スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【チョン助に‥】似非憲法が何語ろうが現実こんなモンw【‥露助】

2009年11月30日 23:59

馬鹿愚民諸君、相変わらず馬鹿愚民してるかねw?ところで手前のエゴ第一な反戦屋に騙された哀れな連中が今更ながらに民主党に騙されたって泣き入れてますが、要するに手前の住む地に国防施設(軍事基地)が無ければ静かに過ごせるから『何処でもイイから移転汁!』って流石馬鹿愚民、エゴで自分勝手なのは戦後民主主義教育の賜物ってか?まぁヲレだって似非海兵隊員たるチンピラ白豚や獣ニガー共の振舞いを身近に経験すればそう言いたくなるってのも無理は無いけどよ、反戦屋如きのエゴに乗っかり“軍隊の無い国家”が如何なる命運を辿るかという歴史の書を読むまでも無い暴挙に扇動された挙句にこの体たらくってど~なのよ?って事なんですが、この種のエゴの根源たる似非憲法が語る“周辺諸国の良心”とやらの現実って辺りをキチンと考えた末の話なのかヲレは甚だ疑問なんだが、その辺ど~なんですかね?沖縄県民諸君www。

モスクワの日本大使館前で抗議 北方領土の不法占拠問題

 ロシアのプーチン前大統領を崇拝する官製青少年団体「ナーシ」のメンバー約100人が30日、モスクワの日本大使館前で抗議運動を行った。日本政府が24日の閣議で、北方領土について「ロシアが不法に占拠している」との見解を示したことに反発し、「(北方4島を含む)クリル諸島はロシアのものだ」「祖先の勝利はわれわれの勝利だ」などと気勢を上げた

 抗議行動は混乱もなく約30分で終了し、北方4島をあしらった模型を鳩山由紀夫首相への「贈り物」として渡そうとしたが、大使館は受け取りを拒否したという。

 ナーシはプーチン政権期、国内外の反露的な動きを活発に攻撃してきたが、リベラルと目されるメドベージェフ大統領の就任以降、方向性を見失いつつあるともいわれる。


日本周辺のコソ泥国家はキチガイ朝鮮の国家だけでは無いのである、否、まだ大東亜敗戦まで帝國軍として日本と共に戦った(まぁその中で散々後日批判される暴虐の限りも尽くしてくれたがw)キチガイ朝鮮の方がまだマシってのはよ、この露助の言う“祖先の勝利”と来たら国家間条約を反故にした卑怯極まりない結果でしかないんだが、戦争の掟である“勝てば官軍”と言う事でこんなキチガイじみた奴が彼の国に涌いてるらしいんですけどね、まぁたった今ちょっとだけ持ち上げたキチガイ朝鮮ですが、そのキチガイ振りは今更な感がするがコレはマジ笑った、ある意味昨今閉鎖感が漂う太陽系第三惑星地球に神か悪魔が用意した究極のネタなのかもしれないと思ったのねw。

遺体引き渡し、韓国病院が1千万円保証要求 釜山射撃場火災

 韓国釜山市の室内射撃場火災で大やけどを負って同市のハナ病院に入院し、22日に死亡した長崎県雲仙市の中尾和信さん(37)の遺体を家族に引き渡す際、同病院が雲仙市に約1千万円の治療費の支払いを保証するよう要求していたことが27日、分かった。

 雲仙市やツアーを企画した島鉄観光(同県島原市)によると、同社が加入した旅行保険から死亡補償金2500万円が今後支払われ、治療費に充てることにしていた。しかし病院側は公的機関による保証を要求。雲仙市は「早期の遺体の引き渡しが最優先だ」として、緊急に奥村慎太郎市長名で島鉄観光の支払いを保証したという。

 ハナ病院は、現在も入院中の笠原勝さんらが退院する際も同様の保証を求めている、という。雲仙市は、国に対応を求めている。

 今回の火災では27日に原田洋平さん(37)が死亡。死者は日本人9人を含む計14人になった。


流石キチガイ民族朝鮮、流石外道を極めれば露助と双璧を成す蛆虫民族朝鮮の誉れって事よ、北のキチガイは無垢な女子中学生を始め多くの我が日本同胞を拉致した挙句に“国交正常化”の名の元に日本に集ってくれてるが南のキチガイは国家ゲストたる観光客が自国施設管理不備で死傷者が出てもソレすら集りのネタにするのである、言うまでも無くこんな馬鹿げた話をかつて日本にブラ下がる如く現在オンリーするメリケン国にするなんて事は無くコレは“格下”日本が相手だからと言う辺りが見え見えだからマジムカツクんだよクソタレ、更にムカツクのはこんなキチガイ共に集られるその根源の一つが他でも無い日本だからなんだよ、こんな現実の何処に“周辺諸国の良心”を認識できるのかヲレには全く理解出来んのである、こんな集りに国税を一銭たりとも支払う必要なんて無い。

話を冒頭の沖縄に戻すが、ヲレは実を言うとたった一つだけ在日米軍撤退と言う“政策”だけは売国政党社民党と同意見なんだが言うまでも無くその求める所は全く逆である、国家に真の友人なんかこの地球上の歴史上何処にも存在しなかったし今後も存在しないだろう、それこそ人類揃って地球国民にでもならぬ限りありえぬし、人類に個性がある様に国家には歴史がある、それをリセットして“地球村”なんて戯けもイイトコの話を絵本の中で語るならまだしも現実世界で語り扇動し乗っかった挙句に『騙された』って片腹痛いのよ。

沖縄から在日米軍が撤退した後の軍事的空白に地球村なる御花畑なんて絶対に存在しないのである、具体的に書けば支那国の侵略をわざわざ呼ぶ暴挙となるって事だが、それに対処すべき方策は大まかに書けばコレまでのメリケン国従属の日本から支那国従属への転換とするか日本の自主独立の為の国軍の確立かって事なんだがメリケン国の洗脳民主主義政策でスッカリ馬鹿愚民になっちゃった君達日本国民の答えは言うまでも無いんだろうって事で『何処でもいいから移転汁!』ってか?

いい加減にしてくれたまえ馬鹿愚民諸君、手前の国家は手前で守るなんて当たり前の話では無いかね?偉大なるヲレ様で無くともまともな人類なら沖縄から在日米軍を叩き出したければまず日本の国防確立を成さねばならん、その為に成すべき事が適当な似非民主主義で安穏と過ごしちゃった結果として山積しまくっちゃっててね、まずメリケン国の都合でデッチ上げた似非憲法との決別が必須だが、たかが女子中学生一人奪還出来ぬってか、しようとしないで御花畑な馬鹿愚民烏合の衆たる現在の日本にそんなウルトラCが出来るなんてヲレ考えてないわwって辺りで今日の駄Blog終わりw。

オマケ:ちなみに『こりゃヤバイw』って事で方向転換か、本性曝け出しといて今更何語っちゃってるのかなぁキチガイw。

オマケ2:移住を認める「大きな日本」も美しい衰退の「小さな日本」も選ぶつもりなんて無いよ売国奴、大東亜敗戦のツケは莫大って事に気付いてくれないか馬鹿愚民w。

オマケ3:言うまでも無くココでもこのネタは繁盛中w。

関連記事
スポンサーサイト

【ドS無職に‥】最近:はいキタ━━━(゚∀゚ )━━━!!!!【ロリコン狂死w】

2009年11月26日 23:59

駄Blogだっちゅ~に昨今重い話ばかりだったので今日は本来の駄Blogに相応しい話を‥w。

犬のしつけが…因縁つけペットショップ店員に土下座させた女逮捕

 ペットショップの店長に因縁をつけて土下座させたうえ、暴行を加えたとして、上京署は25日、強要・暴行容疑で、京都市中京区西ノ京壺ノ内町、無職、今井佳子容疑者(37)を逮捕した。同署によると、今井容疑者は「店長が悪いからやった」と容疑を認めているという。

 逮捕容疑は、11月21日午前10時半ごろ、京都市上京区のペットショップで、購入した犬がなつかないことに腹を立て、女性店長(38)に因縁をつけて土下座で謝罪させ、右足で後頭部を踏みつける暴行を加えたとしている。

 同署によると、今井容疑者は10月21日に同ショップで小型犬を15万8千円で購入したもののなつかなかったため、店に苦情の電話を入れていたという。



ドS無職37歳糞牝犬
キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!

この不況の真っ只中にあって無職の分際で畜生飼うのに15万8千円もの銭を出せるその経済力にヲレはまず関心至極なのだが、その銭ってまさか生活保護の類から拠出してないよな?まぁヲレの好意的好き勝手推測で語るならせいぜいバツイチになって男からせしめた銭であると思いたいのであるw、まさかこんな自分勝手を極める馬鹿ってかズバリ書いちゃえばキチガイが真っ当に社会人人生を過ごし貯蓄した銭を持ってるなんて想像すら出来んのだがヲレに言わせれば被害者もアレだ、このキチガイがドSなら被害者もドMなんぢゃね?と思わずにいられん、普通土下座までするか?

まぁヲレが店長だったら『ちょwwwおまwww事務所までこ~www』とか言って裏へ連れ出し素っ裸にひん剥いた挙句写真とってその場でネットで晒し首にしてやる(犯罪だソレwww)んだがな、まぁ『お客様は神様』と言う珍妙な格言が日本ではまかり通ってるが間違っても『お客様は女王様』ぢゃ無ぇからよ、如何にペットショップを経営してるたって手前が犬プレイをする義務までは無ぇからよw、まぁ変な民主主義で育っちゃった馬鹿に限って手前の権利主義だきゃぁイッパシ以上ってか自分勝手を極めちゃうんだから始末に負えんよのぉ‥お大事にってかマジ無職ってロクな奴いねぇよなって事で次はコレw。

小学生女児の着替えを盗撮 担任教諭を逮捕

 小学生の女児の着替えを担任の教諭が盗撮したとして、神奈川県警相模原署は26日、児童買春・ポルノ禁止法違反容疑で、相模原市立小学校教諭の属(さっか)洋介容疑者(29)=東京都町田市本町田=を逮捕した。同署によると、属容疑者は「自分の性的欲求を満たすためにやった」と供述しているという。

 同署の調べによると、属容疑者は20日午後0時20分ごろ、小学校の担任クラスの教室で、体育前の着替え中の女児の裸などをデジタルカメラの動画で盗撮した疑いが持たれている。属容疑者は上から目出し帽をかぶせたデジタルカメラを手に持ち、撮影していた。気づいた児童が保護者に話し、保護者が同署に相談した。



ロリコン糞狂死29歳雄猿
キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!

この不況の真っ只中にあって売国為政者のパトロン気取りな日教組の“労働活動”でヌクヌクを過ごす分際でナニやってんのこのド変態!って事なんだけど考えたら公立の狂死ってイイよな、まぁ工業高校を外せば大概共学だし商業高なら殆ど女子高みたいなモンだからよ、盗撮し放題ぢゃ無ぇかって小学生なんだよなコレって事でど~でもイイ方向でヲレはまず関心至極(マジぃ?)なのだが、こんなド変態飼ってる銭ってモロ税金なんだよね、勿論こんな女の敵に対するは昨今売国奴からヒーロー扱いされてる蓮舫先生にお出まし戴き人民裁判もとい仕分け作業で日教組相手に「変態はまだいる?」「何人?」「変態に支払っちゃった人件費は?」と矢継ぎ早の質問を浴びせ、存在感を徹底的にクローズアップしていただきたいのである、日本を守る防衛や日本の将来を担う科学技術分野を切り捨ててる場合では無い。

こんなマーシーの出来損ないみたいな変態から幼い女子の貞操を守る為にロリコン狂死は撲滅すべきであり、教員免許更新システムの充実wは必須なんだがそんなの現売国政権では絶対無理w。

だって日教組怖いモンなwww

まぁいいか、ヲレだってジェンダーフリーってんでフリーセックスにガキ共を誘導する変態集団ってかあんなカルト集団まともに相手にしたくなんかないって辺りで今日の駄Blog終わり、ちなみに前回の駄Blogは何故かヒットしまくっちゃって何時の間にかカウンター1万越えしちゃってるんだよね、暇なのか君達www?

オマケ:この馬鹿に“悩み”と言う概念があるとはこの記事を読むまで知らんかった‥ってかこれまで散々好き勝手言いたい放題したツケが回ってきただけ‥要するに自業自得ってかブーメランw
関連記事

【流石○×‥】あまりにもばかげているってかど~でもいい話【ヲレには絶対無理w】

2009年11月25日 10:03

麻生の馬鹿ン時ぁ“よみまちがいw”に超強行的粘着質だった売国マスゴミがこの件では淡白ってか例によっての自己都合の悪い一件スルー発動って事で‥w。

平野官房長官:漢字2回言い間違い 「誘拐」を「ゆうわく」

 平野博文官房長官=似顔絵=が24日の記者会見で、イエメンで誘拐された日本人技師の解放を発表した際、「誘拐」を「ゆうわく」と2回言い間違え、会見後に首相官邸報道室が訂正文を出した。

 平野氏は会見で「日本人誘惑事件について」「イエメンで誘惑されました真下武男さん」と発言。前政権では麻生太郎前首相が「未曽有」を「みぞうゆう」と発音するなど読み間違いを繰り返し「漢字が読めない」と批判された経緯がある。ただ、平野氏は17日の会見では「ゆうかい」と正しく述べており、関係者は「単なる言い間違い」と強調している。


まぁ売国変態新聞だから文末でしっかり売国奴擁護をするのは当たり前の話だよな、何たってこの糞売国政権と来たら折角お膳立てして為政者にしてやったってのに勝手にブーメラン飛ばしまくるんだからフォローするのも大変って事なんだがヲレの興味はそんな陳腐な事では無く、この一件で『平野』『誘拐』『ゆうわく』等でググるでニュース検索してもこの記事しか出てこないって所なんだケドよ、普段似非憂国御用達なポチ経とか読捨はナニやってんのって思うんだが、寝てるのかw?って事で、この糞売国政権の陰謀wなコレについてネットでは圧倒的に不支持なんだが、売国奴に言わせればこんなの便所の落書きって事で済ますのだろうか?



