スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【そんなに欲しけりゃ】あったく面倒臭ェよ露助に朝鮮わぁ【ちゃんと宣戦布告しろ!】

2008年11月23日 22:40

世の中変な奴が多杉であるw。

支那国では銭を払わぬ奴に構う運転手にキレた♀が勝手にバス強奪で自分の目的停留所まで『自走』すると言うワロイ話があったのだが、馬鹿をヤラせれば世界一のメリケン国でも始末に負えぬクソガキにスクールバス運転手ブチ切れすれば親だって逆ギレしたりとか、エロだって世界一のメリケン国だから爆乳ポルノ女優が教師にってんでニュージャージーのド田舎で大騒ぎとかあったりしたのだが振り返って似非国家日本だって世間を騒がせるってかマスゴミが喜んで採り上げるネタは決まって国家にとってはど~でもイイ系のネタって事でよ、『腹を切れ』なんて言う暇があったら接見するフリをして腹マイトで親子共々自爆して見せろとマジ思う実は年金とは全く無関係の元小役人殺害事件の犯人はやはりほぼニート君、しかも殺害動機が『犬死んで落ち込んだ』ってナニソレ?って事よ、もう面倒だからこの馬鹿DNAをこの地球上から抹消しろや、ど~せこんな下らん奴のネタにマスゴミは飛びつき肝心な事は何一つ報道しなくなるんだからよって思うのだが頼まれもしないのに人権屋が『社会のせいダ!』とマスゴミのド真ん中で叫び外道ぶりを発揮してくれるのだろうとヲレひそかに期待懸念してるんだがソレはさておき外道と言えば支那朝鮮に露助で『1・2フニッシュ!』だが、その露助大統領がこんな事言ってマス。

ロシア大統領
「領土問題 次世代には委ねない」


 麻生太郎首相は22日夜(日本時間23日午前)、ロシアのメドベージェフ大統領とリマ市内のホテルで初めて会談した。大統領は北方領土問題について、「この(北方領土)問題の解決を次世代に委ねることは考えていない」と述べたが、目立った進展はなかった。また、両首脳はプーチン首相の来年始めの訪日に向け調整を進めていくことで一致した。

 麻生首相は、領土問題について、今年7月の福田康夫前首相とメドベージェフ大統領との会談における大統領の発言に触れ、「国際法を重視する大統領としての強い決意だ」と高く評価した。その上で、「領土問題を解決し、平和条約を締結する必要がある」との考えを示した。

 7月の首脳会談で大統領は「領土問題を最終的に解決する平和条約が締結されれば、日露関係を最高水準に引き上げることは疑いない」と述べていた。

 首相は一方で、首相自身が外相だった約1年半前を引き合いに、「領土問題は経済分野に比べて進展していない」と指摘。「7月の首脳会談以降、大統領の決意が必ずしも事務レベルの領土交渉に反映されていない」とロシア側への不満を表明し、領土交渉における事務作業を加速させるよう求めた。

 これに対し、大統領は領土交渉に関するロシア側の事務作業に関する首相の指摘に対して「どの国でも官僚の抵抗は存在するが、より重要なのは首脳の立場であり、首脳の善意と意思があれば解決できる」と述べるとともに、「そのような考えは既存の文書から引きださなければならない」と語った。ただ、「既存の文書」についての具体的な言及はなかった


露助なんぞに釣られる馬鹿総理の図である。

大体当時の国際法やら二国間条約やらをスッ飛ばし、戦争終結のドサクサで侵略し、領土は勿論物品も強奪した上に日本の婦女子を強姦輪姦三昧するわ男は拉致してシベリア辺りで強制過重労働と正しく戦争犯罪三原則である殺す・奪う・犯すの限りを行ったこの犯罪国家の系統となる国家大統領のどの口がソレを語る?ってツッコミの一言ぐらい言えよ似非総理、あったく日本の歴代総理こんなクソバカばかりだから北方領土なんて『4島返還』だの『2島返還』だの語った【文書】なんてウオッカ漬け脳味噌しか無い毛党露助なんかにとっては知った事では無い、大体【最高水準の日露関係】って何だソレ?シベリア開発では散々日本から銭タカっておきながらアッサリと支那国に鞍替えするこの外道の本質は『日本にタカりたい』だけよ。

あったく面倒な連中ダゼ露助ってのわよぉ、こんな連中昨今の経済市場破綻でバブルが弾けて神罰が下るのを高見の見物でもしてれば良いって事なんだが、露助だって外道ぶりではコイツ等には敵わんだろうよw。

【対馬が危ない!】
グーグル地図サービスで“領土論争”
「韓国領」と書き込み


 長崎県対馬市で不動産が韓国資本に買い占められるなどしている問題で、インターネットの地図サイト「グーグル・アース」上で対馬が「韓国の植民地」「韓国(領)」などと記載されていることが分かった。一般のユーザーが投稿したものとみられるが、全世界から見ることができるため、事情を知らない国内外の閲覧者の誤解を招く恐れがあり、問題化しそうだ。

 問題のサイトは、インターネット・サービス会社「グーグル」(本社、米カリフォルニア州)が提供する写真共有サイト「パノラミオ」。同社の地図サイト「グーグル・マップ」や「グーグル・アース」に、ユーザーが写真やコメントをリンク(関連付け)することができる。

 このサービスで、対馬についても風景や観光名所などの写真が180件ほど公開リンクされているが、中には「Korea colony(韓国の植民地)」や「Daema island(Korea)=対馬島 韓国(領)=」などというタイトルの風景写真があるほか、「韓国の眺望」と韓国語でタイトルを付けた対馬の港とみられる写真もある。

 また、写真の下にある一般ユーザーのコメントには、「対馬(島)は韓国の土地、返してもらわなければならない」「韓国人たちよ、いまや独島(竹島)だけでなく、対馬もやはり取り戻すときがきた」などと韓国語や英語で書き込まれているものが約10件あった。

 こうした写真の公開は昨年ごろから始まり、コメントによる“領土論争”は今夏から過熱している。写真を投稿したユーザーの名前は韓国系のものとみられるが、あくまでもユーザー名なので実態は不明だ。

 これに対し、日本語や韓国語、英語で「対馬が韓国領土というのはありえない」「対馬が日本の領土というなら、その根拠を見せろ!」などと反論している書き込みもある。

 一方、竹島についても同様に「Dokdo Korean Island(独島=竹島= 韓国の島)」などのタイトルのもと、韓国の国旗や「韓国領」と彫られた岸壁などの写真数十件が公開されている。コメントは「独島(竹島)の所有権に限っては、日本人たちがどんな話をしようとも、無理な主張に過ぎません。独島は現実的、明らかに韓国の土地です」などと韓国語や英語で書かれており、より過激な内容となっている。

 グーグル・マップ上では、対馬は日本領であることが明記されているにもかかわらず、「韓国(領)」と断定する書き込みについて、グーグル社は「地図、地理サービス提供する限り、領土の問題は避けて通れない問題のため、中立的な立場を貫くことを旨としている」とし、社内に専任チームをおいて管理している。

 投稿写真やコメントについて「政治的な見解は著者に属するもの。グーグルとして選択していることはない」と説明。他社の権利を侵害していない限り削除はしない方針になっている。

 グーグル社の利用規約では「悪意のある暴力的な内容」や「法的な権利を侵害すること」を禁じているが、投稿内容については、ユーザーが個人的に責任を負うことなっている。

 ■グーグルマップ内で展開されている対馬問題に関するユーザーの主なコメント

 【韓国領派】
 「韓国人たちよ、いまや独島(竹島)だけでなく、対馬もやはり取り戻すときがきた。対馬(島)は、過去から現在まで、韓国の土地で、ただ、19世紀初め、日本帝国主義に一時的に強奪されただけだ。われわれが対馬(島)を取り戻さなければ、墓に眠るわが先烈たちが嘆き悲しむだろう」

 「対馬(島)は韓国の土地、返してもらわなければならない」

 「韓国政府が将来取り返すべき土地」

 「対馬(島)は高句麗王朝から朝鮮王朝まで韓国領だった。不幸にも19世紀初めに盗み取られ、韓国が(日本の)植民地だったから取り返すことができなかった。韓国だけでなく、日本と中国など他の多くの国の歴史的な証拠が領有権を認めている」

 【日本領派】
 「はるか昔から対馬(島)は、日本の土地です。日本人なら誰でも知っています。韓国人はもっと勉強しましょう」

 「対馬は日本の領土です。対馬は先史時代以降ずっと日本。魏志倭人伝にも倭国の中に入っている。対馬が韓国領土というのはあり得ない」

 「対馬はどう考えても日本の土地でしょ。そんなことばかり言っていると竹島が韓国の領土っていう主張も疑わしいものなんだなと世界中の人は考えますよ」

 「韓国政府でさえ対馬の領有権を主張していない。あまりに根拠が薄弱で、逆に恥をかくだけだからだ」

 「対馬(島)の美しい自然を汚すようなコメントは削除してください」


似非国家の愚民共よ、これでも【韓流】等と言ってられるか?

地球の歴史は人類が国家創設をしたその瞬間から領土の奪い合いだったのであり、それは現在も続いてるのである、如何に日本で【平和の犬】共が奇麗事を言おうが敵国はそんなの知った事では無いどころかそんな奇麗事を言う連中を骨の髄まで利用し尽くし目的達成後はアッサリ切捨てると言うのも世の歴史の書に腐る程に掲載されてるのよ。

まぁ日本の阿呆な【平和の犬】についてはさておきヲレが露助や大韓民国に尋常では無い嫌悪感を持つのはコイツ等揃って大東亜終戦前後のドサクサで日本が立ち回り効かぬ時に正しく領土を盗んだと言う点と、このコソドロ根性が未だ治らぬどころか戦後骨抜きの似非国家となった日本なんかタカを括って増長してる点をまず挙げるべきだろう、一方メリケン国始め露助を除く連合国とは仕組まれた形だろうがちゃんと戦争として戦った間柄であり、既に戦争終結を行ってる以上、様々細かい問題はあっても一応国家間の付き合いが行われているのは愚民の貴様等だって判る話だが、一方露助は不可侵条約の間柄、大韓民国に至っては日本(日帝)そのものだったのであり、簡単に書けばコイツ等の最も許せない点は裏切り者と言う事に尽きる。

ヲレは真剣に思うのよ、大韓民国がそんなに竹島と対馬を欲しければちゃんと日本に宣戦布告を行い、正々堂々と戦争を仕掛ければ良いのである、現在の似非国家日本なんてアッサリ勝てるだろうに何故そうしないのかヲレは理解出来んw。

何たって現在の国際法で戦争をしてはいけない決まりは無いのだから、しかし露助は極東の島くれなんぞの為に戦争なんかしたら国家分裂の危機すらあるので戦争ゲームをする余裕なんて無く、大韓民国に至っては元々チキンで常に力のある者におもねく卑根民族なのでこんなマスターベーションでお茶を濁すしか成す術が無いのである、違うと言うのであれば日本が散々申し出た国際法廷から未だ何故逃げ続けるのか、その辺もどこかの掲示板で書けって事よ、こんな馬鹿民族国家とは早急に国交断絶をすべきである。

コレはオモローな副作用が伴うし今後の日本の立ち位置を決める重要な事でもある、言うまでも無く日本の国防は形式上メリケン国がその大半を担って下さる建前となっている、一方大韓民国も同様に国防をメリケン国と共同で行う建前となっている、コレは特に大韓民国については東西冷戦時代の産物だったりするし、北朝鮮と大韓民国&メリケン国は停戦してるだけであって国際法上はまだ戦争状態だったりするのだからメリケン国としては日韓戦争なんて悪夢以外の何物でも無いだろうが、日本としてはココまでコケにされて黙ってるワケにはいかぬのである。

【その時】メリケン国はどちらと手を組むのか?って事である。

片や『鬼畜米英』『ジャップ』と罵り合ったがちゃんと敵同士として戦った仲でもあり、現在は問題を抱えながらも政治経済は当然、軍事的にも事実上の同盟関係となった日本を選択するのか。

