の成田が朝鮮のシンパだからなって話はさておき、こんなケダモノもう面倒見切れんわって事で帰国事業をしても居座り日本の税金で生活保護のパチ三昧、こんな腐った民族に比べたら支那国のやらかしてる事なんて国家の見栄っ張りとしては可愛い方と昨今思うが今日日本として朝鮮に対処する最善の方法は唯一つ‥。

とにかく無視w
北と南が何かあっても無視w
六カ国協議なんて論外、早急にに離脱w

あいつらと関わってロクな事が無いのは大東亜で実践済w

大東亜と言えば、その辺がらみでテロリスト国家としては露助を引き合いに出さねばならぬ、コイツ等は当時の国際法なんかスッ飛ばしの国家間条約を勝手に破って樺太と北方領土を簒奪しただけでは無く取り残された婦女子を強姦三昧、捕虜兵士や男性民間人はシベリア強制労働送りとこれまた当時の国際法なんてスッ飛ばしの正に戦争の三原則である『物は奪い、男は殺すか奴隷扱い、女はとにかく犯す』を地で突っ走ったケダモノなんだが、今日最初のネタはそんなケダモノ露助の話読んでよ。

北方領土ビザなし訪問、実現危ぶまれるなか予定通り実施 入出域手続きで警戒も

 北方領土ビザなし交流の第2陣として色丹島を訪れていた日本側訪問団(竹内正利(まさとし)団長、60人)が31日、チャーター船で北海道根室市の根室港に戻った。ロシア側が日本側に入港申請書や入港税などを求めている問題で、訪問が実現できるか懸念されたが、予定通り行われた。

 ロシア側の反発で今年から対話集会が中止され、5月29日、領土問題をテーマとしない住民交流会が色丹島穴澗(あなま)の小中学校で行われた。

 テーマは「自然」で、四島側から子供38人を含む計48人(途中で8人が退席)が出席した。訪問団員が紙芝居や写真で根室の自然を紹介し、四島側も島の自然について発表した。

 領土問題については、日本側代表が「問題を解決し、タンチョウのように、自由に色丹島に来られるようにしたい」とあいさつで触れ、四島側担当者が「国と国の間にある問題が解決され、交流できるようになれば」と応じるにとどまった。

 一般団員とロシア人島民とのやりとりはなかった。 30日はロシア人島民宅への訪問や夕食交流会があり、島民と直接交流した。

 入出域手続きはいずれも国後島沖で行われ、外務省同行者は「(ロシア側が求めている)書類は提出せず、日本側が用意した書類で手続きをした。日本の法的立場は損ねていない」と説明した。

 入港税については「話題に出なかった」と話した。

 訪問団は5月28日に根室港を出発し、29、30日に色丹島を訪問した。

■交流深めたが…「領土返還にどうつながるのか」

 「全体的に友好的な交流が行われた…」。今年度第2陣のビザなし交流について、竹内団長は訪問を終え、四島側住民との交流が順調に深められた点を強調した。

 しかし、同行団員の間からは「サハリンに行った際の国家間の友好ムードと同じ」「領土問題には、ほとんど触れられなかった。交流は深まったが、領土返還にどうつながるのか…」と、今後の交流のあり方を問う声も漏れた。

 今回の訪問は入域手続き問題などでロシアが強硬姿勢を強め、実施自体が危ぶまれるなか行われた。

 外務省は第1陣の国後島訪問に引き続き、「不測の事態が生起する可能性がある」として、同行記者の動画カメラによる取材自粛を要請。同行テレビ局は直前になり、カメラマン1人の乗船をキャンセルし、記者1人だけが参加した。

 入出域手続きは、国後島沖で四島側が日本のチャーター船に乗り込む形で行われたが、訪問団事務局は「手続きに支障が出る可能性がある」として団員に船室で待機するよう指示する警戒ぶりだった。

 5月29日には、従来の対話集会にかわり、領土問題をテーマとしない住民交流会を実施した。ロシア人島民の出席者の約8割は子供で、四島側担当者は冒頭、「(今回は領土問題といった)難しい問題に触れずに、環境などの問題を扱って、いろんな話をしようと決めました」とくぎを刺して交流会を始めた。


盗人猛々しいと言う意味の言葉が露助の言語にあるか知らんが正にこの言葉が相応しい外道な話だ、『国と国の問題が解決して交流出来る様に』だぁ?ヲレだったらそんな腐った事を言い出す露助なんてその場で男だったらブッ殺してやりたいし、女だったら辻本清美サイン入りのバイブでヒィヒィ言わせてヤリたいね、まず露助が行うべきは大東亜終戦直前に自分達が行った残虐且つ非道な行いについての謝罪であるべきであってこんな腐った戯言を言う事では無い、大体日本側もなんだその腑抜け様は、あったくこんなんだから似非国家として大東亜終戦後半世紀をとっくに越えたちゅ~のに腐れ露助や糞朝鮮如きにナメられるんだよ。

