スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【時代錯誤の日教組‥】もう飽きたぞこのネタわぁw【‥はさっさと消去せよw】

2009年11月05日 10:18

イヤ、マジでこのネタもう飽きてるんですがw、最初に書いておきたいのは‥。

時代錯誤なのはアンタだよw


まぁ、『イジメ』と『道理に基づく批判や処断』の違いってか、簡単に書くと手前の我侭が全部通らぬのが世の中って当たり前の事がイイ歳コイて判らん糞馬鹿の末路がお判りで無いみたいなのでその辺は今一度大好きな日教組狂死の先生方に調教教育して貰ってですね(結果、更にすんげぇ事になりそうな気もするが他人の事だしなw)、本題に入るケドよ‥。


「訓告処分は不当」国歌斉唱着席教諭が提訴 大阪・門真

 大阪府門真市立第三中学校で昨春、卒業式の国歌斉唱時に卒業生ほぼ全員と教諭が集団で起立しなかった問題で、訓告処分とされた教諭、川口精吾さん(56)が2日、「思想信条と表現の自由を侵害した不当な処分」として、市などに処分取り消しと慰謝料計200万円を求める訴訟を大阪地裁に起こした。

 訴状によると、昨年3月に開かれた卒業式の国歌斉唱の際、担任席にいた8人全員と卒業生169人が着席。立っていたのは卒業生1人だけだった。市教委と府教委は教員らから事情聴取を行ったが、川口さんは4回目以降の聴取を拒否。校長の職務命令を受けても応じず、今年2月に市教委から訓告処分を受けた。


日本の財政は火の車と言う事は貴様等馬鹿愚民もいい加減知ってると思うし、現政権党が野党当時は散々『無駄な国費は使うな!』って言ってたんだから職務放棄税金泥棒の糞馬鹿狂死なんてサッサと懲戒免職(勿論、退職金なんて論外)にしちまえよw。

しかしこの記事で驚いたのは昨今教育現場の荒廃が謂れその効果に疑問を呈する論調が多い中でこの糞馬鹿教師共の教えに従って国歌国旗に敬意を示さぬ獣にちゃんと教育ってか洗脳ってか調教wされちゃった馬鹿餓鬼ばかりって事と、そんな中でたった一人まともな人類あの大阪民国wに実在してたと言う事で、このたった一人の生徒に対しては絶滅危惧種認定を行い日本国を挙げて保護すべきって思ったぐらいだが、現政権なんて日教組の飼い犬程度の扱いなのでヲレは真面目にこのたった一人の人類wの行く末が心配でならんってのはこんな記事もあるからなんだけどね。

鳩山政権の次の教育政策は? 底流に「日教組政策集」

 鳩山内閣発足から5日で50日目。この間、文部科学省では「学力テストの縮小」など、従来の教育政策とは向きが異なる政策が次々と打ち出されている。その下敷きになっているとみられるのが、日本教職員組合(日教組)が策定した「政策制度要求と提言」と題する「日教組政策集」だ。政策集には、まだ陽の目を見ていない要求が多く盛り込まれており、これから議論の俎上(そじょう)に上ってくる可能性がある。

 「日教組政策集」は、民主党のマニフェストなど選挙戦で掲げられた同党の教育政策の源流にあるもので、すでに鳩山内閣で打ち出された政策が日教組の意に沿っていることを裏付ける内容となっている。3月に発刊され、日教組系議員らを中心に党内に持ち込まれていた。

 これを受けて民主党は総選挙に向けた党政策集「INDEX2009」を7月17日に策定。その中で(1)文部科学省を中央教育委員会にする(2)授業内容などを定めた学習指導要領の大綱化(3)学校運営を保護者や地域社会などからなる「学校理事会」が自律的に担う-などの方針を掲げた。

 だが、党政策集は「無秩序な学校運営をもたらす」といった批判が起き、選挙前の7月27日に発表された総選挙マニフェストからは、日教組の主張を反映した記述は影を潜めた

 にもかかわらず、鳩山内閣はすでに「学力テストの縮小」「教員免許更新制の廃止」といった新政策が打ち出されている。

 このうち、教員免許の更新制は教師の資質向上や問題教師の排除を目指して導入されたものだった。民主党は党政策集で「職責を全うできるような抜本的見直し」とし、マニフェストでも「資質向上のために抜本的見直し」と触れただけで、明確な廃止方針は掲げていなかった。学力テストに関しては、党政策集、マニフェストのどちらにも全く記述はなかった

 ところが、「日教組政策集」は教員免許更新制度について、「更新制を導入するのではなく、教職員の養成・研修を一体的なものとしてとらえ、十分議論すること」と明言。大学での教員養成課程に「人権・平和・環境などを必修教科に位置づける」などといった要望が盛り込まれていた。

