スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【まさに】 何もかも嘘八百で成り立つファンタジー御花畑満開の似非国家日本w 【ヤプーw】

2012年11月22日 23:59

似非国家日本は今日も御花畑満開の三文劇的通常運転と言う“ど~でもイイ系の面倒極まり無い状況w”から抜け出る兆候すら無い体たらくだがソレはとりあえず置いて、海の向こうの“リアル社会”では“リアルに面倒極まり無い状況”になっているってのはですよ、相変わらずの中東ガザのドンパチに加え、チベット・東トルキスタン民族浄化&日本竹島侵略実行犯罪国家支那がブーメランを発射したトルコ-シリアのアレでトルコがNATOに『同盟の義理果たせやw』と“要請”すれば、どっかの“御花畑の餌たる似非同盟”なんかとは違う“リアルな同盟”だから『OK任せとけHAHAHA!!』と早速配備準備に取り掛かると言う、まさに似非とリアルの違いをまざまざまと見せ付けられているのだがw。

まぁ日本の場合、国家主権侵害と言う国家最大級の懸案事項に直面してもヤル事と言えば、尖閣に支那侵略船が侵略展開されても抗議w、蛆虫朝鮮に侵略されている竹島では侵略者が勝手にワケのワカラン山名を捏造したと言う事で『なれば漏れも山に命名』と検討w、そんな糞が何言っても鼻先ワロイであしらわれるのがオチである、当然レイプマリンコやバイオレンスマリーンを“流刑w”してる米帝相手の要請wなんて米帝から見れば『HAHAHAまぁたマジキチ琉球がお祭りしてるのかはいはい Yes we can(棒)』ってぐれぇしか考えてねぇってマジでと言う体たらくですがソレも当然の話でしかないw。

日本をリードすべき“選良”共と来たら現在どいつもコイツも“手前の生活だけ第一”とばかりの為政乞食のシノギに汲々としてると言うのは昨今主要政党叩きのネタだが、他だって右の代表格・似非憂国石原に一晩でちゃぶ台返しされた間抜けwが『右が駄目なら左www』とばかり今度は石原に『死ね!』と罵倒した亀井相手に必死涙目で擦り寄り、放射脳で地元民見殺し“自分の生命が第一”な汚沢と組んで第三極な~んて夢を見ちゃう馬鹿ぶり大発揮しかしねぇ体たらくだから当然真面目に為政のシノギなんて全くスル気無しの『でも名前は“減税”の方が愚民ウケよかね?ついでにコレ合併ぢゃ無しの吸収でど~よw?』とまで言い出しマジキチ発症wと言う体たらくだから、『まぁたちゃぶ台返しされるんぢゃねw?』と後世の歴史家大爆笑をしたマジキチ振り大発揮だが、上には上がいてマジキチと言えば元祖・みずぽ率いる社民党を語らずして永田町のマジキチ語る無かれの格言通りの脱原発、ソレも即脱w!TPPに増税却下w!勿論♂プレイなんて論外w!と例の如くの担保無き実現不可能愚民騙し嘘詐欺為政のデパートぶり大発揮w、おめえ民主党と連立してその種の詐欺為政に失敗して敵前逃亡したばかりぢゃ無ぇか、流石“自己都合にそぐわぬ事即無かった事”のエゴイストぶり御花畑的大発揮中wだがソレ確かに実現したらスゲェんですケドね、脱原発でマイナス発電量となるエレキの補填ど~すんのw?とか、補填の為に油や屁燃やしたら確実にコストアップ=エレキ代値上げになるがい~のw?とか、無い袖は振れぬのに減税するとおめえらが日頃キィキィ啼く高福祉にツケが回るのは確実だがい~のw?とか、出遅れ日本が少しでも優位となるべくの“待ち”ならともかく“却下”で日本が極東のガラパゴス化してもい~のw?とか、♂プレイと言うか米帝軍却下の願望叶い日本の生命線シーレーンが“国防空白地帯”となれば現在ですら侵略船展開をする支那人民“解放軍”による琉球侵攻の悪夢が現実となり琉球婦女子強姦輪姦や琉球男子奴隷虐殺なんて非道極まり無い事態 の挙句に“内地”も物資困窮の亡国状態とならん担保は何処に求めるんだよ自衛隊かw?と言うもうね、突っ込み所満載では河村やその下っ端如きで到底到達不可能な高線量エゴ放射脳は一味違う飛ばしっぷりであるw。

