スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

君は【プライド】と言う名の映画を知ってるか?

2009年11月19日 05:02

日本の暴力団に軍事教練をして(と言っても実態は気違い民族朝鮮人なので当然と言えば当然ww)イザ実戦に備える戦争敵国大韓民国で軍事施設が火事ドロロンで日本の馬鹿愚民観光客(‥ってか民兵だろソレwww?)クタバッタって話はど~でもイイんですけど何たって地震も無いのに勝手にデパートが崩壊するお国柄でつからwwって話もど~でもイイんですが、そんな国に日本を売りたい気違いの銭問題再燃って事なんですけど実は今日の本題とは無関係でね、まぁ強いて関連させて書いたのは似非トラバ目的wwwと鳩ポッポ始め売国為政権連中やマスゴミの言動を胡散臭く思うのはヲレ一人では無いんだがこの人の話は良く判りやすいので紹介するって事で‥。


鳩山兄弟の言動を胡散臭く思うのは僕だけだろうか?

『友愛』だとか『正義』だとか、耳障りの良い言葉をアピールするが全く具体性に欠け、政治家として胡散臭さを感じる。
アメリカ軍は第七艦隊だけで良いと言った、
小沢さんの方が揚げ足もとられるが、まだ具体性があった。
小沢さんも巨額な偽装献金が発覚してからは、『検察の横暴』なんて意味不明発言一点張りで説明責任放棄が目立ったが…
大体、古い政治家は本音である醜い魂胆を隠す為に、歯が浮くようなキザな言葉を錦の御旗にしてきた。
耳当たりの良い言葉で、国民をたらしこみ篭絡するのは、これまで共産主義、帝国主義国家が暴力革命や権力維持を隠す為に使った常套手段だ。
あげくは人権抑圧、言論圧迫を遂行するのが手口だ。

『正義』を旗印にした鳩山弟氏は、次期衆議院選挙で自民党が勝てないと読んだのだろう。いち早く反麻生に舵を切った。
利に聡い『正義君』はやはり胡散臭い。
選挙の為に『時の人』となって目立つ必要があったのだろう。民主党の兄と結託し、自民党の支持率を落とす片棒をかつぎ、
郵政国会では一人ではしゃぎ話題をさらい、兄に貸しも作った。
麻生さんとの盟友が売りで大臣になったのに、麻生さんを見限り反麻生を結集し、首相おろしを画策した。総裁候補になれると思ったからだろう。
一方自民党離党し、同志を募り新党を作るとも発言している。
民主党が単独過半数に満たない時は政界再編のイニシアチブを取りたい算段と読める。
更に兄が首相になった暁には、兄弟連携の密約も取っただろう。この件、記者の質問に兄弟とも否定していない。
虎視眈々と政局を見据え、非常に賢しく手を打ち、素早く行動し、利口にしゃべり、マスコミに目立つのがうまい。最近出馬を要請され、そのまんま総理にしろと話題を沸騰させた東国原知事も、弱いと見た相手にだけ喧嘩を吹っ掛ける。
その体質はインテリギャングと変わらない。
人間として誠実さも義も感じられないから、僕は信用しない。
今の軽薄なマスコミやテレビ視聴者達は、その点、同類的親しみを感じるから人気が上がるのだろう。
我々の血税で国の安全と経済を司る政治家も 吉本の芸人と同じ軽薄さで人気を得る。芸人は客を見透かし軽薄を演じるが、
政治家は生まれながらの軽薄人間がマスコミに持て囃され一票が動く。浮動票群は自分たちが程度が低すぎることを知らない善人だからこそ恐ろしい。昔から馬鹿は死ななきゃ治らないと言われる不治の病だ。平和ぼけのせいで増殖した善人が一番怖い世の中になった。
さて最近世間を騒がせている鳩山兄ちゃんは個人献金を偽装した会計担当秘書をかばい『私の個人献金があまりに少ないから苦労させた』とかばった。
明らかな嘘だ。
鳩山坊っちゃんの個人献金は年間1億1千万と突出している。
少ないなんて真っ赤な嘘。
ちなみに麻生さんは年間1千万を超さない。
すぐばれる嘘を釈明会見に使うとは悪質だ。
民主党は個人献金をクリーンさの証として、企業団体献金の廃止を唱え、政治資金規制法改正案を提出した。
党首の個人献金疑惑が二代続いて浮上してしまった民主党は、自ら出した改正案の国会審議を突如拒否した。
自分たちの出した法案なのに審議拒否するなど、めちゃくちゃな逃げ方で凌ごうとしているのに、やはりマスコミは指摘しない。
身内でも会計的不正には、怒るのが普通だが、小沢さんも鳩山坊っちゃんも同様に秘書を庇った。
真実を知る秘書に暴露されると政治生命は終わる。
すねに傷もつ身は仕方なく秘書をかばう。庇うのはぐるの証だ。鳩山坊っちゃんは麻生さんにも負けない個人資産の持ち主だが、何千万も秘書に預け、不透明に引き出されていた事に気づかず、その金銭感覚を追及され『多分その辺が私の大まかな人間性かな』とおちょくった答えは、ぐるじゃなきゃ言えない発言だ。『常識では考えられない』とあの麻生さんさえ驚いてる。岡田幹事長は会見で、『代表の説明を了とする。問題があることを認めた上で説明責任を果たされた』と。ふざけちゃいけない。問題があれば、当然解明し説明する責任を残している。支離滅裂だ。
更に『謝ったことを含めて十分な説明だった』と阿呆なフォローをした。
謝罪は説明ではない。謝ってすめば警察はいらない。
鳩山坊っちゃんは不正の原因について『まだ判らない』としか言ってないのだ。
坊っちゃんは『小沢氏もだが、僕も自身は潔白だと信じている。信じられないのは秘書がやった事だが、自分の生きざまで国民の理解を得たい』と。疑惑を解く発言として、めちゃくちゃな論法だ。自分を信じて生きていれば不正解明も許されると本気で思ってる訳はなかろう。国民をなめてるとしか思えない。
こんな誤魔化しを世間で通用させマスコミに甘やかされて育った左翼政党らしい発言だ。
武器を持たない善人なら、両手を挙げて降参すれば、だれも命も財産も奪わないと信じ、
右の頬を打たれれば、更に左の頬をだせば、打った奴は改心するなんて宗教みたいな事言ってるから、公明党も政治が出来ると勘違いする。
更に罪深いのは『友愛』だ。
本音は『日本国は日本人だけのものじゃない』発言につながる。