片や日帝の側についてながら大東亜後にアッサリと日本を見捨て『ナンチャッテ連合国』に鞍替えした裏切り者であり、昨今では朝鮮戦争を共に戦った米軍の象徴たるD・マッカーサー元帥の像を打ち壊すのしないのと大騒ぎをした大韓民国を選択するのか。

ヲレは知りたいのである、黒人大統領誕生たぁ言え本質はアングロザクソン国家メリケン国である、アングロな方々の打算に基づく決断がどういう方向に向かうのか?って事なのだがそんなネタをロイター辺りが報じる事はありえないのである、何たって今や日本は世界に恥じる似非国家なのでそんな大東亜時代のクソ度胸なんて戦後民主主義の骨抜き洗脳占領政策でスッカリ消失してるのである、仮にヲレみたいな凶悪右翼wな奴の論調が日本の世論にチョロっとでも出ようなら日本のマスゴミを総動員してでも封印するシステムが日本には確立してるのであるがそれ以前の話としてこんな卑民族の便所の落書きに一々反応してたら身が持たんが黙ってれば卑民族なだけに増長する、あったく面倒臭ぇ連中ダヨ朝鮮民族ってぇのわぁって辺りで今日の駄Blog終わり。

関連記事

【日本ヨイトコ】お花畑満開で幸せだろうよ(苦笑)【でも売国w】

2008年11月22日 21:02

吾輩は怒っている‥らしいw。

そんなヲ怒りの対象となってる朝日新聞がついに赤字転落をしたと言う日本言論界にとって大変喜ばしいネタが飛び込んで来た。

朝日新聞が初の赤字転落

 大手新聞社の朝日新聞社が21日発表した平成20年9月中間連結決算によると、最終損益が前年同期の47億円の黒字から103億円の赤字に転落した。営業損益も74億円の黒字から5億円の赤字となった。朝日新聞社が中間決算で最終損失と営業損失を計上したのは、中間決算の公表を始めた12年9月以来初めて。

 原材料である紙の価格が大幅に値上がりしていることに加え、広告収入、部数ともに減少したことが響き、営業損失を計上。またグループ会社のテレビ朝日株などを売却したことによる投資有価証券売却損として44億円を計上したことなどから103億円の最終損失となった。

 売上高は前年同期比4・4%減の2698億円。減収は中間決算としては4期連続。


数々の捏造‥ってか脳内妄想記事を連発し、日本の国益を散々貶め、勝手に野良猫扱いまでされ『名誉毀損もありうる!』と猫駅長の怒りまで買った馬鹿新聞の終焉の始まりであり大変喜ばしいのであるがこんな腐った似非新聞がこれまで存続していた事自体がオリエンタルミステリーって事でしか無いのだが日本の数多ある似非新聞は朝日新聞だけでは無い、朝日と並び日本の売国新聞の雄たる毎日新聞についてもネタが飛び込んで来たのであるw。

社説まで間違えた!?
大誤報連発
毎日新聞は大丈夫か


 19日、元厚生事務次官宅が相次いで襲撃された事件について、ネット上の百科事典「Wikipedia」に犯行を示唆する"予告"書き込みがあったとする誤報を伝え、「おわび」を掲載した毎日新聞。UTC(協定世界時)で表示されている「Wikipedia」の編集時刻を日本時間と勘違いし、事件後の書き込みを「事件前」だと思い込んでしまうという、あまりにも初歩的なミスにはネット上でも批判と失笑の声が渦巻いている。


 実は最近、毎日新聞によるこうした誤報が相次いでいるのだ。

 先日来、毎日新聞の英文サイトのコラム「WaiWai」が、いわゆる「変態ニュース」を無断掲載していて、社会問題になったことはご存じの通り。


「32社の新聞や出版社の記事を勝手に引用していたことも明らかになり、今年6月にようやく閉鎖になったね。契約記者の暴走をチェックしきれなかったことが原因だった。社長まで処分した上で、謝罪記事も出したけど、ネットユーザーが批判を繰り広げ、まだ尾を引いている」とメディア担当記者。

 だが、問題は英文サイトばかりにはとどまらない。なんと毎日新聞本紙も、誤報・虚報のオンパレードだというのだ。「しかも、社説や政府人事など、毎日の中でも一線の記者が手がけた記事ばかり。『いったい、どうしちゃったの?』と話題沸騰だよ」(大手紙幹部)

 それらを検証してみよう。

(1)9月30日朝刊の社説「危機乗り切りへ柔軟な運用を 米金融対策」

 社説は冒頭、「曲折の末、米国の金融安定化策がようやくまとまった。何はともあれ、法成立の運びとなったことが朗報だ。交渉が決裂でもすれば、金融機能が完全にまひし、計り知れない混乱が世界の市場を襲っていたかもしれない」と書いた。ところが、金融安定化法案は、米時間29日のうちに下院で23票差で否決され、その後の世界的な株価暴落を招いたことは周知の事実。「同日の早いうちに用意した予定稿を差し替えず、ほったらかしだったんだろうね」(大手紙幹部)

(2)10月15日朝刊1面「日銀副総裁 平野元理事提示へ 政府、きょう国会に」

 平野英治元理事の顔写真入りで報じた1面スクープ。ところが、15日夕刊で朝日新聞など各紙は、現職理事の山口広秀氏を副総裁に昇格させる政府人事を掲載して毎日の記事を"訂正"。政府も15日中に、山口氏を充てる人事案を提示したため、世紀のスクープは大誤報だったと証明されてしまった。

 やむなくその後の報道で毎日は「政府は一時、元日銀理事で国際畑が長い平野英治氏の副総裁起用の方針を固めたが、日銀の企画部門など中枢業務にかかわり、金融政策全般に精通した山口氏のほうが適任と最終的に判断した」と苦し紛れの弁明。

(3)10月17日朝刊社会面「山口組 静岡・富士宮の後藤組を絶縁か」

 この記事は「指定暴力団山口組系の有力組織、後藤組の後藤忠正組長(66)が、山口組から絶縁されたとみられることが16日、警察当局の調べで分かった」と書き、「絶縁されると、山口組への復帰はできない」と、絶縁が既定路線であるかのように報じた。

 ところが、実際は「絶縁」ではなく、復帰が可能な「除籍」。その世界のしきたりからみると、あまりにも大きな違い。毎日も誤報の重さに気づいたのか、21日朝刊で「絶縁より軽い『除籍処分』にしたことが警察当局の調べで分かった。後藤組長が引退の意向を示したため、除籍で落ち着いた模様だ」などと、まるで誤報を他人の仕業のように報じているのだから、始末が悪い。

「毎日が絶縁と報じた前夜、警察当局の捜査4課の刑事たち、いわゆるマル暴担当たちは絶縁状が回ってこないので除籍じゃないかと気づき、後藤組長の除籍と引退までキャッチできていた。毎日は最初の情報を掴むのはうまいけど、そのあとは放置状態。チェック機能の甘さという意味では、英文サイトと同じ問題をはらんでいるんじゃないかな」(警察担当デスク)

 毎日新聞社長室は本誌の取材に、一連の報道が結果として見立て違いとなったことを認めた上、「事態の展開に応じて、読者への誠実な説明は果たしていると考えます。必要な場合は訂正、おわびを掲載しております」と回答。

 本誌は、朝日、読売、日経3紙による大手マスコミの寡占状態を突き破るためにも毎日の役割の大きさを重視しており、毎日新聞社長室には「是正の上に今後とも有益なる情報を国民に提供してくださることを期待いたします」と本誌の意思を伝えておいた。今もその気持ちに変わりがないことを強調しておきたい。


最後の最後で馴れ合っちゃってる辺りが日本のマスゴミw。

大体マスゴミなんて馴れ合いで成り立ってるのだから普通の民間企業だったら良くて始末書モン、ヒデェ場合は懲戒モンの不始末だって適当なお詫びとやらで1・2フィニッシュ!って事なんだよね、何たって権力の犬ですからマスゴミなんてって事でそんなマスゴミと並んで日本を散々似非国家たらしめ続けた連中と言えば平和の犬こと日教組なんだがその辺については前のエントリーで散々罵倒したのでココではその成果をちょっと小ネタって事でよw。

東京の小6、37%が中学受験
公立一貫校も人気


 東京23区の公立小学校6年生の37%が私立中学や中高一貫校の受験を希望していることが22日、ベネッセ教育研究開発センター(東京)の調査で分かった。
 調査は昨年12月、小6の保護者約850人を対象に実施。受験を希望する学校の種類(複数回答)では私立が67%、公立中高一貫校が42%、国立大付属が10%だった。

 公立一貫校を第一志望とする児童の83%が受験するのは「1校だけ」と回答。私立・国立中学が第一志望の場合は、その半数が「4校以上」受験すると答えた。受験を言いだしたのは母親が48%、子どもが35%、父親は13%だった。

 同センターは「公立中高一貫校は論文などが選考の中心で、ペーパー試験のある私立とは受験対策が異なり併願が難しい。私立は試験日が分散し、複数受験が増えているのでは」とみている。


ここにもマスゴミの馴れ合いがw。

あくまで試験併願問題で1・2フィニッシュ!したい日本のマスゴミは間違っても狂師跋扈の公立高に自分の大切な子供を預けられないと言う危機意識が良識ある(ついでに銭もあるw)親にはあったなんて完璧スルーよ、ジェンダーフリーと叫び小学校高学年であろうと厨房wであろうと男女共同更衣室なんて狂ったり手前の売国偏狭思想に従属しない良識ある子供‥具体的に書けば学校行事で日の丸君が代ボイコットに動員しない場合内申書爆弾投下で脅すとかするキチな奴に、仮に義務教育ってんで学費無料だって誰がそんな主体思想ならぬ日本売国思想洗脳機関たる朝鮮学校みたいな所に逝かせるかってのw。

そんな日本を似非国家たらしめた連中はマスゴミに日教組だけでは無い、日本で売国奴と言えば似非憂国の方々ならお馴染みのプロ市民がいる、彼奴等は一件良識ある日本国民のフリをしながら実態は日々日本を貶め何とか支那朝鮮に従属する日本を超強硬的に追求する連中であり、かつてネットが無かった情報不毛時代はマスゴミと結託をしその活動は正しくアンタッチャブル状態だったのだが昨今のネット情報飽食時代ではその折衷さが次々とバレw、もはや息絶え絶え状態である、しかしそんな中でも懸命に日本を何とか貶め支那朝鮮従属を追及する輩もいたりするのだから恐るべしって事でコレ長いけど読んでね、そんで笑えよ愚民共!