まともな国家なら斯様なマジキチと言うか売国奴と言うかズバリ国賊なんて『外国の手先』と指弾されて当然の話だが、日本は似非国家なので為政者は右が米帝ポチ左は支那蛆虫忠犬wで、役人はGHQのパシリwで、市民様は愚民だらけwの体たらくで、トドメにそんな糞共を言論でリードすべき“社会の木鐸”たるマスゴミと言えば報道利権をもたらす権力の犬wでしかないから報道より宴会に励んだ挙句に二次会はJD相手の痴漢プレイに励む屑wとか、『日本よ、此れが韓流だw!』とばかりに性犯罪が国技の蛆虫南朝鮮推しBS蛆に派遣された底辺の分際でJK相手に盗撮プレイに励みBS蛆広報からお褒めのお言葉を戴く名誉に与った糞虫wしかいやしねぇワロタw‥ってか本当に詰んでる日本wってのはよ、為政者・役人・市民様・マスゴミ、全部揃って似非でしか無い似非国家日本なので当然何もかも嘘八百で成り立ってるファンタジーな御花畑が今も満開って事でしか無いと言えばそれで終わっちゃう話だが、だからと言って民主主義国家の根幹たる金融政策報道まで嘘八百と言うのは如何だろうw?

メルマガ・10秒で読む日経!より
_______
今日のNews
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
●金融政策 なぜ論争に? 緩和策国債購入で確執

 日銀に「大胆な金融政策」を求める自民党の安倍晋三総裁の発言を受けて、市場は円安・株高に動いた。だが、日銀の白川方明総裁は、安倍氏の提案を「現実的ではない」と一蹴し、野田政権の閣僚らも相次いで批判している。

 Q 安倍氏の発言とは?

 A 大きく三つの論点があり、一点目は2~3%のインフレになるまで、日銀が無制限にお金を市場に供給し続ける金融緩和の必要性を訴えている。

 自民党の政権公約では2%と明記された。

 さらに日銀の独立性を保証している日銀法の改正や、国が公共事業を行う際 に必要な費用を調達するために発行する建設国債を日銀が全額買い取ることなどを求める内容だ。

 Q 白川総裁は反論しているね。

 A 特に問題視しているのが、国債の引き受けだ。お金を発行する権限のある中央銀行が、政府に言われるがままお金を刷って借金(国債)を買い取ることは、国が財政再建を怠り、借金頼りの体質が改善できなくなる恐れがある。つまり財政の規律を失う。

東京新聞  11月22日

●日銀の白川方明総裁は二十日、追加の金融緩和を見送ることを決めた金融政策決定会合後に記者会見した。最近自民党の安倍晋三総裁が主張する、日銀による建設国債の引き受けなど「大胆な金融緩和策」に反論した。

 日銀は、望ましい物価上昇率を2%以下のプラスとし、当面は1%を目指して、金融緩和を続ける事実上の「インフレ目標」を採用。だがデフレ脱却を最優先に掲げる安倍氏は目標を2~3%に引き上げ、無制限の金融緩和を実施するよう訴えている。

 これに対し、白川氏は3%の物価目標は「現実的ではない」と述べた。バブル期を含む一九八〇年代後半でさえ、物価上昇率は平均1・3%だったと指摘。

 「経済への悪影響も大きい」と語り、物価の動きに連動する長期金利が急に上昇してお金の流れが滞り、景気が冷え込むのを懸念した。

東京新聞  11月21日

__________
佐々木の視点・考え方
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
★昨日「上記記事をすんなり受け入れられた人は、ある意味、洗脳されている。」と書いたが、今日もまた同じ。 あなたは、記事中の誤りをいくつ見つけられただろうか。

