スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

それでも“お願い”するしか無いのが虚しく悲しいのである

2009年02月14日 22:42

売国マスゴミが熱望と言うか渇望と言うかとにかく何でもイイから政権交代って事で散々麻生の馬鹿を叩きまくったが政権交代の受け皿となる肝心の民主党が馬鹿揃いでど~にもならんと言う事で既に引退表明をしタンスの隅で埃まみれな筈のポチ請い済なんて奴を担ぎ出し大騒ぎしてる中、日本の誇るw似非憂国・石原慎太郎東京都知事閣下が民主党の妨害にもめげず『日本は外交下手だから誠意で五輪誘致』なんて腐った事を言い出したネタのシメとして『立候補ファイルで「世界平和」を強調している点については、日本が唯一戦後60年平和を貫いてきたことに触れたうえで、「五輪開催で世界に平和を呼びかけることができる」と訴えた。』ってアンタその【60年平和】って要するにヤリ杉だったけどまともな国家から似非国家への転向の歴史以外の何物なんだよ?と問いたくなるが、その【成果】の一つにこの【事件】の存在を忘れてはいけない、まぁヲレこのネタについては電柱組で散々書いたので余り採り上げたくないんだけどね‥。

クリントン長官「一人の母として」
拉致被害者と面会へ


またか‥と言う想いである、これまでこんな事を幾度と無く繰り返し、拉致被害者家族を落胆させ、その無間地獄は彼等が鬼籍入りするまで続くのである、大体マスゴミがこの問題を採り上げるその動機はこの問題を有耶無耶な解決を望む勢力による扇動政策以外の何物でも無いその証拠に政府認定5名被害者及びその家族の帰国以外に何か成果があったと言えば何も無い、そりゃそ~だ文民拉致されても島は奪われても原潜不法遊覧航海されても現場レベルでは必死なのかも知れんが為政者揃って事なかれ主義のその場しのぎしかしないんだからな、それでトドメはこんなお涙頂戴で『政府の頑張り』をマスゴミ使って宣伝と来たら主権侵害実行国家の連中揃って腹抱えて大笑いって事よ、こんな事に老体に鞭打つ被害者家族を引きずり出す日本の外交役人と言うのは北朝鮮の犯罪者よりある意味始末に負えぬ非道さと言うしか無い、税金で飯喰う立場ならそんな【土下座外交】は手前でヤレって声が出てこないのがヲレには信じられぬが国家主権が侵害されたと言う事の意味がお花畑な愚民共にはサッパリお解りにならないらしいので仕方無いかw、まぁ貴様等馬鹿愚民の為に簡単に書いておくが主権侵害の行き着く所は侵害国による併呑‥つまり侵略を受けるって事で、それまで生まれ育った中で培われた概念が一瞬でフッ飛ぶと言う事だ、そんな国家主権侵害の尖兵とさせられたのが横田めぐみさん始めもう何人いるか把握すら出来ていない拉致被害者達に他ならないのだが、この【事件】が拉致被害者及びその家族【だけ】の話では無いと言う危機意識すら無く、【小泉劇場】だののお祭りでハシャぐ愚民にはこの事はあくまで【他人事】なのだろう。

もうウンザリである、これまで電柱組で散々書いて【奪還】なんて特集まで組んだのである、ヲレ始め電柱組は良くやったと今更ながら褒めてやりたいぐらいである、しかし何も進展してないと言う現実はどうにもならんのである、似非国家だって日本は法治国家である、お花畑とは言えあのクソ憲法の馬鹿の壁が立ちはだかる以上日本の“軍隊”は工作船が来ても海上保安庁の鬼ごっこを遠目で見るぐらいしか出来ないのである、海上警備行動があるってナニ言ってんの馬鹿愚民、あんなサツのROEに毛が生えた程度の運用しか出来ない似非軍隊では何も出来ないからご老体に【最前線】で土下座外交をさせるしかないんぢゃ無ぇか、そんな非道を判っててもその話に乗らない訳にはいかぬってか【藁にすがる】拉致被害者家族の姿なんてヲレは見たくないのだが、この事については懸念を持つ人がいる事は救いなのかもしれない。

横田夫妻と面会するヒラリー国務長官

山本大臣頑張ってるよなぁ、腰折れしたヲレや電柱組なんて彼には頭が上がらないのだが大臣の懸念『真相解明のためではなく、「落としどころ」への誘い道である。』と言うのはこれまでの経緯から機械的に出来る判断だからなぁ、北朝鮮やその尖兵である在日朝鮮人やその監視役である朝鮮総連だけが【敵】では無い部分にこの事件解決の困難さがあるのだが愚民の皆様には関係無ぇよなって辺りで今日の駄blog終わり。

オマケ:
そう言えば巣食う会‥ぢゃ無かった救う会なんてのもあったなぁw、何か懐かしいって事で“救う会”でアンサイクロしたらこんなのが出てきたので読んで、笑うよww。

新しい歴史教科書をつくる会

古い歴史教科書をつくる会

九条の会‥から更にリンクされてる神聖ヒロシマ共和国

業務連絡:これから期末繁忙期なので更新が滞るが許せw
関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://dencyugumi.blog94.fc2.com/tb.php/120-cc8e661d
    この記事へのトラックバック


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。