内藤正中氏「竹島は日本の領土ではない」(上)

 独島(日本名:竹島)紛争が起こった際、韓国の記者が必ずインタビューする人物が、老学者の内藤正中島根大名誉教授(79)だ。同氏は最近、66ページからなる「竹島=独島問題入門」という小冊子を出版した。同書では、日本の外務省がホームページに掲載した主張について、項目別に反論している。内藤教授は学者家庭に生まれ育ち、名門京都大を卒業した。ではなぜこのようなエリートが祖国の国益に反し、韓国の肩を持つようになったのだろうか。同氏は3年前に島根県から神奈川県の老人ホ−ムに引っ越した。妻は他界し、今は一人の身だ。


−お父様は1990年に他界した内藤雋輔・前岡山大名誉教授ですよね。韓国とは個人的にどのような縁がありますか。


 「父親は朝鮮の仏教史を研究していました。息子も韓国の仏像研究をしています。息子は慶応大法学部に入学したが、つまらないと言って美術史に専攻を変えました。今は博物館の学芸研究員をしています。息子は韓国語の読み書きができます」


−先生も大学の専攻は経済史でしたが、在日韓国人の人権運動にも関与されていましたね。


 「大学3年のときに経済史を勉強していて、明治維新当時の自由民権運動に興味を持ちました。その後、日本経済史で在日韓国人の歴史的役割を発見したのです。日本の鉄道、ダムのほとんどは在日韓国人が作った、そんな反省から出発しました」


−独島研究を始めたきっかけは。


 「島根県の郷土史、とりわけ経済史を研究していました。島根大を定年退職し、鳥取短期大に移りました。鳥取県は江原道と交流がありました。鳥取県立博物館に竹島の資料があるというのを知りました。その資料を基に2000年、『竹島(鬱陵島)をめぐる日朝関係史』を出版しました。川上健三氏が以前に鳥取の資料の一部を使ったことはありますが、全面的に使ったのはわたしが初めてです」


−同じ資料で研究されたにもかかわらず、川上氏は1966年に出版した『竹島の歴史地理学的研究』で韓国の独島領有権主張を否定しました。日本の領有権主張と本格的に対立するようになったきっかけがあったのですか。


 「2005年に島根県が竹島の日を条例に制定したとき、『これはないな』と思いました。この時に決心しました」


内藤正中氏「竹島は日本の領土ではない」(中)

−島根県とはどのような縁がありますか。


 「父親の生まれが島根県西部の浜田という所でした」


−当初から反対するという姿勢で研究を始めたのですか。

 「そういうことではありません。先入観もありませんでしたしね。資料を研究していくうちに、日本の主張がおかしいということが分かったのです」


−日本の立場では独島領有権を確保することが国益です。先生の研究が日本や故郷の利益に反するという考えはなかったのですか。


 「ありましたが、国益と衝突するとしても、真実ははっきりさせなければならない、という学者の使命感のほうが大きかったのです」


−日本国内の反発は?


 「右翼の攻撃は覚悟しました。幸い竹島問題が大きくなった2005年(島根県が竹島の日を制定した年)、こちらに引っ越しました。住所と電話番号は島根県のままなので、大学が『名誉教授の資格を剥奪せよ』という脅しを受けているそうです」  


−ところで今年、政府から勲章(中綬章)を授与されますね。


 「わたしも驚きました」(笑)


−なぜ文部科学省は授賞することにしたのでしょうか。


 「文部科学省の官僚が事情を知らなかったようです」


−もし知ったら。


 「悩むでしょうね。天皇が与える勲章ですから。天皇は(竹島問題に対して)どのように思っているのでしょうか。誰も確認していませんが、知りたいですね。皇居での授与式には出席しないつもりです」


−独島問題と関連し、日本が最も間違っている点は何ですか。


 「真実に基づかない主張をしていることです。これは致命的な欠陥ですね。外務省官僚は勉強していないため全く分かっていません」


−独島問題を韓国は歴史問題とみる一方、日本は領土問題とみています。お互いに理解することができない理由ですね。


 「国際法上、領土問題を論ずる際は歴史問題を前提としなければなりません。日本の国際法学者たちの場合、歴史に対する認識がありません。そのため(独島問題も)国際法上の手続きだけを問題としているのです」


−韓国の学者の研究を評価するなら。


 「歴史的事実に中立的に研究する方もおれば、不十分な方もいますね。事実的な基礎が不十分な研究を韓国の立場だと日本に紹介すれば、間違った部分が多いことから、日本の学者は『韓国の論理はおかしい』と思うでしょう。韓国人が日本政府の主張に対して感情的な反応を見せるように、日本人もそういった韓国の主張に対しては感情的に反応します」


内藤正中氏「竹島は日本の領土ではない」(下)

−韓国政府の対応姿勢は?


 「日本政府のようにホームページで詳細な見解を明らかにすればよいと思いますが、わたしの知る限りでは具体的な見解は出ていないようです」


−先生は、独島は日本の領土ではないとおっしゃいました。そうかといって、韓国の領土と主張したこともありませんが。


 「竹島が日本の領土ではないと証明しましたが、韓国の領土と証明することもできなかったということです。最も重要な部分は、1900年の大韓帝国の勅令41条での『石島』という名称が現在の竹島に当たるということを証明することだと思います(当時、韓国政府は勅令41条で鬱陵島を鬱島と改め、竹島と石島を併せて鬱島郡を設置した)。これを証明すれば、わたしたちも『独島は韓国の領土』ということを素直に認めるようになるでしょう。これまでのところは、当時鬱陵島に全羅道出身者が多く、全羅道の方言で石(トル)を『独(トク)』と発音したことから、漢字で『石島』と表記しながら『独島』と呼んでいた可能性があり、これが『独島』に変わったと推論する程度です」


−韓国ではいつか日本が武力で独島を奪うと想定しています。


 「1905年に日本が竹島を強奪したのは、東海(日本海)でロシア・バルチック艦隊との戦いを想定していたからです。島に監視台を設置し、軍艦が行き交うのを偵察するのが目的でした。このような必要性が日本に再び生じるかの問題ですね。1949年に米国が対日講和条約第6次草案で、韓国の領土と認められていた竹島を日本の領土に変更したのも、独島にレーダー基地を設置するという安全保障上の問題からでした。日本はこういったケースでは必ず行動に移しています」


−日本は再びロシアと軍事的に対立する状況になったら、100年前のように独島強奪を試みるでしょうか。


 「いま竹島の上にレーダーを設置する必要がありますか。ないと思います」


コレがお気に召さぬらしいw。

あたかも中立を装いながらネットでちょっと調べれば大韓民国の日本領土竹島に対する不当な侵略行為が理解出来る事でも自分に都合が悪ければ完璧スルー、大体【歴史】が重要としてなればどの時点の【歴史】を基準に判断すべきなのかこの輩の論理で語れば下手打つと竹島が東海にニョキっと顔を出した時点まで遡らねばならんと言う事に繋がりかねないがそんな事が狡猾の極みである事位は厨房ですら理解出来るだろうがヲレがここで書きたいのはこんな似非憂国の方々が書きそうな事では無い、勿論こんな奴に国家が叙勲をするなんて流石似非国家最高ダゼ!という事でも、お花畑脳味噌だから『日本は事実が判ってない』なんてヲ前既にアルツ入ってるぞソレ!ってツッコミを入れる事でも無く、当たり前の話だが侵略国家の手先だから『竹島にレーダー網なんて不要』ってか竹島が日本に返還されレーダー網整備なんて大韓民国的には悪夢以外の何物でも無いのだろうなんて事でも無いw。

叙勲式には出ないのだから勿論叙勲自体を拒否するのだろうと思えばその辺についての明確な表記は無い、まさか式に出ないなんて不敬の極みをしつつでメダルだけはごっつぁん!ではあるまいな外道?更に書けばここまで徹底的に日本を貶めるのであれば老人福祉関連の銭は全て受給拒否に違いないのである、まさか鳥取に住所を置いておきながら横浜の老人ホーム在住なんて福祉の二重取りなんてありえないwのだがその辺はさておき、叙勲を契機に麻生の馬鹿の思いつきでおっ始めるのであろう生活支援定額給付金の辞退ぐらいはするのだろう、本当に日本を正しい国家としたいのであればこんなバラマキでしか無い下らん制度自体に猛烈に反対して欲しい所だが、日本に安住しながら支那朝鮮従属のプロ市民がそんな事を言い出すとは到底思えないw。

残念な事に権利は徹底的に追求し義務は完璧スルーなこの種の生物に厚顔無恥と言う日本人なら持つ概念は存在しない、コイツに関してググれば色々香ばしいネタがネットに転がってるので暇な奴は調べて見給え(ググるその・その・そのコイツも教職組合がらみよw、大東亜後日本はこんな連中が適当な民主主義を手前の都合で勝手に解釈し運営し続けて来たのである、その結果未来を担う若者は『自分の老後なんて姥捨て山』と諦め半分になり、まともに職に就かず良くてハケン君、悪ければニートと日本の未来は文字通りお先真っ暗である、そんな日本だがこれまで日本の夢を乗せて走り続けた新幹線0系が引退すると言うネタが飛び込む、古き良き日本の風景がまた一つネットの画像の記録となってアーカイブされるのである、この連休は見に行こうかって事で今日の駄Blog終わり。

オマケ:琢磨君正念場、日本の企業は銭ぐらい出せよ。

関連記事

【日教組】平和の犬達は今日もお花畑w【日狂疎】

2008年11月16日 20:31

昨日散々侵略国家大韓民国をブッ叩いたが‥。

違法ダウンロード横行に「まいった」
韓国DVD事業からハリウッド勢全面撤退


ハリウッドの大手映画会社すべてが、韓国でのDVD事業から撤退することになった。韓国では、ネット上の海賊版の流通が深刻化し、04年ごろからDVD市場が縮小。そのあおりをうけて、06年ごろから撤退が相次いでいた。韓国は「ブロードバンド大国」とも言われる一方、それが裏目に出た形だ。

2人に1人が、週に1本のペースで映画を違法ダウンロード

ハリウッドの映画会社大手ワーナー・ブラザーズの韓国でのビデオ・DVD販売部門「ワーナーホームビデオコリア」は08年11月10日、12月31日で事業撤退する、と発表した。海賊版がネット上に横行し、DVDの売り上げが落ち込むなどして、事実上「市場崩壊」に陥ったのが原因だ。

韓国のビデオソフト業界では、90年代に入って、ソニー、パラマウント、20世紀フォックス、ユニバーサルなどが相次いで参入。03年には市場規模が1000億ウォン(72億円)にまで拡大したが、その後は縮小。07年の推計では569億ウォン(41億円)にまで落ち込んだ。これを受け、06年から各社の撤退が続いていた。

ワーナーは1999年に参入し、サムスン電子と協力関係を結ぶなどして、韓国のホームビデオ・DVD市場では最大のシェアを獲得。ハリウッド勢では唯一韓国で市場展開を続けてきたが、ついに音をあげたかたちだ。09年以降は、同社が扱っていた作品は、韓国国内の代理店経由で販売される予定だ。

韓国では全世帯の94%以上でブロードバンド接続が可能だとされ、それにともなって違法コンテンツの流通も深刻化している。韓国映画振興委員会(KOFIC)が07年に調査会社に委託して調査したところによると、韓国国民のうち、およそ2人に1人が、週に1本のペースで映画を違法ダウンロードしていることが判明している。「ダウンロードしたことがない」と回答した人でも、その理由で最も多いのは「複雑だから」(28.0%)。「著作権侵害への懸念」と回答したのは12.0%にとどまっており、規範意識の希薄さが浮き彫りになっている。


日本も韓国の二の舞になる?

ワーナーは、07年には、最大民放局MBCの関連会社と組んでダウンロードサービスを開始するなど新たな収入源を開拓したい考えだが、現状を踏まえると、合法なダウンロードサービスがビジネスとして成立するかは未知数だ。

ひるがえって日本のDVD業界を見てみても、どちらかと言えば縮小傾向だ。日本映像ソフト協会(JVA)が08年9月に発表した08年上半期(1月~6月)のビデオソフト(ブルーレイなどを含む)の売り上げは、前年同期比で5.1%減の1445億9100万円。動画共有サイトの影響を指摘する声も根強い。

ただし、08年3月には「ニコニコ動画」が、著作権を侵害しているテレビ番組の動画をすべて削除する方針をテレビ各社に伝えるなどの対策が進んでもいる。日本が韓国の二の舞になるかどうか、不透明な情勢だ。


文末部分は余計だ、パクリ天国と一緒にすんぢゃ無ぇってネタは単なるネタで今日のお題とは無関係って事でよw。

「解散先送り」に反発=民主

 民主党は、麻生太郎首相が衆院解散の来春以降への先送りを示唆したことについて「自分本位、自分勝手な議論をしている。首相の地位を継続させるためなのではないか」(小沢一郎代表)と反発、早期解散を求めて対決姿勢を強めていく方針だ。
 小沢氏は15日、高知市内で記者団に「国民の支持を得た政権が強力なリーダーシップで思い切った政治をする(必要がある)。(首相は解散を求める)国民の声に抗し切れなくなる時期が来る」と強調。鳩山由紀夫幹事長も千葉県富津市内での講演で「(首相は)国民のことを思うのでなく党利党略、個利個略。このような時にこそ解散すべきだ」と訴えた。 
 民主党は、定額給付金が盛り込まれる2008年度第2次補正予算案と09年度予算案について、徹底審議を求めて政府・与党を揺さぶる構え。同党幹部は「09年度予算案の年度内成立はあり得ない」と語り、予算審議を通じて首相を解散に追い込む考えを示した。


折角亡国マスゴミと結託して福田をコキ降ろし、麻生の馬鹿も中山のオッサンが当たり前の事を言ったってんで叩き、何とか政権をってオモタら金融恐慌勃発で為政ショーどころぢゃ無くなってこんな体たらくになった‥残念!‥ってネタもザマミロ程度のネタに過ぎないがこの辺でようやく本当に今日のお題はココからって事でよw。

「私語は授業妨害」学部長が掲示
モンスター大学生が増えた!


