スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

12月8日はJ・レノンの命日‥だけでは無いのであるw

2009年12月08日 09:49

非国民共は超強硬的に太平洋戦争と言い張るが言うまでも無く大東亜戦争の事実上の開戦の発端となった真珠湾攻撃があった日である、この戦争については色々騒がれるがヲレの認識として簡単且つ乱暴に書けば当事のパワーゲームに日本が参加したと言う事だ、もう少し書けば当事はエゲレス国を筆頭に欧州列強が阿弗利加や亜細亜の諸国を片っ端から植民地化し続けたのだがそれに唯一反抗した亜細亜の国家が日本(大日本帝国)だった、日本もこのパワーゲームに参加せねば他の亜細亜諸国同様の植民地化は免れなかったのだが幸か不幸か日本は侍の国家だったのである、そこで大東亜共栄圏と言う神輿を掲げて植民地化の回避を行おうとしたが当事は(ってか今も根底は変わらんが)白人至上主義の太陽系第三惑星地球でそんな戯けた話を認める国家なんて無かったし、このパワーゲームに参加して亜細亜での権益を何とかして欲しかったメリケン国は日本に無理難題を言い続けた挙句にハル・ノートと言うチンピラの恐喝文を日本に叩き送って参戦の下ごしらえ、当事でもまともな日本人だったら資源の無い日本がメリケン国とまともにやりあって勝つなんて見込みは無かったと考えただろうがそこは侍の国、『戦わずして従属するなら潔い玉砕w』って事でトラトラトラァァァァァァァァァっとハシャいぢゃった結果敗戦し、“負けたら賊軍”って事で法廷タブー満載の人民裁判で沢山の軍属が虐殺された挙句に日本はメリケン国の属国となり民主主義の輸出と言う事で見事に洗脳政策されて日本国中馬鹿愚民だらけの現在がココにw、これぢゃ靖国の英霊涙目どころぢゃ無ぇって話はさておきそんな日本愚民化最大の功労者wたる元帥閣下は『いやぁ、アレって日本の自衛戦争ぢゃね?』と空気読め無い事を言っちゃった上にその後の朝鮮戦争でも『核使ってキチガイ一掃』と実行されてれば全世界の尊敬を得られる神発言をしちゃったケド何故か失脚w、後世の歴史家曰く『メリケン国の偉大なる意思の逆鱗に触れた為だろうがそれ以上は私も怖くてコメント不可‥おっと背後に人の気配が、失礼w』と逃げちゃったって話はさておき、当時の国際法ですらタブーだった文民虐殺を実行したメリケン国は戦勝国と言う事で“勝てば官軍”の道を邁進、日本と言う不沈空母と亜細亜の権益を白人国家の中では独占し、調子コイて昨今では中東で同じ事をやらかしたが見事に頓挫中w‥って事なんだが詳細はウィキでもして自分で調べろ馬鹿愚民って辺りで今日の駄Blog始まりw

台湾・馬英九総統「日米安保は台湾にも重要」

 台湾の馬英九総統は7日、台北市の総統府で産経新聞など日本のメディア7社と会見した。昨年5月の発足以来、経済交流を中心とする対中国融和政策が目立つ馬政権だが、東アジアの安全保障に関しては日米同盟支持の立場を明確にし、「日米安保条約があってこそ台湾を含む東アジアが安定する」と強調した。

 馬総統は、鳩山政権に交代後、米軍再編問題にからんで日米関係がぎくしゃくしている状況にもふれ、「大変関心をもって見守っている。日米同盟は東アジアに多大な貢献をしてきた。日米が互いの共通利益を考え、一日も早く解決されることを願っている」と述べた。

 注目されている中国と台湾の間の自由貿易の協定化は、中台双方の民間窓口機関によるトップ会談で来年前半にも経済協力枠組み協定(ECFA)の骨格部分が締結される見通し。しかし、台湾世論には「台湾の主体性が失われる」と急速な対中傾斜への警戒心も根強い。

