スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【ベタなオチだなw】中途半端な奴に与えられる褒美とは?【だから鬼畜は銃殺シロよ(怒)】

2009年12月06日 23:59

まずはコレを読め馬鹿愚民。



“日の丸原油”獲得なるか イラク権益第2R

 イラクに日の丸の旗は翻るのか。戦後復興資金を獲得するため、海外企業に解放される油田権益の2次入札が、11、12日にバグダッドで行われる。資源小国の日本にとって権益を持つ“日の丸(自主開発)原油”の獲得は悲願だが、6月の1次入札では中国国営会社や欧米メジャーにさらわれた。日本勢は当初から大規模な未開発油田を含む2次に狙いを定めてきたが、ライバルは多い。「最後のフロンティア」をめぐる第2ラウンドのゴングが鳴る。

 「各国がイラク戦争の戦利品を虎視眈々と狙う一方で、イラク側は1円でも高く売りたい。欺(ぎ)瞞(まん)情報も飛びかうスパイ戦だ」

 国内石油開発会社の幹部は、水面下で過熱する駆け引きに身構える。

 埋蔵量でサウジアラビア、イランに次ぐ世界第3位のイラク。なかでも、2次入札の対象となるマジヌーン、西クルナ、東バグダッドなど10カ所には大量の原油が眠っている。

 埋蔵量150億バレルと推定される西クルナ油田では、フセイン政権時代に契約を結んでいたロシアのルクオイルと米コノコフィリップスの連合軍に対し、米エクソンモービルが名乗りをあげ、早くも火花を散らしている。

 これに対し、日本勢は国際石油開発帝石(INPEX)や石油資源開発など6社が入札資格を持っているが、劣勢は否めない。

 経済産業省の幹部は「日本企業は油田の開発・運営の実績が乏しく、欧米メジャーなどと組むしかない」と説明する。

 1次入札に唯一参加した石油資源開発は前回と同様に2次でもマレーシアのペトロナスなどと組み、ガラフ油田の獲得を目指す。2005年からイラク石油省と共同調査をしてきた実績を武器に巻き返す構えだが、連合の中でどれだけ主導権を発揮できるのか、不安視する声もある。

 1次入札で中国石油天然ガス集団(CNPC)は、英BPと組んだルメイラ油田で権益獲得に成功。10月に入り、南部ズバイル、西クルナの2油田で欧米メジャーが相次いで交渉を成立させた。

 「来年1月の総選挙は延期も取りざたされているが、現政権下での合意を急ぎ、メジャー側が金額面で妥協した」(関係者)という。資本力や交渉力、情報力で日本勢はとても太刀打ちできない。

 ただ、イラク側には日本からの投資への期待は大きい。

 11月11日に都内で開かれたイラク投資セミナー。来日したガドバン首相顧問会議議長は「すでに欧米メジャーはバスラなどに駐在員事務所を設置し、イラク側も便宜を図っている。日本企業もきてくれれば、同様に便宜を図るつもりだ」と、はっぱをかけた。

 日本のイラク向けODA(政府開発援助)は約50億ドル(約4350億円)に達し、米国に次ぐ第2の供与国だ。

 イラクは原油生産量を現在の日量240万バレルから段階的に600万バレルまで拡大する目標を掲げる。日本は、その実現に欠かせない原油輸出基地の復旧にODAを供与するなど、戦後復興への貢献度は高い。

 こうした官民一体の“総合力”が、実を結びつつあるのが、ナシリヤ油田だ。1、2次入札とは別枠の指名入札で、新日本石油、INPEX、日揮の3社連合が基本合意に達し、詰めの交渉を行っている。

 同油田は日量60万バレルが見込まれ、過去最大規模の日の丸油田となる。うち半分を日本が輸入し、残りは現地に建設される製油所で精製してイラク国内向けに出荷する計画だ。

 イタリア石油大手、ENIと激しく競り合ったが、製油所のほか、発電所など総額1兆円近いプロジェクトの資金調達に国際協力銀行(JBIC)が参画する枠組みが評価された。

 日の丸原油は、ペルシャ湾のカフジ油田で権益更新に失敗。イランのアザデガン油田は、いったんは75%の権益を獲得しながら、米国とイランの関係悪化でその大半を手放さざるを得なくなるなど連敗続き。日本勢としては、ナシリヤの権益獲得で、2次入札への弾みをつけたいところだ。