「授業中の私語による授業妨害について」。こんな掲示が関西の名門私立大学に張られていたと新聞コラムが紹介し、話題になっている。私語は、教授らが注意しても効かないほど酷いというのだ。モンスター大学生が増えているということなのか。

関西の名門私学が教室に掲示

名門私立大学でも、私語が酷いのか。和歌山県の地方紙、紀伊民報の2008年11月11日付コラムがネット掲示板で紹介されると、掲示板やはてなブックマークなどで、こんな共感や驚きの書き込みが相次いだ。

このコラムでは、関西でも有数の名門私学が、私語で「授業に大きな支障が出ている」と、学生の自覚を促す学部長名の掲示が教室にあったと紹介。その掲示では、「大学生にこのようなことを伝えなければならないことは、慚愧に堪えない」とまで書かれていたというのだ。そのうえで、コラムの筆者は、教授らが学生を静かにさせられずに学部長に言いつける現状を嘆き、そんな「幼稚化」した教授らは、「さっさと教壇を去ればいい」と指弾している。

ネット上では、この名門私学がどこかという点とともに、なぜこんなに私語が酷いのかが論議に。書き込みを読むと、小学校の学級崩壊、モンスターチルドレンの「ゆとり世代」が大学生になったという指摘が多い。大学側の理由としては、競争激化の中で、教授らが「お客さま」の学生を注意できないことを挙げる声があった。

  実際に、大学ではどうなっているのか。

慶應義塾大学法学部の小林節教授は、関東の名門私学とされる慶応では、「あまり問題はない」という。しかし、学内を歩いていると、教室からバタバタと出てきて、「今、授業だから」と携帯電話で話して、また教室に慌しく戻る学生の姿も目に付くという。


「先生、私たちの授業料で食っているんでしょう」

一方、慶大の小林節教授は、他大学への特別講義などで、次のようなケースがあったと明かす。
「こんな学生がいたことがあります。私語を注意すると、『先生、私たちの授業料で食っているんでしょう』と。しかし、教師と学生は対等ではありません。だから、『威張るな』と言いました。講義中に帽子を被っていた学生もいました。怒ると、次の時間にはいなくなりますね」

なぜ平気で私語をする大学生がいるのか。小林教授は、こうみる。
「大人が子どもを叱らなくなった、世の中全体の風潮でしょう。高校や予備校で私語を許してきた。その子が大学生になっているということです」

私語対策には、各大学も苦慮しているようだ。

神戸山手大学では、3年前から講義系の主な科目で、座席指定を義務付けている。「仲良しで固まったり、教室の後ろで目が届きにくくなったりすると、私語が増えるんです。学生から『後ろを注意しても静かにしてくれない』と要望があったのがきっかけです」。また、大阪電気通信大学では、2年前にゲーム機「ニンテンドーDS」を授業に使い始めたところ、私語が少なくなり、それもあって拡大導入した。「学生が授業に集中できるようになり、コミュニケーションも活発になった」といい、私語防止には授業の工夫も大切なようだ。

慶大の小林教授は、教授が教授らしくすることで私語を防いでいる。
「授業中の私語や携帯メールなどは許していません。『それが嫌なら出て行け』と言います。つまみ出すために、大学院生のティーチングアシスタント2人を付けたほどです。教室は教授以外に管理できないのに、それができないのは、だらしがないんです。学部長が口出しできるのは、学生が焚き火をしたなど特別な場合です。もちろん、教授が予習をきちんとして、最先端のいい講義をするのが最も大切で、私も心がけていますよ」


このクソガキ共の勘違いの甚だしさは既にネタ通り越えてネ申ィ?ってオモタよ、どうやら今時の大学と言うのは教育の最高学府では無く、単に学士資格を親の銭でタカる場所と堕したらしいがこんなクソガキがイキナリ最高学府に沸いて出るワケが無い、当然そんなクソガキにも【ソレまでの人生】と言うのがある筈でそんな【人生】を過ごした場に問題があるとヲレは思うのよ、簡単に書けば小・中・高時代と言う事だが、そんな場に寄生虫の如く蔓延ってるのがこの連中である。


日凶祖
こと
日本教職員組合



戦後民主主義の仇子と言えるのがのこの団体よ。

マスゴミが社会の木鐸ってんで世論形成を行ってると思い上がる外道ならコイツ等は日本の教育は自分たちのイデオロギー通りで無ければ成らぬと思い上がる外道である、黙って職環境向上程度の活動を細々とやってればイイ物が職務放棄を組合活動と称し、その内容は社会規範破壊活動や日本亡国政治活動なのだからこんな連中を指して狂死だの凶師だのとネットではイジられて当然、そのココロは【自由】である。

勿論、一般的に言われる【責任を伴う自由】では無い、【餓鬼レベルの身勝手さ】を自由と勘違いし、それを真剣に日々実践してるのだからもうタマランどw、正にクソガキを生むのはクソガキと言えるこんな無責任且つ自分勝手な連中に【狂育】されれば大学に入って教授に『ヲ前を喰わせてるのはヲレ様』なんて馬鹿発言を述べる奴の一人や二人は絶対いる、ヲレはこんな究極エゴな連中が大嫌いだがヲレ以上に嫌いな輩もいる、戦後民主主義で散々イイ思いをした自民党である。

あきれた教育現場の実態
これでもあなたは日教組に子供をまかせられますか?



「私が死んだら、読んでください」

平成17年9月、北海道滝川市で、1人の少女が首を吊り18年1月に亡くなりました。まだ12歳の少女の胸の中には、どんな思いがあったのでしょう。夢も希望も突然途絶えてしまった少女の悲劇は、二度と起こしてはならない、そう誰もが思いました。
そこで18年12月、道教委(北海道教育委員会)は、「いじめ実態調査」を実施しました。いじめは実際どうなっているのか、それを調べようとしたのです。しかし、この調査に反対し、「協力するな」と指示した団体がありました。
日教組(日本教職員組合)の北海道支部である北教組(北海道教職員組合)です。北教組は、学校の先生方に「協力するな」と指示したのです。そのため、小樽市はじめ、日高、十勝では教員用調査票の回収率が3割台に留まりました。どうして、亡くなった少女を冒とくするようなひどいことをするのですか。日教組の人たちは、まだ多くの「私が死んだら、読んでください」という遺書を見たいのですか!


「教職員に命令できるのは、日教組だけだ」

教育委員会も当初、いじめ自殺の事実を認めませんでした。
伝えられるところによれば、担任などの教師をかばうためだったとも言われています。
かばうべきは、一番大切な子どもたちではないのですか!
北教組がいじめの実態調査を拒否した正当な理由が知りたいのですが、いまだに理解できる回答は出ていません。
文部科学省や教育委員会、校長先生など、上から言われたことは全部、組合所属の教職員に拒否させることによって、「教職員に命令できるのは我ら日教組だけだ!」と自らの力を誇示したい気持ちなんでしょうが、「いい加減にしろ!」と、多くの良識ある国民は思っています。


いじめを実践している日教組職員に、いじめは解決できない

何よりもおかしいのは、「学校でのいじめ」は、子どもたちだけではない、という事実です。
日教組の組合員ではない先生が、日教組の先生に話しかけました。大切な授業のことを尋ねたそうです。しかし日教組の先生はこれを無視しました。何を話しかけても、組合員でない先生からの問いかけには一切答えない。「組合員になれば話をしてやる」というのです。
無視は、いじめの中でも特に陰湿なものです。
こんな教師が、いじめを実践している教師が、どうして子どものいじめ問題を解決することができるでしょうか。


どうして学力調査まで拒否するのか、理解不能

それにしても、北教組というのは、ひどい人たちだと思います。
文部科学省が、世界的に見て低落傾向にあるわが国の子どもたちの学力について、40年ぶりに調査をすることになりました。40年ぶりというのもどうかと思いますが、もっと驚くべきことは、この学力調査を北教組が拒否し、道内21支部に「協力するな」と命じたことです。
日本全国で行われる調査に、北海道の子どもたちだけ参加させない。自分たちの考え方を押しつけ北海道の子どもたちだけを置き去りにする。拒否の理由は「『学力』の定義があいまい」などと、理解不能なことを言っていますが、要は、「教職員に命令できるのは日教組だけだ!」と誇示しないと、組合員が減ってしまうからでしょうか。「学校の先生」という、子どもやその親にとっては拒絶できない強大な権力を、組合を維持するために振り回すやり方に、国民は強い憤りを感じているのです。


「アンケート拒否は氷山の一角」、という悲鳴

お父さん、お母さんは、学校で自分の子が変な扱いを受けたくないから、先生方の横暴さに声を上げにくい。そのことを日教組はよく知っています。だから、保護者が「ぜひ子どもの学力増進に役立ててもらいたい」と願う学力調査でも、平気で拒否するのです。
私たち自由民主党では、中川昭一政務調査会長が平成19年1月の衆議院本会議で取り上げたことを皮切りに、「北海道教職員組合問題等に関するプロジェクトチーム」を立ち上げ、調査に乗り出しました。私たちに寄せられた親御さんや先生方の声を、悲鳴を、一部ご紹介します。
○ 「今回のアンケート非協力は北教組の体質そのもの」「アンケートは労組がチェックし意にそぐわないものはボイコット。今回のいじめアンケート非協力は氷山のほんの一角」
○ 「非組合員の教師に対して口をきかないなど教師同士の陰湿な“いじめ”がある」
○ 「国旗国歌については、何回も職員会議をやらないといけないし、実はいまだ徹底抗戦の姿勢。国旗は式場の片隅へ、国歌は歌詞なしのCDをかけるのみで国歌の指導もしない」
○ 「今も主任制度の反対闘争をしており、校長が主任を命じても受けずに手当の返還を主張。およそ50億円が宙に浮いている」
○ 「指導主事の学校訪問は形式的で、教師が急遽授業をしないでプリントやテストに切り替えたり、事後の話し合いに参加することを拒否している学校も少なくない」


自宅で寝ころがってテレビをみていても「校外研修」

なぜ、このようなことがまかり通るのか。
それを読み解く鍵の1つに、昭和46年に道教委と北教組の間で交わされた協定(「46協定」)や「確認書」(密約書)等の存在があります。どんな「協定」なのか、見てみましょう。
夏休みや冬休み(一部春休み)は、学校はいわば長期休業中ですが、この期間を「校外研修期間」としてお給料を出す。でも、おかしいのです。たとえば家でビールを飲みながら一日中テレビで野球観戦をしていても、つまり何をしていても「校外研修」として認められてしまう。
ほかにも、帰省を自宅研修扱いとして休暇にならないようにしたりするなどという項目も、これら「46協定」の中には含まれています。
この「46協定」。社会人としての常識を疑うものですから、さすがに文部科学省の指導により、平成13年3月に一部削除されました。が、全面破棄には北教組が、「さぼれなくなる」ということなのか、徹底的に抵抗しています。学校現場で、心ある先生方からも、「学校運営上、この『密約』は大きな障害だ」との声が上がっています。


仕事をサボれる密約書、なんと1000件が不適切!

