スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【隗より始めよと主張した新聞が‥】逃げてるのは国賊電力や為政者だけか?【今や不作為の先頭ワロタw】

2012年04月30日 23:59

蛆虫のマジキチ振りが止まらないってかソレが奴等の通常運転なのかも知れないが‥日本が似非国家として怠惰にダラダラあらゆる事に対して真剣に向き合わなかった結果、飼い犬の躾をキチンとせねば自分の身に災難が降りかかるの如く『ウリの東にあるから東海ニダ!』ゴリ押しを謀ったが似非国家日本に人工顔面人形のゴリ押しは成功したがまともな国家郡の集まりであるIHOにそんな餓鬼の駄々捏ねみてぇな屁理屈なんて通用しねぇと見事に却下を喰らったのだが、蛆虫なだけに人類の道理なんて全く通用しねぇクッソワロタw『ならば平和の海ニダ!』手前等がその平和最大の障害と言う事を全く自覚しねぇんだからテラワロスw、挙句の果ては『東海捏造電子地図を世界にバラ撒くニダ!』ITテロ宣戦布告宣言までしやがる、まぁ元々竹島侵略簒奪漁民虐殺犯罪国家だし、この際だから文民拉致犯罪国家の北蛆虫と合わせてこんな亜細亜最悪の悪性腫瘍みてぇな半島まるごとペルシャ湾辺りにワープさせてぇ、こんな下らん蛆虫エゴ一発でIHO大迷惑なんだが、韓流ババァがキィキィ屁理屈並べ騒ぎ立てても蛆虫朝鮮に関わるとロクな事が無いのヲレ様格言は間違って無いw‥って話はさておき、日本近海で悶着を起こしてるもう一つの国家の支那では独裁国家伝統芸の人権屋劇場が演出に米帝を招き開演される予定だったのだが、今回は主役が『舞台はブロードウェイでは無くて故郷に錦を飾りたいィィィッ!』な~んて言い出しちゃったから‥
サァ大変w
‥『折角ブロードウェイの一等地にセキュリティ完璧な宿まで手配し、一流演出家の24時間体制演技指導で見事なお涙頂戴人権劇場を展開する予定だったのにィィィィィッ!!』とヒスるクリントンのババァの怒髪天ぶりを見ちゃったのか知らんが止せばいいのに『公演の売り上げ次第では米支那関係ヤバスw』と例の如く実は人権なんかより手前等の為政第一と言うアレよ、日本でも蛆虫北朝鮮の文民拉致事件を指して『有耶無耶な利権国交正常化の障害』なんて腐れ切った社説を垂れ流した朝日新聞の例があったろうが、国家ってぇのは特にソレが民主主義国家の場合は民衆がシッカリと自分が社会の基礎であると言う自覚を持って日々考え実行すべきだが、その手を少しでも緩めた途端に国家の主権は民衆から利権受容者の手にすり替わっちゃうと言う歴史の教訓知ってる糞馬鹿愚民?‥って事が良く判る駄Blog読めよw。


中國新聞社説
東電「実質国有化」へ 誰のための救済なのか


 東京電力と原子力損害賠償支援機構は、福島第1原発事故に伴う今後10年間の経営改革の具体策、「総合特別事業計画」をまとめた。政府は1兆円の公的資金注入に応じる代わりに、議決権の過半を握る。

 東電は破綻処理されず、「実質国有化」されるという。聞き慣れない用語だが、つまり「公的資金による救済」である。

 しかし、救済されるべきはまず、原発事故の被害者たちである。はじめに再建ありき、ではなかろう。この点、政府と東電は肝に銘じてほしい。

 今回の事業計画は前提として、家庭向けの電気料金10%値上げや柏崎刈羽原発(新潟県)の2013年度中の再稼働などを挙げている。

 しかし、大口向け電気料金値上げでは、西沢俊夫社長の「値上げは権利」発言もあって批判を浴びた。家庭向け値上げがさらに反発を受けるのは必至だ。消費者庁は勧告も念頭に、申請には厳正に対処するという。

 柏崎刈羽の再稼働を持ち出すのもどうだろう。関西電力大飯原発(福井県)でさえ批判にさらされる中、事故の当事者が何を言い出すのか、疑問に思う声が出ても不思議はない。

 確かに運転停止した原発に替わる火力発電の燃料コストは電力各社に重くのしかかる。東電と原発を持たない沖縄電力を除く電力8社のうち7社が、火力燃料コストの増加が主因で最終赤字に陥った。原発再稼働頼みに傾きがちである。

 しかし、柏崎刈羽は中越沖地震で沖合海底の活断層が判明した。福島の事故の原因究明も終わっていない。エネルギー基本計画の見直しの中で原発の位置付けも決まっていない。

 原発再稼働を再建の前提にするのは考え直すべきだ。

 東電には福島事故の賠償に加え、放射性物質の除染、廃炉という難題が待ち受ける。事業計画では10年間に3兆円を超す規模の経費削減を進め、費用捻出するという。それでも総費用が最終的にどこまで膨らむかは分からない。

 経営改革では外部から東電新会長に就く下河辺和彦氏の手腕が試される。

 社内組織の一部を分社化し、独立採算の「カンパニー制」を導入する。取締役の数も減らし、過半を社外取締役にする米国型の「委員会設置会社」に移行する。経営の透明性を高めようとする姿勢は評価できよう。

 ただ、リストラは「現場力」の維持との兼ね合いで進めることも必要かもしれない。

 日本の電力事業は発送配電一貫体制に裏打ちされた系統運用能力、停電を回避する能力の高さに特徴がある、とみる識者もいる。こうした現場力が廃炉などの工程に生かされる改革であってほしい。

 1950年代以降の日本は9電力(後に10電力)体制によって「公益民営」を貫き、高度経済成長に寄与してきた。東電の実質国有化はその戦後史で前例のない事態であり、電力業界は固唾(かたず)をのんで見守っている。

 今後は電力市場の自由化や発送配電分離の議論が現実化し、新規参入の門をたたく異業種企業の動きも活発化するだろう。

 しかし、まずは原発事故被害者の救済と事故の真の収束。そのうえでの電力改革、業界再編であってしかるべきだ。



北海道新聞社説
東電事業計画 公的資金の重み自覚を


 東京電力と原子力損害賠償支援機構が、東電の経営改革を進めるための「総合特別事業計画」を政府に提出した。

 政府は支援機構を通じて東電に1兆円を出資し、実質国有化する。

 事業計画には公的資金の資本注入のほか、金融機関による約1兆円の追加融資、10年間で3兆3千億円規模の経費削減などを盛り込んだ。

 ただ、経営再建の前提になっているのは柏崎刈羽原発(新潟県)の再稼働と家庭向け電気料金の値上げだ。いずれも批判や不満が出るのは避けられず、改革の先行きは険しいと言わざるを得ない。

 東電の財務状況は福島第1原発事故以降、悪化している。公的資本注入は債務超過への転落を防ぎ、被害者への賠償金の支払いを円滑に行うためだ。

 枝野幸男経済産業相は近く事業計画を認定する見通しで、これで原発事故による東電への公的支援は合わせて3兆5千億円を超える。巨額の公費をつぎ込む重みを東電は真摯(しんし)に受け止めなければならない。