まぁそれはさておきこの茶番、とにかく制限だらけの“交流会”と言う事はハッキリしてるが本当に北方領土(ってか樺太も含むのだが)の帰属に関し露西亜共和国に非が無いのであればこんな制限だらけの交流会なんてする必要が無い筈だが、現実として実行されているのは何故か、ヲレは国際法廷の専門家では無いので断言出来ないがコレまともに国際法廷に打って出れば日本勝てるんぢゃね?と甘い思いがあるんだが、ど~よ?尤も朝鮮露助なんておまいら馬鹿愚民でも判るぐらいのテロリスト国家なんだが、今日の本題は一見友好国に見えても国家に真の友人無しの法則が実証される好例があるので紹介してやるのでありがたく読めよ。

シー・シェパード元船長、傷害で改めて無罪主張

日本の調査捕鯨に抗議している米環境保護団体「シー・シェパード(Sea Shepherd Conservation Society、SS)」のメンバーで、日本の捕鯨監視船に侵入したなどとして傷害や威力業務妨害など 5つの罪に問われたピーター・ベスーン(Peter Bethune)被告(45)の公判が31日、東京地裁で開かれ、ベスーン被告は、第2昭南丸に投げた瓶に入っていた「腐ったバター」の酸性度はオレンジジュースほどだったと述べて傷害罪について改めて無罪を主張した。

 SSの超高速抗議船「アディ・ギル(Ady Gil)」号の船長だった被告は、アディ・ギル号が衝突して沈没した数週間後、第2昭南丸に侵入。強酸性の酪酸が入った瓶を発射して日本人船員1人にけがを負わせたとして傷害など5つの罪に問われている。検察側は、被告は「腐ったバター」(または「酪酸」、「悪臭弾」)を投げて船員(24)1人の顔にやけどを負わせ、ほかの複数の船員の目を傷つけたと述べた。

 ベスーン被告は傷害罪以外のほかの4つの罪は認めたものの、傷害罪については、船員にぶつかる「可能性がとても低い」と考えて瓶を発射したことや、瓶に含まれていた酪酸の酸性度がオレンジジュースと同程度だったと述べ、改めて無罪を主張。「(瓶の中身は)とても臭い。けれど海に落ちても大丈夫。オーガニックで生分解性であり、誰も傷つけない」と述べた。

 ベスーン被告は、有罪になれば最高で懲役15年を言い渡される。


日本の調査捕鯨はIWCの協議を受けて実行されてる国際法上でも認められる正当な行為であるが手前のエゴイズムに反するとなれば何でも妨害したがる輩というのは古今東西老若男女問わずいるモンだが妨害も捕鯨船の周りをウロチョロする程度でもハタ迷惑だっちゅ~のに酢酸爆弾まで投げるってのは、言い換えれば自己思想達成の為に他者に暴力を行使する行為及びその容認行為(不作為含む)でしかありえず、それはどう考えてもテロ行為以外の何物でも無いがこの問題には一見日本にとって友好国家として挙げられる国家の腐臭漂う国名がスラリと並ぶのである。

今件実行犯の船長にして捕縛され泣き言を言い出したハゲはニュージーランド国籍

そのヘタレなハゲをアジっておきながら自分は安泰な場所にいる自称ラストサムライな豚はカナダ国籍

そんな豚の組織を守るべく国際法廷に打って出るとか言い出してIWCを困惑させるキチガイ国家は濠太剌利国

そんでこの迷惑極まりない組織の本部は我が日本の宗主国メリケン国に存在する。

いやぁ、見事に日本の周りはテロリスト国家だらけでは無いか、日本海側は南北朝鮮、東シナ海側は支那国、オホーツク海側は露助、太平洋側は濠太剌利国に新西蘭国にメリケン国に加奈陀国‥w。

確か9.11の時にポチ小泉は『日本はテロに屈しない』とかナントカ言ってたが、コレまともに実現しようとしたら日本の軍事費国民総生産1%枠なんて戯けではお話にならんな、とりあえず非核三原則放棄の上で、原子力空母10隻、原潜なんて何隻必要?コレ造船業界ウハウハw、勿論空母だけでは話にならんので戦闘機沢山作らねばって事でコレ航空業界ウハウハw、つまり重工業業界ウハウハw、何たって国家軍事事業だからチープレイバー目当てに支那国で作るなんて論外って事で当然国内生産だから対テロ特需で日本国ウハウハwって事でテロリスト連中ありが㌧w


‥‥
‥‥‥

問題はその財政をどうするかって事と
兵器だけではドンパチ出来ぬって事で徴兵制度導入


正に富国強兵時代の再来www

しかし、日本の置かれてる状況ってこんな冗談めいた話なんだと言う事に気づいてる国民が殆ど居ないんだよね、だから拉致問題も国土問題も、ついでにこんな捕鯨問題もいい様にされるだけって事なんだけど、昨今の沖縄基地問題なんてそう言う事に思いを馳せる格好の機会なんだが、所詮貴様等馬鹿愚民だから右も左もネタズリするしか能無しって辺り正に似非国家らしいと言えば言えるんだけどと呆れつつ今日の駄Blog終わり。

オマケ:こんな所にもテロリスト国家が、ちなみにコイツ等は北朝鮮とは違ってメリケン製の使える核兵器持ってますw。
関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://dencyugumi.blog94.fc2.com/tb.php/207-275fad7f
    この記事へのトラックバック


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。