「不要」が圧倒多数に。

 「BNNプラス北海道365」は、毎週新たなテーマを設け、読者のみなさんが参加する「365アンケート」を実施しています。

 民主党の山岡賢次国対委員長は、6日、永住外国人に対する地方参政権付与法案を今国会に議員立法で提出、党議拘束をせずに採決する考えを明らかにしました。

 鳩山由紀夫首相は、民主党幹事長を務めていた4月、インターネットの「ニコニコ動画」で「日本列島は日本人だけの所有物じゃない」などと発言、永住外国人への地方参政権付与に意欲を示しました。

 小沢一郎幹事長は、12日党本部で韓国最大野党である「民主党」の丁世均代表と会談、参政権付与の早期実現に意欲を示したと報じられました。民主党は、永住外国人の地方参政権に関する法案を政府提出とし、来年の通常国会での成立を目指す方針です。

 「365アンケート」は、11月9日から15日までの1週間、「永住外国人の地方参政権は必要ですか?」のテーマで実施しました。

 アンケートの期間中、1万4280人の方に参加していただきました。設問と投票結果は以下のとおりです。

 (1)あなたは永住外国人の地方参政権をどのように考えますか。

 ・必要 169票

 ・不要 1万4053票

 ・どちらでも構わない(判断できない) 15票

 ・無回答 43票


 (2)「必要」を選択した方にお聞きします。その理由は。

 ・納税している以上、付与は当然 87票

 ・国民ではなくとも、住民である以上は必要 49票

 ・無回答 24票

 ・その他(自由記述) 9票

 <「必要」と答えた方の主な自由記述>

 「永住外国人の事をどれだけの人が理解してるのか?というとこから始めて下さい。日本で生まれ、育ち、日本語しかしゃべれないのに外人とされてる気持ちわかりますか?日本人国民と呼ばれる人と全く同じ事をして生きてきてなぜ同じ条件でいけないのですか?」

 「少子高齢化解決の最終手段」

 「参政権を奪うということは、人が持つ要求を政治的に反映させる手段を奪うということ。参政権がないということは、人権侵害につながるのではないでしょうか」

 「地方政治は住民の日常生活に密接に関連した事項を扱うものであるから、その地方政治に参加する権利の有無は国籍ではなく、生活の実態により判断すべきであるから」

 「多様な価値観を受け入れられる環境が必要。日本は多民族国家である」


 (3)「不要」を選択した方お聞きします。その理由は。

 ・日本国籍がない 6273票

 ・党利党略や内政干渉のため 5557票

 ・無回答 210票

 ・その他(自由記述) 2013票

 <「不要」と答えた方の主な自由記述>

 「日本国籍がない、というのは自国への帰属意思をしめすものなのだから、日本人として内政干渉への恐怖を感じるのは当然でしょう」

 「国籍を持たないと言う事は、国の運営に対して責任を負わないという事であり、国家を形成する単位の一つである地域の運営に対しても責任を負わないという事。責任を負わないならば、権利を主張する事もできない」

 「悪しき前例がある。オランダで地方参政権と被選挙権を外国人に与えた結果どうなったかご存じだろうか?」

 「日本列島は日本国籍を持つ日本国民のものである。外国人に政治発言権を持たせることは著しく国益に反する。21世紀の今日でも反日教育・政策を続ける国が隣国にある以上、易々と外国人に参政権を付与して言い訳がない」

 「第一に憲法違反であること 第二に帰化しない理由を増やす意味が減ること、永住権があり、参政権が欲しいなら帰化したらいい 第三に国防上、国民の安全を守る事由上に障碍となりえる事があるということを総理を初め民主党議員の方が全然認識していなこと」

 「参政権は、あくまで『国内の政治に影響力を行使するための権利』であって、内政干渉する権利ではない」

 「具体的なメリットやデメリットに関するデータ、議論が十分ではない。したがって現段階では判断できないが、どちらでも構わないはあっても無くても良いの表現に近いようにも取れる為、不要の選択肢を選びました」

 「憲法違反となる。また、国家内国家を形成するおそれがある。カナダのケベック、欧州のフランドル地方その他各国で民族対立が発生しており将来日本でも国を割る重大な内政問題の火種となる」

 「国家の形を変えるような事を『友愛』などという抽象的なものの発想で論じないで欲しい」

 「国籍法も厳しくして、日本国民の定義をはっきりとして、外国勢力の影響を最小限にすべき」

 「日本国は間接民主制を採用しており、国、地方議員を通じてのみ政治に参加出来る。国、地方議員は公務員であり、公務員の選任は日本国民固有の権利であるので、外国人に参政権を付与することは不要ではなく、不可能」

 「順序が逆だと思う。日本人の日本に対する愛国心愛国教育、アイデンティティーが確立していない今の段階では『外国人』の都合に振り回され結果日本が日本で無くなる危険がある」

 「外国人参政権法案は、日本国民に不当な不利益をもたらし国家の安全保障を阻害(対馬に韓国人数万が移住、与那国島に中国人数万が移住したら、どうなるかお考えください)する憲法違反の悪法です」

 「納税しているから、選挙権をよこせといゆうのは、おかしい、日本国籍の人で納税している人でも、住民票が移されていないと選挙は出来ない」

 「日本国憲法違反であるから。また、永住外国人の大半が日本を仮想敵国とする特定アジア三国の関係者であるため、必ずしも日本の国益にならないおそれがある。また、参政権は国のために命を張って国防の義務を負う者だけが行使する権利を得るものであるから。仮に当該国家間にて戦争状態に突入した場合、徴集されて相手国の兵士になりうる人間に参政権など与えるべきではない」

 「国政に関する権利については平成7年2月の裁判で、外国人にあたえるのは違憲だとすでに明確にでている。また、国家運営、国防上の危険が危惧されるのも問題。どうしても参政権をほしいという外国人には帰化という制度もある。よって不要といいたい」

 「国民のほとんどがこの事について、良く分かっていない、そもそも知らないというこの状況で、国の将来に関わる法律を作るのは、駄目だと思う」

 「一点には絞れません。国籍が無いのも勿論、内政干渉であるというのも勿論。憲法違反、主権国家としての国体の堅持という点からも『不要』というより『付与してはならない』と考える」

 「既に数々の特権を持っている永住外国人に地方参政権まで奪われてしまうことは、日本人にとって甚だ不平等だと感じる」

 「自分が外国人だったら、他国の政治に干渉するべきではないと考えると思います。他人の家に上がり込んで、あれこれ注文をつけるのが変なのと同じです」

 「外国人には長期的なビジョンに基づいた参政が無理だと思われる。国全体の長期的利益を追求するのであれば、国籍をとればいいだけの事」

 「1.日本国憲法第15条に反する。2.対馬など、ある特定地域に外国人が集団で定住し、日本の領土を脅かすような条例、政策が出来ることへの危惧。3.欧米諸国における移民問題から想像し得る、新たな問題の発生」

 「権利と義務をはき違えて欲しくない!納税は日本に住む全ての者に科せられた義務である。その為に公共のインフラが使えるのだ。参政権は日本国民に与えられた権利である。権利が欲しいのならば当然帰化していただきたい!」

 「仮に日本人が米国に行った場合、郷に入らば郷に従えで、米国のシステムに順応しようとするのが普通でしょう。順応できなければ帰国するでしょう」

 「①憲法上疑義があること②地域によっては国の安全保障政策に密接な関わりがあること③納税=参政権とういう議論では、日本人で学生や生活保護を受けている方の選挙権はどうなるのか④国民への十分な報道がなされておらず、議論が不十分であること」

 「時期尚早」

 「すべて日本国籍のある日本国民と同じ義務を背負っていないため。もし徴兵制度が施行されたら日本の軍隊に入るということですよね?」

 「憲法違反 内政干渉 11/5衆院予算委員会の稲田議員質問でわかること」

 「納税は参政権を得る理由にはなりません。公共サービスを受けたりゴミの回収など、その地域に住んでおられる以上、最低限支払わなければならない性質のものです」

 「日本国憲法15条1項は公務員の選定・罷免を『国民固有の権利』と明記しており。また、93条2項は『地方公共団体の長、その議会の議員及び法律の定めるその他の吏員は、その地方公共団体の住民が、直接これを選挙する』と定めています」

 「中国や韓国が、国策として人を送りこんできたら、武力を使うこと無く合法的に侵略することが可能になる」

 「国籍とは国家に対して国民が義務と権利を相互補完して成り立つもの、日本の様に相互補完の意味が曖昧な場合はこれを先に議論せず、国籍無き人達を地方と言えども選挙権の行使をみとめる事は義務と権利の乱用ではないでしょうか?ましてやこの地方参政権は憲法違反になるのではないでしょうか。とにかく差別と捉えられがちな件ですが私は差別では無く『区別』と捉えています。それぞれの国がその国民に発行するパスポートは差別の対象になるのでしょうか?」

 「本国に加え他国で参政権を持つ必要性を感じない。他国の政治行政に参加して何とする。納税をしているとは言え道路を使い、水道水を利用し、電話、電気等インフラの利用について多くの利益を得ているではないか。日本国は日本国民のものである」

 「国民固有の権利であり、外国人に与える性質のものではない。納税の有無であるなら、困窮し納税していない日本国民には権利がないというのか。日本人または日本に骨をうずめるべく帰化した者のみが保有出来る『日本人による日本人の為の権利』に他ならない」

 「外国人地方参政権付与が日本国憲法15条に違反しているからです。このことは95年2月28日の最高裁判決でも確定しています。確かに同判決理由の中で『我が国に在留する外国人のうちでも永住者等であってその居住する区域の地方公共団体と特段に緊密な関係を持つに至ったと認められるものについて必要な立法措置を講じた上で参政権を認めるのは違憲ではない』としていますが、この部分は主文の理由と一切関係が無く、判例としての効力は無いと見るのが妥当です」

 「国民の大半は反対しているし、そもそも国民の声をまったく聞こうとしていないのがおかしすぎる。しかもマニフェストのまったく載っていなかったのもおかしい」

 「他者と相容れない主義、宗教による内部分裂、騒乱の発生が懸念される」

 「日本国憲法で、参政権は日本国民固有の権利であるとされています。なので、日本国籍を持たない外国人への参政権付与は違憲です。また、とくに特別永住権を与えられた在日韓国人の方々へは税制上などで様々な優遇措置が与えられており、2012年には本国での参政権も与えられます。このような方々にさらに日本での参政権を与えることは、日本人に比べて不当に優遇されている状態を作り出すことになります。また、日本国籍は比較的容易に取得できるのにも関わらず外国籍であリ続ける人々は、結局は本国の方に愛国心を持っているということであり、そのような人々に参政権を与えれば日本でなく本国のためになるような政治を要求することは明らかであり、断じて認めるわけにはいきません」

 「納税は理由にならない。税金は道路、医療、消防、警察などの公共サービスの原資であり、参政権とは無関係。もし、税金によって参政権が与えられるなら、逆に言えば学生や主婦、老人など、税金を払っていない人からは参政権が剥奪されることになる。そもそも、『納税してるんだから参政権をよこせ』というのは、『参政権をカネで売る』という発想であり、日本の先人たちが長い時間を掛けて勝ち取った普通選挙制度(納税額や性別の区別なく全ての国民に平等に選挙権が与えられる)を否定し、制限選挙制度(納税額の多少などによって選挙権に制限が設けられ、金持ちしか選挙に参加できない)に逆戻りすることに他ならない。そもそも外国人でも、議会への陳情や請願ができるなど、政治に口を出す権利は認められている以上、よりよい公共サービスのために参政権をというのは欺瞞でしかない」

 「対馬、壱岐、鳥取県など簡単に乗っ取られます。正気の沙汰ではありません」

 「自身の国籍を捨てずに日本で参政権を行使できるというのは、日本にしか参政権を行使できない日本人から見れば、差別にほかならない」

 「日本人の選挙での一票がひたすら軽くなっていくだけの法案。こんな法案は今の日本の若い人達、これから生まれてくる日本人のためにも絶対通してはならないと思う」

 「永住外国人の大半は本国であるところの大韓民国において参政権を有しているため、二重参政権の疑いがあります。また、外国籍である彼等は最終的に本国へ帰還することが可能であり、自身の投票について最終的な責任を負わずに国外へ脱出することができます。これは特に公債発行等において重要な意味を持つでしょう。憲法上も地方参政権について外国人に付与することが可能かどうかには疑いがあります(最高裁判例で可能としたのは傍論ですのでなお議論の余地があります)」

 「憲法十五条との整合性が取れる範囲内での、外国人の目線でしかわからない行政の改良を要求する権利までなら理解できますが、それを『参政権』とは呼ばないと思います。日本の政治は日本の方が行うのが筋では」

 「日本国の国民は日本国籍を有している者であり、国民以外の者が選挙を通じてその主権に付随する権利を行使できるのは、それが例え地方参政権であっても認められない。これを認めると国益を損なう可能性が高まる。共同体としての国家の根幹が崩れることになる」

 「古来より日本は日本人が統治してきた国である。その政を自分の祖国に忠誠を誓っているような外国人に奪われてしまっては、先祖に申し訳が立たない」

 「当該相手国が永住邦人に付与してくれるのならば、考えてもよいと思うが」

 「永住であろうとなかろうと、移民を含めて外国人は、自分の利益のために動くことはあっても、住まう国の国益を考えて行動することはありません。仮に日本が戦地になった時、外国人は祖国が安全であれば帰国することでしょう。そして祖国はきっと迎え入れることでしょう。逃げ道を確保できている人間に、一つの国の命運を左右する可能性は、万に一つも与えてはならないと考えます」

 「どうして日本に永住している必要があるのか?どうして帰化しなかったのか?どうして今地方参政権が欲しいのか?それが自分たちにとって利益になるから欲しいのですね。外国籍のまま日本の政治に介入しょうなんてどこかおかしいと思います」

 「日本人の主権の侵害。内政干渉では済まない。血を流さず日本を侵略できる法案」

 「世界的に見て外国人参政権を容認する国は少ない。容認している国でも参政権を付与する対象に厳格な基準を定めている場合が多い」

 「納税・居住で選挙権・参政権を与えていては、国というものではなくなるのでは?」

 「『日本国籍を有する20歳以上』というシンプルな基準であるべき」

 「長い歴史の中で日本に敵意をもつ外国人を対象に参政権を与えるのは日本の有事の際に極めて危険です。長年、アメリカに在住しましたが、当然ながら国籍がなく投票権はありませんでしたが、差別されたとは思っておりません」

 「たとえば日本人が海外で数年暮らしているからといって、その国の参政権を欲しがるでしょうか?在日ドイツ人やフランス人が参政権を欲しがっているでしょうか?国際的に問題のあることが認められている韓国人だけですよね、欲しがっているのは。とても不気味です」

 「外国人参政権取得者によって日本国民の文化、人格の批判攻撃が行われる可能性が在り、国民を不安と混乱に落とし入れ生命・財産・精神の喪失を引き起こす危機を誘発させるから」

 「民主党が外国人地方参政権を推進してるって事を果たしてどれくらいの人が知ってるのかね?民主党に投票した人間が皆知ってるとは思えないんだが?」

 「周囲のアメリカ人に『日本では外国人に参政権を与えようという動きがある』と告げると、みな一様に、びっくり仰天します。主権国家の統治のあり方を決めることはその国の国民だけの権利であり、義務であるというのが万国共通の原則だからでしょう。外国の人が日本の国の選挙に参加したければ、日本国民になればよいのです。だから周囲のアメリカ人たちも、『日本在住の外国人が日本の選挙に投票までしたいというなら、日本国籍をなぜ取らないのか』と、問いただしてきます」

 「永住権者の納税は、水道、交通機関等の日本人が何百年もかけて作ってきた社会インフラを外国人が利用することの対価であって、選挙権とは無関係。また、憲法論的にも、住民であっても、憲法15条には選挙権は国民固有のものであることが規定されており、住民だからといって選挙権が付与されるものではない。また、最高裁の判例では永住権者の選挙権を認めているとの説もあるが、それは主文とは関係のない傍論。また、仮に傍論でないとしても、その判例では選挙権の付与は永住権者であってさらにその土地に深く溶け込んでいることを条件にしており、永住権者全てに選挙権を認めているものではない。また、欧米においても、外国人永住権者に選挙権を与えているケースは稀。EUにおいてもEU圏内の国同士では認めているが、EU圏外の外国人に地方参政権を認めている国は稀。それを認めているオランダでは、そうした制度が現在、社会問題化している」