 東電がなにより取り組むべきは、原発事故の早期収束、迅速な損害賠償、電力の安定供給である。東電の経営に関与することになる政府も同様の義務を果たす責任を肝に銘じてもらいたい。

 事業計画で家庭向け電気料金は7月から10%引き上げることを明記した。しかし株主の責任や金融機関の貸し手責任を不問に付したまま、利用者に負担を求める姿勢は納得できない。

 柏崎刈羽原発は2013年度から順次再稼働させることを見込んでいる。ただ、新潟県知事は再稼働に対して「話をする段階にない」と慎重だ。地元の原発に対する不信感を見極めた上で、あらためて対応を検討する必要があるのではないか。

 組織の見直しでは「送配電」や「燃料調達・火力発電」などの部門を社内分社化するカンパニー制を導入する。独立採算で運営して事業の効率化を高めるのが目的だ。

 政府は電力改革の一環として発電と送配電の事業を分ける発送電分離の可能性を探っているが、社内分社化はその布石でもあるようだ。

 発送電分離は電力市場への新規参入を促し、値下げにつながる効果が期待できる。他の電力会社の先鞭(せんべん)をつけるべきだ。

 事業計画を遂行するためには廃炉を含めた原発事故関連費用を大枠でも固めることも必要だろう。費用が不明のままでは今後どれだけ公的資金が膨らむことになるのか納税者の疑問は残る。東電と政府に情報開示と説明責任を求めたい。



北海道新聞は例の如く反日国賊繋がりの脱原発一直線なので『とにかく被害者救済第一』と言う論筋で、中國新聞は発送電分離に期待する一方で説明責任が足りんとの論調だが、共通している事項として指摘せねばならんのは共に国賊企業東京電力存続ありきが本音でその為に脱原発だの説明責任だのの愚民誤魔化し社説を垂れ流し、結果として電力利権存続に力を貸していると言う点である、ソコにはこれまで一年以上もの間に行わなかった福島第一原発事故が如何にして事件化したのかと言う徹底的調査を求めなかった事や、当然調査結果が無いので仕方が無いのかも知れぬが政府と国賊企業東京電力の責任割合議論を一切実行していない事、これらについての自己統括が一切(この二紙に限らずマスゴミ全体として)無い内に有耶無耶のまま自分達は民衆の味方・民衆の声を代表してると言う嘘八百を並べてる点に尽きる、簡単に書けば上っ面で利権批判はするが実体は利権擁護を行っていると言う詐欺報道と言う事だ、まぁソレでも民衆が御花畑の真っ只中で自分の不幸を全く認識してなければソレはソレなりに幸せかも‥

産経新聞・主張
東電事業計画 原発再稼働で負担減らせ


 東京電力と原子力損害賠償支援機構が総合特別事業計画を枝野幸男経済産業相に提出した。政府が東電に1兆円の公的資金を注入して一時国有化し、今後の事業収益で長期返済する計画だ。

 これで、政府は東電の経営に責任を持つことになり、これまでのような「東電任せ」の逃げの姿勢は許されなくなる。福島第1原発事故の賠償を促進し、原発再稼働などにより安価で安定的な電力供給体制を確立する責務があることを自覚しなければならない。

 計画では、政府が支援機構を通じて東電株の議決権の50%超を取得し、筆頭株主として経営改革を主導する。勝俣恒久会長と西沢俊夫社長が退任し、新会長には支援機構の下河辺和彦運営委員長が就く。産業界などから迎える社外取締役が過半数を占める役員構成に改め、企業統治を強化する。

 10年間で人件費など3・3兆円という、当初よりも7千億円近く積み増した削減額を計上したが、グループ企業の統廃合などで一段の圧縮に努めるべきだ。7月からの家庭用料金の値上げや柏崎刈羽原発の再稼働も盛り込んだ。

 平成25年度に黒字化するとしているが、東電を取り巻く厳しい環境を考えれば楽観はできない。

 4月の企業向け値上げでは事前説明の迷走で反発を買い、原発事故と事後対応で失墜した東電への信頼はさらに落ちてしまった。

原発停止に伴い火力発電を焚(た)き増しして燃料費が嵩(かさ)み、一定の値上げはやむを得ない事情があるにせよ、安易な値上げは許されないだろう。徹底した合理化と丁寧な説明が欠かせない。

 新たに取り入れる社内分社の仕組みには注目したい。事業ごとに収益を管理して社員のコスト意識を高めるもので、社内への競争原理の導入につなげてほしい。

 そうした地道な取り組みで信頼を回復しない限り、東電再生は難しいと認識すべきだろう。

 公的資金を使う以上、経営の監視は必要である。だが、過剰な介入は活力を損ないかねない。政府には発送電分離などの改革を目指す動きもあるが、現下の電力不足の解消を最優先すべきだ。

 政府はこれまで、東電1社に原発事故の賠償や収束の責任を押し付けてきた。一時国有化を機に従来の態度を改め、原発再稼働への環境整備に「一体」となって取り組むべきである。



ここまで実も蓋も無い論を見る機会は中々無いw、『これまで東電任せの“逃げ”の姿勢』で、あの時、成すべき事を全く成さなかったどころか文字通り逃げていたのは政府だけでは無くて上記でも書いたが社会の木鐸たるマスメディアも斯様の体たらくだったのでは無いか?自分達の不作為は棚に上げ、政府や国賊企業東京電力と共に怠惰に、しかし何とかしてと言う“逃げの姿勢”だけは大発揮した結果、犯罪加害者達は責任逃れに成功した上に国税投入で生活第一も確保したが、何ら無実の被害者は放置され今も困窮な暮らしと先の見えぬ将来に怯えていると言う中で『原発無ければ油燃やすがその費用が嵩むので電力料金値上げは止むを得ない』と言う言質がどの口から出てくるのかヲレには全く理解不能領域の暴論としか言い様が無いし、本当に実も蓋も無い駄文と言うのはこういうのを指すのだと呆れるばかりである。

原発再稼動は今後の日本にとって避けられぬハードルである事は間違い無い、まさか原発吹っ飛びましたので今後は油燃やしたり水車回したり、他の発電方法によるエレキを買ったり‥と言う幼稚な発想で国家エネルギー政策を実行されてはたまった物では無い、燃やす油代は産油国やオイルメジャー及びその所属国の都合の言い値で買わねばならん現状があるわ、水車回すにはダムが必要だがデッチ上げるには環境屋相手の面倒臭いシノギとして膨大な費用と時間を要するので現状が事実上上限だわ、他の温泉だの風車回すだのは営業発電設備としては未熟で、クリーンと反核屋御推薦の太陽光は発電コストが他の発電方式の価格より高いと言うかほぼ倍額と昨今駄Blogでも指摘した利権の温床と言う指摘がある、更に加えてスマートメーター(スマートグリッド)利権まで言われてる中、原発撤廃の選択肢の対価は単純に電気使用量金高騰化のみならず国家を支えるエネルギーを他国に押さえられると言う日本経済衰退覚悟の国家的自殺行為を伴う事であるのは論を待たない、故に原発再稼動は必須であるし急務でもある。

しかし産経の論の如く此度の事件について何ら統括どころか実態調査も無い時点では、当然今後の原発運営の新たなる規格化すら見いだせないと言うのも論を待たないのでは無いか?第一設備不備を幾度も指摘されながら無視した結果が此度の事件要因の一つと言われてる中、その設備不備をもたらし放置した“一私企業”に今後の国家存亡を担うエネルギー政策の中核を再び担わせると言うのは全く歴史に学ばぬ愚考にして愚行の極みとしか言い様が無いのも論を待たないのでは無いか?

