スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あんた何様?

2011年06月15日 20:03

…というヲレが電柱組という駄日記を制作してた頃から読んでいるサイトでマスゴミ記者が『どの口がソレを言う?』と思わず口走った記事を書いていた。

詳しは『あんた何様?』を読んで欲しいが記者曰く『騙された』のだそうだが、そんな戯言を言論で飯喰う職業に従事してる立場で良く言ったよな。

ソレって自分がで職業不適切な奴って宣言してる事に他ならないがソレはさておき許せないのは自分が一般国民同様の被害者面してる卑劣な点に尽きる。

無能なだけでも社会的影響が甚大が大きな報道に関わってるので不始末は許されないってのに、その不始末を政府に責任転換たぁまるで…

自分の責任を他人に転換し続ける政府と東電の有り様そのもの

…では無いか、あったく怒り→殺意→呆れ→悟りの繰り返しを何度繰り返せば良いのか、もうヲレたまらんドw。

ドイツもコイツも自分勝手で無責任、コレで良く国家として成立してるよと感心至極の中、東電はマスゴミ使って1000円値上げする気マンマンをアピールしてるよ、コイツ等のドタマの中に企業努力という概念は無いのか?ぐらい言えよ糞マスゴミって辺りで今日の駄Blog終わりw。
関連記事

「仕事する気力をなくしました」

2011年06月14日 20:04

福島で一人の酪農家が首吊自殺をした。

他にも現場となった小屋の壁には白チョークで「残った酪農家は原発に負けないで」と記していたという。

一方、日本の生活保護対象者が200万人を突破したという、これが『国民生活第一』を標榜する政党を選んだ民主主義国家の現実。

しかも、最早『裸の王様』に過ぎない菅の馬鹿は2次が駄目なら1.5次の補正予算とか、なんなのアンタ、もう辞めなくてイイから死ねよ(怒)

そんな出鱈目放題がまかり通る似非国家日本だから誘拐は躇うってんで『分身の唾頂戴』オヤジ颯爽と登場、仮にコレが世論封じの政府仕込みだったらスゲェって辺りで今日の駄Blog終わりw。
関連記事

あの時、あの場所で、陸曹は国民の為に【闘って】いた事を忘れてはならない。

2011年06月11日 09:33

原発にしろ米軍基地にしろ誘致を実現させるにはヒモ付きで無いとなかなか難しいと思うが、自衛隊基地ならどうだろうか?馬鹿左翼が騒ぐかも知れんがヒモだけで誘致をすると言う事は無いと思う話を読んで考えて欲しい。

「即戦力となる退職自衛官の入社を待っています」

 ちょっと前までは自衛隊地方連絡部、通称「地連(ちれん)」、5年前から組織改変により「地本(ちほん)」と呼ばれるようになった。正式には自衛隊地方協力本部。

 各都道府県に存在する自衛隊の総合窓口のようなもので、地域の案内所や事務所を統制し、自衛官の募集や退職隊員の再就職、予備自衛官の人事管理などなど、多様な仕事をしている。

 「自衛官になりませんか」という役割だから、自衛隊を知り尽くしている必要があるわけで、そのため従来は、全て自衛隊員(陸海空自衛官と事務官の混在)で担っていたが、昨今は、コスト削減の流れで非常勤のスタッフもいる。

 宮城県にも県庁内に居を構える「宮城地本」がある。

 本部長の吉見隆1等陸佐は、震災発生後から本部長室を作戦室に変え、机の下で寝る日々を10日間続けることになった。

 地震が起きてから、普段は企業や家族との対応をする者たちが、見る見る自衛隊員の顔になっていくのが分かった。

 間もなくして、被災地に入っての調査が必要となった。とはいえ、非常勤の職員を、いわば自衛隊特有の「偵察」に、しかも危険な場所に行かせるわけにはいかず、コスト削減という荒波における小さいようで大きな問題に思いがけず気付くことにもなった。

 「道路は寸断され、橋も落ちていました!」

 戻った隊員が興奮ぎみに報告する。地域の状況の把握、そして退職自衛官の再就職先企業がどうなったかも気になり、いち早く駆けつけたのだ。

 水没した道を、途中で車を降り徒歩で向かい、なんとかして担当者と連絡をとった。多かれ少なかれ被害を受けた企業ばかりだったが、返ってきたのは意外な反応だった。

 「こんな時だからこそ、即戦力となる退職自衛官の入社を待っています」

 しびれる言葉だった。自衛隊は、地域の人々と支えあって存在している、そのことが身に染みた。

 だからこそ彼らは、地元住民のことをまず先に考える。

 「住民を避難させてきます!」

 陸曹からの電話が所属の募集案内所に入ったのは、地震発生直後のことだった。たまたま自宅の近くにいたため、家族を避難させた後、住民の避難誘導をすると言う。問い合わせなどで電話がふさがっている中、心配していた隊員からの連絡に皆は安堵した。

