スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【美濃部都政の悪夢再び】国家崩壊のとばりが降りてきた【見境無き福祉国家一直線】

2009年10月22日 23:59

貴様等馬鹿愚民の無責任民主主義の成果が見え始めてきたなw。

母子加算復活を正式合意 予備費を充当 「ひとり親世帯就労促進費」は廃止

 長妻昭厚生労働相と藤井裕久財務相は22日、財務省内で会談し、今年3月末に廃止された生活保護世帯への「母子加算」について、年内に復活することで正式に合意した。政府が23日に閣議決定し、12月初旬に支給を再開する。藤井財務相が、今年度分の支給に必要な58億円を、災害など緊急時に備える予備費から充てることを容認した。

約2万円を支給する制度。復活により、全国で約10万世帯が対象になる。

 一方、母子加算を廃止した際に代替措置として導入された「ひとり親世帯就労促進費」(月5千~1万円)は廃止される。

 やはり母子加算廃止時に導入した高校等就学費(月5300円から)と学習支援費(月2560~5010円)は継続するが、財務省の野田佳彦副大臣は「(22年度)予算編成では財源と給付のあり方を検討してもらう」としている。

 また、厚労省は母子加算について、22年度予算の概算要求では金額を明示しない「事項要求」としており、予算の膨張に歯止めをかけたい財務省とのつばぜり合いが続きそうだ。


働かざる者食うべからずと言う格言は売国社会主義者連中には全く通用しないどころか何とかして手前のエゴイズム達成の為にこんな出鱈目極まりない事を平気な顔をしてしでかすのだからスンゲェw、ちなみにこの“成果”としてこの売国政権が維持され続ける限り、本来国家規模の緊急時に使うべき予備費を出鱈目な国費浪費としちゃう腐れ為政に歯止めを掛ける方法は議会制民主主義制度を用いる我が愛すべき似非国家日本には無いw。

その結果として只でさえ破綻してる国家財政は完璧に破綻するのだが、ヲレが怒り心頭になってるのはこの出鱈目バラマキの大半と言うか殆どが手前のケツ一つ拭けぬクソタレ親の浪費に使われるのが判りきってるからである。

ヲレの会社には派遣君が来てるのだが、既に首にしてやった奴に生活保護者がいたんだけどね、このクソタレときたら手前の不始末三昧の結果で生活保護者になっただけでもムカツク極まりない奴だが悪びれる事も無く『私、子供いるので保護解除にはなりませんよ』なんて腐った事を言い出した挙句に周りの社員や派遣君にパチや馬に船にチャリなんて事まで誘い出す始末って辺りでヲレの怒りに触れて即首にしてやったって事がありましてね、それ以来生活保護者なんて人間の屑と言い切って憚らない輩ですから巷で言われてる“生活保護者はパチ三昧でニダ公に貢君”なんて暴論を素直に受け止めちゃう輩ですからね、前にも書いただろってかアレは電柱組時代だっかかな、この駄Blogだったかもう忘れたケドよ‥。

生活保護の支給は全部現品及び生活保護紙幣にせぇや!

‥って事よ、勿論生活保護紙幣をチケットショップで売買なんて重罪扱いにしてよ、とにかくこの種の連中には『緊急避難的に受給するのは止むを得ないがそれが当たり前(恒常的)になるのは絶対認めん』って事を社会としてキッチリしておかんとこの種の屑が蛆虫の如くバンバン涌いて来るのが目に見えてるんだが日本国体崩壊が目的の売国政権にとってはこれぞ正にウリだしよ、この辺のタガが外れ始めれば次に来る売国為政のウリと言えばニダ公に参政権だのの文字通りの国家崩壊売国為政の始まりって事なんだがその辺ツッコム馬鹿マスゴミが居ないってのは日本にとっては国家規模の不幸だよな、尤もマスゴミがマスコミに変貌しても貴様等馬鹿愚民のドタマではこの危険性を本当に理解してるかヲレにはサッパシ朕!‥って辺りで今日の駄Blog終わり。

オマケ:一年もすればこの為政権の選択を一生の後悔となる馬鹿愚民を騙したマスゴミ連中がどの面を下げてこの為政権を評価するのか、ソレがヲレの楽しみなんだよねw。
関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://dencyugumi.blog94.fc2.com/tb.php/149-5ce9f59e
    この記事へのトラックバック


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。