 「昔、ヨーロッパがEUじゃない頃は外国に地方参政権を認めた国もあったんですが、今ほとんどなくなって、同じEU圏内だったら(参政権を付与する国は)あるけれども、世界の中で外国人に地方参政権をはっきり認めてるのは、実は韓国ぐらいなんです」

 「例えばある市とか、ある町に集中して、ある特定の国の人たちが集まって参政権を行使したら、その村とかその町とかその市は、外国人、その特定の国の国益のために行政をすることになるし、安易に、地方参政権だからいいじゃないかということはできないと思います」

 「大阪という土地柄、私の周りにも在日韓国人がけっこういますが、少なくとも参政権がほしいなんて主張してる人は一人もいません。参政権付与は在日個人の幸福追求のためではなく、民団という反日団体や韓国という反日国家の政治的思惑により求められているものだと、私は確信しています」

 「参政権は国民固有の権利であり、外国人に渡すには危険が伴います。警察、教育は地方自治の領域に属するということを、もっと皆が理解すべきと思います。欧州など周囲が友好国に囲まれた国と、中国、韓国、北朝鮮、ロシアに囲まれた日本とを同列に論ずることもできないと思います」

 「日本人が日本人らしく生きる権利が失われる。人口が少なく、外国人の多い自治体では、その影響は計り知れない」

 「在日外国人に一方的に参政権を与えるというのは、国家の主権を他国の人間に売り渡すことに他ならず、非常に危険な考えである。一万歩譲って、(もしも)在日外国人に参政権を与えるなら、その在日外国人の本国と相互に参政権を与えるのが筋であり、この、筋をわきまえない法案が提出された場合、日本が国際的に笑い物になるのが必定である。在日外国人への参政権付与を訴えている民主党、社民党の議員、この案に賛成している人々をひと言で表現するならば、最大限穏当な表現に押さえても、『国益に反する輩』である。それ以外の表現はない」

 「参政権は国籍を持つもののみが有する大切なものと考えるため。いくら税金を払おうが国籍を持たず、居住する国に対して忠誠を誓うことのできない輩に対しては参政権を付与すべきではない。外国を見ても移民に対して参政権を付与したところの惨状を見れば答えはおのずと得られるように思う。マスコミもこのような情勢を中立な立場で正しく隠さずに国民に知らせる義務があると思う」

 「日本の主権者は日本人のはず。外国籍の参政権を認めて上手くいった国はない。今でも国内では不法入国・滞在、麻薬、犯罪の増加、暴力団、円の流出等等好き放題に荒らされているのにこれ以上日本と日本人の価値を下げるようなことは我慢がならない」

 「民主党支持者だが、今この時期に話を進める問題ではないと思います。マニフェストの実現や経済対策を優先してもらいたいです」

 「日本人そのものが愛国心が希薄で将来の国のことを真剣に考えていないのに、外国人にそれを考えさせるのはアンバランスな気がする」

 「在日韓国人も例外なく外国人である。帰るべき大韓民国という本国があり、個々の根本的な権利の保護、救済に資する一切の責は大韓民国に帰属するはずだ。居住先に過ぎない日本において、日本国民と同等の『権利』を日本に求めるべきはなく、また、日本が求められるべき立場にも無い。その国民と外国人との間には『区別』があり、権利の上で同等ではないことは、いずこの国においても同じであろう。その『区別』は『差別』ではありない。『地方参政権付与』の『是』『否』を問う前に、先ず、このごく当然の、論旨の整理が必要だ。

 「このような国家の根本に関わる問題を国会議員だけの判断で決める権利はない。民意、民意というならば国民投票で決めるべき」

 「参政権は国体を左右する権利で日本は日本人の国家は大原則。その中で異民族と共生していくかを議論すべきです。目的を見失い母屋を失うとは非常におろかな事です」

 「日本国民の中での議論が全然足りていないから」

 「不要とまではまだ勉強中の私には言い切れませんが、このようなことを国民に広く問わず、進めようとする辺りに現政権及びそれを取り上げないマスコミの利権が優先なのではないかと疑われても仕方のないことであると思います」

 「メリットが無い。今は景気対策を考えるとき」

 「地方参政権とはいえ、原発、自衛隊や米軍基地問題と高度な政治判断が必要な事案が結構多い。国家の根幹を揺さぶりかねない」

 「憲法15条に参政権は(日本)国民固有の権利と定めている。強制連行されたといわれる方もいるが、日本は帰国支援事業を行っており、その後に残っている人は自由意志で日本にいる人である。歴史上もなんら参政権をあたえる必然性はまったくない」

 「日本の子供の未来が心配、日本人の為にならない」

 「教育委員会や公安など外国人に任せるには不安」

 「1・日本国民の意志ではない。2・憲法に抵触している。3・安全保障の問題。4・社会保障の問題。5・治安の問題」

 「日本にとってメリットが全くない。外国人参政権を勧めたいのであれば、理由をしっかりと説明して、小泉元総理の郵政選挙みたいに外国人参政権総選挙をして賛成か反対か国民に問うべき」

 (4)そのほか、永住外国人の地方参政権に関する自由な意見をお書きください。

 計8512の意見が寄せられました。その一部を記載します。

 「まず国民に広く周知し、議論が大いに行われる事が必要。選挙のマニフェストでは引っ込めて、いざ蓋を開けたら積極姿勢だなんて、国民へのだまし討ち。やましいところがある証拠なのではないだろうか」

 「在日参政権は地方レベルであれ、最悪の場合は領土問題や日米安保に影響する。例えば、対馬に在日韓国人が流入すれば参政権で独立・韓国編入という政治工作ができる。同じように中国人は沖縄を自国の領土であると主張するが、これで中国が沖縄に流入すれば対馬と同じようなことになる。沖縄に限れば在日米軍の強制排除に結びつく。これは世論が考える以上に局地的ながらも深刻で修復不可能な損害を与えることになる」

 「欧州の移民問題を見ていると、地方参政権を与えることは、日本国民の利益を損なうと個人的には思う。参政権を行使したければ、日本国籍をとればよい。国籍を有する自国で参政権が与えられているにもかかわらず、日本でもそれを望むのは、過分にすぎる。また、かかる問題は国民主権に関わる大問題であるにもかかわらず、衆院選で主要な争点となっていない点からしても、現時点で十分に国民の意思が反映されていない以上、与えるべきではない」

 「"永住"であり、納税している限り、その意思を政治に反映する権利は発生するように思うのですが..."特ア"云々の感情論は抜きにして」

 「永住外国人に関しては原則日本人と同じ条件で地方参政権や裁判員資格が認められるべきだろう。永住権を持たない外国人に関しては地方参政権に限定して資格を得ることができるようにしたらいいと思う」

 「全ての地域というより外国人の在住率が25%以上の地域などを決めて進めていくなどをした方がいい。それと犯罪歴のある人物には与えないようにしてもらいたい。不法滞在者については難民レベルの場合ですでに10年以上日本で定職についている人とか家庭を築いている人などは少し考慮が必要ではないかと思う。ニュースで流れた家族が離ればなれになった女学生の子は可哀そうだった」

 「参政権についての議論において、選挙権や被選挙権(立法権)は語られるが、行政権への影響まで考慮して語られることが少ない。行政において、民主的なコントロールは間接的で、一般公務員に対するコントロールがかなり難しい。したがって日本人が多数を占める議会(立法)よりも影響が大きいといえる。上級の役職に外国人が就任したとき、特定のグループに有利な行動をしないか。どことは言わないが周辺国には縁故を優先するのが当然とする文化の国があることを看過していないか。外国人が真に住民全体のために行動できるという保証はあるのか」

 「きちんと納税をしているのなら、そして長期に渡り日本に滞在するのであれば、多少の選挙権を与えてもよいのではないでしょうか。今後日本にも外国人がさらに増えると予想されますのでそういった対応が必要なのではないでしょうか」

 「参政権は主権の源泉ともいうべき重要な権利であるので、外国人に付与するのであれば後に論争や対立の火種を残さないように正々堂々と正門から導入すべきである。それには以下のことが必要であると考える。(1)国民のはっきりとした承認を得る。すなわち外国人参政権を主争点にした総選挙か、あるいは憲法改正の国民投票を経るべき。(2)そもそも参政権と言う主権の根本をなす権利は、憲法ではっきりと保障するのが筋であり、また禁止説、許容説間の不毛な違憲合憲論争が参政権付与後も延々続くような不幸は絶対に避けるべきである」

 「永住外国人(韓国)です。日本国籍を持っていないので、別にいりません。地方だけって言われても、困ります。選挙権がほしかったら、帰化します。それが道だと思います。以前から、「在日韓国人で、参政権を声高に叫ぶ人がいるけれど、本国での参政権が(最近まで?)認めらていないのに、なぜ、まず住んでいる国で求めるのだろう」と不思議に思っていました」

 「ネットなどで言われる様々なデメリットは確かに『考えすぎなんじゃないの?』と言われそうな者が多々ある。しかし、じゃあメリットはというと少なくとも日本人には特に思いつかない。これから日本は外国人を受け入れなければならない。これもよく聞く話だが、私が外国人労働者だったら重視するのは治安や賃金で、政治参加の機会はあまり重要ではない。第一日本語でだって難しい政治の話を現地語で理解できるとは思わない。つまり参政権を求めるのはその国で生まれた永住者の可能性が高く、そういった人は政治参加したければ帰化するべきだと思う」

 「相互主義というなら韓国が参政権を認めた条件と同じ厳しい条件で、韓国籍の人間にのみ認めるべき。日本人に参政権など与えるはずの無い中国や北朝鮮は除外。日本より他国に利する行動をとった場合は全ての権利を剥奪後、永久に国外追放するなど罰則も厳しく制定すべき。外国人に権利を与える前に、まずスパイ防止法を制定してほしい。少なくとも失敗した他国の例などのデメリットを広く国民に伝え、徹底的に周知してから話を進めるべき。NHK他大手マスコミが既に外国勢力の支配下にあるかのごとく役割を果たしていないのが問題」

 「戦前強制的に日本国民にされ、軍務にもつかされた、中国、台湾、朝鮮系の人たち、及びその直系孫(場合によってはひ孫)くらいまでの親族のみに、参政権は認めるべきで、昨今、外国からきて永住権を取った人にまで拡大するのは行き過ぎ。米国でも、市民権が参政権取得の条件。孫(またはひ孫)の代まで認める理由は、人種差別等で苦労させらた祖父母の嫌な過去の経験はどうしてもそれ位の世代まで引き継がれ、日本国民への不信感は簡単にはぬぐえず、国籍取得には躊躇があるだろうという考えから。それ以降はやはり、国籍を条件とすべし」

 「私はアメリカに住んでいます。教師をしています。まじめに働き納税の義務を果たしています。しかし、日本人のままですからアメリカの国籍は取得していません。当然選挙権もありません。与えろと!いうのは論外です。アメリカという国の責任でもありません。私は日本人のままでいたいという誇りのために犠牲を払っているともいえます。日本で日本国籍を拒否している人が日本の選挙権が欲しい(=国の政治を変える、という意味。)という人たちは日本人にならずして何もかもが欲しいわがままな人に見えます。国籍取得者が選挙権を持つことが当然なこと」

 「永住外国人ってもうすでに日本人同然じゃないですか。たとえ生活、文化など保持している意識が日本人と違っていても、日本に永住権を持っている以上、参政権があって当然だと思う」

 「永住外国人に参政権を出すような国がいったいどこにあるのでしょうか。移民の国カナダでさえ、参政権はカナダ国籍を持った人にだけ与えられています。外国人に参政権を与えると、おそらく日本国が他国に乗っ取られることでしょう」

 「外国人に参政権を与えるのは憲法違反です。反日教育を受けてきた韓国中国に与えるのは危険です。竹島、尖閣諸島だけでなく対馬までのっとられます。大阪や東京でも1部の地域では在日の人が偏在してるところがあるので心配です。オランダは優しい国民性のため参政権を外国人に与えてしまいすごいことになってます、詳細は『オランダの悲劇』で検索してください。ずっとNHKで国会審議を放送しているのですが、稲田議員が鳩山総理にこのことを質問した日だけ放送しませんでした。こんな大事なこと国民が知らないで法案通すっておかしくないですか?」

 「日本は日本人の国家であり共同体だ。外国人がそこに居候の立場で来ることは構わないし。客人としてもてなすことも構わないとは思うし、就職や進学等で差別があってはならないとは思っている。しかし国家の主権と共同体の意思決定に関わる事は話は別。彼らは日本という国家、家の住人ではないのだから、それに関わる資格はない。加えてこの問題に積極的なのは、民団だけだ。総連は消極的だし、台湾出身の在日も批判的な立場である。在日の全ての意思統一すら成し遂げられないのを何で日本が容認する理由があるのだろうか」

 「日本を愛してくれてる外国人には非常に申し訳ない気持ちでいっぱいになるが反日思想を持った不特定多数の連中にも平等に与えられるのは納得いかないから」

 「民主党政権は国民から選ばれた政権であり、永住外国人の方から選ばれた訳ではないはずです。まずは自国民を第一に考えるべきではないでしょうか。100歩譲っても、税収を回復させ、更に予算を以前よりはるかに低い額まで収め、年金制度を合理的な形にしてから行うべき施策だと考えます」

 「夫が外国人の一主婦です。外国人の地方参政権について新聞で読み夫と話題にした結果、お互い不要、反対という結論でした。(2)の設問の回答ですが、納税はその国で生活している以上行うのは当然で、税金によってその国における様々な恩恵も受けています。納税と選挙権の付与は決してイコールではないと思います。例えばその国に永住権があり実際長く住み多額の税金を払っているとしても、そもそも日本国民(若しくは夫の国でもその国の国民)であれば、税の支払い額に関わらず選挙権を得ることができます。これは国民の権利ということではない」

 「永住外国人の定義づけさえあやふやなのに推し進められても困る。不法滞在者、その子孫の扱いをどうするのか。また、納税を参政権の口実とするならば、納税額によって票の重みを変えなければ整合性が取れない。勿論、そうなると資産家はより裕福に、貧しき民はいっそう貧しくなる。諸外国が云々も噴飯物。何もかも諸外国に倣うのであれば、まず防衛意識から倣うべき。ほぼ無制限なんて愚策としかいえず、論外。日本の政に参加したいなら日本人になればいい。米国の政に参加したければ米国人となる。至極当然のこと」

 「まずは在日特権などの悪法を正すことが先。また犯罪を犯した外国人の強制退去を厳格化。日本には、反日害国人とは別に、日本を愛して日本の文化や伝統の継承に努力され、日本人以上に日本人的な感性を持つ外国人の方が居られます。こんな日本にとっても国益になる人達については、功績に応じて部分的な参政権を認めるのは利に叶っていると思います。しかしながら今民主党などが模索している案は論外で正気とは思えません」