 1つは、白川日銀総裁が2~3%の物価目標は「現実的ではない」と述べた事。

 なぜなら、2%±1%の目標は、イングランド銀行が実際に行ったものであり現在もFRBが2%の目標値を決めて実施している。

 なぜ、2~3%のインフレ目標を設定するかと言うと、現在がデフレ(物価下落)から脱出できないから。

 確かにインフレゼロが経済にとって好ましいが、デフレから脱出するのは難しくデフレが続いているため多くの人が失業し、雇用機会も減り、収入も減っている。

 私たちにとって必要なのはこの現状を抜け出す事。

 しかし、現在の日銀が設定する1%程度の目標では、付随政策が不十分に留まりデフレを脱却できないし、目標達成しても直ぐまたデフレに戻る。それだけデフレと言うのはたちが悪い。

 だから、イングランド銀行もFRBもデフレ時に1%のインフレ目標を掲げるのは意味が無いとし、2%のインフレにして初めて通常時の0~1%の物価上昇と同じ程度になると検証し、実際に2%のインフレ目標値を設定している。

 よって、日銀総裁の発言は嘘であり、日英中銀を侮蔑するものだ。

 もう1つの誤りは、国債の日銀引き受け認められないということ。

 なぜなら、日銀は既に毎年国債を直接引き受けているからだ。

 実際、昨年度は12兆円を直接引き受けている。

 日銀保有国債で今年度償還額の範囲内であれば、通貨膨張がないので、日銀引受が認められているのだ。

 だから、マスコミでは「禁止」と言うが、日銀総裁は「原則禁止」と逃げを打っている。

 昨年の例だと国債償還額は30兆円なのに、12兆円しか引き受けていないので差額の18兆円だけ市中のマネーを吸い上げるというデフレ策を行っている。

 よって、日銀が30~50兆円程度の国債直接引き受けをすることは、インフレに対して中立の政策を採っている事になる。

 多くの人が懸念する国債直接引き受けによるインフレは、引受額が百兆円を超える引き受けを何年も続けた後に起きるものだ。

 現状の議論はなますを吹いている状況なのだ。

 あなたは、正しくニュースを読めていますか?


情報の入手に当たっては正しい知識を持ち客観的判断をすると言うのは当たり前の話だし、当然情報発信者だってソレを前提で正しい情報の発信に努めるのも当然の事である、何たって報道次第で個人の人生から国家の行方まで簡単に左右されてしまう、それ故に報道は憲法ですら言論表現の自由で保障される一方で甚大なる社会的責任が求められる‥筈だが現実は真逆で憲法が保障するから言論の自由と言う建前を前面に好き勝手言いたい放題をするが責任は一切取らぬと言う下劣から、自前のエゴと言うか利権第一を守る為なら利権の犬である事が一番自分の都合に合致するし、情報を受け取る奴皆揃って糞馬鹿愚民だらけだからミスリード当たり前捏造上等兵と言う事の証明は上記のメルマガで見事暴露されてるのだがw。

この記事に関してヲレ的に遺憾極まりないのはこの下らんカラクリに気づいていたので週末にでも久しぶりに“珍しく真面目な話”カテゴリに掲載しようと思っていた矢先に“抜かれ”てしまった事である、しかも簡潔的確と来ればもはやヲレ如きの出る幕なんて全く無いバルスwってネタなんですケドね、本当マスゴミってヲレ如きでは追い切れぬ位に斯様な姑息な事を毎日しでかしてるのだが、このカラクリを見抜けた“市民”が愚民跋扈の似非国家日本の中で如何程いるのか?それ次第で“最後の審判”たる衆院選の行方は決まると断言するって辺りで今日の駄Blog終わりw。





オマケ:なろ君曰く『今度こそ飛ぶニダw!』

韓国ロケット「羅老」
29日の打ち上げ確定

 韓国教育科学技術部と航空宇宙研究院は22日、韓国初の人工衛星搭載ロケット「羅老(ナロ)」(KSLV-1)について、29日の打ち上げを決めたと発表した。

 打ち上げ予定時刻は午後4時から6時55分の間で、具体的な時刻は天候と宇宙環境を分析し打ち上げ当日の午後1時半頃に確定する予定だ。

 気象庁の週間予報では、29日に全羅南道地域で雨が降るとの予報は出ていない。

 教育科学技術部の関係者によると、先月26日の打ち上げ準備中に問題が見つかったためロシアから取り寄せた交換部品に今のところ問題はないという。

 このまま準備過程で問題がない場合、27日に本格的な打ち上げ準備に入り発射台に移される。

 羅老は2009年8月と2010年6月にも打ち上げられたが、2回とも軌道投入に失敗している。

 先月26日に3回目の打ち上げを予定していたが、1段目にヘリウムガスを注入した際にガスが漏れ、注入口の部品に破損が生じたため打ち上げは延期された。


イヤイヤ聯合ニュースさん、冒頭から誤報ですか?それとも‥

×韓国ロケット
○殆ど露助製


‥オマケに打ち上げだって準備に露助の手助けを要する“なろ君”を国産たぁクッソワロタwですがコレってやはり例の如くの“ウリナラマンセー捏造報道”なのでしょうかw?