つまり今言論者が言うべきはお気軽で有耶無耶な原発再稼動ありきでは無く、厳しい茨の道だが乗り越えねばならぬ統括ありきを世に問い、為政者や国賊企業東京電力みてぇな犯罪者のケツを叩きまくって少しでも日本の本当の再生への道筋を構築させる事では無いのかと言う事だ、人間の行いなのでしくじりと言うのは絶対ある‥というより人類の歴史なんてしくじりの歴史と言い換えても全く差し支えは無いだろう、しかし人類はその都度しくじりから学ぶ事は怠らなかった、故にとりあえず人類文明は存続し続けているのであり、此度の事件についてもまだ取り返しが可能な今の内にしくじりの歴史から学び脱却するべきであり、その為に越えねばならぬのが統括では無いか?

曰く事実確認と責任追及である、ソレを回避したい、面倒な事は見なかった無かった事にしたい、人間なんて愚かな生き物なのでそう思いたい気持ちは誰にでもあるだろうが、皆が皆その体たらくであっては社会と言うのは成り立たぬのである、利権と言う甘い汁を吸う事が出来る特権階級に属する者はその利権を支える筈の責任から逃げてはいけないのだが、その無理難題を文字通り無理矢理に通そうとすれば有耶無耶で見た目は解決したがの如くを装うしか無くなる、ソレが現在の日本の現実では無いか?

その程度の事をせずにコレまで怠惰に不作為で国を誤らせ続ける輩が為政だの言論だのを牽引する日本亡国の実態を、かつてメザシを喰いながら行革を引っ張り実を実らせた故・土光敏夫氏はこの体たらくな日本を見て如何なる思いなのかヲレには想像すら出来ぬ、かつて産経新聞が実行した行政改革キャンペーンのキャッチコピーは『隗より始めよ』だったのだが、あの新聞社も代紋背負う奴が変わった途端にただの権力利権ポチ新聞と堕したとこれまでもそう思っていたがこの実も蓋も無い駄文を読んでその判断に間違いは無かったと落胆するばかりである‥ってぇな事を延々と書かれて悔しかったら高級取り分の仕事ぐれぇしろよ腐れマスゴミ!

責任を背負わぬ行いに実無し、とは良く言った物であるが今日晒したマスゴミなんてその典型例だよなぁ、為政者や国賊企業東京電力はまだ責任追及が可能なだけマシだがコイツ等は言いたい事をその場凌ぎ的に適当提灯書けば一丁上がりで誤報不祥事があってもコレまた提灯謝罪を下っ端にさせてワン・ツー・フィニッシュなんて数ある日本の利権893の中でこれ程に楽勝万歳なシノギはねぇだろう、ヲレは生まれ変わったら絶対マスゴミ屋になると決めたのである‥って辺りで今日の駄Blog終わりw。



オマケ1:しかし『隗より始めよ』もここまで‥
デフレで価値が下がるw
‥とは土光さんも思ってなかっただろうなぁw、言ってる事は決して間違ってるとは思わねぇんだケドよ、同じ言葉でもコイツが言い出すと薄っす~いわ、軽っる~いわ、何より何でも斜め見する癖がw。



オマケ2:瓦礫利権営業に奔走中のモナ男に朗報、瓦礫の堤防化たぁ考えたが何と言ってもこの利点は‥
土建利権とコンボw
‥モナ子の乳揉むしか能無しとオモタら利権開拓の才能がw‥って学者のアイデアをパクっただけw。


オマケ3:判ってても垂れ流しの不作為ってこういうのを言うんだよ
その場凌ぎは産経も同じw
‥東電清算の一言すら言わず、『国民にツケが』とヒステリックをミスリードするマスゴミの責任は誰が追及するのか?
関連記事
スポンサーサイト

【資料】台湾の親日には歴史的なワケがある

2012年04月30日 19:54

【中国ブログ】台湾親日には歴史的なワケがある(1)

■日本に対し「何日君再来」と感じる台湾

 中国人ブロガー「耗子的窩(ハンドルネーム)」はこのほど、自らのページに「何日君再来―台湾親日情節的根源(何日君再来―台湾親日感情の根源)」と題する文章を発表した(写真)。台湾では対日感情がかなり良好だ。一方、中国大陸では台湾の親日感情を「媚日」とする批判が強い。「耗子的窩」さんは、日本の台湾統治は中国で伝えられているように「残虐な抑圧」に満ちていたものではなく、住民のために尽くした日本人がいたことが、台湾にある親日感の「歴史的理由」と主張した。長大な文章なので、複数回に分けて紹介する。

 タイトル中にある「何日君再来(いつの日に、君、ふたたび来る)」は、1937年に上海で製作された映画『三星伴月』の挿入歌。発表直後から大ヒットし、現在でも歌い継がれている。日中戦争期、日本占領下の北平(現・北京)で、民衆が蒋介石が日本軍を追い払い、再び北京に戻ることを願う「抵抗歌」として歌ったとの記録がある。

  しかし「耗子的窩」さんは、多くの台湾人の親日感を表わすために、「何日君再来」の言葉を使った。

■住民に尽くした台湾統治の日本警察

 日本は日清戦争の賠償の一部としての清朝から台湾の割譲を受けた。当初は抗日運動が盛んだったが、1902年ごろまでに、ほぼ治まった。

 「耗子的窩」さんは全文を通じて、筆者は日本の台湾統治には見事な面が多かったと主張した。まず、大陸では多くの人が日本統治下の台湾は、極端な「警察国家」体制だったと思っているが「誤解だ」と指摘。日本がまず派遣したのは憲兵3400人と警察官3000人だったという。

 その後の人口増で計1万人程度に増員されたが、「こんなに少ない警察力で、台湾では『落し物を着服する人もなく、夜も家に施錠の必要がない』ほど治安がよくなり、しかも社会は急速に現代化した」、「この事実に、われわれが学ぶ点は実に多い」と主張した。

 清朝時代の中国には衙役と呼ばれる現代の警察官に相当する役職があったが、住民保護などを根本的な目的とする現在の警察とはほど遠い存在だった。「治安維持」や「犯罪取り締まり」も支配層のためだったので、庶民にとっては「抑圧の道具」にしか過ぎなかった。しかも、私服を肥やそうと住民に金品などを要求することが日常茶飯事だった。