 「とても高邁な思想だと思います。憲法改正も含めて、平和的に実現するならばこれほどすばらしいことはない。じっくりと腰をすえて、しかるべき時期に行っていただきたいと思います。現在、国内の情勢が不安定で経済も先行きは明るくない。目先の問題を片付けて、土壌を整えるほうが先決ではないかと。素人考えですが」

 「むしろ、『日本は私のふるさとであり、未来永劫の忠誠を誓う』と言えない日本人の参政権は剥奪してもいいと思う」

 「マスコミはろくに報道もせず、参政権を付与することのメリット・デメリット、将来の日本に及ぼす影響、オランダ・フランス・ドイツなど参政権を認めた諸外国の現状等、正確な情報をほとんどの国民は知りません。またこの法案を提出した鳩山政権からも国民に対して何の説明もなく、この状況下で推し進めること自体大変危険なものと思います」

 「どうして外国人に参政権を与えるのか全く意味が分かりません。参政権が欲しければ帰化すれば良いだけの話。一体どの外国人のための政府なのか?外国人への参政権などそんな事を考える暇があったら景気対策をして欲しい。ボーナスが出ないのはJALだけではありません。首相のようなう7200万円も『全くポカ』して申告漏れするほどのお金持ちには分からないでしょうけど、実は世の中不景気なんですよ!ご存知なんでしょうか?」

 「勿論、永住在国人の中にも日本を理解して素晴らしい人もいるでしょう。ですが問題は、『全部が全部そんな人ではない』ということです。なぜ日本国籍を取得しないのか。それは日本国籍よりも外国籍を無くしたくないという外国籍に対する愛国心があるからでは?日本は愛国心なんて発言するとヘンな目で見られますが、他国は違いますからね」

 「私は人種に問わず『絶対に与えてはならない権利』の一つだと考えております。まずは、地方参政権云々の前に、なぜ帰化せずに永住外国人という中途半端とも受け取れるポジションから政治に参加したがるのか、その内情・裏側を時間をかけ徹底的に調査すべきだと考えております」

 「現在、海外に在住しています。日本国籍は捨てていないので、今住んでいる国では参政権は付与されていません。もちろん納税もしていますが、参政権がないことを不満に思ったことはありません。むしろ当然のことだと思います。不在者投票の制度を利用して、日本の選挙に参加することはできます。日本に在住している外国人も、本国に対して参政権を行使するのが普通だと思います。『本国にはもう戻らない。日本に骨を埋めるつもりだ。だから参政権がほしい』という外国人は本国の国籍に固執する意味もありませんし、日本に帰化すればいかがでしょうか」

 「戦前の朝鮮併合は植民地支配ではないことは、同じ時期、日本に統治されていた朝鮮以外の台湾などは、今も昔も親日であることでわかる。なぜマスコミはそれをはっきり言わないのか」

 「これは、日本という国が誰の者か、と言うとても根源的な問題に関わるので、軽々に公約するべきではない。また、公約だからとか、結党以来の悲願だとかで扱うべき問題でもない。そもそも、それをやって後悔している国が沢山ある現状をどう認識しているのか、鳩山さんは明確に答えるべきだ」

 「日本人はもっと危機感を持つべき。私たちには先達が血を流して守ってくれた平和と財産を、後世にも守り伝える義務がある」

 「選挙権がほしければ帰化してからでいい。民主党は日本人の為の政党ではないのではないかと思う。そしてこれを報道しないテレビ゙・新聞に恐怖を感じます。その中、『BNNプラス北海道365』さんに感動してます!!頑張って下さい!!」

 「私は外国人参政権が可決される事にとても不安に思っています。外国人参政権は憲法違反です。国民の権利である参政権を容易に外国人に渡すわけにいきません。もっと慎重に議論して、国民にもきちんと説明すべきです。なのにニュース・新聞ではあまり報道されず、裏でこそこそと提出するのは民主主義に反しています」

 「健全な地方自治の遂行のためには、各自治体に生活拠点を置く永住外国人の意見を吸い上げるための仕組みが必要だと思います」

 「選挙前から常に民主党を持ち上げるマスコミに一番問題がある。民主党の支持団体に民団等が関わっていることの事実や、外国人参政権付与法案を提出するということを民主党もマスコミも隠して選挙に勝ったというのは国民を欺いているとしか言いようがない。全てを公にして尚、国民が民主党を選択したのであればそれは仕方のないことである。それを報道しないマスコミが一番問題だ」

 「いいと思う。むしろ、参加しても良いと思いますよ」

 「『参政権』とは『日本国民』のためのものであり、それを憲法で認められています。参政権が欲しいのでしたら帰化するか、自国へ帰って自国の選挙に参加していただくことが最善だと思っています。『外国人との共生』=『参政権の付与』ではありません。帰化条件を緩和するなど手段はいくらでもあるはずです。日本という国を動かすのは『日本人』であるべきだと私は考えます」

 「こんなこと自体が議題に挙がることがおかしい。推進議員は、お金でも貰っているのでしょうか。しかるべき手段で日本国籍を取得していただければ、選挙権は付与されます。これは差別でもなんでもありません。あまり期待はしていませんが、マスコミは推進派の意見だけを報道するのは止めてほしい」

 「国家の意思を決定する権利は、間接的にせよ国民固有の権利であるべきである。現在、永住外国人の日本国籍の取得は比較的容易になっており、特に特別永住外国人については特段の配慮がなされている。このような状況の中にあって、地方といえども公権力の行使にまで繋がる議員の選出権を、日本国籍保有者以外のものに与える必要性はない。この法案は、日本人の権利を薄めるものであり、日本人の権利を侵害するものである。特に、地方分権が推進され、道州制への転換が視野に入っている現状においては、容認できないものといえる」

 「本件のようにすぐれて主権に属する問題は十分にも十分な議論が必要。少なくとも、現政権(民主党)はマニフェストでは書かなかった。にもかかわらず、唐突に法案提出を試みようとしている勢力が存在することは極めて非民主的である」

 「『参政権を付与すれば、外国人に乗っ取られる』という偏狭な考え方をする方がいらっしゃいますが、その地方に日本人が多ければ、そのような事態にはならないと思う。逆に、その地方に外国人の方が多いのなら、そこはむしろ外国人の意見が取り入れられるべき地方なのだろう。それが民主主義なのだと思う」

 「永住外国人に地方参政権を与えることは、将来目指すべき理想的な考え方だとは思うが、現在の日本では問題が多すぎる。まずは問題を一つずつ解決してからです。また、議論がまだ十分ではないのに、採決を急ぐ民主党の姿勢に不安を覚えます。マニュフェストに明記せずに、こっそりと法案を通そうとしてるように見えます」

 「民主党はHPのマニフェストに、当初はこの外国人参政権を掲げ、夏の選挙前にこれを削除、政権を取った後、突然この法案を強引に推し進めようとしています。これではやり方が卑怯だと罵られても仕方ありません。絶対に反対です。どうしてもやりたければマスコミに工作などせず(有名な話です)もっと大々的にこれを報道し、民意を問うべきです」

 「日本に何十年と住んでいるのだからあってもおかしくないのではないかと」

 「我が国の憲法に違反する『永住外国人の地方参政権』、そもそもその点から十分な議論が必要ではないでしょうか。私の職場の永住者を含む外国人(カナダ、韓国、タイ、ドイツ、アメリカ)の方々に意見を聞きましたが、彼らの母国にそのような制度はなく、そもそも国籍を持たぬものが選挙に参加すること事自体彼らの母国では考えられない、で意見が一致しました。彼らの母国に『永住外国人の地方参政権』が本当にないのか、実情は調査したわけではないので存じません。あくまで答えていただけた意見を書いているだけです。しかし、この制度の対称になる方も含まれる、海外から来た彼らも疑問に感じる制度が本当に必要なのでしょうか?民主党は自らが掲げたマニフェストすらまだ十分に実現できていないのに、マニフェストに掲げていない政策をなぜ実行しようとするのですか?本当に必要な制度、議論するべき事は他にあるのではないでしょうか?このような問題ではなく、私自身のみならず、他大勢の方々の明日の生活に直結する経済問題に最優先で取り組んでいただきたいものです」

 「憲法15条に『参政権は国民固有の権利』と書かれています。憲法違反の可能性があり、憲法改正も視野にいれるべきものだと考えます。民主党のマニュフェストにもきちんと乗っていなかったし、国民に信を問わず法案が通るようなら議会制民主主義の根幹を揺るがすような事態と国民は受け取るでしょう。また、今後も同じように国会議員の主観で法律を無視して議員にとって都合のいい法案を作る独裁的な動きが起こり続けるのではないか凄く怖いです」

 「永住外国人とはどのような人を対象とするのか、またそのメリットとデメリットをわかりやすく国民に提示し、国民投票により決定すべき。国民の知らないところで可決するやり方はよくない」

 「日本人とは違った視点からの意見を取り入れて欲しい。日本にない他国の良い点は積極的に取り入れるべき」

 「ピュアに性善説を信じることができる世界であればありかもしれない。けれど、あらゆることに利用されかねない参政権を、一部の利益のためにばらまくような真似は絶対にしてほしくない。ここで通ってしまっては、将来必ず大きな問題になる。推進派の人は、本当に先のことまで考えているのか?」

 「国籍を持つということはある意味その国と運命をともにするということ。だからこそ国の方向を定めるための選挙権を持つ。その覚悟も無いのに国の舵取りに口を挟むというのはご法度だろう。自分の母国に在外選挙権を訴えるべき」

 「在日韓国人についていえば、韓国の憲法や法律を遵守する人々です。たとえ地方参政権であっても、本音が反日である以上、絶対反対です。日本内で共栄共存といいながら、日本のルールや習慣を無視する傾向が強く、今は日本人が彼らを差別しているのでなく、彼らの横柄な態度に気を使っている日本人が多いのが現実ではないでしょうか。彼らに参政権を与えることは後々大きな対立を生むようなことになると思います」

 「日本での参政権を得たい外国人は、日本国籍を取得すればよいと思います。日本国民としての義務を果たしていない外国人に対して参政権を与える意義が全く理解できません。万一、外国人参政権を議論の俎上に挙げる場合も、選挙権を国民固有の権利と定めた憲法15条に違反することは自明ゆえ、まず憲法改正論議から始めるべきです。なお、私は現在英国に在住していますが、英国では英国国民と外国人に与えられる権利は別物です(当然義務も異なるのですが)。世界の大多数の国では、参政権は国民固有の権利として定められています」

 「アメリカ在住ですが在米外国人に対する地方参政権はありません。移民政策を取るならば、アメリカのようにグリーンカードを抽選制にし既に日本に多数いる中国、韓国、朝鮮籍の国以外の発展途上国国籍者に永住権を限定し発行すべきです。また日本の場合北朝鮮国籍を持つ在日外国人もいますので、拉致被害の問題が未解決で国交もない国の国籍者に地方参政権を渡すことには賛成できません。その国に居住していれば公共のサービスを受けますので納税は当たり前です。これを選挙権と引き換えにする論理は明らかに誤りと考えます」

 「マスコミは『よその国では外国人参政権が認められています』と尤もらしく言うだけ。でもその基準や、それによってのデメリットを伝えてない。伝えないのは現与党の方針で、マスコミもデメリットを伝えないのはまずいことがあるから?と勘ぐってしまう。麻生政権の時はどうでもいいことまで執拗に、悪意を持って叩いていたのに、鳩山政権でのブレはほとんど取り上げず、数々の内閣不一致発言も黙殺、官僚排除といいながら国会の質問取りに官僚が来る矛盾、国費を使って外遊三昧、毎食高級料理店での食事すら『美味しいですよね~』と持ち上げる。犯罪報道の時ですら、通名報道で済ます。もっとテレビなどで特集を組み、外国人参政権のメリット(ないけど)・デメリットを伝えるのがマスコミの役目ではないのか。このままではテレビ・新聞離れは止まらないと思う。国民がニュースを通して知りたいのは芸能人の同じ人の事件を何度も何度もではなく、自分たちの将来に繋がる政治です」

 「マスコミは何故問題点を示して国民的な議論を喚起しないのか全くわからない。漢字が読めないだとかホテルのバーとかそんなどうでもいいことは鬼の首取ったように騒ぎ立てるクセに。この設問でも憲法違反や参政権を与えた国がどうなったかなど全く伝えない。国民は民主党政権に白紙委任状を渡したわけではない。それでも強行にこれを通すなら独裁だ。自分は徹底的に戦うつもりだ」

 「先の総選挙で自民党を入れた理由。この法案への懸念でした。考えるまでもなく現在、未来への不安を感じます。日本人は報道や世論の印象に流されやすいので参政権の付与について問題点をきっちり報道してほしい」

 「祖父の代で帰化済みの者ですが参政権が欲しいのなら帰化するのが当たり前だと思います。帰化自体は真面目に働いているのならハードルは高くありませんし・・・世間が言うほど差別というものはありません。税金払ってるから参政権という話にも違和感を感じます」

 「苦しい財政状況の中、懸命に生きている国民から、さらに日本国民の権利まで奪う行為である。どこまで私たちを貶めれば気が済むのか。正気を疑う。財政や教育など、やらなければならない案件が山済みにもかかわらず、なぜ、マニュフェストにも記載していない、憲法15条に抵触するような法案をねじ込もうとするのか。本当にいい加減にして欲しい!!!」

 「国家とは、文化や民族や価値観を共有する人達が自分達の生存や先行きを自主的に決定する単位であり、自分自身が自存自立するためのチーム制度なのだから、別のチームの所属員に決定権を与えることは、自分達のチームの生存や先行きを自分では決められないという無責任な話である。日本というチームに入ることを拒んでいる人達に参政権は不要だ」

 「北朝鮮は言うまでも有りません。韓国は日本の領域(竹島とその周辺海域)を侵略している実質の敵国だから。中国は沖縄の侵略を狙い、日本の領海内で艦隊による大軍事演習を行い、領空侵犯も多数にのぼり、露骨に敵対行為を繰り広げている。これ等敵国の人間に参政権をあげるのは危険だと思います」

 「先日の国会でも首相が自民党議員に憲法違反である旨を指摘されており、国民に全く益が無いこんな事案を協議しているのは非常に馬鹿馬鹿しい話。遅々として進んでいない経済対策を優先すべき」

 「必要の方にぜひ聞きたいです。納税している未成年にも参政権を与えますか?何らかの理由で、税金を払えない日本人には参政権はなくてもいいのですか?住民であれば、国籍は関係ないと言うならば、年齢も関係ないですよね?」

 「外国人に対する福祉や処遇の改善は必要かもしれないが、その話と地方参政権は全く次元の異なる話。マニフェストから外した当該事項について、その他山積みの重要事案よりも先に進めるなんて、民主党は卑怯この上ないと思う。少なくとも、国民の多くの同意もなしに進めようとする今の政権に大いに疑問を持ちます」

 「地方選挙は投票日もまちまちである。住民票を移せば年何回も投票出来る。地方分権が進む中、離島はもちろん地方都市の大部分で外国人の影響が拡大する可能性がある。なにより参政権は国民固有の権利であり外国人に参政権を与えるのは憲法違反である」

 「まず、国民に充分な周知が必要であるし、憲法違反との指摘があるなか、そういう声を無視してゴリ押しするほどのメリットが民主党にはあるのだろうか?そもそも参政権は納税の対価では無く、日本国民に与えられた権利」