 しかし、街を大津波が襲ったのは、その直後だった。 =
つづく

如何に自衛隊が苦労して地元との繋がりを大事としてるかが判る話だが、この話は読んでの通り続きがあって今日のタイトルに繋がる訳だがこの名も無き一陸曹の名誉の殉死始め他の殉職自衛官達について我が国の誇る第四権力・社会の木鐸たるマスゴミが何かを書いたかと言えばヲレの確認範囲では今日取り上げた記事ぐらいである。

更に国家公務員の給与削減対象に自衛官も含むとかもう無茶苦茶な事しか言い出さぬ政府、これで自衛官達の現場士気が保たれるのだろうか?本当に国家国民の為たる事はせず、下らぬ事ばかり言って呆れさせるのは政府だけでは無く政府を監視する立場のマスゴミも同様である(呆れさせる話)。

日本国民なら決して、あの時、あの場所で、殉職された陸曹始め自衛隊員達は国民の為に【闘って】いた事を忘れてはならない。

オマケ:『票数というのはみなさんの銭です(キリッ!)』‥リアル政治も同じだから堂々と言っちゃって良いと思うw
関連記事

覚悟を示した奴はどんな暴論を言っても構わないとヲレは思う

2011年06月09日 12:03

‥ましてや暴論で無ければ言うまでも無いw。

“追放”松木が激白!菅に「一番邪悪でサイテー政権だ!」

 菅直人内閣は8日、政権発足から丸1年を迎えた。「歴史の評価」を気にする菅直人首相だが、内閣不信任案に賛成して民主党を除籍処分となった松木謙公衆院議員の評価は最低。産経新聞のインタビューで酷評した。

 「秘書時代から33年間、永田町を見ているが、一番邪悪で最低な政権だった。言ってることとやってることがメチャクチャだ」

 松木氏は菅内閣の1年をこう総括した。

 「メチャクチャ」の始まりは昨年7月の参院選。大惨敗したのに、菅首相をはじめとする党執行部は誰も責任を取らなかった。松木氏はそのころから退陣を主張。「戦いに負けたらトップリーダーたり得ない。居座ってはダメだ」と話す。

 今年4月の統一地方選敗退でも責任を棚上げ。「党のルールを破り迷惑をかけたのだから、僕の除籍処分は結構。でも、執行部も責任を取っていない。『執行部は全員、党を離れろ』という意見書でも出そうか」と松木氏は執行部の無責任体質を追及する。

 党内議論を経ずに、菅首相が大きな政策をブチ上げて迷走するシーンも何度も見た。参院選時に消費税増税を言い出し、昨年10月にはTPP(環太平洋戦略的経済連携協定)への参加検討を突然表明。今年5月にも、中部電力浜岡原発の停止要請をいきなり行った。

 松木氏は農村の多い北海道12区選出で、農水政務官を務めただけにTPPへの警戒心はとくに強い。「昨年3月に食料自給率を40%から50%にする方針を決めていたのに、食料自給率を下げるTPPは二律背反だ」と憤る。

 尖閣事件や東京電力福島第1原発事故では、情報隠ぺい体質も露呈した。「メルトダウンしていて知らなかったなんて『ふざけるな』と言いたい」という。

 菅内閣の数少ない“功績”のひとつに「小沢切り」があげられるが、ここでも奇妙な現象が起きている。2007年に福田康夫元首相と小沢一郎元民主党代表の大連立構想を拒否した仙谷由人官房副長官らが今回、大連立の急先鋒に早変わりしているのだ。