 「耗子的窩」さんは「日本の警察官は、正反対だった。厳しい試験を通じて採用し、山間部や離島で勤務する場合には、住民の医療問題も手がけた」と紹介した。

■ペスト患者を守り、殉職した日本人警官

 台湾で、日本の統治に最後まで抵抗したのは、当時、「高砂族」と呼ばれた先住民だった。1920年代になっても「霧社事件」などが発生し、山間部で勤務する警察官は危険にさらされていた。いつ「首狩り」の対象になるかも分からなかった。筆者は、それでも奥地に赴任し、住民のために尽力した日本人警察官の例を挙げた。

 武冨栄蔵がタイヤル族(台湾先住民のひとつ)の集落に赴任したのは1914年。現地ではペストが流行した。武冨は私財を投じて隔離・治療施設を作った。現地が猛烈な嵐に嵐に襲われた時、不安になり帰宅を求める収容者に「今、外に出たら、かえって危ない。私は拝命して任に当たる日本の警察官だ。住民保護は放棄しない。どうしても帰るなら、私を殺してからにしろ」などと説得を続けながら、嵐の中で破損した屋根などを修理した。

 嵐が去った後も武冨は収容者の手当てを続けたが、自らもペストに感染して死亡した。

 武冨栄蔵は現地で「神」とされた。廟が立てられて参拝の対象になった。

**********

◆解説◆

 上記ブログページの記載によると、筆者は1984年生まれの女性。出身は上海市で、現在も上海在住。勤務先は政府・軍・公共サービス関係という。

 本文では、日本統治下の台湾について相当に詳しい記述が目立つ。この後に続く部分でも、中国で取り上げられることが多い「日本の残酷な統治」については触れなかった。筆者は、「台湾には日本支配への抵抗があった一面で、志願兵もいた」、「長期にわたり抑圧された面もあったが、日本に対する反感を呼び起こす目的で歴史の暗い面だけを取り上げるわけにはいかない」と主張した。

 「耗子的窩」さんはこれまでに、南京事件についても「死者30万人はありえない」、「日本では左翼系の学者が中国人研究者と協力して研究を進める動きがある。論戦には根拠が必要と考えるからだ。ところが、中国では30万という数字を前提にして論を進めるだけ」「数字は必ず増え続ける」、「中華人民共和国成立100周年には、犠牲者100万人と発表されているかもしれない」などと、厳しく批判した。同文章は、中国国内で猛反発を受けた。

 「耗子的窩」さんのブログに対しては「こんなこと、ネットで発表しちゃ危ないよ」などの意見書き込みもある。




【中国ブログ】台湾の親日には歴史的なワケがある(2)

■台湾人のために尽くした日本人は、まだいる

 「耗子的窩(ハンドルネーム)」さんが、自らのページで発表した「何日君再来―台湾親日情節的根源(何日君再来―台湾親日感情の根源)」の第2回。日本の台湾統治は中国で伝えられているように「残虐な抑圧」に満ちていたものではなく、住民のために尽くした日本人がいたことが、台湾にある親日感の「歴史的理由」と主張した。長大な文章なので、複数回に分けて紹介する。

 1895年から始まった日本の統治時代、台湾人のために尽くした日本人のエピソードは、まだ続く。「耗子的窩」さんが次に紹介したのは、台湾志願兵2000人の命を救った日本人の話だ。

■自らは自決し、2000人の台湾人志願兵を救う

 広枝音右衛門は1905年生まれ。1943年に日本海軍巡査隊隊長になり、台湾人志願兵2000人を率いて、フィリピンのルソン島に赴任した。米軍の猛攻を受けたフィリピンの日本軍司令部は将兵に手榴弾を配り、玉砕を求めていた。広枝は命令に背き、米軍と交渉して投降すれば危害を加えないことを確認した上で、配下の台湾志願兵に、「台湾人は戦争とは本来無関係だ。ここで死ぬな。責任は日本人である私が負う」と言い、自決した。台湾志願兵2000人は米軍捕虜となった。

 戦後、国民党による統治が始まった台湾では、長期にわたる戒厳が敷かれ、戦前の日本との関係を語ることは難しかった。戒厳がやや緩和された1986年、広枝の元部下は広枝夫人に、音右衛門自決の地の土を送った。

■総督府の課税に抗議して自殺した日本人

 森川清治朗は警察官として台湾に赴任。読み書きできる人もほとんどいない、貧しい村だった。森川は私費で教師を招き、学校を開設した。その後、台湾総督府は徴税の厳格化を進めた。たばこや塩、樟脳(しょうのう)の専売化を進め、小規模な漁業にも課税した。

 貧しい村には負担が大きすぎる。森川は行政府に免税を嘆願した。しかし、行政長官は課税に反対する村人を扇動する行為として森川を処罰。森川は抗議の遺書を残し、自殺した。1903年のことだった。

 「耗子的窩」さんはその他、日本軍の戦闘機パイロットの杉浦茂峰中尉のエピソードも紹介。1944年10月12日に米軍機迎撃のため空戦を行ったが機体に被弾。機を捨て上空から落下傘降下すれば助かったはずだが、自機を滑空させ村落の密集地帯への墜落を避けた。海に墜落して戦死したという。

 以上の逸話に登場した日本人を、現地住民は神として崇め、霊廟も作った。森川の場合には、死後20年たった1923年に現地で脳膜炎が流行した際、地域を管理する地位にあった李九の夢に警察官の姿であらわれ、「排水溝を清掃せよ。飲み水の衛生に注意せよ」と告げたとのエピソードもあるという。

 「耗子的窩」さんは台湾における日本人の行為を紹介するエピソードの次の部分で、「仲間」と「相手」を区別する基準として民族の概念が導入されたのは、人類の歴史では比較的新しいことだと主張。日本統治時代に台湾の庶民には存在しなかったと主張した。(続く)

**********

◆解説◆

 「耗子的窩」さんが紹介した日本人の逸話は、おおむね台湾人評論家の黄文雄氏の著作にもとづくと思われる。中国大陸で黄文雄氏は、中国侮辱を繰り返す台湾独立派として、「媚日忘祖」などと厳しく批判されている。

 「耗子的窩」さんのブログには、いわゆる「南京大虐殺」についても、中国公式発表の犠牲者30万人は「捏造(ねつぞう)」と論じるなど、中国では極めて珍しい主張が多い。

 なお、操縦が困難になっても民家などへの墜落を最後まで回避した旧日本軍パイロットの逸話は、台湾だけでなく日本国内にもある。グライダーにも似た滑空は、主翼の大きさに比べ機体全体が軽い(低翼面荷重)、当時の日本軍機ならではの技だった。もちろん、死に直面して住民保護を優先して行動するために、高い使命感と精神力、技術力の裏づけが必要であることは、言うまでもない。




【中国ブログ】台湾の親日には歴史的なワケがある(3)

 「耗子的窩(ハンドルネーム)」さんが、自らのページで発表した「何日君再来―台湾親日情節的根源(何日君再来―台湾親日感情の根源)」の第3回。第2回までに紹介した「台湾のために尽くした日本人のエピソード」に続き、今回は最終回として日本統治下の台湾を「支配民族・被支配民族」の対立構図で理解するのはおかしいと主張した部分などを紹介する。