そんなにホルホルしたいのでしょうかw?

世の歴史の諺に“真実は捏造出来るが事実は捏造出来ない”と言う格言があるのですけど、コレ如何なる屁理屈垂れ流し火病しても事実は打ち上げ“だけ”韓国で行われるロケットでしかありませんので今後じょっぱりのネトウヨに叩かれぬ内にコソッと訂正した方が宜しいのでは無いでしょうかw?

まぁ又、屁垂れ流しで延期と言うお笑いを世界に提供しようとするその努力は買いますがヲレの興味はですよ‥

なろ君とウォンの何れが先に飛んじゃうのかw?

‥と言う一点に尽きるのですけど、ど~なんだよ糞蛆虫南朝鮮亜人共!
関連記事
スポンサーサイト

【資料w】 石原慎太郎の本質が判り易いBlogを発掘したったぁwww ~似非憂国列伝~ 【コーキ涙目w】

2012年11月22日 23:58

先日亀井静香に『おめぇ一人で死ね!』と罵倒されたネタを晒したが、こんな所でも晒されてるので紹介しておく。

維新の怪、小林興起を公認せず。
石原慎太郎、またも小林興起を見殺しか


橋下徹と河村たかしの間にはずいぶん激しい確執があるようだ。

中日新聞:小林興起氏、減税に復帰へ 維新で公認得られず:衆院全国

小林興起氏、減税に復帰へ 維新で公認得られず

 減税日本に離党届を出し、日本維新の会への入党意向を表明した小林興起前衆院議員(比例東京)に関して、維新側が小林氏を衆院選で公認しないことが分かった。減税日本関係者が明らかにした。減税側は小林氏の離党届を代表の河村たかし市長の「預かり」としており、復帰を認める方向で調整する。

二十日に東京都内であった河村市長と維新の石原慎太郎代表のトップ会談で、両党の合流を断念する一方、石原氏に近い小林氏の維新入りを認めることで合意。これを受け、小林氏は二十一日付で減税に離党届を提出した。

小林氏を公認候補としない方針の維新に対し、減税側は「また約束をほごにするのか」と反発を強めている。石原氏が結成し、その後維新と合流した旧「太陽の党」が、減税日本との合流を記者会見で発表しながら、翌日に白紙化した経緯があるためだ。減税は維新への合流断念を受け、新たな第三極づくりを模索している。愛知5区や茨城3区など、減税と維新の候補者が競合する選挙区が出ており、双方が対決姿勢を強める可能性がある。

(中日新聞 2012年11月22日)



このニュースを知って直ちに思い出したのは、7年前に小林興起が石原慎太郎に見殺しにされた一件だ。

回想・「郵政総選挙」から「安倍政権崩壊」まで(2005~07年) - kojitakenの日記(2012年8月18日)より。

「減税日本」入りが報じられた小林興起で忘れられないのは2005年の「郵政解散」直後のテレビ番組。東京の豊島区か練馬区かの商店街で、「誰に投票しますか」とテレビのインタビュアーに訊かれた地元の買い物客のおばちゃんたちが「そりゃ私たちはなんたって興起さんよねえ」と答えるシーンが映し出されて、小泉純一郎に刺客を送り込まれていた元自民党タカ派議員の小林興起は相好を崩した。

それと同じ番組だったか、東京10区で誰を応援するかと訊かれた石原慎太郎は、小林興起を援護する発言をし始めたところ、スタジオの冷ややかな空気に凍り付いて二の句が継げず、「うぐっ」と呻いた。そして、それに続くはずだった小林擁護の言葉を呑み込んでしまったのだった。石原の小心さを象徴する出来事だった。