 「よく口にできるな、とあきれ返ってしまう」と天を仰いだ松木氏。大多数の国民も同じ思いだろう。

 ■菅直人首相 就任1年の出来事

昨年6月  「脱小沢」内閣を発足。支持率60%台

  同月末 消費税10%を突然ブチ上げて、世論急変

  7月  参院選で大惨敗

  9月  民主党代表選で、小沢一郎元代表に勝利

      《血みどろ選挙戦で党内亀裂》

  同月  尖閣諸島沖漁船衝突事件で中国に弱腰外交

  11月  ロシアのメドベージェフ大統領が北方領土訪問

  同月  尖閣諸島沖漁船衝突事件のビデオ流出

  同月  横浜APECで中国の胡錦濤国家主席とメモ片手に会談

  12月  茨城県議選で24人擁立して当選わずか6人

今年1月  内閣改造で、仇敵・与謝野馨氏を閣僚に

  2月  党首討論で1分間にまばたき100回以上。精神科医は「パニック症候群」と診断

  同月  内閣支持率20%割れ

  3月  外国人献金問題発覚

  同月  東日本大震災・福島第1原発事故対応で大迷走

  4月  統一地方選で大惨敗

  6月  野党が内閣不信任案提出。不信任案否決をめぐり「ペテン師」と非難される


5月 朝鮮外道が露西亜外道にケツを差し出し北方領土視察を露西亜政府の許可の上で【侵略】したのに対し遺憾の意で誤魔化した売国行為が発覚‥がヌケてるがそれはさておき、メチャクチャと言うのは当たり前の話で管なんて小市民運動家のエゴイストのケツに対する内閣総理大臣の椅子は余りにも器違いでなw、しかしそんな器違いを内閣総理大臣に直接任命したのは他ならぬアンタなんだよね、まぁ救いがあるとしたら次は無いかもしれん議員生活を賭してでもここまでイッちゃった決断なんだが、現実問題としてど~すんのアンタ?

今更民主議員と言う訳はありえないケドね、自民に鞍替えたって『一回裏切る奴は二回も三回も裏切る』ってんでロクなポジションは無いんだけど、まぁ汚沢レベルの糞なら使い勝手があるので例外かも知れんが、アンタレベルのチンピラは幾らでもいるという現実、その辺勘案して行動してるなら、つまり今後は国家国民と人生命運友にするぐらいの覚悟があるのならこの言質は聞くに値するとヲレは思うのだが、これまでの全民主党議員の言質から勘案してヲレの評価は単なるタレント議員レベルと言う事でこのままでは文字通りの犬死にだから、その辺考えて発言してね一応期待はしてヤルからって辺りで今日の駄Blog終わりw。

オマケ:自衛隊本来の仕事だよ、早速出動要請出せよ無能管w。
関連記事

いい加減真面目に『たちあがれ』よ日本w

2011年06月08日 12:16

先の内閣不信任案否決の片棒を担ぎながら『総理を辞めさせる手段が無い』等と嘘八百通り越えた下衆を口にする国会議員がのうのうと生存可能な日本、そんな状況下でたかが副官房長官の分際で連立を語る、長官何してるのよw?って話はさておき、しかも相手が似非憂国の雄w・立ち上がれ日本と来たらもうコレなるふり構わずの図としか言い様が無い、始末に負えないのは『閣外協力ならアリかなぁ』なんて平沼の養父が靖国の杜で泣き入れそうな事を言い出しやがった、流石似非憂国w。

与野党そこまでして権力や為政者の椅子は座り心地良いのだろう、まぁこんな話似非国家にしてお花畑国家日本だからまかり通るのだが、同じ権力の椅子にしがみつきたいでも文字通りのデッド・オア・アライブなこの方にとっては必死って事でな‥。

カダフィ大佐
「死んでもリビアを離れない」
テレビ演説


 リビア国営テレビは7日、最高指導者カダフィ大佐の音声での演説を放送した。カダフィ氏は叫ぶような口調で「武装したリビア人民を打ち砕くことはできない。私は死を恐れない。我々は死んでもリビアを離れない」と述べた。


フセインが国際リンチでブッ殺された辺りの一時はホワイトハウスと【ケツの穴】の仲wだったのだが、とにかく戦争しないと政治経済持たないと言う民主主義国家の雄w・メリケン国のご都合で再びデス・ノートのトップランクインしてNATO使っての国際リンチの対象となった哀れなリビア国、カダフィがケツ掘られてくたばろうがヲレの知った事では無いのだが悲惨なのは言うまでも無くこんなエゴに巻き込まれたリビア国民である。

我々云々と言う言質を吐くのが独裁者の常套手段であり、実態は我々と言うのは自身とその取り巻き(ソレだってイザとなったら使い捨てw)限定の話でそれ以外の名も無き国民の事なんて頭の片隅にも存在しないと言うのは歴史の書を読めば常識レベルである。

振り返って我が日本の為政者たる連中の振る舞いも冒頭に書いてある通りの自己保身第一国民無視と言う事で本質はカダフィと全く同質である、日本を米軍が爆撃しない代わりに目に見えぬ放射能の爆撃がジワジワと国民を苦しめるのである、初動誤りと言う致命的な事をしでかしながら昨今ようやく発足した第三者機関事故調査委員会とやらの実態は内閣府直下の御用委員会でしか無い、何たって真面目に事故調査なんてやらかしたら民主より自民の方が政治的ダメージが大きいからって事で呉越同舟護送船団方式で与野党揃って時間稼ぎで責任逃れ、後はIAEA頼みと言うのが現状なんですがIAEAだって原発関連で責任の粉をかぶりたくないメリケン国のご都合でどうなるか誰にも判らないwと言うんだからもうね‥。

いい加減真面目に『たちあがれ』よ日本w

‥って辺りで今日の駄Blog終わりw。

オマケ:その勢いで管退陣も仕組んでくれないか?小浜君、でも爆撃はしないでねお願いだからw。

オマケ2:ケダモノは官邸に在りw

関連記事


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。