■支配民族・被支配民族の対立構図は本当か

 「耗子的窩」さんはまず、日本統治下の台湾で、「支配民族に対する被支配民族の抵抗」の構図があったとする考えに反論。そもそも、民族という概念は、新しく人工的に作られたものと主張した。「以前は陝西の黄土地方を耕す農民が、万里の彼方にある台湾人に対して、同胞意識をもつことがあっただろうか」として、日本統治下の台湾住民が、民族意識に燃えて反抗したという、中国での一般的な見方を否定した。

 同胞(民族)意識については「生まれながらにあるものではなく、綿密で精細な教育の過程で生み出されるものだ。日本が台湾を統治していた時代、現地の農民や漁民が大陸の住民に対して強い同胞意識を持たなかったのは、理の当然だ」として、台湾で民族意識による抗日が発生したとの歴史観を退けた。

 また、中国政府は早い時期から「中華の美しい自然の主人はだれだろう。それは、われわれ4億の同胞だ」などと教育したが、「中国人としての意識などなかったからこそ、教育した」、「もともと存在したのは、宗族、皇帝崇拝、郷土意識だけだった。だからこそ、マスコミも動員して民族意識を形成しようとした」と論じた。

■台湾籍の旧日本軍志願兵の問題

 さらに、「台湾には、日本の支配に抵抗した島民の記憶もある。一方では、日本軍に自ら志願した人々の記憶もある」として、台湾で抑圧されてきた台湾籍日本兵の問題に触れた。長い期間にわたり、「歴史の暗黒部分」として封印されてきたという。

 台湾で台湾籍日本兵の問題を議論できるようになったのは、戒厳が解かれてからだ。そして、日本による統治が終わってから大陸から来た外省人も、日本兵になったことを責める必要はないことを、おおむね受け入れた。それまでは、戦死者に参拝しようと思ったら、台湾での人目を避けて、東京の靖国神社まで行く必要があった。現在は、島内の新竹にある済化宮に参拝することができる。


 「耗子的窩」さんは、「非難する人もいない。大きな進歩と言えるだろう」と評価した。

■過去の歴史を一面的な見方で切り捨ててはいけない

 「耗子的窩」さんによると、過去の事実を一面的な価値観で単純に割り切ることは、根本的に間違えている。「歴史というものは、(多様な)個人史の積み重ねから出発する。そうでないと、なぜ『同胞と外部』の違いが人により異なるか、永遠に理解できないだろう。台湾人の日本に対する感情は、極めて複雑だ。『同胞と外部』の線引きは、単純な一直線では不可能だ」と主張した。

 また、「台湾では外省人を除き、日本統治時代をすごした福建系、客家系、先住民族の人々に、今でも(日本統治時代を懐かしく思い)『何日君再来(いつの日に、君ふたたび来る)」』を歌い続けている人がいる」、「日本の軍人や警察官を神とした廟で、ぬかづく人もいる。過去の日本人を崇拝する民衆の記憶は、今も存在する」と結論づけ、大陸で一般的に言われているように、日本統治下の台湾が「支配民族と被支配民族の対立」という構図だけでは理解できないことを、改めて強調した。

**********

◆解説◆

 本連載が始まってから、「耗子的窩」さんは自らのブログページに日本統治下の台湾についての評論が日本で紹介されたと報告した。「私は日本人ではないかという人もいるが、違う」と述べ、「私は中国人です。ただし、大学時代に日本に行き、交流活動をしたことがあります」、「日本語は、ほとんどできません」、「文献や、香港、台湾、マカオ(澳門)の友人と接触する機会があり、中国大陸では主流ではない考えを持つようになりました」などと記した。

 本連載では、「耗子的窩」さんが紹介したエピソードが「おおむね台湾人評論家の黄文雄氏の著作にもとづくと思われる」と紹介したが、「耗子的窩」さんによると、「台湾人から聞いた話と、別の資料を見たもの」と記した。黄文雄氏の著作については「私にとって有益かもしれない。読んでみたい」という。

 日本を訪れた際には、コスプレ・グループにも参加して楽しんだという。ブログのトップページに掲載しているのは、当時、撮影したものと紹介した。

 「耗子的窩」さんによると、日本における歴史研究は中国よりもはるかに進んでいる。史料の扱いでは、「(中国人として)冷や汗が出るほど厳格だ」という。

 また、「日本の歴史教師の多くは左翼系だ」と主張。しかし、「(その主張は別にしても)歴史に反省点を求める姿勢は敬服できる」と論じた。

 「耗子的窩」さんは別の文章で、「南京大虐殺の犠牲者は30万人」とする中国側の主張に対して、「日本では左翼系の学者が中国人研究者と協力して研究を進める動きがある。論戦には根拠が必要と考えるからだ。ところが、中国では30万という数字を前提にして論を進めるだけ」「数字は必ず増え続ける」などと、自らの正しさを一方的に強調する中国の歴史研究を厳しく批判したことがある。

関連記事

【資料】極東国際軍事裁判(東京裁判)・パール判事 関連

2012年04月30日 16:42

【動画】 NHKスペシャル パール判事は何を問いかけたのか ~東京裁判 知られざる攻防~


【リンク】 極東国際軍事裁判(東京裁判)=Wikipedia

【リンク】 東京裁判判決(部分)

【リンク】 ラダ・ビノード・パール=Wikipedia

【リンク】 極東国際軍事裁判所判決 〔第1冊-第15冊〕 〔第1冊-第13冊〕 印度代表パル判事判決書(第1頁-338頁)



【動画】 プライド運命の瞬間(縮小版)
※つべより拾った物を合体&余白削除編集した物、オリジナルから編集済らしく時間が短くなっている
関連記事

【こんな所に‥】おめえらお笑いで政治すんなゴルァ!【野田さんワロタw】

2012年04月29日 23:59

似非国家日本は日々冗談みてぇなネタが沢山あってヲレはネタ的に余り困らないのだが、今日入手したネタは苦笑せざるを得ないネタだらけでよ、てっきり冗談かとオモタ似非憂国老害石原慎太郎東京都知事閣下が『似非憂国の絆で尖閣買うっ!』トカ言ってたアレに対して、この不況だの何だの言っちゃってる真っ只中なのに糞馬鹿愚民揃って脊髄反射して『絆義捐金ワロタw』と現金書留を都庁に送りつけた奴がいたらしい、そんで張り切っちゃったのか知らんがついに専従部門専用口座を設置しちゃっテラワロスw。