ついでに、自民党から公認されず刺客を送り込まれることが決まった亀井静香と平沼赳夫がうろたえるぶざまな姿が映し出された。亀井はほどなく立ち直って国民新党を結成したが、平沼は無所属のまま総選挙に挑み、ようやく5年後に「たちあがれ日本」を結成した。しかし、「立ち枯れ日本」と揶揄されるしょぼい政党で、頼りにしていた城内実は参加せず、与謝野馨にも逃げられる始末で、平沼は寂しい政治人生の晩年を送っている。(後略)


7年前に石原は、小泉純一郎ににらまれた小林興起を見殺しにした。今回は、「河村たかしの軍門に下った奴の『維新の怪』入りは認めない」と橋下が息巻いたのだろう。なぜって、小林は自他ともに認める石原の「直系」だから、石原が小林の「維新」入りを認めるはずもないからだ。だが、維新の党内での力関係において、どうやら石原は橋下に頭が上がらないらしい。

歴史は繰り返す。かくして、小林興起は再度石原に見殺しにされることになった。「維新の怪」公認ならともかく、「金持ち減税日本」の公認では小林興起の当選はほとんど不可能だろう。7年前に続いて小林が落選の憂き目を見ることはほぼ確実になった。

石原慎太郎の「人徳」のなせるわざだろう。


どうやらヲレの悪い予感がまたしても当たってしまった様だってのはですよ、太陽と維新の“合併”についてヲレはあくまで太陽が主体で維新なんて選挙対策パンダか政局鉄砲玉扱いで無ければ第二民主党、それも劣化民主党以外の何物でも無くなると懸念していたのだが、政治は数と言う現実の中で“太陽”の勢力だけの政権獲得に繋げる立ち回りは現実的では無い事も事実である、なればこその“合併”なのだが、この記事の語る所は‥

“太陽(正確には石原個人)”の方が蛆虫朝鮮尖兵ハシシタの顔見世パンダ化

‥と成り果てている現実である、まだ公示すらされぬ衆院選だが既に石原は戦わずして負け‥と言うか敵前逃亡の愚を犯したと言えるだろう。

政策自体も似非憂国と蛆虫朝鮮間の御都合主義的妥協でダッチロールし始め既に良識ある有権者から見放されつつあるが、ソレ以前の話としてこの政党は劣化民主党以外の何物でも無い事が証明されつつある上に、かつて田中角栄は自分の為政の障害にならぬ(つまり忠誠を誓う)子分については“実弾(銭)”始め徹底的に擁護し囲い込みに余念が無かった、つまり自分の生活(利権)は第一だが、それ故に“投資”について躊躇なんか全くしなかった事は田中の逝去前後に関わらず表沙汰になっているだけでもかなりのエピソードがある、ヲレが昨今“貧乏臭い乞食に政治家は無理”と書き続けるのは、人は恩に報いる本能を持つ以上、時には身銭を切る等の“投資という名の対価”を惜しみなく出す必要があるからだが、“維新”の場合はどうだろう?

真逆では無いか、“塾”に参加する所から銭搾取、“公認”されればみかじめ料を搾取、政策一つとっても“公”の大局で判断する事より“自分”の個人的な事を詭弁と言う名のメッキで多いゴリ押ししかしない、斯様な“政党”はこれまで日本では存在しなかった、そういう意味で“既存政党の習慣や為政を打破する”事には既に成功しているが、ヲレはこの後も折を見てこの資料みたいなエントリーを書き、そして問うだろう‥

この政党に自分の人生を委ねられるのか?

‥と言う事を、選挙投票用紙に書く文字は、後に最大四年間自分の人生を左右する“決断”をする事を意味する上に、その四年間は更に先の自分の人生や次世代の人生も左右すると言う重大な責任を背負う“覚悟”を求められるのであって、一時の感覚(ノリ)で適当出鱈目に書いて文字通り票を投げる“投票”と言う名の白紙委任状を出す愚を行う事では無いと言う事だけは書いておく‥と言ってもおめえら馬鹿の上に糞まで付けても足らんレベルの愚民にして米帝の与える平和だの繁栄だのの餌を貪る位しか能無しのヤプーだから入れちゃうんだよな、似非維新にw。


参考:コレも読んで欲しい
田中角栄の知られざる逸話
「約束を守る政治家」

関連記事


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。