ちなみに、46協定には、学校を管理運営する校長の権限を著しく制約する事柄が多く含まれています。
校長先生の権限がまともになったら、組合が好き勝手できない。「いじめ」を行っている先生を校長に指導されては困るわけです。
さらに、驚くことに協定の他にも「主任制・主任手当に関する確認書」など約1000件もの不適切な密約書の存在が明らかになりました。これらの特徴は、一言で言えば、「組合活動のために先生方に仕事を合法的に放棄させる」密約です。
○ 「鉛筆年休」。一応休暇処理簿に記入し、後で取り消す。休んだのに休みにならない、消せる休暇という意味。
○ 「口頭年休」。口頭の申し出のみで休暇をとったことにして組合活動を認める。文書だと面倒で、しかも証拠が残る。


これらの手口によって、勤務時間中に不適正に組合活動を行っていた教師が、資料などで判明しただけでも237名。彼らは処分を受けましたが、北教組教職員による教育現場の放棄、怠慢ぶりは目を覆うばかりです。


日教組=民主党

みなさん、何か思い出しませんか。
「職員は45分パソコンを操作したら15分休憩をとる」
そうです、あの、社会保険庁が、組合と交わした覚書とそっくりです。
それもそのはず。
社会保険庁の怠慢業務を指導していた国費評議会というのは、自治労の下部組織ですが、自治労と日教組は、かつて総評という過激な労働運動を主導してきた組織の中で、兄弟のように言われてきた労働組合です。
そして、今は強力な民主党の支持基盤であることも共通しています。
なんと、民主党の参議院議員のうち5人が日教組出身の議員です。日教組から支援されている民主党議員は、数えきれません。物心両面で日教組は民主党を応援しています。
そこで民主党に聞きたいのですが、「国歌・国旗」について、あなたたちは認めるのですか?それとも、日の丸や君が代を口汚く罵るのですか。いじめの調査を、民主党は否定するのですか。学力調査を、民主党は拒否するのですか。


日教組の目的は、民主党議員を当選させること

山梨県の日教組では、昨年、同教組がつくる政治団体の幹部が政治資金規正法違反で略式罰金の処分を受けました。同教組については、民主党議員を当選させるため、小・中学校の先生方から組織的に選挙資金を集めたり、後援会への加入やポスター貼りの動員などを指示したりしたのではないかという疑惑も指摘されています。
平成16年の参議院選挙では、日教組の神奈川県教職員組合委員長が、民主党議員当選のために現金を渡し逮捕される買収事件も起きています。
日教組にとっては、教育よりも民主党議員を当選させて、力を誇示することの方が大切なようです。ちなみにこの山梨県教職員組合は、圧倒的な組織率を誇っています。今回、いじめ調査を拒否した北教組は、組織率約50%。
彼ら日教組は組織力をバックにして、学習指導要領や国旗掲揚・国歌斉唱、主任制などについて現場の良心的な教師や校長に弾圧を加えているのです。そして、無言の圧力を子どもたちとその保護者に向けているのです。
道議会にも4人の北教組出身議員を送り、政治的パワーを見せつけて、ますます教育現場への圧力を加えています。


教育格差を広げる日教組=民主党

平成11年に広島県で、 1人の校長先生が自殺しました。石川敏浩・広島県立世羅高校校長。
広島県の日教組(広島県教職員組合)は、卒業式での国旗・国歌の実施に激しく反対しました。石川校長は苦悩の末、ついに自殺という道を選ばざるを得なかった。そこまで日教組は石川校長を追い詰めたのです。
日教組による、良心的校長への常軌を逸した「いじめ」。
広島県だけではありません。全国各地で類似の問題がたくさん起きているのです。
「教育の自治」という美名を楯に、教育を放棄して政治闘争する日教組。彼らは力で、言うことを聞かない先生や校長に弾圧を加え、一方であきれた仕事ぶりを黙認させるのです。
日教組の支援で党勢を拡大している民主党は、日教組によって失われつつある公教育への信頼を、どう取り戻すつもりなのか。このまま日教組の暗躍を黙認していたら、私学受験がますます盛んになり、「教育の格差」が広がる悪循環から立ち直ることはできないのです。
公教育不信を招いている日教組の全面的支援を受ける民主党に、教育格差を論ずる資格はまったくないのです。


自民党は、日教組問題に敢然と立ち向かいます

日教組支配によって、日々いじめの被害を受け、組織的弾圧によって教育現場で苦悩されている、良心的教師のみなさん。
日教組支配によって、学力低下、いじめ問題解決の阻害を受けている子どもたち。
日教組支配によって、日教組教師たちの横暴に声を上げられない保護者や地域住民のみなさん。
私たち自由民主党は、勇気と良識をもって、教育問題に、日教組問題に敢然と立ち向かいます。
安倍改革の中心は、「公教育の再生」で、「ゆとり教育」の見直しや教育委員会の抜本改革などを打ち出しました。特に教員の質を高めるために、(1)副校長、主幹などの新設。メリハリのついた給与体系を導入して、がんばる教員を徹底的に支援するほか、(2)10年毎の教員免許更新制の導入、指導が不適切な教員への研修実施、免職も可能にする、(3)分限免職処分を受けた教員は免許を取り上げ、教壇に立たせない、等を決定し、関連法案を国会に提出、早期成立を目指しております。


日教組の民主党か、国民の自民党か答えは明白

おそらく、民主党は「教育再生」に反対することでしょう。なぜなら、この法案は、日教組に不都合なことが数多く記されているからです。
問題のある教師を免職させられる。がんばった教員にはたくさん給料を上げる。ごく普通の会社ならばどこでも存在するこんな内容ですが、日教組にとっては致命傷なのです。
問題教師も組合員なら保護する。組合員をサボらせるために日教組は努力してきたのに、仕事をがんばった教師の給料が上がるということになったら、サボれないから大変だ。日教組が存在意義を無くしてしまう…。
私たち自由民主党は、国民政党です。日教組が熱烈に支援している民主党とは違います。
瞳輝く子どもたちを守り育てるために、教育現場の日教組支配を許してはなりません!みなさんの声を、悲鳴を、声援を、政治の場に響き渡らせて下さい。私たち自民党は、勇気をもって日教組・民主党に決戦を挑みます!



全文テキストにしてクレや、パクリが面倒だからよw。

まぁ要するに民主党では国の為にならんので自民に一票と言うお約束の戯言はさておき、ここで採り上げられた事は全て報道もされた事実であると言う点が重要なのよ、ついでにソースに不透明感があっても良ければこんな話だってアリアリィって事でよ、まぁこの自民党の戯言は長い上に面倒だがパクってみたんだが、こんな連中に国の未来を担う子供の教育を任せ続けた為政政党自民党の責任はど~なのよ?って話はさておき、ここで書かれてる民主党ってその実態は旧社会党だから、その辺もちゃんと書いとけやって辺りで両論併記ってワケでは無いがこんな仕事もロクにしないで社会に毒を撒き散らすだけの団体は中山のオッサンについてこんな戯言を述べてるんだよね、読んで笑えや愚民共w。

中山前国交大臣の日教組へのさらなる
誹謗・中傷発言に対して抗議するとともに
発言の撤回・謝罪を強く求める


中山前国交大臣の日教組へのさらなる誹謗・中傷発言に対して抗議するとともに発言の撤回・謝罪を強く求める


2008年9月28日
日本教職員組合  
書記長 岡本 泰良


 中山前国土交通大臣は、「失言3連発」で批判を浴びたにも関わらず、問題発言に対する謝罪をするどころか、「日教組をぶっ壊す」「日本の教育のガン」など、日教組に対する暴言を繰り返した。憲法で保障された「集会・結社・表現の自由」に抵触し、日教組に対する誤った偏見に基づく誹謗・中傷発言は、断じて容認できない。

 「日教組の強いところは学力が低い」発言は何の根拠もなく、学力調査結果からも相関関係はないことは、明確になっている。学力調査の結果で明らかになった喫緊の課題は、教育条件の整備・改善策である。重大な問題は、日教組を誹謗・中傷しただけでなく、一方的な個人の思いを理由に、日本の教育行政の責任者である文科大臣(当時)の権力を乱用し、毎年60億円を超える予算を投じる全国学力テスト導入を提唱したことである。

 私たち教職員は、日々、子どもたちと向き合い教育活動を通して次の世代の主権者として育成する社会的責任を負っている。日教組は、地域の厳しい現実、著しい変化をとげる現代社会の中で、子どもたちをめぐる教育課題に向き合い、子ども一人ひとりのゆたかな学びを保障する視点から、教育実践を展開するとともに、教育条件整備・充実にむけたとりくみをすすめている。発言は、全国各地の学校現場の教職員の不断の努力を踏みにじるものである。

 本日、大臣職を辞任したが、憲法を尊重し擁護する義務を負う国務大臣として辞任は当然である。個人的な思想を国務大臣という公人の立場で発言したことは、政治家としての資質・見識が問われることであり、国会議員も辞職すべきである。麻生首相の任命責任は、極めて大きい。
 日教組は、改めて一連の発言に対して強く抗議するとともに、発言の撤回・謝罪を強く求める。


子供を盾に【自分達のゆとり】を徹底的に追求した結果としてどっかのオッサンに『日教組の強い所は学力が弱い』と言われ、その辺バレバレになるとマジ困るケド目立つのも困るってんで北の大地でコソっと学力調査を妨害し、サックリこんな駄Blogにまで叩かれw、現役教師からは敬遠される【日本の教育を担う】日教組、ついでに書けばこの団体のシンパの中には自衛隊員子弟に対する偏狭的と言うか今風に書けばストーカーモドキのイジメなんてザラだった、尤もヲレが中学生の頃だから既に四半世紀前の話なので今はどうか知らないが‥ヲレは馬鹿の中心でこう叫ぶ!


日教組による
中山前国交大臣への
さらなる誹謗・中傷発言に対して
抗議するとともに発言の
撤回・謝罪を強く求める



尤もこんなクソタレ共の事だから中山のオッサンがヲレみたいな事を言い出したら面白いエゴ剥き出しでヒス全開になってマスゴミ巻き込んでドンチャンなお祭り騒ぎになるのは目に見えてるが事実だからコレ、黙って教師してればイイのに何勘違いしたのか自分達が特別な【平和の犬】と思い込み、日の丸君が代では『支那朝鮮様が機嫌悪くなる』と反対し、規律正しくなんて言おうものなら『軍靴がの音が聞こえる』とヒスるなんて他国なら『クビぢゃん?』の一言で終わっちゃうこのオモローな連中、それが日教組の正体なのかもしれんがこんな連中にこれからも教育を任せたら似非国家確実に投了するゼって事で今日の駄Blog終わり。

関連記事

【不動産を買う銭はある】似非国家のままで良いのか日本?【でも支援大歓迎】

2008年11月15日 21:22

日本が似非国家であり続けるか、試金石かも知れん。

【対馬が危ない】(上)韓国、
動産相次ぎ買収


 古事記や日本書紀にも登場する「対馬」(長崎県)。国境を背負い、古来、防衛の要衝だった“防人の島”が、韓国パワーに席巻されている。韓国からの観光ラッシュに続き、島の不動産が続々と韓国資本に買い占められている。リゾートホテルに民宿、釣り宿…。過疎化に悩む対馬自身が本土よりはるかに近い韓国に傾斜せざるを得ないという複雑な事情もあり、豊富な資金力を武器に買収はこれからも激しさを増すだろう。韓国人観光客のなかには、自国領土と本気で信じ込んでいる人すらいる。日本人が気づかない間に、対馬は、安全保障、主権国家としての領土保全にかかわる深刻な事態にさらされつつある。(編集委員 宮本雅史)

◆自衛隊基地隣接地も

 対馬空港に到着してまず耳にしたのは、島内の不動産が韓国勢に買い占められていることを危惧(きぐ)する声だった。それも1人や2人からではなかった。中でも、「海上自衛隊の基地に隣接する土地が韓国資本に買収された」という話に危機を直感した。