旧社会党のババァが『頑固に反対!』と消費税反対キャンペーンで加齢臭臭いババァマドンナ増産をした辺りから怪しくなった日本の民主主義のシノギだがその後『日本をブッ壊す!』と米帝ポチの劇場型為政で本当に日本をブッ壊した小泉為政に代表される通り、今や日本の民主主義なんて建前程度も民主主義ぢゃねぇクッソワロタwってんで衆愚におもねきノリと勢いだけで肝心の政策内容なんてど~せ考える能力も無い糞馬鹿愚民相手の為政のヤリかた見せたるわwとばかりに張り切っちゃってる石原閣下だから仮免民主党の馬鹿とは年季の入り方が違うし、この種の為政はスピードが第一とソレ自体は間違っていねぇんだケド昨日のオマケでも書いたが銭で国家主権は買えねぇクッソワロタw、まぁ東京都知事として出来うる事はソレが目一杯と言うのは判るが国との交渉云々と平行して都民世論に『何故今更尖閣に支那がちょっかいを出しているのか?何故日本政府はこれまで不作為で放置し続けたのか?今後斯様な事の無き様にするに日本は如何なる立ち位置に身を置くべきか、その為に今から何を実行すべきか?』と言う提言をすれば似非では無い本当の憂国さんwなのだが所詮は似非なので片手落ちと言う有様テラワロスw、まぁソレでも福島第一原発ドカーンの後一年間放置し続けた上に被害者救済無視利権擁護第一なんて腐れ外道為政を延々ダラダラし続け挙句の果てには誰も詰め腹切らん内に有耶無耶のまま兆単位の国税垂れ流しで国賊企業東京電力国有化な~んて事を報道利権893マスゴミの提灯ガス抜き社説一発でなあなあに進めるだの、今後もどうなるか判らんケド利権893困っちゃうからコレまた有耶無耶のまま原発再稼動を大本営報道一発でなあなあに進める一方で日本にとって何も得にならん亡国為政は着実に推進する奴等に比べたらマシかw?


まぁそんな亡国為政は着実に推進する奴等の親分・野田の糞馬鹿野郎が支持率が着実に低下の26%ってココまで亡国一直線の腐れ為政者でも1/4支持する糞馬鹿愚民がいるのかとヲレ大爆笑する中、当の本人は『こりゃヤバスw』と公約しちゃった消費税増税やTPP参加表明の目処が全く立たんのに人の噂も七十五日待ちとばかりに国内政情悪化時の性癖・亡国外遊を発動して米帝へトンコしましたが、背中に写ってる飛行機一発飛ばすのに幾ら税金垂れ流すと思ってるんだろうなコイツ、そんでそのコストに見合うだけの国益お持ち帰りの算段済クッソワロタwだよなぁ。



まぁソレはさておき、何時もムカついてたのが何時も胸に輝く似非奪還の青いリボン外せやw‥ってまさかとオモタがコイツ拉致議連なんかに首突っ込んでねぇ?とウィキしても拉致事件そのもののページへリダイレクトされちゃうクソワロエネェw、そんで仕方ねぇのでローカルな電脳補完録のファイル漁ったら居やがったw。
マジかwクッソワロタw、
そんで何となくこの馬鹿のホムペ覗いたら‥

「麻生内閣不信任」  衆院本会議討論に立つ  2009.7.14

 「日頃汗して農業に励み今年も春から収穫に向けて一汗流そうと思ったあの時の震災に加えた原発事件でこれまでの人生の全てを失い“原発に負けないで”と遺訓残しこの世を去った老農夫や、事件を引き起こした犯罪企業救済を迅速に行った位だから被害者の我々に対しては当然‥何と言っても“国民の生活が第一”と約束した民主党政権だからと待った仮設住宅は盆までに全戸の嘘八百の上に建っても蝿蟻こんにちわの欠陥住宅、その後も貰って当然の賠償金は申請マニュアルを読む事すら困難な申請書を提出しても涙銭しか受け取れない、中には病床に臥して要介護の方が一人で欠陥仮設にいるにもかかわらず、政府は提灯センターや国賊企業東京電力任せとお金を支給せず、1年間被害者を放置しておきながら今更ワケの判らん事を言い出したがこれからの話でしょうかコレw。しかも中身無い上に参院提出と言う、まさにこういう政治こそ涙のない政治と言うべきであり、今こそ不信任が突きつけられるべきです。」

 「景気対策、経済対策とは名ばかりで、実態は利権893さんにしかばらまかない労組相手の選挙対策。天下の愚策・社会保障と税の一体改革、電力利権確保の兆単位税金垂れ流し、TPP参加、名前だけ変えた子供手当て‥こんなばらまきを続けていて日本がよくなるはずがありません。バケツの水をざるに流し込むようなもったいないお金の使い方を何回やったって、日本はよくなりません。」

 「35,000人の国賊企業東京電力社員がOBになった時に天下り先が無いと困ると言う事で、国賊企業東京電力グループ保護の為に既に約2兆円の税金垂れ流し、国有化で更に兆単位、更に今後年間1兆円以上の税金垂れ流し決定の資金源として消費税5%アップの10%と言う蜜に電力利権893と言う名のシロアリが群がっている構図があるのです。そのシロアリを退治して、働きアリの政治を実現しなければならないのです。」


見事なブーメランクッソワロタw、と~っても飛びが良いブーメランテラワロスw、コレでパパもホールインワンだぁw‥と言う意味の似非なブルーリボンだったのだなぁと関心至極だったのだが、ウィキで拉致議連を漁った過程で、こんな“議連”を見つけたw。

日本教職員組合問題究明議員連盟

顧問が傑作で、最高顧問が似非ラガー・ゴルフ大好きの森チャンで、平顧問に似非奪還の代表格・町村で会長が自民版加齢臭マドンナ森山のババァって面子だけで終わってる気がするが、こんな連中と組んでも時間の無駄だろ中山君にえり子チャンw

地下式原子力発電所政策推進議員連盟
臭い物に蓋的発想を持ち出してでも原発利権だけは守りたいwと言うのに憂国も売国もヘッタクレも無いらしい、何たってメンバーが豪華絢爛である、立ち腐れ日本の親分始め原発利権の生みの親自民党からは代紋を背負った現親分から元親分二人に現在原発利権を守るのに必死な民主党からは代紋を背負った事のあるマジキチ鳩や似非黄門にクールビズの元祖に原発フッ飛んでる真っ只中『コレでパパもホールインワンw』と言いつつツッコミ入れたマスゴミを恫喝し今はフィリピン利権獲得に御執心老害の名が、そんな民主党のコバンザメ的泡沫政党をおん出された“ちっとも静かでは無い老害”まで、他にもそこそこマスゴミ画面にご登場のチンピラまで本当にこの国の為政者は利権大好きとヲレ大関心w、しかし何故“縁故娘”を国賊企業東京電力に派遣している似非憂国で有名なこの人の名前が無いのだろう、残念であるw

‥と言う辺りはごくありふれたエゴ利権第一為政な方々の宴会サークルだからイイんですケドね、コレど~よw?