 学力低下をうけて始まった学力テストについても、「全員実施による調査方法を、抽出調査とするなど抜本的に見直す」などと盛り込まれていた。

 すでに打ち出された政策以外にも「日教組政策集」には、教員に有給での長期自主研修を認める制度実施や、学校運営に保護者や子供の参画を認めるといった項目などが盛り込まれており、今後、これらを踏まえた文部科学行政が進められる可能性が出ている。

     ◇

 ■「日教組政策集」に書かれた主な要望

 ▽学校分権 学校ごとに『カリキュラム開発室』(仮称)をつくり、カリキュラム開発を委ねる

 ▽有給自主研修 すべての教職員に一定の勤務年数(当面10年)後に、半年~1年程度の有給による長期有給研修休暇を保障することを早急に制度として確立する

 ▽自治体学力テスト廃止 全国学力テストとは別に、自治体で実施される学力テストについて、中止や競争・序列化を招く結果公表も行わないよう求る

 ▽教科書検定 行政から独立した第三者機関によって学問的・教育的な観点から検討し認可する教科書認可制度を検討。

 ▽勤務評価 教員の評価には労働組合の関与・参加を保障。労使交渉・協議制度を認め、学校運営には保護者だけでなく子供の参画も認める


こういうのを後出しじゃんけんとも言うが単なる詐欺とも言うケド、これってこんな記事を偉そうに述べるマスゴミも共犯だが、基本的にこんな瑣末な詐欺に騙される奴‥つまり貴様等馬鹿愚民が悪いとも言える、要するに自業自得なんだがこれが実現すれば狂死共にとって“職場”は文字通りの地上の楽園となるだろうし、確実に日本の教育レベルは発展途上国未満のレベルになるだろう、何たって狂死は休みたい放題の上に勤務評価も自己評価が認められるわ、餓鬼は競争無しなのでタガが外れまともに勉学に励まぬわ、その癖狂死も餓鬼もついでに親まで学校運営に口出し出来るわって事で教育現場はイイ歳コイて道理も通らぬ馬鹿や糞餓鬼にモンスターペアレントの巣窟となり、餓鬼を教育する場から餓鬼の一時預かり場所‥つまり保育園化するって事なんだがヲレだったら自分の子供をそんな腐れ保育園には絶対入れないね‥て事で昨今公立離れが激しいと言うのはこういう危険な場所に我が子を投じたくないと言うまともな親が増えてるからなのかもしれんw。

まぁ、売国為政権発足二ヶ月足らずで既にブーメランがバンバン飛び交うわそのエゴイズムの化けの皮が剥げるわでこの政権多分一年程度も持てば良い方だと思うがこういうエゴイストってどんなに批判しても面の皮だけは厚いからなw、しかしこの政権もたった一つだけイイ事を言い出してるんだよね。

「ネット選挙」解禁へ現実味 通常国会に提出も

 原口一博総務相は4日の記者会見で、公選法が禁じるインターネットを利用した選挙運動について、解禁に向けた論点整理を総務省に指示したことを明らかにした。民主党の小沢一郎幹事長はネット利用や戸別訪問の解禁など選挙運動の自由化を盛り込んだ公選法改正案を来年の通常国会に提出する意向を表明しており、解禁に向けた法改正が現実味を増してきた。

 原口氏は「国民に情報をしっかり提供し、選択の自由をさらに行使できるようにしたい」とネット解禁の必要性を強調。同時に、公選法改正は議員立法が基本とした上で「公選法を所管する総務省としても、論点整理とネットでどういうことができるか検討が必要だ」とした。

 ただ、公選法改正案の提出時期については「どこ(の選挙)に間に合うかは分からない」と述べるにとどめた。


文字通りまっすぐ読めばw‥の話だがコレ売国奴にとっては諸刃の剣ぢゃね?‥ってのはよ、ネットが一般化するまでは日本なんて売国奴の天国だったのに畜死の馬鹿の愚痴では無いが便所の落書き(ネット)で化けの皮が剥げてから売国のシノギもやりづらくなったんだが、まぁ支那国みたいに言論統制や洗脳の道具としても使えるって事か?まぁこの売国政権のする事にちょっとでも期待してはイケナイのであるって辺りで起立たった一人って辺りに教育ってある意味立派な洗脳だよなって感心しつつ今日の駄Blog終わりw。

オマケ:そんでこの件に関するまともな教師の意見はコレ、いやまとも過ぎてツマランかも知れんがw。
関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://dencyugumi.blog94.fc2.com/tb.php/153-0d303e89
    この記事へのトラックバック


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。