スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【来る所までキタ】究極の鳥人間【ジェットエンジンでひとっ飛び】

2008年09月24日 06:51

世の中、馬鹿だらけであるw

人間ジェット機「フュージョンマン」、イギリス海峡横断へ

自称「フュージョンマン」ことスイス人冒険家のイブ・ロッシー(Yves Rossy)さん(49)が、24日にジェットエンジン搭載の「翼」でイギリス海峡(English Channel)の空を横断する。ロッシーさんの助手が語った。

ロッシーさんは、小型飛行機で上空2500メートルまで上がり、そこからジェットの「翼」で空に飛び立つ。仏北部カレー(Calais)から出発し、英ドーバー(Dover)までの35キロを10分で飛ぶ予定で、最大時速は200キロ以上になるという。

「フュージョンマン」を名乗るロッシーさんは2004年、ジェットエンジン搭載の「翼」で飛行した史上初の人物となった。

今回の冒険では新型マシンが使用される。幅3メートルの翼を持ち、飛行時間は30リットルの燃料を使い切るまでの10分間。最大で時速300キロの速度まで到達可能だという。

パラシュートは2つ用意される。1つはロッシーさん用。もう1つは「翼」用で、「翼」を着脱した時点で自動で開く仕組みになっている。


‥と言うワケでコレが『フュージョンマン』の勇姿ですねw。

フュージョンマン

カッコイイわコレ、欲しいなこの『翼』。
しかし高そうだよな、幾らするのか記事に無いので判らんが百万単位の銭はするだろう、しかし量産効果で安くなったらヲレは買ってしまうかもしれない、そして加齢臭臭ぇジジィや化粧臭ぇクソメス共の発する悪臭電車通勤とはオサラバである‥と考える奴は沢山いるだろうけどそんな事が実現してしまったらもう大変である。

東京大阪等の大都市なんか毎朝上空に『フュージョンマン』が大挙して押し寄せてくるのである、羽田・成田の航空管制網は勿論、横田の米空軍基地なんてパニック確実であるw、更に深く考えればこんな『アブない鳥人間キット』が大々的に売られでもしてみろ、支那朝鮮辺りの民兵が購入してアサルトアタックに使うのが目に見えてるのである、そうなったら日本では漁船を粉砕した実績を持った事で有名になったージスシステムだって恐らくお手上げだろうww。

日本だったらせいぜい支那朝鮮民兵が飛来して『歴史キィィ‥!』って叫ぶ程度だろうが、コレがイスラームな勇者共が購入しちゃったらもう大変よ、ヤンキー国やユダヤ国上空を埋め尽くし、そこら中で人間爆弾炸裂、文字通りカミカゼ大爆発で9.11の騒ぎどころでは無くなるぜ。

ヤンキー国やユダヤ国中グラウンド・ゼロの観光地状態になったらドースル?って事でCIAやモサドがこの『翼』が世に出るのを必死で阻止するだろうな、尤も、日本では航空関係の法令があるのでこんな馬鹿をする事自体困難なんだケドよ、やはり日本だったら航空免許いるんかい?

関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://dencyugumi.blog94.fc2.com/tb.php/15-d7901e88
    この記事へのトラックバック


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。