 「民主党に投票しなかった理由がこれにあります。他の重要な政策を差し置いてここから始めますか?確かに資金も要らず在韓の方に利益をもたらしますが 国益ではありません。この国の政党ならこの国のために働くべきです。それが出来ないならさっさと政権交代してください」

 「一時的な対立を招く可能性は否定しないが、在日韓国・朝鮮人の正しい定住ルーツを日本人の誰もが認識すべきであり、その他の外国人とは区別して考えるべき。それでも彼らが参政権を求めるならば、祖国に戻るか、日本人になるかを選択すべし。100年200年後までも永住特権が有効なのか。ならば後世の為にもその永住特権を廃止すべきであると思う」

 「永住外国人の地方参政権は世界的な趨勢。また、日本の植民地支配により日本に永住する在日韓国・朝鮮人など日本独自の問題もある。日本に永住しともに暮らす外国人の権利も認めるべきである」

 「国民の理解を得られないまま国家のあり方を変えるような法案を通していいのだろうか?答えは断じて否である。国民を無視した行動が民意だろうか?独裁に他ならない!我々は我々の決定を持って断じるべき事柄を任せるわけにはいかない!何が言いたいかというと断固反対。オランダがどうなっているか見てから物を言ってもらいたい」

 「永住するから、その権利を持っているからといって日本の歴史、文化、政治、行政を分かっているとは限らない。その人の出身国が間接的に日本国の政治に介入する動きなどもでてくるかも知れない。また、国内の機密事項が海外に漏れる心配もある。絶対に実行すべきでない。利益より不利益の方が大きい。問題が起こってからでは遅い」

 「『ニコニコ動画』で『日本列島は日本人だけの所有物じゃない』などと発言。上記の出来事に号外を打たなかったマスコミも同罪。河井酔茗の『ゆずり葉』この詩の意味が理解出来ないものは即刻日本から立ち去ってほしい。行き過ぎたリベラルは破壊でしかない」

 「こんな法案認めたら、人口の少ない地域に外国人の住民票を移したら乗っ取られてしまうのでは(対馬とか)?普通に考えてもこんなあぶない法案に同意する日本人はいないと思うけど・・・。そもそもマニフェストをそっちのけにして、こんな法案を通そうとしている与党をマスコミはなぜ叩かないの?前政権のブレと比較にならないぐらいひどい状態だと思うんだけど・・・」

 「以前、読売新聞が社説で外国人参政権を批判していましたが、それを読んでまったくその通りだと思いました。これを認めると、外国人は本国と日本とでの二重の選挙権を持つことになります。日本人にとっては非常にアンフェアな話です。また内政干渉の危険性もあります。地方といえども国の一部です。日本の選挙に参加したければ帰化するのが筋でしょう」

 「外国人地方参政権付与については、国会でもオープンに論じられていないし、メディアを民主党が操作してるのかと思わせるくらい全く報道されない。法案の中身は売国法案その物で、日本国民には全くメリットがない。予算削減だとか、事業仕分けだとかを囮にして、本丸である売国法案の可決を目指す民主のやり口が許せない」

 「主権が、外国籍の人々の集団の自由になる様な事態を招き、国の乗っ取りをされるおそれがある。また、利害の異なる国に籍を置いている人々は、自らが国籍を置く国が有利となる様に日本の政治を持って行こうとするのが当然である。これは、日本の国益に大きく反するものである。まず、竹島、対馬は韓国領。沖縄、南西諸島は中国領だと主張する議員が誕生するでしょう」

 「海外在住ですが、外国人参政権は有り得ません。多くの国が移民問題を抱え深刻化している現状の中、日本が外国人参政権付与とは、各国から嘲笑されてしまいます。実際、外国人地方参政権を認めているのは、大国は含まれておらず、付与条件付きで20数カ国。それも廃止に向かっているのが現状です」

 「国民と外国人との間には「区別」があり、権利の上で同等ではないことは、いずこの国においても同じであろう。その『区別』は『差別』ではありえない」

 「対馬等特定の地区を狙い撃ちにし、参政権を行使することにより、先住日本人を追い出していき、その地区を独立させれば、竹島やチベットの如く、他国に侵略されていく可能性もある。日本人は国家観が薄れてきている」

 「転勤で地方に住んでいます。お年寄りが多く若者が少ない、という印象です。『過疎化している』は言いすぎかもしれませんが、それに近いものがあります。ここに外国人が大勢移住してきたら、ましてや選挙権まで手にしたら。どのような事が起きるか容易に想像がつきます。絶対に反対です」

 「私は、政治の事に無関心でしたが、この参政権の事を知ってから政治の事を深く考えるようになりました。日本の政治は日本の心を持った人が、日本の経済、日本の国民、日本の将来を考えた政策じゃないといけないと思います。この参政権は、将来産まれてくる子供達の笑顔を奪ってしまうものだと私は、感じました。それにマニフェストから削除した参政権をメディアなどで大きく取り上げる事もなく国民に大々的に知らせる事や説明もしないで推し進めようとしている姿勢が気になります」

 「宗教団体も含め、組織的に票を集めることが可能であるため、地方参政権といえども危険である。また、日本国籍を取得することは困難ではないのにもかかわらず、あえて日本国籍を取得せずに参政権を主張するのは、なにがしかの意図があるように思えてしまう」

 「私の叔父は在日韓国人2世でしたが、日本人である叔母と結婚して、何年かかかりましたが、日本人に帰化しました。叔父は北朝鮮の拉致問題に対しても、きちんと酷くおかしいことだと批判しています。イデオロギーに凝り固まって、生まれて育った国より行った事もない『祖国』の都合を優先する人にはなりたくないとも言っています。そんな叔父を人間として尊敬しています」

 「(永住)外国人への配慮は必要だが、議論が『地方参政権』のみに集約されている現状は不適切。むしろ就業就学や研修名目で時限来日中の外国人への福利厚生制度設計こそを推進すべき」

 「イギリスに住んでいます。永住権も持っていますが、選挙権はありません。この国の情けによって住まわせていただいているという意識があり選挙権までくれとは考えたこともありませんが、所詮外国人です。自分の国の選挙の事を国の事を考えたいですよね。自己都合で外国に住む方に選挙権を与える必要が知りたいですし、民主党が意欲的な意味がわかりません。またテレビで報道されない不気味さを感じます。国籍法の時と一緒です」

 「素人考えですが、自国も仕切れない日本政府が、文化も思想も違う外国人を無差別に取り入れて、国を統率することなど不可能に思えます。4年間でやれることではなく、永続出来る政策を講じて頂きたいです、もちろん日本を滅ぼすことなくですよ」

 「もし外国人参政権を認めるとするなら、それは各対象国に対し相対的なもので無ければ不平等。つまり対象国籍の本国における日本人参政権の成立、またそれにより互いに生じる外国人の影響力の平等化のためのシステムが必要。しかし国により政治形態、各人口比率が違う以上、平等なシステムの構築はまず不可能。例えば日本で在日中国人の、中国で在中日本人の参政権が相互に成立したとしても、現状では在日中国人の影響力のほうが、在中日本人のそれよりも格段に大きい。影響力を互いに等しくするには各国における一票の重みを人口比に応じて変化させる必要があるが、そのためには民主主義における一人一票の原則から見直す必要がある。それは非常に困難だろう。それはできないが地方参政権は与えるというのは、『権利』の安売りに他ならない。そもそも、『権利』とは相対的に認められるべきものであり、一方的に与えるものではない。相対性が認められない法は必ず破綻する」

 「現時点で年1万人ペースで増加する在日中国人。民主党は外国人住民基本法で移民拡大を推進しようとしており、この法律が成立すれば、中国は国策として日本へ移民を送り込み、さらに入国ペースは増加するでしょう。小沢幹事長の中国共産党への傾倒と、移民政策が一致しているのは、非常に危険だと思います。1995年に中国の李鵬首相が語った言葉『20年後には日本という国は消えて無くなる』、つまり2015年には日本が無くなると言っています。このことと、中国共産党に傾倒する小沢一郎率いる民主党が推進する数々の移民にまつわる法案に、深い関係があるのは言うまでもないでしょう。チベットやウイグルは、漢人をどんどん送り込まれ、同化政策によって現在の惨状となっています。民主党に政治を任せていたら、日本も同じ道を歩むことになるでしょう」

 「最初は地方だけであっても、そのうちに地方の議員や知事職が外国人に占拠される様な事態になればそれら外国人議員が今度は国政参政権を要求するに決まっている。大体、宗教団体ですら一時的な住民票の移動などで集票できるのだから反日的な国家がその気になれば小さな市町村などあっという間に占拠される。韓国では日本人の参政権に高いハードルを課しているのだから、最低でも同レベルの障害が必要」

 「参政権は日本国民にのみ与えられる権利である。それは日本国憲法第15条に明記されている。平成7年の最高裁の判決の本文内で結論が出ている。判決の傍論に『法律を作って外国人に地方参政権を与えることは別にかまわない(要約)』とあり参政権付与賛成派が引用するが、これは明らかに本文である判決内容と矛盾する。これが法的効力は持たない。傍論はあくまでも裁判官個人の感想であり、判決内容には影響しない。地方自治体が外国人管理のために参政権付与したいという意見を聞くがそれは参政権付与という方法で成されるべきでなく、付与する理由にならない。参政権が欲しいなら帰化するというのは大原則である」

 「幹事長の一存で、マニフェストに記載されていない事項を行いすぎている。なぜ必要か、経済対策などの優先すべき議題を後回しにしてでも行う必要性はあるのか、参政権の後に予想される国籍取得、など国民の理解と審判を経ずして、将来の国政に関わることを、1団体の意向で行うのは民主主義の建前を利用した独裁行動と考えられる。アジア共同体になるのもよし、単一民族の独立国家を続けるもよし、どんな未来になるにしても、自分達で選ぶことなのだから、情報を公開する義務があるはず」

 「日本の周辺国の現状、特に中国政府や朝鮮総連のこと考慮するなら、永住者であっても外国人参政権は与えるべきではない。現在の中国政府、或いは北朝鮮政府の息の掛った人間に日本の参政権を与えることは余りにも危険すぎる」

 「様々な圧力が予想される中、このテーマに関するアンケートを実施してくださったことに心から敬意を表します。参政権は国と運命を共にする者にだけ与えられる権利であり、運命を共にする証ともいうべきものが国籍です。したがいまして、日本と運命を共にしない外国籍の者に参政権など与えられるはずがありません。現実問題といたしましても、参政権を付与する法律によって権利を獲得する外国人の中で多数を占めるのは在日韓国人と在日中国人です。中国と韓国はいずれも日本を心の底から憎んでいる国(日の丸を燃やしたりすることが大好きな国)で、異常なまでの反日教育を実施している国です。中国に至っては、人口で日本を侵食しようとしている国です。そのような国の国民に参政権を与えるとどういう結果になるかは火を見るより明らかです。日本の国益ではなく自国の国益を考えて投票行動を行うわけですから、いずれ沖縄は中国の勢力に乗っ取られ、対馬は韓国の勢力に乗っ取られることになります。日本の国益を考えたとき、この結果を是認できるでしょうか。私には耐えられません。そもそも、地方参政権は、民主党が政策集に記載しておきながら敢えてマニフェストから外したテーマであり、実現させたいのであれば、選挙で正面から争点にすべきでしょう。もちろん、問題は参政権だけではありません。日本国籍を取得して、心は中国人・韓国人のまま、日本人として権利行使されれば対処のしようがありません。帰化要件の厳格化や認知のみで国籍を認める国籍法の再改正も必須となります。日本は現在極めて危険な状況に追い込まれているのですから、一人でも多くの方に危機感を共有していただきたいと思います」

 「考えとしては正しいと思う。いつかは実現してもいいと考えている。だが現状では、北朝鮮、韓国、中国に裏で繋がっているような政治家に、組織票が投じられ政治の悪用が行われることが目に見えている。日本を良くするためにではなく、永住外国人が出身国に有利に働くような参政を行うことに対して、その懸念をぬぐうが出来ない現状、この法案は時期尚早であると判断せざるを得ない」

 「生まれながら何年も日本に住んで、日頃日本人と変わらない生活をし、母国語はほとんどしゃべれないのなら日本国籍を取得しない方が変でしょ。納税してるから選挙権云々というのは違う。納税の対価は公共のものを日頃利用することで受けている。また、日本人に選挙権はあるが納税はしていないという人は存在する」

 「高額納税者には2票投票できるわけではなく、生活保護者には投票できないわけでもない。納税の見返りはインフラ・治安等であり、参政権とは別物参政権が欲しければ、日本国民となるべき差別とは別物」

 「参政権は、国、都道府県や市町村の方向性を決める議員を選出する、日本国民の最大の権利です。その参政権を外国人に与えるのは、到底、容認出来ない事です。外国人の方がどれだけ、日本の事を考えて投票するのでしょうか?もちろん、日本が好きで、日本の為にとやってくれる人がいることはわかっていますが、それと等しく反日活動をしている人もいます。この人たちに参政権を与えることに、何か国益があるのでしょうか?地方だから良いと言う人もいますが、日本国は地方という土台から出来ています。土台が崩れれば、上は傾きます。地方だから良いとはならないのです。さらに、鳩山首相は、国政も与えても良いのではないかと言っております。なので、この問題は、地方だけの問題にはならないのです。地方を認めれば、国政もという可能性を秘めているからです。ですから、絶対に外国人地方参政権は反対です。最後に、多くの報道機関がこの大きな問題を報道しない中、意見を言える場を作っていただきありがとうございます」

 「参政権を永住外国人にあたえるメリットが日本人にはないと思っています。日本人と外国人の方とを比べるとわかると思いますが、思考や行動が抜本的に違うのです。たとえば日本の電車であったり礼儀、言葉の豊富さ等々です。もちろん外国から学ぶことは多々ありますが、日本の政治に参政するということは異質であり、他の国でも問題化されています。しかも過去に何度も廃案になっているのにも関わらず何度も議題に上がってくるのが理解しかねますし、なんらかの圧力がかかっているのかと疑心であります。以上のことより永住外国人へ参政権を与えるのは不要であると考えています」

 「大阪に住む35歳、ごく普通な主婦です。今回マスコミが必要以上に麻生閣下を叩き民主党政権になったおかげで、マスコミと民主党の恐ろしさをしりました。そして永住外国人の地方参政権・・・ありえないっしょ!もう普通の主婦でもおかしさに気づいていますよ!絶対阻止しないと!」