 これについて馬総統は、今や中国が台湾にとって貿易額の4割をしめる最大の相手国となっている現状を指摘し、「台湾には(中国との)ECFAは避けられない問題だ。今後、交渉経過の透明性を国民に示しながら、進展させたい。ECFAが、他の国との自由貿易協定(FTA)締結にもつながる」との戦略を示した。「ECFAによる両岸関係の改善が東アジアの安定に寄与する」とも付け加えた。

 5日行われた統一地方選(台湾22県市のうちの17県市長選など)では与党・中国国民党の得票率が五割を切り、野党・民主進歩党が党勢を回復した。馬総統は「厳しい結果だ。われわれの対中政策が影響しているという声も一部にはあるが、これからも(対中融和政策の)メリットを拡大し、デメリットを縮小する方向で進めていく」と語った。


親支那為政者と対支那従属為政者の違いがこの記事で読める、ヲレに言わせれば日米同盟なんて日本にとってメリットなんてミジンコの糞程度しか考えられんのだが大東亜敗戦後徹底的に骨抜きされた似非国家日本ではこのミジンコの糞に頼らねばならんと言う現実感程度は持ち合わせている、しかしあえて書くがこの同盟というのはまるで麻薬の様なモンであると、敗戦後は確かに国力もへったくれも無い状況だったってか占領されちゃってましたのでメリケン国頼みと言うのもワカランでは無いがもうあれから何年経過したのよ?同じ枢軸国でも独逸国や伊太利亜国(まぁココは適当に逃げやがったヘタリア国だがw)は既に自国防衛を担う軍隊を所有し、国際社会貢献もちゃんと行ってるが日本は未だその程度の事すら出来んのである、理由は簡単だ。

日米同盟と言う麻薬の常習者に成り下がっちゃったからである、故に事実上の国軍たる自衛隊はその名称から階級まで欺瞞にまみれ、世界有数の軍事力は在日米軍の補完と揶揄されるまでに成り下がった、台湾も悲しい事に米国の支援無しでは一日たりとも自主独立状態を保てぬだろうが彼の国と日本の決定的な違いは可能な限り自国は自国で守ると言う覚悟があると言う事だ、故に親支那政権でも冷静に親支那政策のメリットデメリットを見極めなければならぬと言う認識がある、一方日本と言えば極端なんだよな。

親支那どころか従属を求めるしか考えない売国奴と同盟と言う言葉と追従と言う言葉の違いも判らんポチの声だけがキィキィ煩いと言う状況を半世紀以上もやらかしてるってど~なのよ?まるで進歩無しなんだが日本の生き残る道なんて簡単な話でまず自国独立手段の確立、簡単に書けば手前の軍隊ぐらい持ってドンパチ出来る様にしろって事よ、それからだろ同盟だののご大層な事を言い出すのはって事よ、その条件をクリアすればメリケン国は勿論、台湾とも同盟関係を結んで支那の暴走抑止に寄与出来るんだがその辺ど~なの?

大東亜の時代と現在は社会状況も違ったりするが変わらぬ事が一つある、日本と言う資源の無い国家にとって物資運搬ルートとなるシーレーンは正に生命線だ、大東亜敗戦はこの原則無視の無謀な戦線拡大(主に大陸と南方方面)が主たる原因であると言うのは歴史上の常識だが台湾はこのシーレーン上にあり、更に重要な事に台湾は亜細亜諸国の中で日本を除けば唯一の健全な民主主義国家であると言う事だ、日台両国それぞれに事情があるがこの台湾総統の発言は彼が親支那政策者である事を考えれば現在の日本にとって重要な事を述べていると言う事に気付くまともな日本国民なんて僅かしかいないだろう、売国為政権を生み出す体たらくだからなって事でそんな売国為政権がついに日本の宗主国メリケン国wの偉大なる意思の逆鱗に触れちゃいそうな話読んでw。