確かに日本国土も企業も金さえ出せば外国人だって買える。
一見、当たり前過ぎる標語を、色んな『悪魔』に化けさせるのが権力の常だ。
外国人参政権しかり。あの北朝鮮にまで
『友愛』は発揮されるのだ。

共産主義国家は権力、権益に貪欲だから五分五分の『友愛』は通じない。
民主党は中国、ロシア、北朝鮮と『友愛』したいらしいが、
『友愛』政権になってしまったら、『友愛』はすっ飛ばされ、民主党は脅迫と賄賂で簡単に乗っ取られ、言論抑圧、人権無視は目前だ。
つい先日でさえ、田母神氏が発表した『大東亜戦争は正しかった』と言う一方の真実さえ弾圧され、職を追放された。
戦後64年たっても日本の民主主義社会は未成熟だ。
政権取った経験のない民主党にいつか、
いっぺんやらせてみるのも、民主主義国として悪いことじやないとは思うが…
半分は元社会党員の左翼が占める民主党では国防政策が絶対まとまらない。
北朝鮮へ武器を運ぶ船を自衛隊が臨検する事さえ消極的だ。
折角、国連を動かして厳しい決議を出させた日本が、臨検も出来なくては、世界中に赤っ恥を掻く事になる。まして現在は100年に一度の世界同時不況の最中だ。
更に北朝鮮崩壊寸前の今!やけくそで、何を仕出かすか分からん国のミサイル発射や核装備で非常に緊迫した国防の危機だ。
素早い対処こそ国民の生命財産を守る。
常日頃から左翼と戦い、自衛力を増強してきた自民党が今は一番信頼出来る。
経済と安全が脅かされている未曾有の今日!
官僚をうまく扱う術も大事。それもこれも未熟な党は心許ない。重要政策の意思統一さえままならない民主党に今、政権取らせるのは如何なものか?橋下さんを知事にしてみて初めて、ノックさんを知事にした大阪人は政治音痴だったと判る後悔の二の舞を、今度は日本国民の一億総白痴化を自覚する事で、反省をし、マスコミのいい加減さ、無責任さを認識する機会になれば、せめて救いになるのだが…


自民マンセーの件を除けば概ね賛成出来る内容であり、こういう論調が目立たぬと言う辺りに似非国家日本の度し難いってか救い難い部分を認識せざるを得ないんだが実を言うとこの話も今日の本題では無い(ヲイヲイ)w、この論を世に出した津川雅彦氏は俳優で有名な人だが多くの馬鹿愚民はこの人を釣り好きの馬鹿社長程度の認識しか無いだろうがヲレにとってこの人はこの作品の主人公、東京裁判なる事後法適用上等兵な法廷リンチの果てに現在の天皇誕生日である12月23日に軍人としての名誉の自決すら許されず毛唐共に殺害された東条英機元首相を演じ、東条元首相の子孫から賞賛されたこの作品を紹介したくなったと言うのが今日の駄Blogをデッチ上げる理由であり、似非トラバをバラ撒く理由もそれ以外に無いって事で‥。

プライド・運命の瞬間

























【プライド】と言ってもコレたぁ違ってよw。

この映画は公開当時も物議を醸し出したってか売国奴揃って馬鹿騒ぎし、問題作扱いにされたんだが絶対必見である、民主の売国奴は当然の事だが自民のポチ連中の腐れ魂に東条元首相の性根の欠片程度すらあれば日本の現状は少しはマシになってたのではと思わずにはいられん、コレはヒトラー~最期の12日間~で独逸国自身のタブーと言われたヒトラーについて正面から制作される遥か前に制作された、ヒトラーを演じたB・ガンツは実はスイス人だがコッチはリアル日本人が演じてる辺り同じ特殊メイクで似せましたって言っても演じるに対する覚悟は段違いの物を要求された筈だがそのプレッシャーを弾き返す名演で東条元首相を演じてるよ、ちなみにラストシーンはお涙頂戴になっちゃいますのでハンカチ必須wって事ぁど~でもイイんですけどね、とにかく日本映画史上に残すべき作品なのだが先述の馬鹿騒ぎの結果なのか制作サイドのゴタゴタで権利関係グッチャグッチャwで未だDVDの販売はされてない上にセルビデオすら絶版だったりするので見たければ中古のセルビデオを買うかこの駄Blogからリンクされる動画を見るしかないのだが、売国奴連中の削除攻撃前に適当に保存してクレw、まぁ、ついでに津川氏のインタビュー番組(当然そんなのを流すのは桜であるw)も見ると良いかもしれんって辺りで全編ローカルにパクったしw、いい加減眠ぃから今日の駄Blog終わり。

オマケ:感想文としてはこの人の論が判りやすい。
関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://dencyugumi.blog94.fc2.com/tb.php/160-10d0a5eb
    この記事へのトラックバック


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。