 真偽を確かめるため、対馬市の中心街・厳原(いづはら)町から車で国道382号線を北上、海上自衛隊対馬防備隊本部がある同市美津島町竹敷を訪ねた。

 竹敷地区はリアス式海岸特有の湾曲に富んだ入り江と無数の小島からなる浅茅(あそう)湾に面している。古くは遣新羅使が停泊するなど、船舶交通の中心だったが、明治19(1886)年に、自然が作った海の迷路を生かして、水雷施設部が設置されたほか、日清戦争後はロシアに対する前進根拠地として海軍要港施設が整備されるなど、国土防衛の要害であり続けた。

 余談になるが、近代に入り、ロシアやイギリスの対馬接近に脅威を感じた日本政府は、島内30カ所に砲台を整備。特に昭和初期に作られた上対馬の豊砲台には、巡洋戦艦から航空母艦に転用された「赤城」の40センチ連装砲塔を設置するなど、対馬海峡全体を防衛できるよう整備した。この豊砲台は太平洋戦争後、連合軍が解体を試みたが、あまりにも堅固過ぎ爆破するしか手段がなかったという。

 このように、対馬は、風光明媚(めいび)な観光地だけではなく、国土防衛の要の地として島全体が要塞(ようさい)として歴史を刻んできた。

 竹敷の集落に入るとすぐ、海沿いの左側にみえてくる大きな建物が防備隊本部だ。同本部は、島北部の大浦基地と南部の安神基地を統括、対馬海峡近辺の情報収集に当たっている。防備隊本部と隣接してリゾートホテルが目に飛び込んでくる。

 対馬市議会の国境離島活性化特別委員会委員長の作元義文市議(58)によると、以前は、旧大洋漁業系の大洋真珠の加工工場だったが、真珠養殖業の衰退で平成14年に工場を閉鎖。海自に隣接するため、自衛隊に買ってもらうつもりで話をしていたが、先延ばししているうちに、昨年夏、島民名義で韓国資本に買われてしまったという。現在は、韓国資本が100%出資するリゾートホテルに様変わりしていた。

◆行幸の碑も“人質”

 敷地内には、韓国の寺院を思わせる檜(ひのき)造りの門が来訪者を威圧するように構えている。駐車場に車を止めると、マネジャー風の韓国人男性が飛び出してきて、厳しい表情で取材はダメだという。見学するだけという条件で門をくぐると、10棟近くの戸建ての宿泊施設が並ぶ。門は“国境”の意味を兼ねているのだろうか。韓国領に足を踏み入れたような違和感を覚える。

 真珠工場が使っていたとみられるはしけには、釣り用のボートが停泊している。旧海軍ゆかりの赤煉瓦(れんが)の弾薬庫が場違いな雰囲気で残されている。平成2年、天皇、皇后両陛下が長崎県を行幸啓の折、真珠工場にお立ち寄りになったことを記念した「行幸記念の碑」が宿泊施設にはさまれ、人質のように鎮座している。

 敷地は険しい岸壁と海に囲まれ、外から中の様子をうかがうことはできない。ただ、海からはボートで自由に出入りできる作りになっている。

 韓国人男性によると、70人ぐらいは宿泊でき、近くの島民8人が従業員として働いているという。

 ある地元住民が匿名を条件にこう言って顔を曇らせた。

 「自衛隊の動向がいつも監視されているような気がする。買い戻そうという声が上がったこともあるが、一度買ったものを手放すはずがない。今更、手の打ちようはないが、せめて両陛下の記念碑だけは市が引き取るなど対処してほしい」

 対馬で民宿を経営する在留韓国人によると、このリゾートホテルの実質的なオーナーは釜山に住む60代後半の畜産会社社長。最初は別荘を計画、知り合いの島民名義で3000坪を5000万円で購入したが、その後、2億5000万円の費用をかけてホテルに改築したという。

 この韓国人は「10人ぐらいの地元島民をかき集めて、突貫工事で完成させた。工費はすべて、現金で支払われた」という。

 そういえば、門に使われている檜は、至る所がひび割れしていた。生木を十分に乾燥させないで使ったためだろう。いかに急ごしらえで改築したか。その性急ぶりを象徴している。

■土地名義も経営者名も島民…最近まで気づかず

 竹敷地区の漁業を管轄する美津島町西海漁業協同組合の黒岩美俊組合長(74)によると、同地区には、このリゾートホテル以外にも、防備隊本部に近接するように韓国人が経営する民宿が2軒あり、20人近い島民が雇われているという。

 対馬空港から車で5分ほど行った対馬海峡と浅茅湾をつなぐ大船越地区でも民宿が韓国人女性に買収されていた。

 そこで働く島民によると、もともと、日本人が経営していたが、昨年、経営不振で競売に出された。それを知った旅行会社の元添乗員だった韓国人女性が、知り合いの日本女性の名義で、土地と建物を650万円で購入したという。

 近くに住む3人の日本人女性が雇われ、掃除や食事の準備をしているという。

 作元市議によると、不動産の買い占め場所は1カ所に集中せず、点在しているが、なかでも風光明媚(めいび)な浅茅湾の周辺に人気があるという。ただ、「浅茅湾には無人島が多いので、これからは何十とある無人島に触手を伸ばす韓国人も出てくるのでは」と激しい買い占め工作に危機感をつのらせる。

 ホテルや民宿だけでない。釣り宿も標的になっている。朝鮮海峡につながる峰町狩尾の三根湾沿いにある釣り宿を訪ねた。韓国人観光客が20人ほど、釣りの準備をしている。船長らしい日本人に声をかけてみたが、警戒しているのか、反応が鈍い。顔を曇らせたのは、外国人に禁止されているまき餌に協力している可能性があるからだと、後で知った。釣り船は4隻。午後2時に出発して日没後の午後9時ごろまで客の面倒を見るという。

■従業員は島民

 この釣り宿は、在留資格のある韓国人が現地法人を立ち上げて経営、オープンして4年になる。もちろん、宿泊客は韓国人観光客で従業員は近くの島民だ。

 対馬協議会事務局長の友納徹氏(58)によると、この釣り宿のオーナーはさらに、大きな観光ホテルを計画しているようだという。

 観光地にバンガローを建てる韓国人もいる。日本海海戦記念碑が建立され、三宇田海水浴場にも近く、観光地として知られる上対馬町殿崎。朝鮮半島を望める韓国展望所に通じる県道わきの雑木林から茶色の屋根が7つのぞく。韓国人が島民名義で建てたバンガローだ。

 地元島民(75)は「この夏、見かけん子供がいっぱいおるけん、どこの子かと思って話しかけたら、韓国語でしゃべるからびっくりして。しゃべらんと全く分からん」というが、時既に遅し。土地の名義も経営者の名前も島民になっているため、最近まで全く気づかなかったという。

 友納氏によると、不動産の買い占めが始まったのは20年ほど前のことで、当時は、宗教団体関係者が1000万円単位の現金をちらつかせて買いあさっていたという。ここ数年は韓国資本が個別に進出、民宿だけでも島全体ですでに15軒ほど買収され、進行中の計画を含めるとその数はさらに増えるという。

■チラつく中国の影

 同氏は「つい最近も、上対馬で30万坪の山林を漁業関係者から買おうとする動きがあった。これはうまくいかなかったようだが、気になるのは、韓国人だけでなく、中国の影がちらつくケースもあることだ。マンションを買って民宿を始めたある韓国人を調べると、中国と取引をしていることが分かった。とにかく、買い占めているのが民間人なのか、企業なのか、それとも組織だったものなのか、全く分からない」と続ける。

 こうした韓国資本による不動産の買い占めに財部能成市長(50)は「韓国人が、現地法人を作ったり、日本人の名前を使ったりして不動産を取得しているのは事実のようだ。特に、経営不振の民宿が狙われやすいと聞いている。ただ、どのくらい買い占められているのか、実数はつかめない。島全体に点在しているし、書類を見ただけでは分からない。情報をもとに推測するほかない」と頭を抱える。

 買い占めている韓国人の目的はおろか、その素性さえも分からないというのが実情だ。

■強い韓国領土意識

 対馬の領有権については、太平洋戦争後、李承晩政権が、連合国軍総司令部(GHQ)に対し、竹島だけでなく、対馬についても「韓国の領土であり、日本によって強制的、不法に占領された」として、日本からの割譲を要求したが、GHQは「根拠がない」として一蹴(いっしゅう)している。韓国側は、慶尚南道馬山市議会が、平成17年、「対馬島は韓国領土であることを内外に知らしめ、領土権確立を目的とする」という条例を可決するなど、対馬が韓国領土であるという主張を崩していない。しかし、魏志倭人伝にも対馬は倭国の領土であると記載されており、有史以来、韓国の領土ということはありえない。

 ただ、上対馬観光物産事務所長の武田延幸さん(58)が「観光客の中には『対馬は魅力がある。やはり、昔から、対馬は韓国のものだから、山も欲しいよねえ』とはっきり言う者もいる」というように、依然として、対馬が韓国領土だと信じている韓国人がいるのも事実だ。対馬が韓国の領土という意識が強ければ強いほど、ますます、進出してくるのは火を見るより明らかだ。

 実際、話を聞いた在留韓国人は「これからは在留資格をとって、本格的に進出してくる韓国人が増えるのではないか」と断言した。

 財部市長が「このままでは、10年かかるか20年かかるか分からないが、いずれ韓国色に染まってしまう可能性がある」と漏らした。

 国家の要衝が、虫食いのように侵食されていく。根は想像以上に深い。数年後、オセロ風ゲームのように、気がつくと、島の大半が韓国色に染まっているという事態も十分に予想される。財部市長の不安は、単なる危惧(きぐ)では済まされない。対馬はそこまで追いつめられている。

【用語解説】対馬
 長崎県に属し、周囲に大小98の属島を持つ国境の島。平成16年に元の6町が合併、島全体が対馬市となった。最大の街は、厳原(いづはら)町で、同町から福岡までは対馬海峡をはさんで約138キロ離れている。島の最北端の比田勝港から釜山までは最短距離で49.5キロと半分以下の近距離にある。ほぼ全域がリアス式海岸に囲まれ、島の中央部にある浅茅(あそう)湾は風光明媚な観光地として知られる。『古事記』には最初に生まれた島の一つとして「津島」と、また、『日本書紀』には「対馬州」「対馬島」と記されている。古代から大陸との交流があり、外交面での要所であると同時に、防衛、侵攻の最前線基地だった。


リトルコリアンが対馬にデッチ上げられつつあるのよ。

確かに一見『普通の不動産取引』による行いかも知れないが、なれば何故日本人名義を使ってまで不動産購入を行うのか、その辺の所の身の潔白を明らかにせねば只でさえ竹島と言う日本の領土を侵略支配する紛争敵国大韓民国の立場は少なくとも日本内では悪くなる一方だ、勿論竹島の様に軍事支配なんて事をやらかしたら今度はマズイってんで合法的侵略に走った、ただそれだけの話かも知れないが、侵略される方の国民としては座視する事は出来ない、しかしこの似非国家の為政者ときたらこんな体たらくなんだからやってられんのである。

【対馬が危ない】
韓国資本による島民名義の不動産購入、
政府「把握していない」


 政府は11日の閣議で、韓国資本が長崎県の対馬で地元島民名義により不動産を購入している実態を「把握していない」とする答弁書を決定した。鈴木宗男衆院議員の質問主意書への答弁。

 鈴木氏は産経新聞連載の「対馬が危ない」を取り上げ、「対馬の不動産が韓国資本により買い占められつつあると指摘されているが、政府は詳細を把握しているか」とも質問したが、答弁書は「詳細な事実関係は把握していない。一般に関係法令に従って適正に行われた不動産の購入は特段問題ない」とした。

 また、韓国の国会が対馬を韓国領とする決議を発議したことに韓国政府へ抗議したかどうかには「適切に対応してきている」とだけ答えた。

 答弁書ではこのほか、長崎県対馬市を訪れる韓国人が過去5年間で4倍以上も増え、対馬を訪問したすべての外国人のうち韓国人が占める割合は99%を超えていることを明らかにした。