人権擁護法案から人権を守る会
もう名称からして冗談としか思えねぇんだがソレはさておき、民主党に右派なんて西村のオッサンぐれぇだと思ってたが結構居るらしいねぇw、まぁ思い出してみれば今や押しも押されぬ似非奪還のヒーロー松原トカよ、口先番長其の弐・原愚痴ってぇ名前があったよクソワロタw、しかし森ゆうこトカ小宮山とかギャグ満載な名簿ど~なのクッソワロタw、更に‥
こんな所に野田さんワロタww
‥スゲェなコレ、何たって第一回の講師に似非憂国のマドンナにしてポチ論壇の女王w・櫻井のババァまで来てるステキ議連の今後にヲレは注目したいw‥って辺りが素直に笑えるネタ議連だが‥
マジかおめえらwww
ソレおめえらの職責の基本ワロタw、議連作らねば其の程度の事一つ出来ねぇテラワロスw、そんな糞馬鹿議連をデッチ上げたのは勿論売名ヤラせたら毎週テレ朝でお馴染みの原愚痴であるがコイツ既に日本の領土を守るため行動する議員連盟ってぇコレまたギャグ議連に参加中の身と言うオマケ付クッソワロタw、更に‥

何でこんな所に居るんですか城内さんwww

‥年金三兄弟でお遍路逃亡を謀った屑を見習い飲酒運転で事故り禅で引きこもりした馬鹿を乗せたヘリで遊覧飛行するぐれぇしか能無し糞馬鹿宴会サークルで油売ってる暇は無いでしょうもう一回クッソワロタw、しかも上記なギャグ議連にも御参加中テラバルスw、折角先日褒め称えたのに困ったチャンw‥とまぁ見事に国会議員と言うお仕事って何スルか判ってない人多杉ワロタwってぇカンジでもうニガワロするしかねぇ日本の政治お先真っ暗大爆笑って辺りで今日の駄Blog終わりw。



オマケ:人数すら数えられなくなったのかマスゴミ?
鬼畜餓鬼が殺したのは4人!
‥まさか『赤子は0.5人でカウントワロタw』なんて事言って大顰蹙を買いまくった挙句に青山大学の庇護もあって有耶無耶の超強硬的引き篭もり&隠蔽で今だ平気な顔をして大嫌いな日本でのうのうと暮らす糞ババァみてぇなノリで胎児だからゼロカウントテラワロスwってか外道?ちなみに最新モードは橋下叩きらしいが、ヲレがコイツを絶対許せないのは無理矢理拉致された横田めぐみさんの家族相手に感謝しろだの日本人のいない所に行きたいだの貴様の血の色は絶対緑か紫決定と唾棄すべき事を言った挙句に隠蔽する卑劣さ‥って話はさておき、こんな記事ヲレが被害者家族で読んだら発狂して狂都新聞本社wに特別攻撃仕掛けるレベルだぜ、まさか鬼畜餓鬼の殺人人数を故意に少なく報道で鬼畜餓鬼減刑画策なんて外道極まる話ぢゃねぇだろうなぁ?

違うんだったら号外出して『すんません4人でした』って謝っておけ!

そうそう、コレで鬼畜餓鬼三匹に対して殺害被害者四名と算数合わなくなったから鬼畜餓鬼の親から一匹自決しておけw。
関連記事

【もう皆様揃って‥】KYなエゴに国境は無いw【馬鹿ばかりw】

2012年04月28日 23:59

空気読めない奴‥つまりKYな奴は何処にでもいるモンだが、似非国家日本のソレは一味違うのである、手前の局自体KYの分際で散々自民為政者をコキ下ろし、国賊マスゴミ屋のにして今や本当に神となった畜死や後を継いだが病気でアポーンした後はスッカリ影の薄い獲肥に代わって今や押しも押されぬ国賊マスゴミ屋のウルトラエースとなった古勃wが折角利権義兄弟の電力利権893のシノギを守る為に散々愚民騙し報道の果てに責任追及は有耶無耶のままに国民生活なんて二の次三の次的に被害者救済もスッ飛ばしつつ利権村生活は絶対第一とばかりに兆単位の国税を惜しみ無く垂れ流し国賊企業東京電力国営化に手を貸し、後は有耶無耶の原発再稼動に向けてコレが電力利権確保最後のチャンス頑張ろうw!と利権義兄弟揃ってシュプレヒコールを叫んだまさにその時になってKYな朝日DNA発動w、『3.11セール番組で原発利権の追求が出来なかった』と勝手に敗北宣言wの上に『利権村が存在ワロタw』と今更誰でも知ってるそんなの的な事をヌカし、果ては『利権の根本を徹底的に議論したいんだけど、圧力がかかって打ち切りになっても漏れ構わねぇテラワロスw』な~んて逝ったから‥
サァ大変w
‥何て事ワロスw、とテレビ朝日局内はちゃぶ台返し状態の右往左往したのは間違い無い、何たって利権893の世界は義理人情と言う名の利権w‥この場合宣伝広告費収入が全てである、折角有耶無耶に原発再稼動で財界老害の老後確保や電力料金値上げで電力労連組合員様の生活第一のシノギが何とかなろうと言う時に、これではまるでアルカイーダやタリバンの自爆テロすらスッ飛ぶステキKYクッソワロタw‥って事だがコレ糞馬鹿愚民に悟られてはシノギ上と~ってもヤバスwって事で『現地で物見遊山した時に余りのお涙頂戴状態に思わずエゴ発動してファビョっちゃったみてぇクッソワロタw』と数々の不祥事発覚時これまでことぐごとく何とかダラダラしつつ有耶無耶に済ますべく下っ端に詰め腹切らせ続けたテレビ朝日にしては前例の無い対処をスピーディに社長自らフォローwして何とか冷静を装いつつ提灯的解決を試み、一方肝心の古勃はエゴが満たせて御満悦w、更にネットに巣食う糞馬鹿愚民に至っては『漏れ古勃嫌いだケド今回は見直した、感動したっ!』な~んて馬鹿も休み休みを言いやがれ的な御花畑満開w、実態は古勃のエゴ満たしと同時にテレビ朝日における手前の支配再確認と言う一石二鳥だったりするんだがその辺知ってるのか知らんのかヲレにはワカランが本当に救いが無い日本の糞馬鹿愚民だから米帝の使い走りに恫喝された程度で銭タカり金額を手前から勝手に増額する小泉より始末の悪い糞ポチぶりを大発揮する糞馬鹿野郎を党代表・総理なんかにしちまう民主党なんかに政権握らせちゃうんだが、そんな糞馬鹿ポチ野田も何とメーデー会場で『ハラキリ覚悟で消費税増税するニダ!』と言い出し見事なKYを発動w、このツッコミ所満載の記事内容はさておき、この糞馬鹿無事に会場から出れたんだろうかソレが気に‥なる訳無ぇよなぁブッ殺されれば良かったのにってぇ民主党に政権交代をさせた結果、政権交代前には決して出来なかった日本亡国一直線為政が確実に実現していると言うのはヲレも賛同するが、二年半も経過して尚至らねぇ点云々ってよ、コイツ等が至っちゃう頃wには確実に日本沈没スルから誰かコイツ等の仮免没収してクレよ、まさに民主党と言う名の政党にロクなモンは無いのである、その大元と言うか米帝も現在為政のシノギを背負ってるのは民主党だが、ココも日本の民主党と全く同じ病巣ぶりで米帝崩壊一直線に邁進中であるが、同じリベラリストと言う名のエゴイストでも糞ポチレベルの野田に比べて小浜の野郎は一味違うw


オバマ氏が最高裁に「圧力」

米医療保険改革の違憲訴訟で

 オバマ米大統領が医療保険改革法の違憲訴訟を審理中の連邦最高裁に対し、合憲判決を下すよう圧力を掛ける発言をしたことが波紋を広げている。「歴史的偉業」と自賛する同法が否定される事態を阻止したいとの思惑からだが、大統領が最高裁に判決前に口を挟むのは「異例」(ウォール・ストリート・ジャーナル紙)で、三権分立の原則に反するとの批判が噴出。6月末までに出る見通しの判決は、11月の大統領選に大きな影響を及ぼすのは確実だ。