 「正論を言わせて頂くと、権利には義務自由には責任が伴う。参政権が欲しいのなら帰化して日本国籍を取り日本人になるべきである。在日朝鮮人が運動しているため、朝鮮韓国が全面に出ているが、民主党の本命は在日中国人に参政権を与える事だろう。相互主義を取らないとしたのもその為(中国には自由選挙がない、相互主義を取れば民主化しない限り参政権はない)本来、参政権は国民固有の権利であり、日本国憲法に示されている。国民及び住民とは日本国籍を有する日本人である、との判例もある。外国人に参政権を与えるのなら、欧州を習って憲法改正するほかないが、民主党にそのつもりはあるのだろうか。私が解せないのは日本国の国柄に大きな変化を与える重大事、(憲法の9条以上に重要と考える)を民主党は選挙前にマニフェストから外したにも関わらず選挙後いの一番でごり押ししようとする。CO2削減問題と同様国民に対する説明もなく、国民からの合意もない。これら民主党に対する解せない思い、不信があるが、それ以上の不信は日本のマスコミ、マスメディア所謂ネット上で言われる所のマスゴミである。新聞は一部を除いてさらりとしか報じないしテレビに至っては報じることすらしない。なんの思惑あってかは知らないが、報道しない自由とやらを行使しているようである。私としては、この問題は国民に周知徹底し、国民投票にかけるべき程の事案であると考える。外国人の移民、外国人参政権を推し進めた欧州の現状、問題点等を是非新聞テレビには報じてもらいたいものである。(オランダが惨憺たる状況であると聞いているのでそこら辺の詳細が知りたい及び国民に知らしめて欲しい)このままでは将来外国人に対する排斥運動が起きる、私はそれを危惧致します。長々と記しましたが以上です」

 「少なくとも、人口が少ない地方や、国家戦略的に重要な地域(特に領海に影響する地域)は除外すべきと考えます」

 「『日本国籍のない住民には参政権は与えられない』というシンプルな理由でいいじゃないですか!かつて外国に暮らして納税もしていましたが、選挙のたびに『投票権ないけど外国人だもの』という認識でした。多少悔しい思いもありましたが、家賃補助や健康保険の面では、何不自由なく暮らせたので住んでいた国に感謝をしているぐらいです。在日韓国人の方々に負の歴史があるにしても、参政権の権利を欲しがるのはお門違いだと思います。この法案には絶対に反対です」

 「必要性を全く感じません。爆笑問題のテレビ番組で、永住外国人の方たちの言い分や、地方参政権が欲しい訳など拝見しましたが、参政権がなくてもいくらでも解決できるようなものばかりに思えました。それなのになぜ簡単に参政権付与になってしまうのか理解できません。諸外国から干渉されまくりの今の日本で、簡単に日本国籍以外の方に参政権を与えてしまうのはリスクが多すぎるように感じます。永住外国人の方たちが不便なく日本で暮らしてゆくために必要なのは参政権などではなく、相互理解と文化の違いを認め合うこと、そして日本国民と外国人双方の努力と歩み寄りでしょう。これらの根本的なステップを抜かして簡単に参政権を与えるなどというのは何の解決にも至らないのでは。また、外国人などマイノリティーな立場の方々が生活していく上での問題等、我々が普段生活する中だけではわからないようなことをお茶の間に提示し、国民と外国人の相互理解を促すことこそがこの件に関してはメディアの仕事であり責任ではないのでしょうか?」


 「Q.税金を払っているのだから参政権を与えるべき?A.納税は理由になりません。税金は道路、医療、消防、警察などの公共サービスの原資であり、参政権とは関係ありません。もし、税金によって参政権が与えられるなら、逆に言えば学生や主婦、老人など、税金を払っていない人からは参政権が剥奪されることになります。そもそも、『納税してるんだから参政権をよこせ』というのは、『参政権をカネで売る』という発想であり、日本の先人たちが長い時間を掛けて勝ち取った普通選挙制度(納税額や性別の区別なく全ての国民に平等に選挙権が与えられる)を否定し、制限選挙制度(納税額の多少などによって選挙権に制限が設けられ、金持ちしか選挙に参加できない)に逆戻りすることに他なりません。日本では1925年に、衆議院議員選挙法が改正され、それまであった納税条件が撤廃されました。つまり、日本では既に80年以上も前に、『納税』と『参政権』は切り離されたのです。Q.税金を払っているのだから外国人も日本の政治に口出しする権利はあるのでは? A.『納税しているから参政権はあって当然』という主張は、それ自体が自動的に『納税により選挙権等の有無が決まる』という古い考え方を是認することになり、ひいては『納税していない者には参政権を与える理由はない』という主張にも繋がります。またこの主張は同時に、『税金を払ってない人から参政権を取り上げるべき』という主張や、『税金を多く払ってる人は投票権も多く与えられるべき』という主張をも許し、正当化することにも繋がります。これはきわめて危険な思想であり、『国民であれば誰であれ差別されることなく平等に参政権が与えられる』という普通選挙制度の概念を根底から覆すものです。よって、『税金を払っているから』というのは、1世紀前の日本ならともかく、現代の日本では全く理由になりえないのです。なお、外国人でも、議会への陳情や請願ができるなど、政治に口を出す権利は認められています。Q.外国には認めている国もある? A.それらの国のほとんどは、特定の国に対して相互的に認めているのです。また認めている国にも、国家統合を目指しているEU諸国など、それぞれの国内事情があり、単純に日本と比較できるものではありません。特にEUでは、外国人参政権が認められているといっても、その対象はEU国民だけであり、日本人は対象外です。なお、日本に対し参政権を求めている在日韓国人の母国である韓国では2005年7月に在韓永住外国人の地方選挙権が認められました。しかし、日本に永住する在日韓国人は50万人以上なのに対し、韓国でその対象になる在韓日本人はわずか10数人 ※であり(H16年度)、相互主義が成立する条件にありません。※韓国の永住資格を持つ在韓日本人は59人(H16年度)ですが、その中で実際に韓国の地方選挙権を付与される人数はさらに少なく、わずか10数人程度です。また、韓国では地方選挙権を与える前提として、韓国の永住権を取得する必要があり、そのためには、韓国に200万ドル(約2億円以上)の投資を行ったり、あるいは高収入であることなど、厳しい条件が課されており、実際に韓国で参政権を与えられる外国人は、ほんの一握りに過ぎません。『沈没したら怖いから』という理由で船に同乗したがらない船長に舵取りを任せるような馬鹿な法律は無いと思う。その国の政治に参加したいのなら、国籍を取得して国の運命共同体になるのが当然のスタート地点。Q.在日韓国人・北朝鮮人は『強制連行』※によって連れてこられた人たち、またはその子孫なのだから、地方参政権ぐらいなら与えてあげてもいいのではないか? A.今、日本にいる在日コリアンのほとんどは『強制連行』された人やその子孫ではありません。それは、在日本大韓民国青年会等の韓国人自身による調査により明らかです。彼らのほとんどは、経済的理由などにより彼ら自身の意思でやってきたのです。従って理由になりません。※ いわゆる『強制連行』とは、戦争中に日本本土、台湾、朝鮮半島など、当時の日本国全土で実施された『徴兵』『徴用』のことを指しておりますが、特に朝鮮人に差別的に行われたわけでもなく、朝鮮人の徴用が行なわれた期間は昭和19年9月から関釜連絡船の閉鎖された昭和20年3月までの6ヶ月間に過ぎません。従ってこれを『強制連行』と呼ぶのは明らかに不当です。また徴兵・徴用されて日本に連れてこられた朝鮮人たちには、帰国船が用意され、ほとんどが帰国しました。また帰国時には日本からの財産持ち出し制限もありましたが、のちにそれらの財産は全て本人に返還されています。そのとき帰国しなかった人でも、戦後60年間ずっと、帰国する機会はありました。つまり、徴兵・徴用されてそのまま日本に居住している人も、自分の意志で居残った人たちなのです。Q.在日韓国人は戦前は日本国籍であり日本の参政権もあったのに、終戦後は無理やり日本国籍を剥奪され参政権を奪われたかわいそうな人たち、またはその子孫なのだから、地方参政権ぐらいなら与えてもいいのではないか? A.在日韓国人については、終戦後の1949年に韓国政府からGHQ(当時の日本の施政権はGHQにあった)に対し『日本国籍離脱の宣言』※がなされています。※ 日本がまだGHQの施政権下にあった1949年10月7日、駐日大韓民国代表部はマッカーサー連合国司令官に『在日韓国人の法的地位に関する見解』を伝え、『在日大韓民国国民の国籍は母国の韓国であり、日本国籍は完全に離脱した』という趣旨の宣言を行いました。つまり、日本政府の頭越しに韓国がGHQに『在日韓国人はあくまで韓国人であり、日本人として扱うことは不当である』と主張したということであり、『日本が一方的に日本国籍を奪ったのだから参政権をよこせ』という主張は真っ赤な嘘に基づくものです。従って理由になりません。なお、現在の在日韓国人には日本の参政権はありませんが、本国である韓国の参政権はあります。韓国の国会議員になることもできる(実際にそういう人が過去に何人かいた)ほか、本国に帰国して住所を持ち、選挙人名簿に登録すれば、選挙権の行使も可能です。つまり、現在の在日韓国人はむしろ韓国政府によって選挙権の行使を阻まれているとも言えるわけで、参政権がないのは日本の差別のせいだと言うのは完全に筋違いです。(ちなみに、海外在住の日本人には在外投票制度があり、日本国内に住所を持たなくても日本の国政選挙に投票できます)Q.国政参政権はともかく、地方参政権だけならいいのでは? A.地方自治は、単なる法律の執行ではありません。特に教育や福祉などは、自治体が条例を作り運用していく部分が大きく、たとえば教育に携わる職員の登用や、教育委員の任命、公安委員の任命などは地方自治体が行います。そのような現状下で、外国人に地方選挙権を与えると、外国人の多い自治体では日本人より外国人を重視する政策を行う首長が誕生する可能性があると同時に、教育や福祉、条例制定に関わることもでき、外国人に都合のよい自治体となる可能性があります。また、地方自治体は国防などで大切な役割を占めることがあり、地方選挙権は時としてその決定を左右します。さらに国会議員の選挙時に、その一番の手足となって活躍するのは地方議員であり、もし選挙区内の地方議員の全面的な協力がなければ、国会議員は選挙戦を勝ち抜いて当選することはできません(もしくは、非常に難しくなります)。そのため地方議員1人1人の考えが国会議員の考えや政策にも影響を及ぼします。もし地方議会だけであっても外国人に参政権が付与されてしまうと、地方議員は外国人の票には逆らえなくなり、その地方議員の支援を受ける国会議員も、(地方議員の助けを借りる)立場上、外国人に対して逆らうことは難しくなり、それが国政にまで影響されます。つまり、地方選挙権を認めただけでも、国会議員、ひいては国政を操ることが十分可能になるのです。よって『地方参政権だけだったら付与してもいいだろう』という考えは甘いのです。Q.法律の成否を決めるのは国会なのだから、地方議会や地方議員にまで反対を呼びかける必要はないのでは? A.現在国会に提出されている法案は、『地方参政権』つまり地方議会の選挙権や被選挙権を外国人に与えるというものであり、地方議会で、付与賛成の陳情書や決議が多く採択されればされるほど、『(当事者である)地方議会自身が望むなら外国人参政権は成立させる必要がある』という、国会に対する意志表示になり、国会での成立に拍車が掛かってしまうことになります。現に、外国人参政権推進派は、それを狙って、全国のあちこちの地方自治体に法案賛成の決議をするように呼びかけているわけです。加えて、国会議員は選挙時の支援を地方議員に頼ることが多く、地方議員1人1人の意向が国会議員の政策にも影響を及ぼします。よって『法律を決めるのは国会議員だから、地方議会や地方議員にも反対を呼びかける必要はない』とは言えないのです。『永住外国人』と言えば国籍が分からない(表現が曖昧な)ので、具体的にどこの国の人が、どれくらいの割合で永住権を持っているかを、まずは明らかにすべき。特定の国に偏っているのであれば、それは問題。判断できるだけの情報が明らかにされていない。 Q.日本の自治体や選挙区で、外国人が多数を占めるような事態はそうそう発生しないのだから、仮に外国人に参政権を与えても、大した問題にならないのでは? A.確かに、日本のある地域で、人口の過半数が外国人で占められるという事態はなかなか起こりにくいでしょう。しかし、過半数どころか、仮に有権者の1%程度を特定の外国人が占めるだけでも、選挙の結果に重大な影響を及ぼす可能性があります。地方選挙では、候補の当選最低ラインは7~10万票を要する国政選挙と違い都市部では1000~2000票、地方都市では数百票、農村地域では数十票であり、100票単位、時には10票単位、数票単位の票差が当落に直結します。このため、票を小分けにして当落線上の候補に割り振るだけで、一挙に何人もの地方議員を操り人形にできてしまいます。そして、何人かの地方議員を操り人形にすれば、国会議員を操るのは非常に簡単なことです。以上の理由から、たとえ人数的には少数であっても、外国人に参政権を与えると危険なことには変わりがないのです。現在の与党だけで短期間で判断すべき問題とは思わない。主権問題にもかかわるので、何故この法案が必要なのか、その背景、プロセス、メリット、デメリットを国民に対して説明する姿勢が必要。強行採決などはもってのほか。ニュースにもなっている小沢代表の特定の団体との癒着も気になります。外国人に参政権を与えるなど断固反対。一部の国の人達が集団で日本国に不利な状況を仕向ける事が目に見えている。日本を駄目にする気なのか。危機感が無さ過ぎる。Q.高齢化する日本社会を支えるためにも、移民の受け入れや外国人参政権の導入を考える必要があるのでは? A.まず、移民受け入れと外国人参政権の有無はまったく関係がありません。ましてや、『外国人参政権を認めないと、日本は外国人にそっぽを向かれる』ということはありません。それは、外国人参政権が認められていない今でさえ、外国人がどんどん日本に押し寄せているという事実を見れば明らかです。また、高齢化社会を支えるために移民受け入れが必要だ、という論理も非常に疑わしく、たとえば移民が本国から両親を呼び寄せることも希ではありません。その場合、若い移民労働力1人を受け入れるたびに、両親2人がついてくるわけで、逆にますます日本社会の高齢化は進んでしまうことになり、本末転倒です。以上より、外国人参政権の導入が高齢化社会に対する解決策になる、という主張には全く説得力がありません。 Q.『代表なくして課税なし』なのだから、日本もそれに従って外国人参政権を認めるべきでは? A.『代表なくして課税なし』とは、アメリカ独立運動時の有名なスローガンですが、これは、当時イギリスの植民地だったアメリカの住民が、『同じイギリス国民でありながら本国の参政権がないのは不当だ』として叫び始めたスローガンです。つまり彼らは、『同じ国民なのに自国の参政権が与えられていないのはおかしい』、と主張したわけであって、そもそも同じ国籍を持っていない外国人が参政権を要求するのとは全くわけが違います。また、このスローガンは確かに、その当時のアメリカ独立の原動力になりましたが、それから2世紀以上経った現在、全世界的に普通選挙が普及し、納税を参政権付与の理由とするのは時代錯誤な古い考え方となりました。従って、現代日本において、このスローガンを、外国人参政権要求の根拠とすることはできません。まずこの法案についてアンケートを実施されたことを感謝します。そして永住外国人に対する地方参政権付与法案に反対します。なぜマスコミはこの問題について扱わないのか、なぜ脱税が明らかな総理大臣・幹事長が失脚せず居座るのか分かりません。どうか世の中にこの件を報道してください。日本人による日本人のための政治を切望します」