 それによると、対馬市内に位置する厳原港と比田勝港から入国した韓国人は、平成15年は1万5725人(全外国人に占める割合は97.9%)、16年は2万1055人(同99.3%)、17年は3万6768人(同99.5%)、18年は4万2467人(同99.4%)、19年は6万5750人(同99.5%)-だった。


正しく為政者である。

マスゴミ如きが【把握】してるネタを公安や内閣調査室を擁する政府が【把握】してないなんてありえない、言うまでも無く似非国家日本の政府中枢まで売国奴‥この場合は媚韓奴と呼ぶべきだろう‥が存在するのはこの似非国家が如何に対朝鮮関係の紛争に負けっぱなしであるかを見れば嫌でも判ろうと言う物よ、適正に行われる不動産取引にまで政府は関与しないと言うが日本人名義と言う隠れ蓑で取引される物件についてもスルーなのか?こんな民兵による資本を使った侵略行為をみすみす見逃すなんてヲレ的にありえない、だから偉大なるヲレ様が電柱組時代にこんな腐った卑民族纏めて敵対法案を作ってでも日本から叩き出し、如何なる方法でも日本と断絶させるべきと書いた懸念が的中してしまったのだが、似非国家たぁ言えまだ救いもあるみたいよ。

【対馬が危ない】
外国資本買い占め規制へ
議連一致、自衛隊増強も


 長崎県対馬市で不動産が韓国資本に買い占められるなどしている問題で、超党派の国会議員による「日本の領土を守るため行動する議員連盟」(会長・山谷えり子参院議員)は6日、緊急総会を開き、外国資本による対馬での不動産取得に関する法規制や自衛隊の増強などを盛り込んだ法整備を進めることで一致した。

 総会には代理を含め計47人の衆参両院議員が出席、対馬をめぐる安全保障問題に議論が集中。有事対応についての山内俊夫参院議員(自民)の質問に、防衛省防衛政策局防衛計画課の島田和久課長は「対馬は(地形的に)山がちでゲリラ的な戦いになる。けものみちに至るまで熟知した部隊を置いており、遺漏のない対応を取っている」と回答。これに対し、山内議員は「私の危機感と全く違う。ゲリラ戦になれば島民が一番被害を受ける。ちゃんとした陸海空の部隊を配置すべきだ」と警備強化を訴えた。

 西村真悟衆院議員(改革クラブ)も「対馬は南北80キロ、海岸は約900キロある。防衛体制をもっと強化すべきだ」と防衛省側にげきを飛ばした。

 防衛庁長官(当時)を歴任した玉沢徳一郎衆院議員(自民)は「防衛大臣が対馬に行って、島を断固守り抜く姿勢を見せるべきだ」と訴え、韓国側に対馬が日本の領土であるとの明確なメッセージを伝えるよう要望した。

 同市美津島町竹敷の海上自衛隊対馬防備隊本部の隣接地を韓国資本が購入、リゾートホテルとして営業している点についても議論が集中。「どういう人がどういう目的で購入しているのかまで、詳細を把握するのはなかなか難しい」との島田課長の現状説明に、会場からは「自衛隊の動きが監視されている恐れがある」「他の自衛隊施設は大丈夫か」などと、防衛省側の危機意識の欠如を問う声が相次ぎ、自衛隊施設の近接地についての取引を規制すべきだとの要望が出された。

 また、外務省アジア大洋州局の石川和秀審議官は、「不動産が韓国資本に売却されているなど、認識を新たにした。政治的意図があれば適切に対応したい。情報収集を進めたい」と、危機感を示し、積極的な態度を取ることを確約した。

 同議連は、近日中に、財部能成対馬市長らからヒアリングを行い、その上で現地視察を実施。土地売買の法的規制や自衛隊の増強などを念頭に、法整備に向け、協議を始めることを決めた。

 対馬問題をめぐっては、自民党の「真・保守政策研究会」(中川昭一会長)が対馬市への視察をすでに決めており、事態は国レベルで大きく動き出している。

 総会の冒頭、産経新聞紙上で「対馬が危ない」の連載を担当した記者(宮本)と今年8月に現地視察した吉田康一郎都議が現状を報告し、「韓国人による自衛隊基地の隣接地の取得を法律で規制すべきだ」などと訴えた。


【対馬が危ない】超党派
「防人の島新法議連」結成へ


 国境の島・長崎県対馬市が経済危機に陥り、韓国資本に不動産が買い占められるなどしている問題で、自民党の「真・保守政策研究会」(中川昭一会長)と超党派の国会議員による「日本の領土を守るために行動する議員連盟」(山谷えり子会長)は12日、財部能成(たからべ・やすなり)対馬市長らを招いて合同会議を開き、今月21日の現地視察後、超党派で「防人の島新法制定の推進議員連盟」(仮称)を結成することを含め、法整備に向け具体的な検討を行うことをあらためて確認した。また、財部市長は、同市が独自に策定した「国境対馬振興特別措置法」(通称・防人の島新法)の原案を提出した。

 財部市長は、原案の中で、本土との隔絶性から、基幹産業の農林水産業の衰退により経済が低迷、若年層の流出などによって人口が激減していることを挙げ、第1次産業に対する特別措置や地方債(国境離島債)の創設、観光振興に対する特別措置などを求めた。

 また、韓国資本による不動産買い占めについては、5500坪(島全体の0・26%)の買い占めを確認したと報告。新法では、国防等に関連する機関の設置や領土保全に対する特別措置などを盛り込むよう求めた。

 会合には衆参両院議員のほか内閣官房、総務省、防衛省など7省庁から担当者が出席。議員からは「法的な施策をたてるべきだ」「具体的な成果をあげるためには受け皿として、超党派で力のある団体を作らないといけない」「経済的に実効支配されることに、安全保障上、危機感を持っている」などと、対馬問題の対応に積極的な意見が出された。

■「国境対馬振興特別措置法」(通称・防人の島新法)案の主な概要
 (1)国防等に関連する機関の設置
 ・陸上、海上、航空自衛隊の施設拡充及び増員による国防の警備強化
 ・防衛大学校の分校、研修所、訓練所を設置
 ・海上保安大学校の分校、研修所、訓練所を設置
 (2)領土保全に対する特別措置
 ・国土の保全、管理、排他的経済水域の管理に対する特別措置
 ・外国資本による不動産買収を規制する特別措置
 ・買い上げ制度の創設(防衛上)
 (3)第一次産業に対する特別な措置
 ・農林水産業への新規就労者に対する特別措置
 ・資源管理、回復研究実施機関の設置
 (4)財・税制措置
 ・地方債(国境離島債)の創設
 ・誘致企業に対する法人税の免除
 ・地方交付税の国境離島枠の創設
 (5)新規企業及び中小企業への特別な金融措置
 (6)大気、水質汚染の観測、研究、協議機関の設置
 (7)海洋にかかる試験研究機関の設置
 (8)観光振興に対する特別措置
 ・資源を活用した観光振興に対する特別措置
 ・体験型観光に対する特別措置
 (9)人材育成に対する特別措置
 ・独立行政法人の付属専門校の設置
 ・地域活性化リーダーの育成に対する特別措置


法が無ければ立法して法規制、正論である。

大体何度も書くがこんな騒ぎを起こす民兵を送り込む大韓民国と言う国家は日本の領土・竹島を軍事侵略支配を行う紛争対象国家である事を忘れてはいけない、何処かの馬鹿が【韓流】などと売国妄動を先導し、愚民揃って騙されたがこの事実は厳然と存在するのである。そんな最中に敵国民兵へ自国軍事拠点隣接地の不動産売買を認めるなんて馬鹿も休み休み言えって事よ、まぁ山谷西村と言えば憂国系議員と言う事で有名所だが遺憾な事に彼等は権力中枢とは無縁の方々である、しかも演出がムネオ君と言うのだからもはやブラックジョーク以外の何物でも無いがこういう時こそマスゴミがマスコミとして世論喚起の一つでも行うべきなのだが所詮マスゴミはマスゴミ、こんな作文を作っちゃったよw。

日中韓の財務相会談
ウォン安の韓国支援で一致


 中川財務相は14日夜(日本時間15日昼)、当地で中国、韓国両国の財務相と会談し、「世界的な金融危機に効果的に対応するため、3カ国の金融協力の強化が必要」との声明を発表した。

 声明では、通貨暴落に備えて日中韓が結んでいる通貨交換協定の規模拡大で合意。通貨ウォンの下落が続く韓国に対し、外貨準備が潤沢な日中両国が支援することを念頭に置いたものだ。さらに東南アジア諸国連合(ASEAN)を加えた13カ国で通貨交換協定を一本化する作業を急ぐとした。

 3国は、財務省、中央銀行、金融監督当局の次官級で構成し、域内の金融について情報を交換する「マクロ経済・金融安定化ワークショップ」を発足させることを改めて確認。その初会合を26日に東京で開くことも決めた。途上国向け融資をするアジア開発銀行(ADB)の増資についても、早期に結論を得るとした。


微妙な言い回しである。

確かに昨今の世界規模の金融危機に関連して敵国通貨・ウォンの下落に歯止めがかからなくなり、ソウル発の亜細亜経済恐慌の懸念があるのは事実だがこの記事を読んで欲しい。

2国間スワップ取り決めの規模拡大検討
=日中韓共同声明


 日本、中国、韓国の3カ国の財務相は14日に開いた会合後に、日中韓の2国間スワップ取り決めの規模拡大検討などを盛り込んだ共同声明を発表した。

 声明では「堅固な経済ファンダメンタルズや健全な金融セクターを享受してきたアジア経済は、経済成長の減速や金融市場の変動といった課題に直面している」と指摘。「3カ国が地域の経済・金融の安定の維持に極めて重要な役割を果たすべきであり、これはアジア地域のみならず世界経済全体にも貢献する」との認識で一致した。

さらに「日中韓の金融協力の強化が必要」として、「日中韓の2国間スワップ取り決めの規模の拡大について検討する」ことでも合意した。

 11月26日に東京で開催予定のマクロ経済・金融安定化ワークショップに関しては「日中韓の財務省・中央銀行・金融監督当局間で意見交換を行う絶好の機会」として、その重要性を再確認するとともに、ワークショップの役割をさらに強化する方策について検討する考えを示した。

 声明では、地域協力を一層強化していくことの重要性も強調。チェンマイ・イニシアティブのマルチ化(CMIM)を最優先の課題とし、そのプロセスを加速するためASEANプラス3のメンバーと共に取り組んでいくとの決意を表明。「CMIMの全ての要素についてコンセンサスが得られるよう努力していく」ことで合意した。 

 また、国際金融機関や金融安定化フォーラムについて「変わり行く世界経済の状況や将来の課題により的確に対応できるよう改革していくことが必要」との認識も共有。アジア開発銀行(ADB)が、アジアにおいてその役割を果たすための適切な資本基盤を有するために、第5次増資に関して早期の合意を求めた。


敵国通貨ウォン支援なんて表記は一切無い。

勿論日中韓三国相互スワップを行う事で結果的にそうなるのだが、【ソレを念頭】においてと言う事では無いと言う所がミソでな、ロイターみたいなまともなマスコミなら事実だけを書くが朝日みたいな売国新聞なら脳内妄想まで追加して記事にしてしまうのだからマスゴミ恐るべし、朝日の記事だけを読めば日本政府が韓国支援と言う事になってしまう、つまり『為政者も韓国支援をするのだから愚民も宜しくねっ(はぁと)!』って事で1・2フィニッシュ!って事にしたいのだろうが、事実は昨今の世界レベルの金融恐慌の中、亜細亜主要国が連携して協力しましょうと言う為政者ショーに過ぎないのである。