 アラビア石油の穂谷野一敏社長は「3次入札や指名入札などまだまだチャンスがある」と、2次が駄目でもあきらめるつもりはない。

 原油輸入量に占める自主開発原油の割合は平成19年で11%。これを40%に引き上げる方針を掲げる政府のバックアップが、悲願成就のカギとなりそうだ。




どんな解釈をしたら“国家安泰は周辺諸国の良心”に頼り“国家間の諍いの解決は武力を放棄する”糞似非憲法下の日本で軍事行使を行う自衛隊なる軍事実行組織が存在し得るのかヲレにはその“解釈”と言う名の欺瞞について散々電柱組時代に書いたが、その殆どのネタが拉致奪還とこのイラク戦争に関わる話と言うのは電柱組時代からこんな駄文を読み続ける暇人なら判ってると思う。

拉致奪還は国家主権の問題であり、イラク戦争は国家権益の問題であるが、共に欠かせぬのが国軍と言う名の外交実行部隊である、しかし日本では何故か『過ちは繰り返しません』というドMプレイを大東亜敗戦後60年を経過しても未だ継続し続ける御目出度い状況に浸り続けている。

その結果がこの体たらくなのだろう、言うまでも無く拉致奪還なんて売国政党民主党政権になった事によりその解決なんて悪夢以外の展開の予想すらヲレには出来ぬが、このイラク戦争に関しても散々喧々諤々な議論の末にウルトラC的な特別措置法なんて糞憲法の欺瞞の上に更に欺瞞を重ね、自衛官と言う名の似非軍隊々員に一歩間違えれば人殺し扱いか犬死にのリスクまで背負わせた上にハリボテな要塞の中に引き篭もらせ、文民警察程度のROEは与えるが銃は絶対ブッ放すな売国奴が煩ぇからなって事でとりあえずメリケン国にお付き合いの為に行ってこいと言う為政者のエゴに自衛官達は当然日本国民全員が(賛成反対問わず)関わった結果がコレではお話にならないのである。

まぁ中にはクエートの時みたいに御礼一つ無いのに比べれば格段の進歩と言う阿呆もいるだろうがヲレに言わせればまだ銭だけ出して後方で海掃除をした程度で済むならその方が下らんリスク無しなだけまだマシとこの結果を見てつくづく思うのであるが、そんな事を考えざるを得ないのは言うまでも無く下らん欺瞞憲法下で軍隊すら持てん似非独立国家・日本の体たらくが余りにも情けないからである。

何も軍隊を持って何処かの軍産複合体国家みたいに民主主義の輸出なんてエゴイズムに付き合うべき等とは言わん、最低限度の国土防衛に加え国際社会の要請に応え得るレベルの国軍があれば現状の日本ならまだ銭も技術もあるのだから外交の幅も広がり国益に拠するなんて馬鹿にでも判る話だろうが、何故かこの辺の話になると日米同盟第一馬鹿糞憲法第一馬鹿変な事を言い出すのだからお話にならんのである。

あれだけ散々騒いで軍事展開までし、勿論銭も散々出してもこの体たらくと言うのはヲレに言わせれば当たり前の結果に過ぎない、曰く中途半端な奴に対する褒章は中途半端でしかありえないからだ、同じ日本人ですらこの原則は当てはまると思うがオール・オア・ナッシングな毛唐連中があの程度の参加でまともな褒章を与えるなんてありえないし、これも散々繰り返す事だが国家に真の友人なんて居ないのである、自国の権益は自国で何とかせぇやって事で他国の生き馬の目をブッこ抜くのが国際社会の現実なんだよ馬鹿愚民、散々国内論争の果てにお付き合いしてやったメリケン国がこの一件で“協力”してくれるなんて考えてるのならその御花畑脳はもう末期症状、治癒不可能だが、そろそろ12月8日が近いし(J・レノン方向へ思考向けるなよ、腐ってる脳みそが更に腐るからよw)、この辺で国家について真剣に考えたまえって辺りで駄Blog終わり。

オマケ:未だに日本人をイエロー・モンキーとしか思ってない鬼畜で毛唐なクソガキは銃殺刑にしろ、軍属のガキなんだから当然って事なんだが、何よりムカつくのはクソガキ引渡しに時間がかかった屁理屈『上官の承認を得るのに時間がかかった』って何だソレ?手前等軍隊だろうが、有事の際も何もせんで時間がかかったなんて言い訳するんかい?そんな似非軍隊いらんなぁマジで、もうグアムでもアラスカでも好きな所へ消えろやマジで、その結果手前等が絶対認めたくない日本の軍隊所有に歯止めがかからん様になるがそれこそヲレの思う壺wで何故かみずほチャン涙目www。
関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://dencyugumi.blog94.fc2.com/tb.php/168-405da52b
    この記事へのトラックバック


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。