 アンケートの結果は、永住外国人に対する地方参政権を「不要」とした方が98.4%に達しました。一方、「必要」とした方は1.2%でした。

 永住外国人に対する地方参政権の付与は、国益に直結する重要問題です。にもかかわらず、民主党は法案提出を目指す理由などを明らかにしているとは言えません。公党としての説明責任が求められます。


長いよコレw、しかし糞売国政権に対するアンチテートとしてこれ以上の記事は中々無い、ヲレ的には細かい話や数字はさておき文末で強調してある部分、コレこそが日本を似非国家に堕した元凶と言う事だけは言っておきたい、大体居座り強盗民族糞朝鮮如きに何故歴史ある我が日本の参政権をくれてやらねばならんのかヲレには全く理解不能である、この文でもメリケン国について書かれてるが彼の地ですら永住権すら糞朝鮮如きでは今や取得困難で涙目wwwなのに参政権なんて中東辺りでフェダーイン連中と殺すか殺されるかの兵役にでも就かねば夢物語だし、世界レベルでの参政権の現状を鑑みれば売国奴連中の言ってる事が如何に非常識極まりない売国為政の産物であるか、そんな事は馬鹿にでも判りそうな話なんだがその辺は売国奴なのでコイツ等に言わせれば『バ閑酷だってヤッてる』勝手にヤレ、日本を巻き込むな気違いって事でも流石気違いに友愛する馬鹿w、言う事だけならまだしもソレを実践するんだからもう救い難しなんだがそんな売国奴をせっせと庇うのは言うまでも無く売国マスゴミって事でコレもチト長いけど全文晒しておく。

内閣高支持率保つ「事業仕分け」 透明性が国民の評価うける

迷走する普天間基地の移設問題や鳩山首相の政治献金疑惑、そして国会での強行採決――鳩山内閣のイメージダウンにつながるような出来事が最近続いている。それにもかかわらず、内閣支持率が維持されるという意外な結果が出た。その原因は「事業仕分け」にあるとみられる。蓮舫議員の厳しい表情とともに連日テレビで報道された行政刷新会議の事業仕分けは、はからずも「鳩山政権の目玉事業」となって、政権の下支えに貢献している。

産経新聞とFNNが2009年11月21日と22日に実施した世論調査で、鳩山内閣の支持率は62.5%を記録。前回調査(10月17日、18日)よりも 1.6ポイント高い数字だった。一方、同じ日に毎日新聞が実施した世論調査の内閣支持率は64%。こちらは前回調査(10月17日、18日)から8ポイントの減少だったが、6割以上の高い支持率であることには変わりない。
「民主党の広報活動としてはすごく効果的」

いずれの調査でも、高評価の背景にあるのは行政刷新会議が進める「事業仕分け」だ。産経新聞の調査では、事業仕分けを「行政の無駄の洗い出しに役立つ」と評価する回答が88.7%にも達した。毎日新聞調査でも、事業仕分けを「評価する」という声が74%にのぼった。普天間問題や日本郵政人事といった他の論点では「評価しない」という回答が過半数を超えているのとは対照的だ。事業仕分けのプラスイメージが鳩山内閣の支持率につながっている構図がくっきりと浮かび上がる。

公衆の面前で予算のムダを洗い直す――そんな触れ込みの事業仕分けは、約10日前の11月11日から1週間かけて「前半戦」が実施された。民主党の枝野幸男衆院議員や蓮舫参院議員を始めとする仕分け人と、予算を請求する側の官僚や現場担当者たちの激しいやりとりがテレビで大きく報道され、国民の関心を強くひきつけた。

「まるで公開処刑だ」とか「政治主導ではなく財務省主導」といった批判もあったが、仕分けの様子を報道陣だけでなく一般市民にも公開し、インターネットでライブ中継したり、資料を見たりできるようにした「透明性」が高く評価されたようだ。

蓮舫議員という見栄えのするキャラクターを前面に出した戦略も当たった。「人選が絶妙」というタレントの松尾貴史さんは11月24日放送の『情報ライブ ミヤネ屋』(日本テレビ系)で

「テレビ的というか、民主党の広報活動としてはすごく効果的になっているんじゃないですかね」

と、その宣伝効果の大きさを評価した。
鳩山首相が「仕分け会場」を視察

「いまの政権にとっては事業仕分けが最大の武器」と気付いたのかどうか。「後半戦」初日となった11月24日の午後には、鳩山由紀夫首相が会場の国立印刷局市ヶ谷センターに足を運び、仕分けの現場を視察した。仙谷由人行政刷新担当相らととともに3つのワーキンググループの議論を駆け足で傍聴した鳩山首相は、

「非常に短い時間だったが、国民のみなさんのために仕事をしているという熱気を大変強く感じた。国民のみなさんの監視の中で予算が作られるということだけでも大きな違いだと思う」

と自画自賛。事業仕分けの受け止め方について、

「それぞれ真剣な勝負の中で結論を出してきたものであり、国民の7割、8割が『いいじゃないか。やれよ、事業仕分け』という気持ちになってくれている。それを私は基本的に重視することが大事だと思う」

と述べ、事業仕分けが国民に支持されていることを踏まえて、その結果を重視する姿勢を鮮明にした。

事業仕分けに対しては、各界から批判もある。「こういうことが1時間でできるとは到底思えない」(東国原英夫・宮崎県知事)といった手法に対する非難や、「何%減らすからこうだとか乱暴すぎて、(事業仕分けは)科学にはなじまない」(益川敏英・京都産業大学教授)といった仕分け対象についての反発。11月 24日には、東京大や京都大、早稲田大など9大学の学長が、スーパーコンピューターの開発凍結など科学技術予算の削減を提案している状況に対して、「世界の潮流に逆行し、さらなる国家の危機を招く」と見直しを求める異例の共同声明を発表した。

しかし、そのような批判が起きるのも、事業仕分けが公開の場で行われているからだともいえる。「公開したのは大正解だったと思う」というのは、ビデオジャーナリストの神保哲生さんだ。

「国民の間には、政府にはムダな事業が多いという共通認識がある。事業仕分けが評価されているのは、ムダがひどいという思いの強さの現れだろう」

国民の関心の高さは、仕分け会場への来場者の多さという形でもあらわれた。11月24日は2500部用意した午後の資料が15時すぎになくなってしまう大盛況。行政刷新会議のスタッフは

「一般の入場者は前半戦よりも多い。週末にテレビで取り上げられていたので、実際に見てみようという人が増えたのではないか」

と驚いた様子で語る。インターネット中継も好評で、同時に1万人以上がアクセスしているという。鳩山首相と同時刻に会場で傍聴していた神奈川県在住の男性(62歳)は

「日本が変わろうとしていることを実感したくて、来てみた。事業仕分けのやり方はもっと研ぎ澄ます必要があると思うが、透明性が高まるのは大変いいことだと思う。鳩山政権は外交などが心配だが、まだ期待感をもっている

と話していた。


まぁ確かにプロパガンダ(宣伝w)にはなってるが、ヲレに言わせれば“仕分け”なんてアカお得意の人民裁判にしか見えんのだが‥w。

他者を貶め叩き自分は優位に立つ(と自己妄信する)のが好きなのは世界中のアカ共の常識wだがそれを極めてるのが蛆虫朝鮮民族である、常に自分と他者との“力関係”を気にして自分より相手が上なら徹底的に媚びw、逆なら徹底的に卑下するwって卑しさの極みとも言えるアレを体現化してくれてる売国政党民主党マンセーって話なんだが、そんな売国為政権の下支えをせっせとする売国マスゴミの戯言ここに極まれりってかコレ?、透明性って勿論ブラックジョークとか風刺目的で書いてるんだよなコレ?何処の言語でマニフェラwに掲載しないで隠蔽工作をし続けた売国の極みたる居座り糞朝鮮に日本の参政権をくれてヤルなんて事をしでかしたり政権に就いた途端にやる事の本質は自民党と全く同じ“小沢一郎なる闇将軍独裁政権”だったりしたり、都合の悪い事は当然隠蔽シカト上等兵なこの政党の何処を突付けばw透明性って単語に繋がるのか、ヲレには全く理解不能であるw。

その結果文末で晒されてるヴォケジジィみたいな馬鹿が生産されちゃうんだよクソタレ、まぁこの辺の世代ってマジ始末に負えんのよ、大東亜終戦直後辺りの出で一番GHQに純粋培養された馬鹿民主主義世代で手前等は適当な民主主義をしでかしておきながらしっかり年金はゲッチュw見込みあるってんで暇と銭を持て余してるってアレ、マジ死ねよ早く(マジ税金勿体無ぇしw)ってソレww、困ったモンだよ似非国家日本、こんな体たらくになるなんて靖国の英霊の方々は全く想定外だったろうな‥って呆れる程に馬鹿げてる話は実を言うと今日の本題とはならぬど~でもイイ話で今日の本題はコレ(マジかヲ前?)www。

あまりにもバカげている製品の「注意書き」いろいろ

まぁメリケン国の馬鹿民主主義の成果の一つに個人の権利主張ってかゴリ押し(要するに裁判好きw)が常識になっちゃったってのがあってその結果の一つがPL法ってアレに対するアリバイ文句‥簡単に書くと注意書きってヤツですが、もはや『注意書き』のレベルを超えて記事にもある通りある意味人間の尊厳すら無視してるんぢゃね?と思わずに言われないんだけどね、コレはワロタ。

スウェーデン製のチェーンソー
「チェーンを手や
生殖器で止めようとしないでください」

流石ポルノの本場(‥とかつて言われたw)スウェーデン国であるw、チェーンソーをチ○ポやマ○コで止めちゃう強者がいるのである‥ってかど~やって止めるんだって野暮な事は言ってはイケナイのだろう、それこそ『ヲ前KY』とか言われちゃうのがオチであるがヲレには絶対無理(爆)ってコレだけを書きたくてここまで前フリしちゃったヲレを誉めろよ誰かwって辺りで今日の駄Blog終わり。

オマケ:コイツの弁当代も“仕分け”で全額削除してみろよ売国奴wってか早く死ねよ鬼畜。
関連記事

君は【プライド】と言う名の映画を知ってるか?

2009年11月19日 05:02

日本の暴力団に軍事教練をして(と言っても実態は気違い民族朝鮮人なので当然と言えば当然ww)イザ実戦に備える戦争敵国大韓民国で軍事施設が火事ドロロンで日本の馬鹿愚民観光客(‥ってか民兵だろソレwww?)クタバッタって話はど~でもイイんですけど何たって地震も無いのに勝手にデパートが崩壊するお国柄でつからwwって話もど~でもイイんですが、そんな国に日本を売りたい気違いの銭問題再燃って事なんですけど実は今日の本題とは無関係でね、まぁ強いて関連させて書いたのは似非トラバ目的wwwと鳩ポッポ始め売国為政権連中やマスゴミの言動を胡散臭く思うのはヲレ一人では無いんだがこの人の話は良く判りやすいので紹介するって事で‥。


鳩山兄弟の言動を胡散臭く思うのは僕だけだろうか?

『友愛』だとか『正義』だとか、耳障りの良い言葉をアピールするが全く具体性に欠け、政治家として胡散臭さを感じる。
アメリカ軍は第七艦隊だけで良いと言った、
小沢さんの方が揚げ足もとられるが、まだ具体性があった。
小沢さんも巨額な偽装献金が発覚してからは、『検察の横暴』なんて意味不明発言一点張りで説明責任放棄が目立ったが…
大体、古い政治家は本音である醜い魂胆を隠す為に、歯が浮くようなキザな言葉を錦の御旗にしてきた。
耳当たりの良い言葉で、国民をたらしこみ篭絡するのは、これまで共産主義、帝国主義国家が暴力革命や権力維持を隠す為に使った常套手段だ。
あげくは人権抑圧、言論圧迫を遂行するのが手口だ。

『正義』を旗印にした鳩山弟氏は、次期衆議院選挙で自民党が勝てないと読んだのだろう。いち早く反麻生に舵を切った。
利に聡い『正義君』はやはり胡散臭い。
選挙の為に『時の人』となって目立つ必要があったのだろう。民主党の兄と結託し、自民党の支持率を落とす片棒をかつぎ、
郵政国会では一人ではしゃぎ話題をさらい、兄に貸しも作った。
麻生さんとの盟友が売りで大臣になったのに、麻生さんを見限り反麻生を結集し、首相おろしを画策した。総裁候補になれると思ったからだろう。
一方自民党離党し、同志を募り新党を作るとも発言している。
民主党が単独過半数に満たない時は政界再編のイニシアチブを取りたい算段と読める。
更に兄が首相になった暁には、兄弟連携の密約も取っただろう。この件、記者の質問に兄弟とも否定していない。
虎視眈々と政局を見据え、非常に賢しく手を打ち、素早く行動し、利口にしゃべり、マスコミに目立つのがうまい。最近出馬を要請され、そのまんま総理にしろと話題を沸騰させた東国原知事も、弱いと見た相手にだけ喧嘩を吹っ掛ける。
その体質はインテリギャングと変わらない。
人間として誠実さも義も感じられないから、僕は信用しない。
今の軽薄なマスコミやテレビ視聴者達は、その点、同類的親しみを感じるから人気が上がるのだろう。
我々の血税で国の安全と経済を司る政治家も 吉本の芸人と同じ軽薄さで人気を得る。芸人は客を見透かし軽薄を演じるが、
政治家は生まれながらの軽薄人間がマスコミに持て囃され一票が動く。浮動票群は自分たちが程度が低すぎることを知らない善人だからこそ恐ろしい。昔から馬鹿は死ななきゃ治らないと言われる不治の病だ。平和ぼけのせいで増殖した善人が一番怖い世の中になった。
さて最近世間を騒がせている鳩山兄ちゃんは個人献金を偽装した会計担当秘書をかばい『私の個人献金があまりに少ないから苦労させた』とかばった。
明らかな嘘だ。
鳩山坊っちゃんの個人献金は年間1億1千万と突出している。
少ないなんて真っ赤な嘘。
ちなみに麻生さんは年間1千万を超さない。
すぐばれる嘘を釈明会見に使うとは悪質だ。
民主党は個人献金をクリーンさの証として、企業団体献金の廃止を唱え、政治資金規制法改正案を提出した。
党首の個人献金疑惑が二代続いて浮上してしまった民主党は、自ら出した改正案の国会審議を突如拒否した。
自分たちの出した法案なのに審議拒否するなど、めちゃくちゃな逃げ方で凌ごうとしているのに、やはりマスコミは指摘しない。
身内でも会計的不正には、怒るのが普通だが、小沢さんも鳩山坊っちゃんも同様に秘書を庇った。
真実を知る秘書に暴露されると政治生命は終わる。
すねに傷もつ身は仕方なく秘書をかばう。庇うのはぐるの証だ。鳩山坊っちゃんは麻生さんにも負けない個人資産の持ち主だが、何千万も秘書に預け、不透明に引き出されていた事に気づかず、その金銭感覚を追及され『多分その辺が私の大まかな人間性かな』とおちょくった答えは、ぐるじゃなきゃ言えない発言だ。『常識では考えられない』とあの麻生さんさえ驚いてる。岡田幹事長は会見で、『代表の説明を了とする。問題があることを認めた上で説明責任を果たされた』と。ふざけちゃいけない。問題があれば、当然解明し説明する責任を残している。支離滅裂だ。
更に『謝ったことを含めて十分な説明だった』と阿呆なフォローをした。
謝罪は説明ではない。謝ってすめば警察はいらない。
鳩山坊っちゃんは不正の原因について『まだ判らない』としか言ってないのだ。
坊っちゃんは『小沢氏もだが、僕も自身は潔白だと信じている。信じられないのは秘書がやった事だが、自分の生きざまで国民の理解を得たい』と。疑惑を解く発言として、めちゃくちゃな論法だ。自分を信じて生きていれば不正解明も許されると本気で思ってる訳はなかろう。国民をなめてるとしか思えない。
こんな誤魔化しを世間で通用させマスコミに甘やかされて育った左翼政党らしい発言だ。
武器を持たない善人なら、両手を挙げて降参すれば、だれも命も財産も奪わないと信じ、
右の頬を打たれれば、更に左の頬をだせば、打った奴は改心するなんて宗教みたいな事言ってるから、公明党も政治が出来ると勘違いする。
更に罪深いのは『友愛』だ。
本音は『日本国は日本人だけのものじゃない』発言につながる。