「三権分立に反する」と批判噴出

判決は大統領選に影響

 問題になっているオバマ氏の発言は、今月2日の記者会見で出た。

 「民主的に選出された議会の大多数によって可決された法律を覆すという前例のない異例の措置を、最高裁は取らないと確信している」

 医療保険改革法は2010年3月に成立したが、昨年8月にアトランタの連邦高裁が違憲判決を下し、これにオバマ政権が上訴、舞台は最高裁に移っていた。

 先月末に開かれた3日間の口頭弁論で、最高裁も違憲判断に傾いていることが判明。そうした状況で、オバマ氏が最高裁は議会が定めた法律を尊重すべきだと主張したことは、最高裁に合憲判決を促す「圧力」と受け止められた。野党共和党のミッチ・マコネル上院院内総務は、オバマ発言を最高裁に対する「脅迫」とした上で、「チェック・アンド・バランスの制度に対する敬意が根本的に欠如している」と非難した。

 過去にも大統領が最高裁判決に不満を示したケースはあるが、オバマ氏のように判決前に口を挟むことは、不当な影響力行使を避けるために慎まれてきた。オバマ氏が最高裁に敵対姿勢を示すのは初めてではなく、10年の一般教書演説でも、企業の選挙広告支出を制限した連邦法を違憲とした最高裁判決を判事がいる前で批判した。

 しかも、オバマ氏の発言には大きな誤りがあり、議会が定めた法律を最高裁が覆すのは「前例がない」と語ったが、実際には1803年以降、150回以上もある。同氏が一般教書演説で批判した判決もその中の一つだ。このため、オバマ氏は翌日、「医療保険のような経済問題に関する法律」が覆されるケースは異例と発言を修正している。

 また、医療保険改革法は「大多数によって可決された」と語ったが、これも事実と異なる。同法は超党派で可決されたものではなく、上下両院で賛成票を投じた共和党議員は1人もいなかった。特に下院では多くの民主党議員が造反し、僅差での可決となった。

 最高裁は9人の判事から成り、現在、保守派が4人、リベラル派が4人、中間派が1人という構成になっている。保守派は違憲判断、リベラル派は合憲判断をそれぞれ下すことが予想されるため、オバマ氏の発言は中間派のアンソニー・ケネディ判事をターゲットにしたものとの見方が強い。

 また、オバマ氏は記者会見で「国民に選ばれていない人たちが正式に制定された法律を覆すという司法行動主義、または司法抑制の欠如こそ、判事の最大の問題だと我々は長年耳にしてきた」と発言した。司法行動主義は保守派がイデオロギーに基づいて法解釈するリベラル派判事を批判する時に使ってきた言葉だが、オバマ氏は逆に、同法に違憲判断を下そうとしている保守派判事に司法行動主義のレッテルを貼った形だ。

 これに対し、共和党のオリン・ハッチ上院議員は、「自分の好きな法律は合憲、気に入らない最高裁判決は“行動主義者”というのはファンタジーの世界だ」と痛烈に批判した。

 しかも、オバマ氏は別の法律では百八十度異なる行動を取っている。結婚を「一人の男性と一人の女性の法的結合」と定義した結婚防衛法は1996年に議会の圧倒的支持で成立したが、オバマ氏は同性愛者を差別する同法は違憲だと主張。オバマ政権は同法をめぐって係争中の訴訟で判事に違憲判決を下すよう促し、議会が定めた法律を骨抜きにしようとしている。

 ワシントン・エギザミナー紙のバイロン・ヨーク記者は「大統領は民主的に選ばれた議会によって可決された法律を裁判所が覆すことを恐れているなら、なぜ国民に選ばれていない少人数の判事に、医療保険改革法よりはるかに大きな差で成立した結婚防衛法を無効にするよう促すのか」と、一貫性のないオバマ氏の言動を批判している。

 一方で、オバマ氏が最高裁に敵対姿勢を示すのは、大統領選を睨んだ動きとの見方もある。支持基盤のリベラル勢力を活気づけるために、ブッシュ前政権下で保守化した最高裁を「悪者」(ウォール・ストリート・ジャーナル紙)に仕立て上げる戦略だ。医療保険改革法に違憲判決が出た場合、1期目最大の実績が否定される点では大きなダメージとなるが、リベラル勢力が判決に反発して勢いづくことが予想され、再選には有利に働くとの指摘も出ている。


エゴを満たす為には三権分立なんてど~でもイイのがエゴイストであるw、言う事は綺麗三昧だがソレに殉ずる覚悟なんてその時御都合一発でフッ飛び、民衆の為と言いながら実態は自分の事しか考えない、ソレがエゴイストの原理原則であり、全てであり、どうやら日米の区別は無いみたいだがこの記事の面白い所はその大半について“医療保険改革法”を“社会保障と税の一体改革関連法案”に置き換えるだけで裁判所云々は別にして現在の日本の政情と見事に合致するのが面白い、唯一相違点があるとしたら米帝では裁判で却下されてもリベラル的にはしゃぐ余地があるらしいが日本でこの法案が国会で却下されるとリベラル的に民主党バッシングに拍車がかかってしまい政権崩壊以外の余地が見られない点にある、まぁリベラルなんてエゴイストの集合体だから自己都合にそぐわねば即座に手の平返しでそれまで味方だった筈の連中が今や敵テラワロスwなんて事は当たり前、ましてや為政の場なら尚更って事で日米共にこんな糞共に騙されて自分の首を絞めるのが頼まれもしねぇのに世界に輸出しまくってる民主主義の一面である、そりゃぁアルカイーダやタリバンで無くてもそんなの御免被るよなぁw‥って辺りで今日の駄Blog終わりw。



オマケ1:国家主権をお気軽な募金活動で買うなんてのを“絆”と言うのは勝手だが‥
国家主権は銭で買えぬのよw
‥島買った所で敵兵に乗っ取られては意味無ぇんだけど、調査して来年まで待つ時間があれば現在は国が借りて管理もしてるんだからサッサと自衛隊住まわせろよ、そして平行して日本国憲法一部停止及び国土防衛特別措置法を制定して自衛官が思う存分国土防衛を実行出来る法体制の構築をするのが本当の急務なんぢゃねぇの?小銭出して『漏れ憂国カコイイw』って悦に浸るのはは勝手だが、そういうのをしてヲレはこう表現するんだよ‥
御花畑


オマケ2:『相手はラブラブだから大丈夫w』なんて呑気に口先番長前原が露西亜へ逝くらしい‥
チェルノブイリの炉心へ
叩き込まれちまえ
w

‥とにかく戻ってこねぇでイイからw。


オマケ3:立派なビッチぶりにオタ涙目ワロタw
コレが現実w
‥どうせ捨てられるんだから卒業アルバム出すっ!‥もう終わるAKBゴリ押しだけど既に卒業元メンは地元キャバ嬢ワロタw、私もやろうかなw‥顔覚えたり、愛想振りまくのは握手会もキャバも同じって、おめえらw‥
まさに淫売48ワロタw
関連記事


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。