スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【嘘八百w】 次期総理wの“韓流”はきれいな“韓流”www 【岸のDNA健在ww】

2012年11月18日 23:27

似非憂国石原がその“似非”っぷり大発揮で平沼から“立ち腐れ日本”を掠め取り“太陽の党”としてデッチ上げ、ソレを土産に蛆虫朝鮮尖兵ハシシタと“野合”して大発揮、後世の歴史家口を揃え『この際だから葬家党とも“合体”し、ついでにレイユウさんとダイサクさんも“合体”させて政界宗教界共に大変革しちまえw』と大爆笑した頃、『コレからは漏れもジィさん見習って半島利権を一手に握るぜ!』と行きつけの蛆虫朝鮮料理店で焼肉に舌づつみに興じてるんだがw。

たかが3500円カツカレーでガタガタ祭り騒ぎをしたマスゴミは何故かこのネタについては随分淡白だったりスルんですけどソレはさておき、普段散々蛆虫叩きに興じるネトウヨの方々もこのネタについては触れて欲しくない様で随分淡白どころか開き直って『パスタ喰ったらイタリー流カヨ?』と言い出す始末。

マスゴミにしろネトウヨにしろコイツ等揃って日本と蛆虫南北朝鮮が戦争してると言う事実認識無さ杉ワロタw、仮にコレが1941年暮れに米帝大統領が『スシバー最高にクッソワロタw、もまいも喰えテラワロスw、Yes we can , HAHAHA!!』な~んて言い出したら、ど~なるかw?‥って事なんですケドね。

要するにアレよ、マスゴミは下手にこのネタに触れちゃうと“行き過ぎたナショナリズムw”を誘発しちゃうとビビりまくり、ネトウヨに至っては噴飯物な事に日本をしい国にすると大張り切りでハァハァ鼻膨らみ切ってる安陪のボンの“韓流”は綺麗な“韓流”と言う、双方見事なまでの御都合主義と言うか‥

エゴ満開w

‥なんですが、現在支那様が尖閣周辺に3000t級の“似非巡視船”を派遣するとかしないとか言う、上手く立ち回れば日本の悲願wたる自主独立を講じる絶好のチャンスを与えて下さる時にコイツ等揃ってこんな体たらくワロタw、そんな大中華思想で地球に一つだけの花wを咲かすべく日々努力をする支那様だが、彼の国の伝統芸代表作に“爆発”があるのだが昨今はソレに並ぶ勢いで“破裂”ってぇのもありましてもうね、支那では政治的軍事的に爆発や破裂なんて当たり前になっちゃってる今日この頃ですので人間だって破裂ぐれぇスルと言う今日の駄Blogはお笑いだけデスけど読んで下さいよw。

肛門から高圧空気、結腸破裂…服のほこり払おうとして=広州

 広東省広東市内の工場で、従業員が工場内で動力用に使っている高圧空気で服の汚れを払おうとしたところ、手元を誤って高圧空気が肛門内に入った。同従業員は結腸が破裂する重傷を負ったが、一命を取りとめた。中国新聞社が報じた。

 重傷を負ったのは26歳の男性従業員。工場名は明らかにされていないが「大企業」という。作業員によると、「肛門内に高圧空気が入った時には特別な感じがしなかったが、しばらくして腹部内が猛烈に痛んだ」という。同僚が同従業員を市内の中山大学第六医院(病院)に運んだ。

 コンピューター断層撮影装置(CT)スキャンで調べたところ、腹腔(ふくこう)内に大量の空気が入っており、肝臓や胆のうなどほとんどの内臓が強く圧迫されていた。医師は「きわめて緊迫した状態」と判断し、ただちに手術することを決めた。

 執刀した楊祖立医師らによると、腹腔にメスを入れたとたん「ボン!」という音がして空気が噴出してきた。同じく手術を行った王暁学医師によると結腸が爆裂して内容物が腹腔全体に飛び散っていた。そのため、腹腔内の洗浄を繰り返し、感染症の発生を予防した。

 最終的に「腹腔内の状態が安定した」と判断できてから、結腸を縫合した。午前0時ごろに開始して午前6時までの「大手術」になったという。

 重傷を負った従業員は集中治療室で4日間、「経過観察」の処置となった。その後、飲食もできるようになった。さらに観察を続け、問題ないと判断されれば退院できる。

 医師によると、高圧空気の流入で、結腸は瞬間的に破裂したと考えられる。不幸中の幸いは、他の内臓が傷ついたり、横隔膜に穴が開いていなかったことで、「もう少し状況が悪かったら、命が危なかった」という。

 王医師によると、これまでにも圧搾(あっさく)空気で腸を損傷させた患者を治療したことがある。自動車修理工場の従業員で、タイヤに充填(じゅうてん)する空気を肛門から入れてしまったケースだった。今回は空気圧が高く、さらに危険な状態になっていたという。

 王医師は「労災防止を強化してほしい。機器類は、規則通りに使用してほしい」と述べた。


記事にもあるが以前にもこの国では自転車の空気入れでケツ穴から空気注入をした馬鹿が居たのだが、コイツの場合は馬鹿と言うより間抜けな上に高圧とは言え空気が勝手に直腸内に入るぐぇれに‥

ケツ穴ガバガバで
『アイヤーw!』

コレが蛆虫朝鮮なら当然『アイゴーw!』
‥って支那でのケツ穴ネタと言えば“ウナギ挿入”とか“キュウリ挿入”とかとにかくケツ穴に何でも挿入ってもうね、ケツ穴は“出す”のが本来の機能であって“挿入”は想定外だからwww‥ってぇ事だけ書きたかった今日の駄Blogは手抜きの上にタイトル詐欺一歩手前をヤラかしつつ終わりw。





オマケ:大東亜で米帝に負けた後は米帝ポチとして“御都合主義的に与えられた平和”を貪り支那に対しては常に従属の平和を懇願する御花畑似非国家日本とは桁違いなまでに、“ごく普通の国家”としてかつて米帝すら撃退し、今支那と激闘真っ最中のベトコンの末裔だってコレは痛いwってか‥

てぃ~むぽ喰い千切られたら
サァ大変w!


記事によると“これまで人を攻撃する魚はいなかった”とあったのでヲレは思ったのである、チベットで民族浄化を“解放軍”を駆使し日本を除く全世界レベルで非難轟々の的になっちゃってる支那が、『コレならバレずに民族浄化が可能アルw!』と放流した生物兵(ry
関連記事
スポンサーサイト


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。