確かに日本国土も企業も金さえ出せば外国人だって買える。
一見、当たり前過ぎる標語を、色んな『悪魔』に化けさせるのが権力の常だ。
外国人参政権しかり。あの北朝鮮にまで
『友愛』は発揮されるのだ。

共産主義国家は権力、権益に貪欲だから五分五分の『友愛』は通じない。
民主党は中国、ロシア、北朝鮮と『友愛』したいらしいが、
『友愛』政権になってしまったら、『友愛』はすっ飛ばされ、民主党は脅迫と賄賂で簡単に乗っ取られ、言論抑圧、人権無視は目前だ。
つい先日でさえ、田母神氏が発表した『大東亜戦争は正しかった』と言う一方の真実さえ弾圧され、職を追放された。
戦後64年たっても日本の民主主義社会は未成熟だ。
政権取った経験のない民主党にいつか、
いっぺんやらせてみるのも、民主主義国として悪いことじやないとは思うが…
半分は元社会党員の左翼が占める民主党では国防政策が絶対まとまらない。
北朝鮮へ武器を運ぶ船を自衛隊が臨検する事さえ消極的だ。
折角、国連を動かして厳しい決議を出させた日本が、臨検も出来なくては、世界中に赤っ恥を掻く事になる。まして現在は100年に一度の世界同時不況の最中だ。
更に北朝鮮崩壊寸前の今!やけくそで、何を仕出かすか分からん国のミサイル発射や核装備で非常に緊迫した国防の危機だ。
素早い対処こそ国民の生命財産を守る。
常日頃から左翼と戦い、自衛力を増強してきた自民党が今は一番信頼出来る。
経済と安全が脅かされている未曾有の今日!
官僚をうまく扱う術も大事。それもこれも未熟な党は心許ない。重要政策の意思統一さえままならない民主党に今、政権取らせるのは如何なものか?橋下さんを知事にしてみて初めて、ノックさんを知事にした大阪人は政治音痴だったと判る後悔の二の舞を、今度は日本国民の一億総白痴化を自覚する事で、反省をし、マスコミのいい加減さ、無責任さを認識する機会になれば、せめて救いになるのだが…


自民マンセーの件を除けば概ね賛成出来る内容であり、こういう論調が目立たぬと言う辺りに似非国家日本の度し難いってか救い難い部分を認識せざるを得ないんだが実を言うとこの話も今日の本題では無い(ヲイヲイ)w、この論を世に出した津川雅彦氏は俳優で有名な人だが多くの馬鹿愚民はこの人を釣り好きの馬鹿社長程度の認識しか無いだろうがヲレにとってこの人はこの作品の主人公、東京裁判なる事後法適用上等兵な法廷リンチの果てに現在の天皇誕生日である12月23日に軍人としての名誉の自決すら許されず毛唐共に殺害された東条英機元首相を演じ、東条元首相の子孫から賞賛されたこの作品を紹介したくなったと言うのが今日の駄Blogをデッチ上げる理由であり、似非トラバをバラ撒く理由もそれ以外に無いって事で‥。

プライド・運命の瞬間

























【プライド】と言ってもコレたぁ違ってよw。

この映画は公開当時も物議を醸し出したってか売国奴揃って馬鹿騒ぎし、問題作扱いにされたんだが絶対必見である、民主の売国奴は当然の事だが自民のポチ連中の腐れ魂に東条元首相の性根の欠片程度すらあれば日本の現状は少しはマシになってたのではと思わずにはいられん、コレはヒトラー~最期の12日間~で独逸国自身のタブーと言われたヒトラーについて正面から制作される遥か前に制作された、ヒトラーを演じたB・ガンツは実はスイス人だがコッチはリアル日本人が演じてる辺り同じ特殊メイクで似せましたって言っても演じるに対する覚悟は段違いの物を要求された筈だがそのプレッシャーを弾き返す名演で東条元首相を演じてるよ、ちなみにラストシーンはお涙頂戴になっちゃいますのでハンカチ必須wって事ぁど~でもイイんですけどね、とにかく日本映画史上に残すべき作品なのだが先述の馬鹿騒ぎの結果なのか制作サイドのゴタゴタで権利関係グッチャグッチャwで未だDVDの販売はされてない上にセルビデオすら絶版だったりするので見たければ中古のセルビデオを買うかこの駄Blogからリンクされる動画を見るしかないのだが、売国奴連中の削除攻撃前に適当に保存してクレw、まぁ、ついでに津川氏のインタビュー番組(当然そんなのを流すのは桜であるw)も見ると良いかもしれんって辺りで全編ローカルにパクったしw、いい加減眠ぃから今日の駄Blog終わり。

オマケ:感想文としてはこの人の論が判りやすい。
関連記事

【売国奴なら】売りモンの価値もワカラン売国奴w【何でもアリって事でw】

2009年11月18日 19:56

プリンス安倍チャンが当たり前の事を述べちゃってるケド、そんなんだから“KY”なんて言われるんぢゃね?。

「麻生さんなら即死」安倍氏が鳩山首相の「恵まれた家庭」発言に皮肉

 自民党の安倍晋三元首相は17日夜、都内で開かれた会合で、鳩山由紀夫首相が自身の資産報告漏れ問題を「恵まれた家庭に育ったものだから」などと釈明したことについて「何言ったって平気という感じだ。麻生太郎前首相が言ったら(政治的に)即死だ。だけどセーフ。鳩山氏は支持率が高いからうらやましい」と皮肉った。

 一方、自民党の退潮傾向については「もう少し下がることはあるかもしれないが、そろそろ底に当たった音が聞こえるころだと思っている」と強調した。


マスゴミと在日と馬鹿愚民の支持率が高くってヤッテらんねぇんだゴルァ!ってハッキリ言っちゃえよお坊ちゃま君w、まぁマスゴミは売国奴、そんで在日は日本の悪性寄生虫、トドメに愚民は馬鹿と言う事で日本に巣食う三悪揃っての支持を受けて春を謳歌してるってのはご存知民主党だが、こんな連中がナニしてるかと言うと自爆ブーメランを乱発してるぐらいなら笑い話だが、何たって取り上げるべきは何度も書くがこのネタだろう。

小沢氏、外国人参政権で「韓国、在日の要求が非常に高まっている」

 民主党の小沢一郎幹事長は16日の記者会見で、永住外国人への地方参政権(選挙権)付与法案について「韓国政府サイド、在日の方々からも要求が非常に高まってきている」と述べ、法案推進の理由に韓国側の要請があることを認めた。

 小沢氏はさらに「民主党が積極的な姿勢を示していた経過もある。政府の姿勢を鮮明にする意味からも、政府提案が望ましい」とも述べた。

 地方参政権法案をめぐっては、民主党の山岡賢次国対委員長が6日、今国会中に議員立法で提出することを検討する意向を示したが、小沢氏が10日に政府提出法案が望ましいと表明。11日に開かれた政府・民主党首脳会議は法案の扱いを小沢氏に一任したが、今国会への提出は見送られる見通しとなっている。

 参政権付与をかねて求めてきた在日本大韓民国民団(民団)に属する在日韓国人が民主党候補を先の衆院選で支援するなど、両者の関係は深まっている。9月11日には民団メンバーが小沢氏に直接、地方参政権付与を要請している。


文字通りの売国為政権であり、民主党の言う『国民』と言うのは日本国民では無く、竹島侵略を実行中の戦争敵国大韓民国の国民と言う事がコレでハッキリしたのである、よくこんな売国政党に票を投じたなと馬鹿愚民の馬鹿さ加減には呆れるばかりだがこの本性をひたすら隠し続けた売国マスゴミと裏で糸を引く売国広告代理店電通の罪については後世の歴史家が暴露するだろう、日本と言う国家が存在すればの話だがwww。

尤も日本は似非とは言え民主主義国家なので為政権があれば似非野党だって存在するって事で昨今“漢字が読め無ぇ”だの“空気が読め無ぇ”だのって政治とは全く無関係のど~でもイイ程度の事で為政権から引きずり下ろされた自民党なんてのがあって、冒頭のお坊ちゃま君は“空気が読め無ぇ”奴wって事でコキ下ろされたんだが、『漏れ、裕福層師弟だから脱税上等兵!』なんて狂った事を言い出すキチガイに対しては何故か売国マスゴミは寛大って事でつい愚痴出ちゃったんですけど、この売国ぶりに手も足も出ないんぢゃ政権DASH!は無理ぢゃね?

自民、郵政、外国人参政権で与党攻めきれず

 政府が今国会に提出した国が株式を保有する日本郵政の株式売却凍結法案と、来年の通常国会への提出方針を示している永住外国人の地方参政権付与法案の対応をめぐり、自民党執行部は民主党への批判は繰り返すものの、党内の対応を決められないままでいる。両法案とも一部にある賛成論を抑えられないでいるからだが、政権サイドの度重なる「失策」にも追及しきれない野党・自民党のひ弱さの表れともいえそうだ。

 大島理森幹事長は17日の記者会見で、株式売却凍結法案について「半日や1日の国会審議で法案を処理するのは許せない」と、民主党の強硬な国会対応を批判した。

 参政権法案についても、民主党の小沢一郎幹事長が16日の記者会見で「韓国政府サイドからも(成立への)要求が高まっている」と発言したことに対し「日本国の主権、統治の問題だ。どこかの国の要請を受けやるような簡単な問題でない」と指摘した。

 しかしこれまで、いずれの法案に対しても賛否の明言は避けている。

 党執行部としては民営化に逆行しかねない政策には反対の方針でいきたいところだが、郵政民営化に反対したことがある議員を中心に民営化見直しを求める動きがあるのを警戒しているのだ。

 地方参政権問題は、森政権時代に法案提出の見送りを決めた経緯がある。ところが、石破茂政調会長は11日の記者会見で「憲法との関係などを検証し、党としての姿勢を明らかにしたい」と、議論をやり直す方針を示した。

 法案反対派は「党内では決着済みだ」と受け止めていただけに、党内からは「保守の再生」を掲げる谷垣禎一総裁への政治姿勢に疑問の声が出始めている


この記事笑えるってのはよ、ポチ経の分際で自民党には『マッチョで逝け!』なんてのたまう辺りもそうなんだが『党内から~疑問が‥』って、赤い新聞や変態な新聞お得意の『○×から懸念(反対とかとにかく否定言葉ww)の声が‥』ってアレのパクリかwww?

まぁソレはさておきこの自民党のヘタレっぷりは何時まで治らんのだろう?『国家主権の問題だ』なんてどの口がソレを言うのかヲレには全く理解不能である、国違いとはいえ気違い朝鮮民族に女子中学生を拉致されて何年経過してるんだヴォケ?まずその辺片付けてからそのご大層な言質を言いやがれって事なんだが、こんな売国話が出るのは気違い朝鮮民族お得意の“恨流”(ハンリュウ)と何だかんだ言おうが日本が豊かな国家だからそこで延々と寄生したいからに他ならぬのだがその辺の“商品価値”が何時まで維持されるのかは全く不透明になって来た。

事業仕分けで最先端科学技術が次々削減 「科学技術立国」どこへ

 行政刷新会議による事業仕分けの第1ラウンドでは、次世代スーパーコンピューターやロケット開発などの最先端科学技術を「無駄」と認定するケースが続いた。仕分け作業はほぼ財政論に終始し、科学技術立国として、種をまき育てるという議論に踏み込むことはほとんどなかった

 17日の事業仕分けでは、文部科学省所管で官民共同で開発が進められてきた中型ロケット「GX」(概算要求額58億円)が俎上に載せられた。

 「ロケット開発自体、ビジネスになる見通しが立っていないのに税金を使うのはどうか」

 統括役である民主党の枝野幸男元政調会長がこう切り出すと、「米国、欧州、中国が成功したら日本のロケットは海外に売れなくなる」と、ビジネスとして将来性がないとする意見が相次ぎ、GXロケット計画は「廃止」、液化天然ガス(LNG)を使った新型エンジン開発も来年度予算計上が見送られた。

 LNGエンジンは長期間の運用が可能で、軌道間輸送機や惑星探査機に適する。世界でも日本が最先端を走り、「中国の宇宙開発をにらみ、優位性を確保することが日本の技術安全保障になる」(防衛省筋)との擁護論もある。しかし、仕分け作業でこうした観点の議論はなかった。

 13日のスパコンに関する仕分け作業でも「世界一を目指す理由は何か。2位では駄目か」(蓮舫参院議員)との発言が優位となり、開発事業費を「事実上の凍結」。開発主体の理化学研究所理事長でノーベル化学賞受賞者の野依(のより)良治氏を「(スパコンなしで)科学技術創造立国はありえない」と憤慨させた。

 文部科学省の担当者は「中止すれば日本は最先端コンピューターをつくる技術を失い、1、2年の遅れが致命傷になる。国際競争は一度下りたら復帰することは困難だ」と危機感をあらわにする。スパコン開発は科学研究やジェットエンジン開発などで必須のコンピューター・シミュレーションの発達に影響するため、米国は不況下でも開発予算を増額、中国も最高性能の国産スパコン開発を国家戦略に位置付けているという。

 科学技術予算の削減について、鳩山由紀夫首相は17日夕、「科学技術は将来にかかわる知的財産で、すぐに結果が出るものではない。予算が本当に役立っているのかとの思いもある。両方を考えなければならない」と述べた。


マジこの政権は一刻も早く“総括”せねば日本は取り返しのつかぬ事になるんだがオモローなのは売国野郎の分際で自分の商品価値が理解出来てないが故に売りモン(つまり日本国)の価値を徹底的に貶めてると言う部分だが、こんな腐れ売国奴連中のドタマの中には『とにかく日本が一番であってなならぬ』という珍妙な本能による衝動行為の成れの果てなのだろうから始末に負えぬ、言うまでも無くこのネタだってその内にブーメランとなって売国奴の首筋めがけスッ飛んでくるんだろうよって辺りで今日の駄Blog終わりw。

オマケ:mixiでコソコソやらんで堂々と誰でも閲覧可能なWebでヤレよ>鬼畜支持者共、こんなクソタレ共って売国奴より始末に負えんわってか死ね
関連記事


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。