こんな腐ったマスゴミや政府不作為で竹島は軍事侵攻を受け未だ実効支配と言う侵略状態だし、北朝鮮による日本国民拉致問題の結果として拉致当時中学生だった被害者は既に40代となり、東シナ海ガス田問題も『大陸棚内だからヲレのモン』と開き直られても何ら反攻一つ出来ない、更に書けば当時の国際法で違法の侵略行為で不当に奪われた北方領土なんてもはや返還すらありえない

このまま状況を座視すれば日韓両国民の不満が臨界点に達しかつてメリケン国であった不幸・コリアンアメリカン問題が日本で現実の物となるのは避けられないだろう、尤も日本がこれまで通りの似非国家としてひたすら媚韓・媚朝・媚中・媚露に徹すれば確かに避けられるが、それは日本が似非国家どころか単なる植民地でしかなくなる日であり、絶対に許容出来ない話である。

日本が国家として国家とは何かと言う事を真剣に討議し行動すべき機会はこれまで幾度と無くあった筈である、しかしそのことぐごとくを貴様等愚民は適当な言い訳をしながら、酷い馬鹿に至っては言い訳すらせず逃れ惰眠を貪って来たのよ、そんな出鱈目で無責任な民主主義国民を演じた結果はこんな国際間紛争等を持ち出すまでも無く、年金問題だの教育問題だの社会の隅々まで悪影響として表れてるのだがそろそろ真剣に自分の立ち位置と言う物を考えろよ馬鹿愚民!‥と罵倒しつつ今日の駄Blog終わり。

関連記事

【ラ・サール高】少子化の現在、学校経営も大変?【桐生高】

2008年11月14日 23:59

前回プライドの高い馬鹿を紹介したが‥

「馬鹿だなあ」ラサール石井
ブログで麻生首相を批判


タレントのラサール石井が、自身のブログで麻生太郎首相について「馬鹿だなあ」などと批判していたことが13日、分かった。石井は首相が愛読する少年漫画「こちら葛飾区亀有公園前派出所」のアニメ版で主人公・両津勘吉の声を担当。首相は両さんにこきおろされた形となった。日記はすでに削除されている。

石井は「麻生総理そしてこち亀」と題した12日付のブログで、8日に東京都で開かれた両さん銅像の除幕式で一緒に出席した麻生首相に無視されたことに憤慨。「漫画好きなんじゃないの? 庶民派アピールなんじゃないの?」、「漫画好きでもアニメはみていないのね」などと突っ込んだ。

さらに、「知らなくても、銅像の横に自分以外に2人しか立っていないんだったら、2人に挨拶しませんか?」としたうえで「いやあ、なんかヘンだよこの人。ていうか、馬鹿だなあ」などと言いたい放題だった。


馬鹿はヲ前であるw。

プライドが全く無い卑しい奴は勿論嫌いだが、こんな勘違い馬鹿もヲレは嫌いよってか、こち亀がアニメになったってのは知ってたが見た事は無い、それに両津の声をラサール石井が当ててるってのは知らなかったし、この記事読むまでラサール石井の名前は知ってるがどんな面だったかスッカリ忘れてたwってんで削除済という該当記事を探したらアッサリ発掘出来たので晒して置こうw、ヲレはこういう都合が悪くなると証拠隠滅に走る輩に嫌がらせをするのが死ぬ程大好きであるって事でな‥。

麻生総理そしてこち亀

最近のニュースでご覧になった方も多いだろう。

なんとひょんな事から麻生総理と同席する機会があった。

亀有の商店街に、こち亀の両津勘吉の少年時代の銅像が建つことになったので、その除幕式に呼ばれたのだ。

亀有にこち亀の銅像が建つのは三体目。
駅前に制服姿の両さんとお祭り姿の両さんとが二体建っている。

除幕式にはそのたびに呼ばれていて、原作者の秋本治先生と会えるし、アニメが終わっても呼んでもらえるのは嬉しいので。毎回列席している。

いつも亀有商店街の両さんドラ焼きで有名な「いせや」さんの旦那さんが世話人として獅子奮迅の活躍で、とくに今回は銅像が建つのが商店街の中なので、いつにも増して頑張っている。

ゲストには葛飾区選出の平沢勝栄議員もやってくる。

ここらへんはさすが政治家。選挙を控え、地元のイベントには足繁く顔を出さなければならないわけだ。

ところが今回はそれに加え、急遽三日前に麻生総理も列席することになったらしい。

大変なのは亀有商店街だ。

こっちはそんな国家的プロジェクトじゃない。
物凄い手作り感覚の庶民的イベントなのに。

警察やSPが大挙にやってきて、かえってやたら面倒臭いことになってしまった。

折しも雨の中、神主さんのお祓いなどあった後、何やらざわついたと思ったら、物々しい感じで麻生総理登場。

促されて像の向かって左側に麻生さん。
右側に秋本先生と私。

まずは秋本先生が握手して会話。前に会ったことがあるらしく、総理も話がはずんでいる。

さあ次は私と握手だと用意していたら。

なんと総理はおいらをガン無視

えー

握手どころか、一回も目を合わす事もない。

いやいやちょっと待ってよ。

漫画好きなんじゃないの?庶民派アピールなんじゃないの?

俺、両さんの声やってるんすけど

ははあ。

この人、俺の事知らないな。
漫画好きでもアニメはみてないのね。
てか、ラサール石井を知らないな。


待ってくださいよ。

俺、電通調べ認知度98%なんですけど

てか、百歩譲って知らなくても。
銅像の横に自分以外に二人しか立ってないんだったら、二人に挨拶しませんか?

なんで俺をシカト?

いやあ、なんかヘンだよこの人。

ていうか、馬鹿だなあ。

ウソでも握手のひとつもしとけば、俺があとで「麻生さん、意外にいい人だったよ!」ってブログやトークでどんだけ言うか

いや、そりゃ俺だって礼儀はありますよ。
立場上こっちから挨拶するのが筋でしょそりゃ。

でもね。ちょっとでも目があえばいいけど、全くガン無視じゃあ。
なんか、そこにいないみたいに扱われたら、その気もなくなるよ。

ただでさえこっちはいい印象持ってないんだから。

でまあ、除幕式があり、一人ずつ挨拶なんかして。

「いやあ。こち亀の世界は面白い。夢がある。ここにいる新聞記者なんか嫌な事しか書かねえけど。」

この人。なんか一言余計なこと言わないと気がすまないんだな。

きっと記者連中には嫌われてるんだろうなぁ。

挨拶終わったらSPを引き連れ民族大移動。

商店街を視察するらしい。
つったって、お供引き連れて、あらかじめ決まった場所を案内されるがままに連れてってもらい、せんべい食べたり、スーパーでほうれん草の値段聞いたりしてるだけ。

これって庶民派アピールになってるの?

他人事ながら心配になってくる。

どう見ても江戸時代のお殿様が城下町にやってきて。

「爺ィ。これはなんじゃ?」
「は。ほうれん草にございます。」

みたいな風にしか見えないんですけど。

面白かったのは残された秋本先生と私。

その後マスコミの写真撮影になってたんだけど。

カメラマンたちも早く麻生さんの所に行きたいもんだから、早々に撮影してどんどんいなくなり、替わりに素人のオジサンやおばちゃんが携帯で写メとりだして。

周りも普通は止めるんだろうけど、そこは商店街の人達。

全くほったらかしでニコニコしている。

こんな警備体制でさっきまで総理大臣がほんとにいたんだろうか。

そういや、俺のマネージャーがブログ用の写メ撮るのに、総理大臣の1メートルぐらいのとこで、携帯構えてたっけ。

あいつ人相悪いのに、よく取り押さえられなかったな。

もう先生と俺の前には完全に素人だけになって、全員が携帯構えてる。

係の人が「もう、よろしいですかぁ」って。

いや、そりゃもうよろしいでしょう。



脳内電通認知度98%自意識過剰三文芸人の戯言よ。

まぁこの話、その程度の事と書いてしまえばソレまでだがここまで自爆要素満載だと何処からツッコミを入れたら良いかすら判断に苦しむ作文なので誰でもツッコミそうな所は強調文字にして置いたので愚民の皆様は適当に独り言でも言いながらツッコミ入れて貰ってですね、ヲレ思うにコレって宣伝ってか売名の為にわざとやらかしたのでは無いかと言う疑惑なのよw。

まさかラ・サール高出身の秀才wが一旦ブログで公開した文書を削除した程度で証拠隠滅なんて出来るワケが無い、つまり簡単な所ではググるのキャッシュで誰でも見れるしソレは削除されても魚拓インターネットアーカイブみたいな所で晒される運命にあるなんて事ぐらい知ってる筈なのよ、何たってラ・サール高出身の秀才wなんだから、その辺考えればとりあえず自分より有名どころ(今回は麻生の馬鹿)をネタにしてブッ叩きブログ炎上をさせ、更に保険として記事削除をすればヲレみたいに調査した上で宣伝までする奴が勝手にネットに湧き出る‥しかも削除した記事を晒されたと被害者面まで出来るという周到さw。

流石ラ・サール高出身の秀才wは宣伝一つやらかしても一味違うとヲレ関心なんだが先にも書いた通りこの話は要するに勘違いした三文芸人の戯言というレベルのネタに過ぎない、哀れなのはこんな奴に芸名に使われ変な意味で有名になりつつあるラ・サール高なんだが阿呆な生徒や卒業生を持つと学校も苦労すると言うのはこんな笑い話だけでは無い。

また桐生一高
生徒ら3少年が女性に集団強姦


群馬県桐生市の私立桐生第一高校1年の生徒を含む少年3人が、集団強姦(ごうかん)の疑いで群馬県警高崎署に逮捕されていたことが14日、分かった。同校は高校野球の名門だが、野球部員による強制わいせつ事件や元生徒らによる傷害致死事件が相次いでいる。

関係者によると、少年3人は7月下旬、群馬県高崎市内の公園で、集団で女性に暴行した疑いで逮捕された。桐生一高では、7月23日に、元生徒らが同校1年=当時(15)=に暴行を加え死亡させたとして傷害致死容疑で逮捕され、7月31日には、野球部員が女子高校生にわいせつな行為をしたとして、強制わいせつ容疑で逮捕されている。

新井康敬教頭補佐は14日、「本校の生徒が逮捕されて申し訳ない。県の指導を受けて体制を改善していたが、またご迷惑をかけてしまった」と謝罪した。


この記事だけでは詳細が判らないのだが別の記事に詳細がある通りこの犯罪は校外で行われてる上に他校の生徒も関与してると見られるのだが両記事共に『桐生高校』が前面に出ているのが気に入らん。

大体学校の生徒に対する管理責任範囲って校外に出た後全てに及ばねばならんのかって事なんだが強姦ってか多数でヤッたのなら輪姦なんてケダモノの行いをする連中を世に生み出したのはどう言い訳を行ってもそのケダモノの親の道徳教育不足以外の何物でも無いだろうにたまたま不祥事とやらが続くと言うだけでついで程度のレベルで記事のネタにされる桐生高校には同情すべき点があるとヲレは思う、勿論学校でも道徳教育はすべきだろうが既に義務教育を履修済の筈の高等学校教育でわざわざ『強姦や輪姦はイケませぇん』なんて言わねばならん程にこの国の道徳概念は腐り切ってるのだろうか?仮にそうだとしたらもはや学校教育なんかでは賄い切れんだろう。

もはやそのベレルは教育では無く、調教すべきレベルって事で調教と言えば軍隊である、何たって国家の為なら人殺しだって許される組織なのだからヌルい教育では立派な戦争の犬に成り切れんって事で徹底的な調教で立派な兵士に育てるノウハウを持つ軍隊に懲役させるのが一番手っ取り早いのだが問題なのは日本って似非国家だから軍隊まで似非軍隊なので似非将軍校長自らセクハラなんてネタまで披露する体たらくなんだから、どないせぇっちゅ~ねんw。

学校経営も大変だよなぁ、馬鹿親の生み出す馬鹿餓鬼のケツを拭かんとイカンのだからって辺りで今日の駄Blog終わり。

関連記事


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。