ルース米大使が日本側に激怒 岡田外相らの面前で大声張り上げる 普天間移設の年内決着断念で

 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設問題をめぐり鳩山由紀夫首相が年内決着を断念したことに、米国側が激怒した。

 4日午後、日米合意に基づくキャンプ・シュワブ沿岸部(名護市辺野古)移設を念頭にした、日米閣僚級作業グループ(WG)の検証作業が開かれた外務省4階大臣室隣りの接見室。

 関係者によると、少人数会合に移った後、米国のルース駐日大使がそれまでの穏やかな語り口を一変させた。「いつも温厚」(防衛省筋)で知られるルース氏は、岡田克也外相と北沢俊美防衛相を前に顔を真っ赤にして大声を張り上げ、年内決着を先送りにする方針を伝えた日本側に怒りをあらわにした、という。

 いらだちを強める米国側の姿勢は、会合後、首相官邸を訪れた岡田、北沢両氏から鳩山由紀夫首相にも伝えられたとみられる。

 伏線はあった。鳩山首相は4日、「グアムに全部移設することが、米国の抑止力ということを考えたときに妥当か検討する必要がある」と記者団に語り、年内決着どころか、グアム移設も含め検討する考えを示していたのだ。福島瑞穂消費者・少子化担当相(社民党党首)は「選択肢の幅が明確に広がったことを大変歓迎している」と強調した。

 もともと日米合意に基づく普天間移設計画は、普天間の米海兵隊ヘリコプター部隊を辺野古の代替施設に移し、司令部機能などはグアムに移設させることが柱だ。ヘリ部隊も一緒にグアムに移設した場合、有事の際にグアムからヘリ部隊が県内に展開する地上部隊をピックアップしに沖縄に立ち寄る手間がかかる。政府関係者は「ヘリ部隊と一体のグアム案は想像をはるかに超える」と語る。

 これまでの米軍再編協議で議論された案は、いずれも県内が対象だった。移設先に県外を持ち出せば日米作業グループの検証作業は困難になる。岡田外相が米空軍嘉手納基地(沖縄県嘉手納町など)への統合を主張する事情でもある。

 一方、海兵隊の戦闘機とヘリを分散移設させる案も政府・与党内にある。ヘリ基地を辺野古に隣接するシュワブ、ハンセンいずれかの陸地に建設し、海兵隊の戦闘機については嘉手納に統合する案だ。ただ、米側は部隊運用上の理由から日米合意が唯一の選択肢との立場。与党内からは「実現可能だったら、とっくにやっている」(政務三役)と嘆きの声も出ている。


メリケン国のパシリに叱られてぢゃす子涙目wって事なんだが馬鹿ぢゃね?

正直に本音言っちゃえよ『漏れはヤンキー嫌いなんだよ、ヤンキ・ゴー・ホー!』って、尤もその結果責任なんてこの糞売国奴連中が取る訳無い、曰く自分勝手なエゴイストだからだがコレは是非言って欲しいなぁ、当然続く言葉は『今後日本の国防は日本独自で行う、空母やラプター売らんのなら自分でデッチあげてやるわ、その上で同盟でも何でもしてやるからよ、何だったら日本国軍をハワイに駐留してやろうか?』ってのが正しい日本の政治家の言葉だが自国憲法改定に踏み切れん腰抜け共にそんなウルトラC無理かwって辺りで今日の駄Blog終わりw。

オマケ:事業仕分けなる人民裁判といい、こんな小市民的為政よりやるべき事満載だろが、国内的には何処まで愚民に媚びるフリをして騙すのか、国外的には『我が国って貧乏でやんす』と公然と宣伝するなんてその時点で外交音痴もイイトコぢゃ無ぇか、大好きなキチガイ朝鮮見習ってちったぁ見栄張してミロよ馬鹿、これ以上日本の国際的地位を貶める前に全員自決しろよ糞売国奴共(怒)。
関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://dencyugumi.blog94.fc2.com/tb.php/170-b693cd27
    この記事へのトラックバック


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。